プログラミングスクール

【厳選】C#が学べるプログラミングスクール6選をご紹介

2021年8月23日

【厳選】C#が学べるプログラミングスクール6選をご紹介
C#を学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう...
C#を学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師からみっちりC#を教わりたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーや就職・転職でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はWebプログラミング言語の中でも特に人気の高いC#の概要やスクールの選び方、C#を学習できるプログラミングスクール6選についてご紹介していきます。

C#に興味がある方、C#の挫折経験がある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • そもそもC#とは
  • C#を学ぶメリットとデメリット
  • C#が学べるプログラミングスクールの選び方
  • C#が学べるプログラミングスクール6選をご紹介
  • まとめ:【厳選】C#が学べるプログラミングスクール6選をご紹介

当サイトではウェブサイトやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

【先に結論】C#が学べるプログラミングスクール6選

【厳選】Unityが学べるプログラミングスクール5選をご紹介
【厳選】Unityが学べるプログラミングスクール5選をご紹介

続きを見る

【厳選】ゲーム開発を学べるプログラミングスクール5選をご紹介

続きを見る

そもそもC#とは

そもそもC#とは

まずは簡単に「C#」の概要についてご説明します。

C#とは

C#はマイクロソフトが開発したオブジェクト指向のプログラミング言語です。

文法自体はJavaと類似していて、Java経験者にとっては学びやすい言語としても有名です。

逆も同様で、一度C#に慣れておけばJavaプログラミングも飲み込みやすくなります。

またマイクロソフトが開発しているということもあり、Windows系サービスとの連携が簡単にできるので、Windows向けのアプリケーション開発に向いています。

C#って何ができるの?

ではC#を用いるとどのようなことが実現可能になるのでしょうか?

箇条書きでまとめると以下のようになります。

C#でできること

  • GUIアプリ開発
    統合開発環境であるVisual Studioを用いることで簡単にフォームアプリケーションを開発できます。GUI(Graphical User Interface)とはコンピューターの画面上に表示されるインターフェイスのこと。
  • Webアプリ開発
    ASP.NETを始めとしたWebフレームワークを用いることで高性能なWebアプリケーションを開発できます。ASP.NETもVisual Studioで使用できます。マイクロソフト公式サイトSkype公式サイトBingはC#で作られています。
  • 2D・3Dゲーム開発
    Unityと呼ばれるゲームエンジン内でC#のプログラムを書くことで、2D・3Dのゲームを開発できます。Pokemon GOや白猫プロジェクトといった人気ゲームもUnityで作られています。
  • ハードウェアアプリ開発
    C#は物理的なコンピューターであるハードウェア(モニターやマウスなど)を動かすアプリ開発でも使用されます。

ご覧のようにC#はGUIアプリ開発、Webアプリ開発、ゲーム開発まで手が届く、汎用性が高い画期的なプログラミング言語なのです。

またC#はクロスプラットフォーム開発にも対応しているため、専用のツールを用いることでiOS、Android、OSX、Windows、PlayStationといったあらゆるOS向けのアプリを開発できるというメリットもあります。

このようにC#は用途が無限にあるわけですが、プログラミングスクールの多くはUnityとセットで2D・3Dゲーム開発を学習するのが一般的です。

【厳選】Unityが学べるプログラミングスクール5選をご紹介
【厳選】Unityが学べるプログラミングスクール5選をご紹介

続きを見る

C言語・C++・Objective-Cとの違い

C#とは別に、C言語・C++・Objective-Cといった似た名前のプログラミング言語があるのをご存じでしょうか?

これら4言語は完全に同じというわけでもなく、まったく違うというわけでもありません。

それぞれの相違点を簡潔にまとめると以下のようになります。

オブジェクト指向特徴
C言語オブジェクト指向ではない
プログラミング言語の人気・利用状況ランキング1位
組み込みソフトウェアの開発やOSの開発に用いられる
C++C言語にオブジェクト指向を追加したもの
C言語のような開発もできる
C言語で開発していたものを、そのままC++の環境に移行させて利用できる
C#javaと、C言語が派生したC++の良いところを併せ持つ
C言語の派生ではなく、異なった言語として開発された
マイクロソフト社が開発した他のプログラミング言語とのみ組み合わせて利用できる
Objective-CC言語よりも高度な開発がしやすい
実装全体で見ると大きな違い(オブジェクト指向)
C言語とは異なり、アップル社製品やiOSアプリの開発以外にはあまり利用されない

C言語とC++、C#、Objective-Cの違いとは |【案件ナビNEWS】より引用

ご覧のように、組み込みソフトウェアの開発やOSの開発で人気のあるC言語を元に、C++やC#やObjective-Cが生まれたという形になります。

それぞれ特徴が異なりますので、よく覚えておきましょう。

C#を学ぶメリットとデメリット

C#を学ぶメリットとデメリット

ではここからはC#を学ぶことによるメリットとデメリットについてもご紹介します。

C#を学ぶメリット

まずC#を学ぶメリットは以下の通り。

C#を学ぶメリット

  • 需要が高いので年収も高い
    C#を用いたゲーム開発は需要が高く、同時にC#エンジニアの年収もかなり高い傾向があります
  • 初心者でも学習しやすい
    C#は比較的難易度が低く、さらに統合開発環境のVisual Studioを導入すれば入力候補機能などの便利機能を使いながらスムーズに開発を進められます。
  • ライブラリが多い
    C#は誕生してから歴史が長いため、開発を便利にする「ライブラリ」がたくさん用意されており、効率よく開発を進められます。
  • ネットの情報が多いので挫折しにくい
    C#は誕生してから歴史が長く、しかも世界的に人気度も高いためネットの情報が多く挫折しにくいです。
  • 役立つ機会が多い
    汎用性が高いためWeb開発やゲーム開発、アプリ開発といった様々な場面でC#のスキルが役に立ちます。Javaを学習しやすいのもメリットの1つです。
ご覧のようにC#を学ぶメリットはたくさんあることが分かります。

特に「ネットの情報・ライブラリが豊富で挫折しにくい」「汎用性が高く役立つ機会が多い」といったメリットは、C#初学者にとっては非常にありがたいですよね。

またC#エンジニアの年収(400〜500万円前後)は他の業種と比較するとかなり高いです。(平均年収は調査対象によってバラバラですので鵜呑みにしすぎないほうが良いでしょう)

それほどC#を用いた開発業務は誰かに必要とされているのです。

C#は世界的に人気のあるプログラミング言語としても有名です。2021年7月のTIOBE Programming Community Index (PCI)が公開したプログラミング言語人気ランキングの結果によると、C#は「1位:C」「2位:Java」「3位:Python」に次ぐ4位でした。[TECH+より]

C#を学ぶデメリット

もちろんC#を学ぶメリットがあればデメリットもあります。

C#を学ぶデメリット

  • 最初に挫折する可能性が高い
    コーディングができてもデータベースやサーバーの基本的な概念を理解しないと、最初に挫折する可能性が高いです。
  • Linuxには不向き
    C#はクロスプラットフォーム開発に対応しているものの、Linuxで開発する場合は別のツールを導入する必要があり難易度が上がります。
  • スペックの高いパソコンが必要
    Visual Studioは高性能である分、低スペックなパソコンだと動作が重くなります。C#を学習する際はメモリ容量の大きいPCを選ぶのがおすすめです。

C#に限った話ではありませんが、データベースやサーバーのイメージを持っておかないと、自分が何のプログラムを書いているか分からずに挫折することがあります

前提となる基礎知識が大事!

またC#の統合開発環境のVisual Studioを使用するには高スペックなパソコンが必須になります。

学習を考えている方はメモリ容量やCPUの速さを考慮した上で高性能なPCを購入しましょう。

C#が学べるプログラミングスクールの選び方

C#が学べるプログラミングスクールの選び方

おそらくこの記事を読んでくださっている方の多くは

  • そもそもC#って何から始めたら良いのか分からない!
    どこか良いプログラミングスクールは無いかな...
  • C#の独学で挫折してしまった...
    プログラミングスクールでプロ講師から教わりたい!

といった悩みを抱えているはずです。

そんなあなたのために、ここからはC#が学べるプログラミングスクールの選び方をご紹介します。

C#が学べるプログラミングスクールの選び方

  • 現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるか
  • いつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるか
  • 無料体験や無料カウンセリングを実施しているか

それでは順番に解説していきます。

選び方① 現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるか

選び方① 現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるか

1つ目は現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるかどうか、です。

プログラミングスクールによっては講師が「学生アルバイト」「元卒業生」といったケースがありますが、これはオススメできません。

そもそもプログラミングスクールの生徒の多くは、実務で活躍できるエンジニアになることを目標としているはずです。

そのため実務経験のない学生アルバイトよりも、実務経験のある現役エンジニアの講師から教わるほうが遥かに価値が高いのです。

また「マンツーマン」という授業形態なら、自分のペースに合わせて授業が進みますし、分からないことを何でも自由に質問できるので、学習の質が高まります。

講師が現役エンジニアの場合、カリキュラムのプログラミング以外にも「エンジニアという職業の話」や「実務で役立つ裏話」といった将来役に立つ可能性が高い内容も学習できるもポイントです。

選び方② いつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるか

選び方② いつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるか

2つ目はいつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるかどうか、です。

正直「いつでもエンジニアに質問できる環境」というのはプログラミングスクールの最大の強みだと考えていいでしょう。

独学でプログラミング学習を進めている場合、躓いた時にいつでも自由に質問できる相手など中々いないものです。

稀にプログラミング経験のある友人や先輩に質問できる環境を持つ人がいるかも知れません。しかし高頻度で質問しすぎると相手に迷惑を掛ける可能性だってありえます。

その点プログラミングスクールなら、Slackなどのチャットツールを通じてプロのエンジニアにいつでも自由に質問することができます。

しかも生徒は受講料を払っているわけですから、多少高頻度で質問しても迷惑がられることはまずありません

プログラミングスクールを選ぶ際は質問対応時間や質問回数制限に注目するようにしましょう。

選び方③ 無料体験や無料カウンセリングを実施しているか

3つ目は無料体験や無料カウンセリングを実施しているかどうか、です。

プログラミングスクールは受講料が高額であるため、スクール選びに失敗した時のリスクがめちゃめちゃ大きいです。

そんな事態を避けるためにも、無料体験や無料カウンセリングを実施しているプログラミングスクールを選ぶようにしましょう

無料体験や無料カウンセリングでは、スクールの概要について説明してくれるだけでなく、こちらから気になることを自由に質問できます

「いきなり入塾するのは怖いな...」
「スクールについて聞きたいことがたくさんある!」
「業界の裏話や年収とかも聞いてみたい...」

こういった不安・悩みを解決するためにも、無料体験や無料カウンセリングに積極的に参加することが大切です。

気になるスクールがあればすべての無料体験に参加して、それぞれ比較してみるのもおすすめです!

C#が学べるプログラミングスクール6選をご紹介

C#が学べるプログラミングスクール5選をご紹介

お待たせ致しました!

それではここからはC#が学べるプログラミングスクール6選をご紹介していきます。

C#が学べるプログラミングスクール6選

まず各スクールの特徴を比較表にしてみると以下の通り。(横にスクロールできます)

スクール名TechAcademy
(テックアカデミー)
侍エンジニア塾
(SamuraiEngineer)
TECHSTADIUM
(テックスタジアム)
WinスクールKENスクールCodeShip
(コードシップ)
Unityを学べるコース名Unityコースデビューコース or エキスパートコースUnityコース
Unity超入門コース
C#プログラミング講座Unityコース【上級コース】ゲーム開発コース
受講形態オンラインマンツーマンレッスンオンラインマンツーマンレッスンオンライン指導オンライン or 教室通学オンライン&教室少人数制オンライン個別指導
入学金0円98,000円~なし19,800円なしなし
受講料金174,900円~68,000円~90,000円
*TECH STADIUM経由の就職で全額返還
169,400円264,000円~385,000円~
累計学習時間(目安)200時間250~300時間2ヶ月間35時間6ヶ月120~240時間(4・6ヶ月間)
質問サポート対応時間15〜23時(8時間)
*回数無制限
24時間対応
*回数無制限
回数無制限・時間指定なし9:20~21:00校舎によるいつでもチャットで質問可能
サポート週2回のマンツーマンメンタリングあり
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング)
学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理
受講生同士の交流
無料の転職サポートあり
無料の就職・転職サポート(卒業後も)
就職成功で授業料全額返還
講師への質問無制限
希望者はチーム開発プロジェクトに参加可能
初心者でも分かりやすい個人レッスン
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
理解度が高まる個別指導
就職活動の万全サポート
授業回数無制限
無償延長制度
卒業制作制度
開発実務研修サポート
全てのコースを学習可能
回数無制限のキャリア面談
転職対策サポート
公式サイトテックアカデミー | Unityコース侍エンジニア塾 公式サイトTECH STADIUM(テックスタジアム)の公式サイトKENスクール | C#プログラミング講座Unity基礎|KENスクールCodeShipの公式サイト

それではスクールごとに順番に見ていきましょう。

C#が学べるプログラミングスクール①TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)

C#が学べる1つ目のプログラミングスクールは厚切りジェイソンのCMでおなじみのTechAcademy(テックアカデミー)です。

スクール名TechAcademy(テックアカデミー)
C#を学べるコース名Unityコース
受講形態オンラインマンツーマンレッスン
入学金0円
受講料金社会人
4週間:174,900円
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
学生
4週間:163,900円
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
累計学習時間(目安)200時間
C#対応コースでの学習内容Unityエンジンを用いたゲーム開発
C#のプログラミング
2D・3Dゲームアプリ開発
Git/GitHubによるバージョン管理
成果物キャラが走ったりジャンプする2Dカジュアルゲーム
自然な物理的挙動を実現した3Dピンボールゲーム
地形オブジェクトを利用した3Dダッシュゲーム
自分のアイデアをカタチにしたオリジナルのゲームアプリ
質問サポート対応時間15〜23時(8時間)
*回数無制限
サポート週2回のマンツーマンメンタリングあり
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング)
公式サイトテックアカデミー | Unityコース

テックアカデミーのUnityコースではUnityとC#を使った2D・3Dゲーム開発を学びます。

段階を踏んで難易度の高いゲーム開発に挑戦し、最終的には自分のアイデアで完全オリジナルのゲームアプリを開発します。

こうした完全オリジナルの制作物は、転職やフリーランスの際に、ポートフォリオとして実績をアピールできるメリットがあります。

またテックアカデミーではC#以外にもバージョン管理システムの「Git/GitHub」やビジネスチャットツールの「Slack」といったエンジニア業務に欠かせないツールの操作スキルをまとめて習得できます。

特にGitHubはチーム開発には欠かせないツールです。

将来Unityを用いたC#エンジニア・ゲームエンジニアとして、チーム開発を行う現場で活躍したい方に最適なコースです。

>> TechAcademyの公式サイトはこちら

テックアカデミーのUnityコースってどうなの?【特徴や学習内容をご紹介】

続きを見る

テックアカデミーの評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

C#が学べるプログラミングスクール②侍エンジニア塾

② 侍エンジニア塾

C#が学べる2つ目のプログラミングスクールは、当ブログ管理人も受講経験がある侍エンジニア塾です。

スクール名侍エンジニア塾
C#を学べるコース名デビューコース or エキスパートコース
受講形態オンラインマンツーマンレッスン
入学金デビューコース:98,000円
エキスパートコース:198,000円
受講料金デビューコース
4週間:68,000円
12週間:198,000円
24週間:298,000円
エキスパートコース
12週間:400,000円
24週間:698,000円
48週間:1,098,000円
*両コースとも学生は5~10%の学割対象
累計学習時間(目安)250~300時間
C#対応コースでの学習内容デビューコース
HTML/CSS/JavaScript/Unity/C#/
オリジナルゲームサービス開発/
単体・結合・総合テストなど
エキスパートコース
生徒の要望に応じて自由にカスタマイズ可能
成果物オリジナルゲームサービス開発など
質問サポート対応時間受講生限定のQ&Aサイト(24時間対応)
インストラクターに質問(24時間対応)
*回数無制限
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理
受講生同士の交流イベントに参加可能
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング・面接&履歴書対策)
公式サイト侍エンジニア塾 公式サイト

侍エンジニア塾でC#を用いたゲーム開発を学習する場合のプランの一例は以下の通り。

カリキュラムの例

ご覧のようにC#やUnityに限らずHTML/CSSやJavaScriptといった需要の高いスキルを同時に習得できるのもポイントです。

また侍エンジニア塾ではデビューコースとエキスパートコースでC#を学習することができます。

デビューコースとエキスパートコースの大きな違いは以下の通り。

メリットデメリット
デビューコース料金が安い
短期間にも対応
カリキュラム通りのことしか学べない
エキスパートコースオーダーメイドカリキュラム対応料金が高い
最低でも3ヶ月から

ご覧のように2コースの大きな違いは「オーダーメイドカリキュラムに対応しているかいないか」「料金が高いか安いか」の2点となります。

具体的に作りたいサービスが決まっている人&お金に余裕のある人はエキスパートコースをオススメしますが、それ以外の方はデビューコースでも十分成長可能です。

いずれのコースでも「専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理」や「無料の転職サポート」を利用できるので挫折率は低く、転職成功率は高いです。

当ブログ管理人はエキスパートコースを受講してアプリ開発を学んでいました!

>> 侍エンジニア塾の公式サイトはこちら

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じたメリット・デメリットもご紹介】

続きを見る

C#が学べるプログラミングスクール③TECH STADIUM(テックスタジアム)

TECH STADIUM(テックスタジアム)

C#が学べる3つ目のプログラミングスクールは、プログラミングやゲーム制作を学べるオンラインスクール、TECH STADIUM(テックスタジアム)です。

スクール名TECH STADIUM(テックスタジアム)
C#を学べるコース名Unityコース
Unity超入門コース
受講形態オンライン指導
入学金なし
受講料金90,000円
*TECH STADIUM経由の就職で全額返還
累計学習時間(目安)2ヶ月間
C#対応コースでの学習内容Unityコース
Unityのカジュアルゲーム(クライアント/サーバー型)
ソーシャルゲーム開発
Unity/C#/LAMP環境など
/PHP/Git/Photon
Unity超入門コース
Unity/のカジュアルゲーム
Unity/C#/Git/Scratchなど
成果物サンプルゲーム
ポートフォリオゲームなど
質問サポート対応時間回数無制限・時間指定なし
サポート無料の就職・転職サポート(卒業後も)
TECH STADIUM経由の就職で授業料全額返還
講師への質問無制限
現役エンジニア・クリエイターが3人体制でサポート
入会金不要
希望者はオリジナルプロダクトやインディーズゲームのチーム開発プロジェクトに参加可能
公式サイトTECH STADIUM(テックスタジアム)の公式サイト

TECH STADIUM(テックスタジアム)ではUnityコースとUnity超入門コースでUnityやC#を用いたゲーム開発を学ぶことができます。

そしてUnityコースとUnity超入門コースの大きな違いは以下の通り。

コース名概要料金難易度
UnityコースUnity・C#を使ったゲームプログラミングの基礎だけでなくPHPやLAMP環境を用いた応用分野まで幅広くオンラインで学べるコース。
今後ゲームクリエイターになりたい・ゲーム/IT業界で働きたい方を修了後すぐに現場で働けるレベルにまで育成することを目的としています。
安い高い
Unity超入門コースプログラミングの基礎と、Unity・C#を使った簡単なゲーム開発をオンラインで学べるコース。
今後ゲームクリエイターになりたい・ゲーム/IT業界で働きたい方を、まずはクリエイターとしての土俵に上げることを目的としています。
安い低い

ご覧のように2コースの大きな違いは「受講終了後にすぐに活躍したいか・土俵に立ちたいか」「難易度が高いか低いか」の2点となります。

どちらも料金は同じですので、多少難易度が高くても内容が豊富なUnity超入門コースを受講することをオススメします。

またTECH STADIUM(テックスタジアム)は就職・転職支援の無期限サポート&就職成功で全額キャッシュバックといった手厚いサポートが充実しています。

お金に余裕がなくて将来のキャリアに不安を抱えている人にピッタリのスクールと言えます。

他にも希望者の方限定で、オリジナルプロダクトやインディーズゲームのチーム開発プロジェクトに参加して実務経験を積めるのもポイントです。

興味のある方はぜひ利用してみましょう!

>> TECH STADIUM(テックスタジアム)の公式サイト

C#が学べるプログラミングスクール④Winスクール

Winスクール

C#が学べる4つ目のプログラミングスクールはWinスクールです。

スクール名Winスクール
C#を学べるコース名C#プログラミング講座
受講形態オンライン or 教室通学
入学金19,800円
受講料金169,400円+教材費4,400円
累計学習時間(目安)150分×14回=35時間
C#対応コースでの学習内容C#プログラミング/開発環境(Visual Studio Code)の構築/オブジェクト指向プログラミング/例外処理/デリゲート/CUI・GUIプログラミング実習
成果物CUIアプリケーション
Windowsフォームを使ったGUIアプリケーションなど
質問サポート対応時間平日:9:20~21:00
土:9:20~18:00
日:9:20~15:20
サポート初心者でも分かりやすい個人レッスン
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
公式サイトKENスクール | C#プログラミング講座

WinスクールのC#プログラミング講座では、短時間でC#の基本的な文法やオブジェクト指向プログラミング、CUI・GUIフォームアプリケーションの開発までみっちり学習することができます。

完全個人レッスン基礎から勉強するので初心者でも安心です。

またWinスクールは他のプログラミングスクールよりも料金が安めではありますが、受講料とは別に入学金と教材費も必要になりますのでご注意ください。

ちなみにWinスクールはC#を始めとしたプログラミング言語以外にも、デザイン系(Web・映像など)や資格系(Word・Excelなど)の講座にも対応しているパソコンスクールです。

オンライン受講とオフライン(教室受講)の両方に対応しており、しかも教室の併用が可能なため、自分のスタイルに合わせて受講形態を選ぶことが可能です。

Winスクールの教室一覧

Winスクールの教室一覧(2021年8月現在)

ご覧のようにWinスクールは日本各地に教室が用意されていることが分かります。

詳しくはWinスクールの公式サイトをご覧ください。

>> Winスクールの公式サイトを確認する

C#が学べるプログラミングスクール⑤KENスクール

KENスクール

C#が学べる5つ目のプログラミングスクールはKENスクールです。

スクール名KENスクール
C#を学べるコース名Unity基礎(2021年8月現在改定中のため取り扱い不可)
受講形態オンライン or 教室通学
入学金なし
受講料金264,000円
累計学習時間(目安)80時間(6ヶ月)
C#対応コースでの学習内容C#プログラミング/3Dゲームアプリ開発
成果物3Dゲームアプリなど
サポート対応時間月火水金10:00~13:00 / 14:30~21:00
木10:00~13:00 / 14:30~19:30
土日祝10:00~13:00 / 14:00~18:00
*教室によって変動することがあります
サポート理解度が高まる個別指導
就職活動の万全サポート
授業回数無制限
公式サイトUnity基礎|パソコン教室・資格講座なら【KENスクール】

KENスクールはWinスクールと同様、C#を始めとしたプログラミング言語以外にも、デザイン系(Web・建築など)や資格系(Word・Excelなど)の講座にも対応しているパソコンスクールです。

そしてKENスクールのUnity基礎ではUnityやC#を使った3Dゲームアプリ開発を行います。

受講期間は6ヶ月間で、期間内なら受講回数は無制限!

プログラミングスクールの中では珍しく教室受講に対応しているのもポイントです。

教室は平日なら21時まで開いていて、自習スペースとしても利用できるため、働きながらの受講を考えている社会人の方でも気軽に利用することができます。

KENスクールの教室一覧

  • 新宿本校
  • 池袋校
  • 北千住校
  • 横浜校
  • 名古屋校
  • 梅田校
  • 札幌校
  • 福岡校

ご覧のようにWinスクールは日本各地(特に関東地方を中心)に教室が用意されていることが分かります。

詳しくはWinスクールの公式サイトをご覧ください。

>> KENスクールの公式サイトを確認する

2021年8月現在、KENスクールのUnity講座は改定中のため取り扱いしていません。再開の目処が立ち次第、公式サイトにてアナウンスされます。

C#が学べるプログラミングスクール⑥CodeShip(コードシップ)

CodeShip(コードシップ)

C#が学べる6つ目のプログラミングスクールは、受講期間内であればすべてのコースを学習可能な画期的なプログラミングスクール、CodeShip(コードシップ)です。

スクール名CodeShip(コードシップ)
C#を学べるコース名【上級コース】ゲーム開発コース
受講形態少人数制オンライン個別指導
入学金なし
受講料金4ヶ月間:385,000円
6ヶ月間:660,000円
累計学習時間(目安)120~240時間(4・6ヶ月間)
C#対応コースでの学習内容C#/C#など
他のコースも受け放題なので
HTML/CSS/PHP/Ruby/Rails/
Pyhon/JavaScriptなどの言語も学習可能
成果物シューティングゲームなど
質問サポート対応時間いつでもチャットで質問可能
サポート無償延長制度
卒業制作制度
開発実務研修サポート
環境構築サポート
中途解約、返金対応あり
期間内であれば全てのコースを学習可能
回数無制限のキャリア面談サポート
書類作成や面接対策などの転職対策サポート
公式サイトCodeShipの公式サイト

CodeShip(コードシップ)は受講期間内であれば全6コースをすべて受講することができる&完全オンラインのプログラミングスクールです。

6コースの概要は以下の通り。

  • ウェブメディア開発コース
    HTML/CSS/WordPress/PHP/Laravel/MySQL
  • フロントエンド開発コース
    HTML/CSS/JavaScript/Bootstrap/jQuery
  • SNS開発コース
    HTML/CSS/Ruby/Ruby on rails
  • ウェブアプリ&データ処理コース
    HTML/CSS/Python/Flask
  • ゲーム開発コース
    C#/Unity
  • 先進ウェブサービス開発コース
    JavaScript/React/Vue

ご覧のようにC#やUnity以外にもPHPやRubyといったWeb言語、PythonやReactといったハイレベルなバックエンド分野についても学習可能です。

ただいっぺんに学ぼうとすると全部中途半端になる可能性が高いため、分野を絞って学習することをオススメします

二兎追う者は一兎も得ず!

またCodeShipでは専属のキャリアカウンセラーが回数無制限で書類作成や面接対策といったキャリアサポートをしてくれる転職サポートにも対応しています。

実際、就業希望者の転職成功率96%と素晴らしい実績を誇っているため、将来のキャリアに不安を抱えている方でも安心です。

>> CodeShip(コードシップ)の公式サイト

CodeShip(コードシップ)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】
CodeShip(コードシップ)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

続きを見る

まとめ:【厳選】C#が学べるプログラミングスクール6選をご紹介

まとめ:【厳選】C#が学べるプログラミングスクール5選をご紹介

まとめ:【厳選】C#が学べるプログラミングスクール6選をご紹介

  • C#はマイクロソフトが開発したオブジェクト指向のプログラミング言語でWeb開発やゲーム開発、アプリ開発で使用される
  • C#は難易度が低い&情報量が多いというメリットがある一方で、基礎知識が固まっていないと挫折しやすい&高スペックなPCが必要というデメリットがある
  • プログラミングスクールでC#を学びたい場合は「現役エンジニアからマンツーマンで教われる環境」「質問サポートの有無」「無料体験や無料カウンセリングを実施」に着目しよう
  • プログラミングスクールでC#を学びたい場合は、今回紹介した6つのスクールから選ぶのがおすすめ
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料カウンセリングを利用しよう!

今回はプログラミング言語の中でも特に人気の高いC#の概要やスクールの選び方、C#を学習できるプログラミングスクール6選についてご紹介しました。

改めてC#を学習できるプログラミングスクール6選の比較表を確認しておきましょう。(横にスクロールできます)

スクール名TechAcademy
(テックアカデミー)
侍エンジニア塾
(SamuraiEngineer)
TECHSTADIUM
(テックスタジアム)
WinスクールKENスクールCodeShip
(コードシップ)
Unityを学べるコース名Unityコースデビューコース or エキスパートコースUnityコース
Unity超入門コース
C#プログラミング講座Unityコース【上級コース】ゲーム開発コース
受講形態オンラインマンツーマンレッスンオンラインマンツーマンレッスンオンライン指導オンライン or 教室通学オンライン&教室少人数制オンライン個別指導
入学金0円98,000円~なし19,800円なしなし
受講料金174,900円~68,000円~90,000円
*TECH STADIUM経由の就職で全額返還
169,400円264,000円~385,000円~
累計学習時間(目安)200時間250~300時間2ヶ月間35時間6ヶ月120~240時間(4・6ヶ月間)
質問サポート対応時間15〜23時(8時間)
*回数無制限
24時間対応
*回数無制限
回数無制限・時間指定なし9:20~21:00校舎によるいつでもチャットで質問可能
サポート週2回のマンツーマンメンタリングあり
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング)
学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理
受講生同士の交流
無料の転職サポートあり
無料の就職・転職サポート(卒業後も)
就職成功で授業料全額返還
講師への質問無制限
希望者はチーム開発プロジェクトに参加可能
初心者でも分かりやすい個人レッスン
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
理解度が高まる個別指導
就職活動の万全サポート
授業回数無制限
無償延長制度
卒業制作制度
開発実務研修サポート
全てのコースを学習可能
回数無制限のキャリア面談
転職対策サポート
公式サイトテックアカデミー | Unityコース侍エンジニア塾 公式サイトTECH STADIUM(テックスタジアム)の公式サイトKENスクール | C#プログラミング講座Unity基礎|KENスクールCodeShipの公式サイト

またプログラミングスクールを選ぶ際は以下の3ポイントに着目するのがおすすめです。

C#が学べるプログラミングスクールの選び方

  • 現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるか
  • いつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるか
  • 無料体験や無料カウンセリングを実施しているか

自分に合ったスクールを選択して、着実にプログラミングスキルを習得していきましょう。

とはいえいきなり受講するのは怖いし不安ですよね。

そんな時は各スクールの無料体験や無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

【先に結論】C#が学べるプログラミングスクール6選

悩むより前にまずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感してみましょう。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

今回はC#が学べるプログラミングスクールについて詳しくご紹介しましたが、もしも他の基準でプログラミングスクール選びに迷っている方は、以下の表を参考にしてみてください。

将来のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademyレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
RaiseTechレビュー記事はこちら
tech boostレビュー記事はこちら
RUNTEQレビュー記事はこちら
CodeShipレビュー記事はこちら
CodeCampレビュー記事はこちら
デイトラレビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
ポテパンキャンプレビュー記事はこちら
Aidemyレビュー記事はこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
DMM WEBCAMPレビュー記事はこちら
GEEK JOBレビュー記事はこちら
DIVE INTO CODEレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
TechAcademyレビュー記事はこちら

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・ジャンルおすすめスクール紹介記事
HTML/CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクールの紹介記事
RubyRubyが学べるプログラミングスクールの紹介記事
PHPPHPが学べるプログラミングスクールの紹介記事
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクールの紹介記事
JavaJavaが学べるプログラミングスクールの紹介記事
PythonPythonが学べるプログラミングスクールの紹介記事
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクールの紹介記事
C#C#が学べるプログラミングスクールの紹介記事
SQLSQLが学べるプログラミングスクールの紹介記事
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクールの紹介記事
UnityUnityが学べるプログラミングスクールの紹介記事
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクールの紹介記事
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクールの紹介記事

テックアカデミーの評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じたメリット・デメリットもご紹介】

続きを見る

CodeShip(コードシップ)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】
CodeShip(コードシップ)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

続きを見る

【厳選】ゲーム開発を学べるプログラミングスクール5選をご紹介

続きを見る

【厳選】Unityが学べるプログラミングスクール5選をご紹介
【厳選】Unityが学べるプログラミングスクール5選をご紹介

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

続きを見る

【厳選】Javaが学べるプログラミングスクール5選をご紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.