CodeCamp

CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

2021年4月2日

CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】
CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?特徴や料金、評判について詳しく知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーやWebエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

特にRubyでWebサービスを開発するWebエンジニアは、プログラミングの中で需要の多いジャンルとして急激な人気を集めています。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のCodeCampのRubyマスターコースの特徴や評判についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • CodeCampの特徴
  • CodeCampのRubyマスターコースの概要
  • CodeCampのRubyマスターコースの料金・期間
  • CodeCampのRubyマスターコースに向いている人・向いていない人
  • CodeCampのRubyマスターコースの評判
  • まとめ:CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

当サイトではウェブやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

CodeCamp(コードキャンプ)以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

続きを見る

【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介
【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介

続きを見る

CodeCampの特徴

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴

まずはCodeCampがどんなプログラミングスクールなのか簡単にご説明していきます。

以下の6つの視点から見ていきましょう。

  1. 実績豊富
  2. 完全オンライン
  3. 豊富なコース
  4. 講師の質が高い
  5. サポート体制
  6. 卒業後もカリキュラム閲覧可能

実績豊富

CodeCampは実績が豊富であることでも有名です。

CodeCamp(コードキャンプ)の実績

  • 累計受講者数30,000人
  • 導入企業300社
  • レッスン満足度96.6%
  • 在籍講師数200人

ご覧のように日本トップクラスの実績を誇るプログラミングスクールであることが分かります。

完全オンライン

CodeCamp(コードキャンプ)は完全オンライン型のプログラミングスクールです。

完全オンラインで毎日7:00から23:40まで、年中無休でレッスンを開講しているため、時間や場所に縛られることなく授業を受けることができます。

豊富なコース

CodeCamp(コードキャンプ)には全7+2種類のコースが用意されています

CodeCampのコース一覧

ここまで多分野のコースを用意しているプログラミングスクールは中々ありません

ちなみに各コースで習得可能なスキルは以下の表をご覧ください。

コース一覧

一番人気は「全コース受講可能+マンツーマンレッスン受け放題」のプレミアムプラスコースです。

このようにどんなパターンの学習スタイルでも選択分野を自由にカスタマイズできるのがCodeCamp(コードキャンプ)の強みと言えます。

講師の質が高い

CodeCamp(コードキャンプ)は講師の質が極めて高いことでも有名です。

というのもCodeCamp(コードキャンプ)の講師はフリーランスエンジニアやIT企業の社員といった業界トップクラスの現役エンジニアを採用しています。

講師の選考通過率は17%と非常に低く、厳選された質の高いエンジニア講師が揃っているのです。

もちろん手厚い個別指導ですので理解の質も圧倒的です。

現役エンジニアだからこそ知っている実務に役立つスキルをフルで習得できるため、生徒が転職後・就職後もエンジニアとして活躍できるような枠組みが整っているのです。

CodeCampでは在籍講師のプロフィールをホームページで公開しています。講師の経歴やスキルが気になる方はチェックしてみましょう。

サポート体制

CodeCamp(コードキャンプ)は生徒のサポート支援が非常に充実しています。

具体的には生徒はもれなく以下のようなサポートサービスを受けることができます。

CodeCampのサポート体制一覧

  • キャリアTalkで現役エンジニア講師に気軽に相談できる
  • カリキュラムでは合格までエンジニア講師が無制限で添削してくれる
  • レッスンは当日予約・変更が可能
コスパ良くプログラミング学習を進めたい方にオススメのスクールと言えます!

CodeCamp(コードキャンプ)の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

卒業後もカリキュラム閲覧可能

CodeCampでは卒業後もカリキュラムを閲覧可能です。

CodeCampのカリキュラムは初心者の方でも分かりやすいように工夫して作られています。

そのため卒業後にプログラミングで分からないことがあっても、質の高いカリキュラムを自由に閲覧できるので安心です。

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

 

CodeCampのRubyマスターコースの概要

CodeCampのRubyマスターコース

それでは早速CodeCampのRubyマスターコースについて詳しく見ていきます。

具体的には以下のポイントからご紹介していきます。

  • CodeCampのRubyマスターコースで身に付くスキル
  • CodeCampのRubyマスターコースで作成する成果物
  • CodeCampのRubyマスターコースの講師紹介

それでは順番に見ていきましょう。

CodeCampのRubyマスターコースで身につくスキル

CodeCampのRubyマスターコースでは主に以下のスキルを習得できます。

CodeCampのRubyマスターコースで身に付くスキル

  1. HTML
    ウェブサイト作成には欠かせない、サイトの構造・枠組みをプログラムする重要度の高い言語になります。
  2. CSS
    HTMLで作成したウェブサイトのレイアウトやサイズ、配色や余白といった装飾をプログラムします。
  3. JavaScript
    装飾の一環として動的な要素を加えてウェブサイトの質を高くするために用いられるバックエンド寄りのスクリプト言語です。
  4. jQuery
    JavaScriptのライブラリである「jQuery」を使ってWebサイトにおしゃれな動きを付けることができます。
  5. Ruby
    Webアプリケーション開発に欠かせないスクリプト言語です。日本人が開発した言語なのでリファレンスも多く、使いやすいことでも有名です。
  6. Ruby on rails
    Rubyのフレームワークの中でもかなり人気の高いRuby on railsの操作を習得します。開発効率が良いため様々なサービスで使用されています。
  7. AWS
    AWS(Amazon Web Services)はAmazonが提供しているクラウドコンピューティングサービスで誰でも手軽に統合開発環境を構築することができます。

ご覧のようにCodeCampのRubyマスターコースではHTMLやCSSを用いた静的なWebサイトに加えて、RubyやそのフレームワークであるRuby on railsを用いることで、より動的で高度なWebアプリケーションの実装スキルも習得できます

1つのコースでここまで多くの分野を学べるところは中々ありません!

「結局フレームワークって何?」「結局ライブラリって何?」といった方もいらっしゃるかもしれませんが心配ご無用!

CodeCampでは「満足度96.6%の現役Webエンジニア講師によるマンツーマンレッスン」「実習を重ねて理解を深めるカリキュラム」といったサポートが充実しています。

あなたのレベルや進捗状況に応じて最も効率的なトレーニングメニューが設定されるので挫折すること無くスムーズに目標まで進むことができるのです。

入会前はさっぱりだった言葉もすぐにマスターできるようになっていることでしょう。

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

続きを見る

【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介
【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介

続きを見る

CodeCampのRubyマスターコースで作成する成果物

CodeCampのRubyマスターコースでは期間内に以下の4つのプログラムを作成します

CodeCampのRubyマスターコースで作成する成果物

  1. 出品・購入機能付きフリマサイト
    Ruby on railsのデータ管理の機能を活用して商品の販売状況を振り分けることで出品機能と購入機能を搭載したフリマサービスを作成します
  2. 料理レシピ検索サイト
    Rubyのプログラムを上手に使いこなし、料理レシピサイトのデータを検索できるサービスを実装します
  3. 画像投稿サイト
    フリマサイトで作成したデータの登録機能を応用し、Ruby on railsで画像データを投稿できる機能を作成します
  4. いいね機能、フォロー機能
    フリマサイトで作成したデータの登録機能を応用し、Ruby on railsでSNSでよく見られる「いいね機能」「フォロー機能」を実装します

このようにどれも実務で役立つ実践的なプログラムばかりです。

プログラミング初心者の人でもたった数ヶ月でこのような高度なプログラムを作れてしまうんですから驚きです

CodeCampのRubyマスターコースの講師紹介

ここでは実際にCodeCampのRubyマスターコースを担当している現役Webエンジニア講師の方を何人かご紹介します。

杉浦 玲伊子講師
起業・独立経験&子育てママパパ
金融機関向けのシステム開発、データ分析などを経てフリーランスとして活動。プログラミングの楽しさを伝える講義が人気の講師。

舘 勇紀講師
フレンドリー&初心者歓迎
大手電機メーカーでWebエンジニアとしてシステム開発を担当。現在はフリーランスとして活動、ITの本質をつく講義が人気の講師。

宮原 伸幸講師
初心者歓迎&ゆっくり説明
フリーランスのWebWebエンジニア兼Webエンジニア。デザインからプログラミングまで、受講生に寄り添った丁寧なレッスンで人気の講師。

*講師の情報は「CodeCamp公式サイト」から引用しています。

ご覧のように実績豊富で教え方も上手な講師の方ばかりです!

CodeCampではレッスンごとに講師を選んで予約できるので、自分に合ったWebエンジニア講師に習うことができます

 

CodeCampのRubyマスターコースの料金・期間

CodeCampのRubyマスターコースの料金・期間

CodeCampのRubyマスターコースの料金・期間を表にまとめると以下のようになります。

プラン名2ヶ月プラン4ヶ月プラン6ヶ月プラン
受講料金165,000円275,000円330,000円
入学金33,000円33,000円33,000円
受講期間60日間120日間180日間
レッスン回数20回40回60回
学習時間目安40~50時間40~60時間30~60時間
講師現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア
レッスン対応時間毎日7時〜23時40分毎日7時〜23時40分毎日7時〜23時40分
おすすめの人普段忙しい
着実に理解を進めたい
自分のペースで進めたい
楽しみながら進めたい
スピード重視
独学経験あり

]最短2ヶ月という短い期間ではありますがプログラミングスクールの中ではかなり良心的な価格です。

とはいえ最近金欠だから、なるべく低価格に抑えたい!

そんな方も心配ご無用!

CodeCampの無料体験を受講すれば10,000円割引されるので非常にオススメです。

無料体験では以下のサービスを受けることができます。

  • 10,000円割引クーポン
  • プログラミング学習に関するヒアリング
  • 最適な学習プランの相談
  • 実際に学ぶ内容の確認

*無料体験はオンライビデオ通話での実施となります。
*無料体験は毎日7時〜23時まで受け付けています。

詳しくはCodeCampの無料体験をご利用ください。

CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

 

CodeCampのRubyマスターコースに向いている人・向いていない人

CodeCampのRubyマスターコースに向いている人・向いていない人

ではCodeCampのRubyマスターコースに向いている人・向いていない人はそれぞれどういった人が当てはまるのでしょうか?

CodeCampのRubyマスターコースに向いている人

  • プログラミング初心者や未経験者の人
  • オンラインマンツーマンで習いたい人
  • 自分でWebサービスを作れるようになりたい人
  • RubyやRuby on railsのスキルを習得したい人
  • Webエンジニアとして活躍したい人
  • Rubyエンジニアとして転職・就職したい人
  • プログラミングの理解をもっと深めたい人
  • レベルの高い現役エンジニアから習いたい人
  • 時間や場所にとらわれずに勉強したい人

Rubyを用いたWebサービス開発はプログラミング学習の中では難易度が易しいジャンルですので、初心者の方には特にオススメです。

Rubyは日本人が開発したプログラミング言語ですので情報量も多く、挫折すること無く学習を進められます。さらに効率的にWebサービスを開発できるとして多くの企業で採用されている人気言語なので需要は非常に大きいです。

またCodeCampは他のプログラミングスクールと比べても学習可能な範囲が広いため、実践的なスキルを習得したい人にもオススメです。

CodeCampはオンライン専門のプログラミングスクールですので、場所や時間に縛られること無く学習を進めたい方にもオススメです。

CodeCampのRubyマスターコースに向いていない人

  • プログラミングを学ぶ目的が曖昧な人
  • 十分な学習時間を確保できない人

Rubyを用いたWebサービス開発はそこまで難易度は高くはありませんが、プログラミングを学ぶ目的が明確でないとモチベーションを保てず継続するのが困難になりやすいです。

プログラミングに限らず、何かに挑戦する時は明確な目標を決めるようにしましょう!

また冒頭でもご説明したようにRubyを用いたWebサービス開発は比較的難易度が易しいです。

かといって十分な学習時間を取らずに油断すると、スキルを身に付けられずに受講費を無駄にしてしまうパターンも少なくありません。

CodeCampのRubyマスターコースの公式サイトによると、受講期間内に合計40~60時間の学習時間を確保する必要があるそうです。
受講を考えている方は時間に余裕のあるタイミングで入会されることをオススメします。

 

CodeCampのRubyマスターコースの評判

テックキャンプAI教養コースの評判

ここまでCodeCampのRubyマスターコースについて詳しく見てきましたが、実際のところ受講者からはどんな評判なんでしょうか?

ここからはCodeCampのRubyマスターコースの良い評判と悪い評判をすべてご紹介していきます。

Twitterで見かけたCodeCampのRubyマスターコースの評判

CodeCampの中の人が実際にRubyマスターコースを受講した評判

「未経験者・初心者でも分かりやすいカリキュラム」「自分のレベルに合ったコースの選択」といったサポート体制は非常に好評のようです。

他にも「カリキュラムの質」「講師の質」「サポート体制」といった点に関しては好評で、どの受講者も非常に満足していることが分かります。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

まとめ:CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

まとめ:CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?

まとめ:CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

  • CodeCampのRubyマスターコースではHTMLやCSSを用いた静的なWebサイトに加えて、RubyやそのフレームワークであるRuby on railsを用いることで、より動的で高度なWebアプリケーションの実装スキルも習得できる
  • CodeCampのRubyマスターコースは2ヶ月で約19万円とコスパ良く学習できる
  • CodeCampのRubyマスターコースは講師の質やサポート体制、カリキュラムの質の評価が高い
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験レッスンを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のCodeCamp(コードキャンプ)のRubyマスターコースの特徴についてご紹介しました。

CodeCampのRubyマスターコースは低価格で実践的なWebサービス開発やWebサイト制作を学ぶことができる貴重なコースです。

基本的にはウェブ上でオンラインカリキュラムを学びますので、外出先や電車の中などスキマ時間を有効活用できるのもポイントです。

CodeCamp(コードキャンプ)のRubyマスターコースはこれからRubyやRuby on railsを学びたい方や、将来Webエンジニアとして活躍したい方にはイチオシのコースです。

それでも不安な方は「CodeCampの無料体験レッスン」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?
CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-CodeCamp

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.