TechAcademy

テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

2021年3月8日

テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?特徴や料金、評判について詳しく知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

特にプログラミングの中でも難易度の易しい「Webアプリ開発」は初心者を中心に急激な人気を集めています

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のテックアカデミーのWebアプリケーションコースの特徴や学習内容、元受講生の口コミレビューや稼ぎ方についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • テックアカデミーの特徴
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースの概要
  • 実際にWebアプリケーションコースに通っていた元受講生の口コミレビュー
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースで稼げる?
  • まとめ:テックアカデミーのWebアプリケーションコースってどうなの?

当サイトではWebやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

テックアカデミー以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】
プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール8選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

続きを見る

目次

テックアカデミーの特徴

1. TechAcademy(テックアカデミー)

まずはTechAcademy(テックアカデミー)がどんなプログラミングスクールなのか簡単にご説明していきます。

具体的には以下の8つのポイントでご紹介していきます。

  1. マンツーマンメンタリングの実施
  2. コースの種類がとにかく豊富
  3. 講師は全員現役エンジニア
  4. 長時間のチャットサービス
  5. 実践的なツールの操作を学べる
  6. 課題レビューは回数無制限
  7. 転職サービスが充実
  8. 卒業後もカリキュラムを閲覧可能

それでは順番に見ていきましょう。

マンツーマンメンタリングの実施

時間や場所に縛られないとはいえ、オンライン受講だと集中力が続かずに挫折しそう

そんな悩みを抱えてる方のために、テックアカデミーでは週2回ものマンツーマンメンタリングが実施されています。

1回30分程度のメンタリングを週2回行うことで「プログラミング学習の悩み解決」「目標を再認識してモチベーションの維持」といった効果が得られ、オンライン環境でも挫折すること無く学習を継続できるのです。

コースの種類がとにかく豊富

テックアカデミーの強みとしてコースの種類が非常に多い点が挙げられます。

具体的には以下の通り。

コース名解説ページ
Webアプリケーションコース>> Webアプリケーションコースの解説記事
PHP/Laravelコース>> PHP/Laravelコースの解説記事
Javaコース>> Javaコースの解説記事
フロントエンドコース>> フロントエンドコースの解説記事
WordPressコース>> WordPressコースの解説記事
iPhoneアプリコース>> iPhoneアプリコースの解説記事
Androidアプリコース>> Androidアプリコースの解説記事
Unityコース>> Unityコースの解説記事
はじめてのプログラミングコース >> はじめてのプログラミングコースの解説記事
Pythonコース >> Pythonコースの解説記事
AIコース >> AIコースの解説記事
データサイエンスコース >> データサイエンスコースの解説記事
GoogleAppsScriptコース>> GoogleAppsScriptコースの解説記事
Webデザインコース>> Webデザインコースの解説記事
UI/UXデザインコース>> UI/UXデザインコースの解説記事
Webディレクションコース>> Webディレクションコースの解説記事
Webマーケティングコース>> Webマーケティングコースの解説記事
HTML/CSSトレーニング>> HTML/CSSトレーニングの解説記事
Bootstrapトレーニング>> Bootstrapトレーニングの解説記事
GitHubトレーニング>> GitHubトレーニングの解説記事
Photoshopトレーニング>> Photoshopトレーニングの解説記事
動画編集コース>> 動画編集コースの解説記事
Webデザインフリーランスセット>> Webデザインフリーランスセットの解説記事
Web制作副業コース>> Web制作副業コースの解説記事
エンジニア転職保証コース>> エンジニア転職保証コースの解説記事

プログラミング系のコースはもちろん、デザイン系やマネジメント系まで様々な分野のコースがあるので自分に合った選択ができるのです。

テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】
テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】

続きを見る

講師は全員現役エンジニア

テックアカデミーの講師は全員現役エンジニアとなっています。

講師は全員現役エンジニア

プログラミングスクールによっては「講師は学生アルバイト・契約社員」といったパターンも少なくないのですが、テックアカデミーは違います。

現役で活躍している約1,000人のエンジニア講師から、実践的なカリキュラムを教わることができるので、成長速度も圧倒的です。

テックアカデミーは最短でエンジニアスキルを磨きたい方にはおすすめのスクールと言えるでしょう。

長時間のチャットサービス

テックアカデミーではカリキュラムに関するチャットサポートを毎日15時から23時まで受け付けています

プログラミングなどで分からないことがあったらすぐに質問できる環境が整っているので、効率よく学習を進められます。

15時から23時までならいつでも質問可能ですので、自分の好きなタイミングで疑問を解決できちゃうんです

実践的なツールの操作を学べる

TechAcademyは社会に出てからも通用するエンジニアを育成するため、実践的なツールの使い方も学ぶことができます。

具体的には「講師と円滑な連絡が取れるSlack」や「コード共有が簡単になるGitHub」、他にもAWSやgyazoといったように数々の便利ツールを使用します。

コーディングのスキルだけでなく、プログラマー・エンジニアとして必要なあらゆるスキルを身に付けたい方におすすめです。

課題レビューは回数無制限

テックアカデミーでは、出された課題を何回でもレビューしてもらうことができます。

もし自分が間違ったコードで理解していたとしても課題レビューを使えば、正しいプログラムコードを教えてくれるのでプログラミング初心者・未経験者の方でも安心です。

転職サービスが充実

テックアカデミーにはキャリアアップを目指す社会人には嬉しい「受講者限定の無料転職サポート」があります。

転職サービスが充実

テックアカデミーの転職サポート

  • テックアカデミー受講者なら無料
  • 成長中の企業や職場環境が整った企業をご紹介
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く

これほど転職サポートが充実していれば、将来のキャリアが不安な社会人の方も安心です。

実際テックアカデミーでは働きながら受講して転職成功した生徒をたくさん輩出しています。

詳しい就職先や年収についてはこちらの記事をご覧ください。

テックアカデミーの就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

卒業後もカリキュラムを閲覧可能

テックアカデミーで受講中に使用したカリキュラムは卒業後も閲覧できます

エンジニアやデザイナーとしてデビューした後も、分からない事があればいつでもカリキュラムを参照できるのはとてもありがたいですよね。

テックアカデミーの特徴は以上になります!

TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】
テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

 

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの概要

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの概要

ここからはテックアカデミーのWebアプリケーションコースについて詳しく見ていきます。

具体的には以下のポイントからご紹介していきます。

  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースで身に付くスキル
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースで開発するプログラム
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースのメンター例
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースの料金と期間
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースに向いている人・向いていない人
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースの参加条件
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースの関連コース

それでは順番に見ていきましょう。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで身につくスキル

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで身につくスキル

テックアカデミーのWebアプリケーションコースでは主に以下のスキルを習得できます。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで身に付くスキル

  1. Ruby/Ruby on rails
    Web開発には欠かせないバックエンド言語Ruby、そしてRubyの大人気フレームワーク「Ruby on rails」を使ってWebアプリケーション開発をします。
  2. Git/GitHub
    ソフトウェア開発のプラットフォームで、自分のソースコードをGitHub上で管理できます。実務でのチーム開発では必須のツールです。
  3. HTML5/CSS3
    Webサイトの構成をプログラムする「HTML」とWebサイトの装飾をプログラムする「CSS」のコーディングスキルを学びます。
  4. Bootstrap
    レイアウトや部品のUIといったデザイン面を中心に、Webサイト制作をサポートしてくれるフレームワーク「Bootstrap」の使い方を学びます。
  5. SQL
    Ruby on railsと合わせてデータベースを管理するプログラミング言語「SQL」の操作を学びます。
  6. Heroku
    HerokuはWebアプリケーションの開発から実行、運用までのすべてをクラウドで完結できるPaaSの1つです。GitHubと連携することでスムーズにWebアプリケーションを公開できます。
  7. その他実務で役立つスキル
    Slackやgyazoといったチーム開発を円滑に進めるエンジニア必須ツールの使い方を学びます。

ご覧のようにテックアカデミーのWebアプリケーションコースでは、「HTMLやCSSを使ったフロントエンド開発」と「RubyやSQLを使ったバックエンド開発」の両方を学ぶことでWeb開発に必要なプログラムスキルを多角的に習得できることが分かります。

またGitHubやHerokuを使うことで、制作したWebアプリケーションを本番環境に公開するまでの手順も学べます。

こうした制作→公開までの開発手順を知っておけば、将来Web開発エンジニアとして社会に出てからも安心です。

「Rubyって何?」や「バックエンドって何?」といった方もいらっしゃるかもしれませんが心配ご無用!

テックアカデミーでは「現役エンジニアの質の高い授業」「パーソナルメンターの丁寧なメンタリング」といったサポートが充実しています。

あなたのレベルや進捗状況に応じて最も効率的なトレーニングメニューが設定されるので挫折すること無くスムーズに目標まで進むことができるのです。

入会前はさっぱりだった言葉もすぐにマスターできるようになっていることでしょう。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで開発するプログラム

テックアカデミーのWebアプリケーションコースでは期間内に以下の3つのプログラムを開発します。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで開発するプログラム

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで開発するプログラム

  • メッセージボード
    メッセージのやり取りができる掲示板アプリ
  • Twitterクローン
    Twitterと同じ機能を持たせたクローンサイト
  • オリジナルサービス
    自分のアイデアを形にしたWebアプリケーション

このようにどれも実務で役立つ実践的なプログラムばかりです。

プログラミング初心者の人でもたった数ヶ月でこのような高度なプログラムを作れてしまうんですから驚きです

特にコース後半では自分のアイデアから完全オリジナルのWebアプリケーションを作成&公開します。

こうしたオリジナルの制作物は就活や転職活動でポートフォリオとしてアピールできるので、あなたのキャリアを有利にすすめることができるでしょう。

ちなみに卒業生の作品はこんな感じ。

卒業生の作品

「ダイエット関連の数値をグラフで確認できるアプリケーション」
「複数人で音楽を作成するプラットフォームSNS」

といったように非常にレベルの高いWebアプリケーションが開発されていることが分かります。

ダイエットアプリケーションのインタビュー記事
音楽作成プラットフォームのインタビュー記事

テックアカデミーのWebアプリケーションコースのメンター例

ここではテックアカデミーのWebアプリケーションコースのメンターを2人ご紹介します。

Tomoaki Kimura
前職は営業職という転職エンジニア。Rails歴は6年目。業界未経験者を主軸に構成されるweb開発チームLize代表。最近では子供のプログラミング教育にも力を入れており、近隣の塾や英会話教室等で講師としても活動している。

Ko Machida
大学生の頃に出会ったプログラマーからHTMLを教わったことがきっかけでITの世界へ。会社を辞めた後は自ら会社を設立して受託開発を請け負う傍ら、テックアカデミーのメンターとして受講生の成長に力を注いでいる。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの料金・期間

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの料金・期間を表にまとめると以下のようになります。

4週間プラン8週間プラン12週間プラン16週間プラン
社会人料金
(税込)
174,900円229,900円284,900円339,900円
学生料金
(税込)
163,900円196,900円229,900円262,900円
メンタリング回数7回15回23回31回
チャットサポート15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
1週間あたりの
学習時間目安
40~50時間20~25時間14~18時間10~13時間
1時間あたりの料金社会人:780円
学生:731円
社会人:513円
学生:439円
社会人:423円
学生:342円
社会人:379円
学生:293円

*クレジットカード払い(分割可能)、コンビニ決済、銀行振込から選択できます
*カード分割払いご利用回数(3 / 5 / 6 / 10 / 12 / 15 / 18 / 20 / 24)
*4週間プランと8週間プランは先割の対象外です

ちなみにTechAcademyの無料体験を受講すれば10,000円割引されるので非常にオススメです。

無料体験では以下のサービスを受けることができます。

  • 10,000円割引プレゼント
  • マンツーマンメンタリング
  • 毎日8時間のチャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー
これほど有益なサービスを無料で利用できるスクールは中々ありません。

まずはTechAcademy(テックアカデミー)公式サイトから気軽に相談してみましょう。

TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?
TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

テックアカデミーのWebアプリケーションコースに向いている人・向いていない人

ではテックアカデミーのWebアプリケーションコースに向いている人・向いていない人はそれぞれどういった人が当てはまるのでしょうか?

テックアカデミーのWebアプリケーションコースに向いている人

  • プログラミング初心者や未経験者の人
  • オンラインマンツーマンで習いたい人
  • フリーランスWebエンジニアとして独立したい人
  • Webエンジニアとして就職、転職したい人
  • Ruby on railsを学びたい人
  • オリジナルWebアプリケーションを制作したい人
  • 将来のためにプログラミングを学びたい学生
  • レベルの高い現役エンジニアから習いたい人
  • 時間や場所にとらわれずに勉強したい人
  • とりあえずプログラミングを学びたい人
  • 難易度の易しいプログラミングを学びたい人

テックアカデミーではRuby on railsを中心にWeb開発の基礎からオリジナルWebアプリケーションの公開まで幅広く対応しているのでプログラミング初心者の方でも安心です。

また最近ではコスパ良く収入が手に入るということでフリーランスや副業でWebアプリ開発を仕事としている人が増えてきています。

上手くいけばサラリーマンでは稼げないような大金を安定的に稼ぐことだって夢じゃありません!

そんな夢を叶えるためにも、基礎からWebアプリ開発を学習できるテックアカデミーはおすすめのプログラミングスクールなのです!

テックアカデミーのWebアプリケーションコースに向いていない人

  • 十分な学習時間を確保できない人
  • オフライン学習で仲間を作りたい人

Webアプリ開発はプログラミングの中では難易度の易しいジャンルですので、挫折率は低いのが特徴です。

とはいえ十分な学習時間を確保しないとスキルを磨くことはできません。

もし受講を考えているならなるべく時間に余裕のある期間に入会すると良いでしょう。

またテックアカデミーはすべてオンラインでの受講になります。

オフラインで受講してプログラミング仲間をたくさん作る、といったようなことは難しいので注意しましょう。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの参加条件

テックアカデミーのWebアプリケーションコース公式サイトでは、参加条件を以下のように定めています。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの参加条件

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの参加条件

  • 必要なメンタリング回数をこなすことができる
  • 期間内に必要な学習時間を確保できる
  • MacかWindowsのPCを持っている
  • Google Chrome を利用できる
  • PCの基本的な操作が問題なくできる

ほとんどの方は条件を満たしていると思います。

受講を考えている方はある程度操作に慣れたPCを用意して、時間に余裕のある期間に入会すると良いでしょう。

年齢制限は特にありませんので緊張せずに安心して受講しましょう!

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの関連コース

ちなみにテックアカデミーではWebアプリケーションコースと関連コースをセットで受講すると、セット割によってお得な料金で利用できます

具体的にはこんな感じ。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの関連コース

テックアカデミーのWebアプリケーションコースに対応しているセットコース

  • Webアプリケーション+フロントエンドセット←最大6万円お得
    フロントエンドではJavaScriptライブラリの「jQuery」、バックエンドではRubyのフレームワーク「Ruby on rails」を使ってより高度なWebサービスを開発します
  • Webアプリ+フロントエンド+Webデザインセット←最大13.8万円お得
    HTMLやCSSといったフロントエンドのWeb開発だけでなくRuby(Ruby on rails)やSQLといったバックエンドのWeb開発を学びます

Rubyを使ったWebアプリ開発はWeb開発全体のほんの一部です。

本格的なWebエンジニアとして活躍したい方はセット割を利用して他の分野も一緒に学習するのも良いでしょう。

個人的には実践的なWebデザインを学べる「Webアプリ+フロントエンド+Webデザインセット」がオススメです!

テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのWebデザインコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのWebデザインコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

 

実際にテックアカデミーのWebアプリケーションコースに通っていた元受講生の口コミレビュー

テックアカデミーのフロントエンドコースに通っていた人の口コミレビュー

さてここからは実際にテックアカデミーのWebアプリケーションコースに通っていた元受講生の口コミレビューをいくつかご紹介していきます。

*口コミレビュー調査概要
調査対象:プログラミングスクール受講経験がある男女
対象人数:95名
調査方法:インターネットアンケート調査
調査主体:wagtechblog運営事務局
調査期間:2021年3月6日〜3月20日,2021年4月26日〜5月10日

よりリアルな感想や評判を知りたい方は是非参考にしてみてください!

評判① 転職支援先は東京がほとんど

転職支援先は東京がほとんど(KOさん:20代男性)

私の総合評価はとても満足しています。

わかりやすい資料や丁寧に説明していただいたのが印象的です。勉強の流れもしっかりと構築されており、まずは基礎を固めて土台を作り、最終的にはツイッタークローンやオリジナルのポートフォリオを作成することができます。

オンラインスクールなので料金的にも他スクールよりも安くすみました

一つ悪かったところを挙げるとすれば、転職支援先がほぼ東京だったことです。

私は福岡で就職したかったので、もっと地方の企業を増やして欲しいです。

評判② 副業のサポートがないので収益化しにくい

副業のサポートがないので収益化しにくい(KYさん:20代男性)

よかった点としては、メンターさんのサポートがとてもよかったことです。

スクールに入る前は一回躓いたら何時間も悩む時間があって先に中々進めなかったのですが、メンターさんに質問すれば数分で解決したのでサクサク進むことができました

またレスポンスも早いのでその点もよかったと思います。

悪かった点としては、卒業後学んだスキルをどのように生かして収益化すれば良いか分からなかったことです。

私は副業をしたくて受講したのですが、収益化にどのように繋げたら良いか分からず卒業したので、できれば副業のサポートもあったらよかったかなと思います。

こちらの方のようにWeb制作での副業を目指している方は「Web制作副業コース」がオススメです。

テックアカデミーのWeb制作副業コースってどうなの?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのWeb制作副業コースってどうなの?【受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

評判③ 現役エンジニア講師の説明は分かりやすく信頼できた

現役エンジニア講師の説明は分かりやすく信頼できた(HAさん:和歌山県 40代男性)

さまざまなアプリケーションを作ることができたらと思い受講しました。

現役のプログラマーの講師やしっかり作られたカリキュラムに満足できました。

サポート体制も安心できるものです。

やはり現役の人の声というのはすごく信頼できて、わかりやすくイメージがしやすかったです。

ただその反面、自分には難しいチャレンジなんだということを感じでしまう部分でもありました。

利用料金は適正だと感じています。

講師やサポートのことを考えるとコスパはいいと思います。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースの口コミレビューは以上になります!

今回紹介した口コミレビューからWebアプリケーションコースのメリットとデメリットをまとめてみると以下のようになります。

メリット
デメリット
  • 他のスクールより料金は安め
  • 質問のレスポンスが早い
  • メンターの説明が分かりやすい
  • 転職支援先のほとんどが東京のみ
  • 収益化までの細かいプロセスは学べない
  • 難易度はやや高め

ご覧のようにテックアカデミーのWebアプリケーションコースに対して好印象を抱いている方もいる一方で、ある程度の不満を感じる方も見受けられました。

Webアプリケーション開発が自分に合うか合わないか確かめるためにも「TechAcademyの無料体験」に参加して、実際のレッスンを体験してみるのはいかがでしょうか?

 

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで稼げる?

テックアカデミーのWebアプリケーションコースで稼げる?

テックアカデミーのWebアプリケーションコースについて詳しく見てきましたが、Webエンジニアとして稼ぐことはできるのでしょうか?

テックアカデミーならフリーランスのWebエンジニアとして稼げる

結論から申し上げるとテックアカデミーのWebアプリケーションコースを受講すればWebエンジニアとして稼ぐことは十分可能です。

というのもテックアカデミーのWebアプリケーションコースではRuby on railsを中心にWeb開発の基礎からオリジナルWebアプリケーションのコーディングまで幅広くカバーされています。

そのためフリーランスや副業といった形なら割とすぐに稼げるようになるでしょう。

例えばフリーランス・副業のプラットフォームとして有名なランサーズではWebアプリ開発に関する仕事が数え切れないほど溢れています。

ランサーズのWebアプリ開発の仕事ランサーズのWebアプリ開発の仕事

ご覧のようにHTMLやCSSを使って簡単なウェブサイトを作るだけで数万円単位の報酬を貰える仕事がたくさん募集されています。

ちなみに2021年3月現在Webアプリ開発の仕事は2,600件もありました

またランサーズのようなクラウドソーシングサービスでは、数ある提案者の中から自分を選んでもらって初めて取引が成立します。

そのためには実績やポートフォリオを充実させて発注者の信頼を獲得しなければなりません。

一見難しそうですがその心配はご無用!

先程も触れましたようにテックアカデミーのWebアプリケーションコースでは「オリジナルWebアプリケーションの企画〜公開」に対応しているため、この成果物をポートフォリオとしてプロフィールに掲載すれば良いのです。

このオリジナルウェブサイトの質が高ければ、他の提案者を勝ち抜いてあっという間に取引へと繋げることができます。

1週間に1件3万円程度の仕事をこなせば月収6桁だって難しくありません。

テックアカデミーならWebエンジニアとして転職して稼げる

ではテックアカデミーのWebアプリケーションコースではWebエンジニアとしてエンジニア転職することはできるのでしょうか?

もちろん可能です。

それはWebエンジニアを募集している求人サイトを見れば分かります。

ここでは大手求人サービス「リクナビネクスト」に掲載されている、Webエンジニアの求人情報を見てみましょう。

A社
求める人材:制作会社でのWebアプリ開発の実務経験
B社
求める人材:WEBアプリ開発経験、PM・PL経験、NW・DB設計構築経験などをお持ちの方
C社
求める人材:何らかの開発実務経験をお持ちの方(言語・年数不問)
D社
求める人材: 未経験大歓迎!もちろん現役Webデザイナーやエンジニアも歓迎

ご覧のようにWebエンジニアとして転職するのはそれほど難しくないことが分かります。

とはいえWebエンジニアとしての数年間の開発実務経験を必須条件としている企業があるのも事実

でもテックアカデミーなら心配いりません。

テックアカデミーには「受講者限定の無料転職サポート」があるからです。

テックアカデミーの転職サポート

  • テックアカデミー受講者なら無料
  • 成長中の企業や職場環境が整った企業をご紹介
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く

これほど転職サポートが充実していれば、将来のキャリアが不安な方も安心です。

実際テックアカデミーでは数多くのエンジニア転職成功者を輩出しています。

詳しい就職先や年収についてはこちらの記事をご覧ください。

テックアカデミーの就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

少しでも気になった方は「TechAcademyの無料体験」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは片っ端から無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

まとめ:テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】

まとめ:テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】

まとめ:テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】

  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースでは基本的なWeb制作からRuby on railsを中心にオリジナルWebアプリケーションまで幅広く対応
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースは2ヶ月で約20万円とコスパ良く学習できる
  • 他のコースとセットで受講すればもっとお得にWeb開発スキルを習得できる
  • テックアカデミーのWebアプリケーションコースを受講すればフリーランスや転職といった形で稼げる
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験レッスンを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のテックアカデミーのWebアプリケーションコースの特徴や学習内容、稼ぐポイントについてご紹介しました。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースは低価格でRuby on railsを中心とした実践的なWeb開発を学ぶことができる貴重なコースです。

またWeb開発に関連する「Webデザインコース」や「フロントエンドコース」とのセットコースを受講すれば、Web開発スキルをより一層磨き上げられるでしょう。

セットコースでは最大138,000円もお得に利用できるのがポイント!

テックアカデミーのWebアプリケーションコースはこれからWebアプリ開発を学びたい方や、将来Webエンジニアとして活躍したい方にはイチオシのコースです。

それでも不安な方は「TechAcademyの無料体験」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】
テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

テックアカデミーの就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?
TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール8選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-TechAcademy

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.