RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

2021年7月24日

RaiseTech(レイズテック)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のRaiseTech(レイズテック)の評判やレビュー、メリット・デメリットや他スクールとの比較についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • RaiseTechの特徴
  • RaiseTechの料金
  • RaiseTechのメリット・デメリット
  • RaiseTechの評判・口コミレビュー
  • RaiseTechに向いている人・向いていない人
  • RaiseTechの無料説明会の申し込み方法と流れ
  • RaiseTechと他のプログラミングスクールを比較
  • RaiseTechのよくある質問
  • まとめ:RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

当サイトではウェブサイトやブログに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

目次

RaiseTechの特徴

RaiseTechの特徴

それではまずはRaiseTechの特徴から解説していきます。

RaiseTechの基本情報

スクール名RaiseTech(レイズテック)
受講形態オンライン
コースの種類フロントエンドコース
マーケティングコース
デザインコース
WordPress副業コース
AWS自動化コース
AWSフルコース
Javaフルコース
Javaフレームワークコース
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
WordPress/Ruby/AWS/Javaなど
サポート2週間のトライアル期間あり
補講の実施や動画教材を提供
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
動画教材を半永久的に見放題
転職支援・案件獲得の無期限サポート
質問対応時間10:00~24:00 (月曜日 – 日曜日)
受講期間2~4ヶ月
年齢制限無し
運営会社株式会社RaiseTech
公式サイトRaiseTech(レイズテック)公式サイト

RaiseTechではWebプログラミングやシステムプログラミング以外にも、デザインやマーケティングといった重要なスキルにも対応しているため、自分が身に付けたいスキルを着実に伸ばすことができます。

しかも毎日10時から24時までの14時間は内容・回数関係なく自由に質問ができ、現役エンジニアの講師が丁寧にサポートしてくれます

他にも受講生同士のコミュニティや無期限の転職・案件サポートといったサポートが充実しているため、初心者や未経験者もスムーズに学習を進められるのもポイントです。

特に転職支援サポートや案件獲得サポートは、あなたのキャリアをより有利なものに変えてくれることでしょう!

RaiseTechのコース・料金

RaiseTechはコースごとに受講期間や料金が異なります。

それぞれを比較表で表してみると以下のようになります。

コース名授業回数:期間金額(税込)概要
Javaフルコース全16回:4ヶ月間398,000円案件数がトップのプログラム言語・Javaと現場のエンジニアに必要な知識を最速で学ぶ総合コース
AWSフルコース全16回:4ヶ月間398,000円クラウドサービスでトップシェアを誇るAWSの技術と現場のエンジニアに必要な知識を最速で学ぶ総合コース
WordPress副業コース全16回:4ヶ月間298,000円WordPressというCMSを使った、副業に特化した技術を習得する総合コース
Javaフレームワークコース全8回:2ヶ月間248,000円JavaとSpringFrameworkを使った今、現場で使われている技術を最速で学ぶ実践コース
AWS自動化コース全8回:2ヶ月間248,000円AWS上で構築するクラウド環境の自動化とコード化を学ぶ実践コース
デザインコース全16回:4ヶ月間298,000円デザインの技術と知識を最速で現場レベルになるまで学ぶ副業向け総合コース
マーケティングコース全16回:4ヶ月間398,000円商品を売るために、という思考から始まり、実際に売るための手段と知識、ツールの使い方を学ぶ副業も可能な総合コース
フロントエンドコース全16回:4ヶ月間398,000円Webサービスを作る上で必須のフロントエンドの技術と現場レベルで活躍するのに必要な知識を最速で学ぶ総合コース
受け放題コース(ウェブ制作)
WordPress副業コース
デザインコース
マーケティングコース
全48回:1年間選択コース+5万円ウェブ制作とマーケティングの技術を身につけて、成果を生み出すウェブ制作者、デザイナー、マーケッターを目指すコース
受け放題コース(エンジニア)
AWSフルコース
Javaフルコース
フロントエンドコース
全48回:1年間選択コース+5万円Webサービスを前提としたアプリケーションの開発からインフラの構築・自動化まで「フルスタック」なスキル習得を目指すコース

*全コースで10%OFFの早割に対応しています。
*早割では開講月の2つ前の月のうちに本申し込む必要があります。
*4ヶ月間のコースでは学生の方は学割が適用されます。
*早割と学割の併用はできません。

RaiseTechの料金や割引方法について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

RaiseTech(レイズテック)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

こんなにコースが多くても、どれを選んだら良いのか分からない!

そう感じた方もいるのではないでしょうか?

そんな時はRaiseTechの無料説明会に参加してみましょう!

こちらのツイートにもあるように、無料説明会では今までにない新たな"気づき・学び"を得ることができます。

また無料説明会ではRaiseTechの説明だけでなく、業界や現場に関するリアルな情報を知ることもできます。

RaiseTech関連じゃなくても、プログラミング関係で少しでも疑問点や不安がある方はRaiseTechの無料説明会に参加することをオススメします。

RaiseTech(レイズテック)って分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)は返金対応している?【利用規約を調べてみた】

続きを見る

RaiseTechのメリット・デメリット

さてここからはRaiseTechのメリット・デメリットについてそれぞれご紹介します。

先に結論を申し上げますと以下のようになります。

メリット
デメリット
  • 現場にこだわった実践的なプログラミングを学べる
  • AWSのスキルを学べる
  • 受講生コミュニティ内で交流ができる
  • 転職支援・案件獲得の無期限サポートを利用できる
  • コースの対応分野がそこまで多くない
  • 紹介される求人や案件は微妙

それでは順番に見ていきましょう。

RaiseTechのメリット

まずはRaiseTechのメリットを順番にご紹介していきます。

RaiseTechのメリット

  • 現場にこだわった実践的なプログラミングを学べる
  • AWSのスキルを学べる
  • 受講生コミュニティ内で交流ができる
  • 転職支援・案件獲得の無期限サポートを利用できる

メリット① 現場にこだわった実践的なプログラミングを学べる

RaiseTechは基礎的なプログラミングではなく、現場にこだわった実践的なプログラミングの教育に力を入れています

実際に最前線で活躍している現役エンジニアを講師として採用しているため、生徒は実務の場で求められる技術・知識・考え方について教わることができます。

そのため将来は、転職・就職・フリーランスとどんな形のエンジニアであっても、稼げる人材に成長できているという訳です。

メリット② AWSのスキルを学べる

RaiseTechでは最近人気を集めていて需要の高いAWSの学習に対応しています。

AWSとはAmazonが提供しているクラウドコンピューティングサービスのことで、世界中のあらゆるサービスで使用されています!

一般的なプログラミングスクールではAWSを扱うことはあっても、それをメインで学習するコースはほとんどありません。

これに対してRaiseTechではAWS自動化コースとAWSフルコースの2種類のコースが用意されているため、AWSのスキルを着実に伸ばすことができます。

需要が極めて高いAWSのスキルを習得すれば、将来エンジニアとして一層活躍できることでしょう。

メリット③ 受講生コミュニティ内で交流ができる

RaiseTechには受講生や講師が属しているコミュニティがあります。

このコミュニティでは情報共有や作業会の実施、イベントの開催など様々な機会を通じて交流を深めることができます。

既に卒業した元受講生も参加しているので、困ったときにはアドバイスを貰えるのもポイント。

「一人では勉強が続かない」
「モチベーションを高め合う仲間が欲しい」

といった悩みを抱えている方には非常にオススメです。

メリット④ 転職支援・案件獲得の無期限サポートを利用できる

RaiseTechでは転職支援・案件獲得のサポートを無期限で利用することができます。

具体的なサポートの内容としては以下の通り。

転職サポート
案件獲得サポート
  • エンジニア就職の"就活情報"が集まるオンラインコミュニティ「転職クエスト」との提携
  • 学習状況をポートフォリオ化する「BuildUp」との提携
  • 悩み事やキャリアの相談
  • 他社の転職サービスも利用OK
  • ポートフォリオ作成サポート
  • 履歴書や面接対策サポート
  • 案件獲得の営業手法サポート
  • 案件場所のサポート
  • 書類の添削サポート

さらにこれらのサポートはすべて無期限で利用できちゃいます!!

将来のキャリアに不安を抱えている方、エンジニアとしてのキャリア形成に自信がない方にはピッタリのサポートと言えますね。

RaiseTechのデメリット

続いてはRaiseTechのデメリットを順番にご紹介していきます。

RaiseTechのデメリット

  • コースの対応分野がそこまで多くない
  • 紹介される求人や案件は微妙

デメリット① コースの対応分野がそこまで多くない

RaiseTechはWebエンジニアに特化したプログラミングスクールであるため、コースの対応分野がそこまで多くないというデメリットがあります。

具体的にRaiseTechは以下のジャンルのプログラミングには対応していません。

RaiseTechが対応していない分野

  • AI開発(Python)
  • データサイエンス(Python、Rなど)
  • Androidアプリ開発(Kotlinなど)
  • iOSアプリ開発(Swift)
  • ゲーム開発(Unityなど)
  • 効率化プログラム(Python、GASなど)

そのためWebエンジニアリング以外の分野を学習したい方は、コース対応が幅広いTechAcademy侍エンジニア塾を受講することをオススメします。

デメリット② 紹介される求人や案件は微妙

上段でも触れたようにRaiseTechには無期限の転職・案件獲得サポートが用意されているのですが、そこで紹介される求人や案件はあまり質が良くないです。

この理由としては、転職や案件サポートではRaiseTechとは別の企業のサービスを利用することが原因だと考えられます。

転職に特化したプログラミングスクールではよくある「転職保証(転職に失敗したら全額返金)」といった制度も用意されていません

そのため無期限サポートは利用しつつ、自分の力で主体的に努力する必要があるのです。

もしも「転職・就職活動も徹底的にサポートしてくれるスクールに入りたい」と考えている方にはTECH CAMP(テックキャンプ)GEEK JOB(ギークジョブ)がオススメです。

RaiseTechの評判・口コミレビュー

続いては、実際にRaiseTechを受講した方の評判・口コミレビューをいくつかご紹介します。

RaiseTechのリアルな雰囲気や印象について詳しく知りたい方は必見です。

評判・口コミレビュー①自分の努力を褒めながら伸ばしてくれる

RaiseTechの面談では、新しい分野への勉強で不安を抱えている生徒のために、メンターの方がモチベーション管理をしてくれます

こちらのツイートにもあるように、生徒の努力を褒めてくれたり、これからの学習を応援してくれたりと、生徒の背中を押す声を掛けることで、前向きに学習が進められるようなサポートを行っています。

ポジティブな気持ちで楽しく学習を進めたい方にピッタリ!

評判・口コミレビュー②スレッドで質問するとみんなが教えてくれる

RaiseTechには情報交換や交流を目的とした、講師や受講生が参加しているオンラインコミュニティがあります。

このコミュニティは情報共有が盛んであるため、分からないことや躓いたことを質問するとメンバーが一斉に教えてくれるそうです。

オンライン受講でもコミュニティのメンバー同士で仲を深められる!

評判・口コミレビュー③質問だけでなく改善点や意見を積極的に受け付けている

RaiseTechではより良いサービス向上のため、スクールに対する改善点や意見を積極的に受け付けています

そのため運営企業の会議に受講生も参加できる画期的な制度も設けられているそうです。

他のプログラミングスクールではありえない斬新な制度!

評判・口コミレビュー④現役エンジニアのレビューの質が高い

RaiseTechでは現役エンジニアや現役メンターにコードレビューを依頼できるのですが、その返事が非常に速く、しかもレビューの質も圧倒的に高いそうです。

ストレス無くスムーズに学習を進めたい方にはおすすめです。

エラーを解決できずに悩む負のスパイラルから開放される!

評判・口コミレビュー⑤説明会で自分のやりたいことに気づけた

RaiseTechの説明会は情報量が多く有益なのはもちろん、自分のやりたいことに気づきを与えてくれます

自分のやりたいことに自信がない方や何かしらの不安を抱えている方はRaiseTechの無料説明会に参加してみましょう。

無料説明会は毎週金曜日20時に開催しています!時間を調整して参加してみましょう!

評判・口コミレビュー⑥独学の色々な課題を解決するサポートが整っている

プログラミングの独学は「孤独」「モチベーション管理」といった課題がありま。

これに対して、RaiseTechにはコミュニティや質問し放題の環境、講師のフィードバックといったサポートが整っているため、これらをフル活用することでスムーズにプログラミングを習得できるそうです。

利用できるサービスは全部利用しよう!

評判・口コミレビュー⑦RaiseTechは悪評がほとんど見当たらない

こちらはRaiseTechの運営者兼講師エナミコウジさんのツイートです。

エナミさんによると、創業から2年経過して受講生が1,000人を超えてもRaiseTechに関するクレームや悪評はほとんど見当たらないそうです。

それほどRiaseTechは素晴らしい価値を提供しているプログラミングスクールだということが伺えます。

当サイト管理人の調査でも悪評やクレームは一切見つかりませんでした!

RaiseTechに向いている人・向いていない人

次に今回紹介したRaiseTechの特徴やメリット・デメリットから、RaiseTechに向いている人・向いていない人をまとめてみました。

RaiseTechに向いている人・向いていない人

RaiseTechに向いている人

  • プログラミング初心者・未経験者
  • プログラミング学習意欲が高い人
  • オンラインでも勉強に集中できる人
  • 将来エンジニアとして活躍したい人
  • 質問サポートを長時間利用したい人
  • プロのエンジニアの元で学習したい人
  • 受講生コミュニティで交流を深めたい人
  • 現場で役立つ実践的なスキルを身に付けたい人
  • 無期限の転職サポートや案件獲得サポートを利用したい人

RaiseTechは年齢制限も入塾制限もありませんので、プログラミングの学習意欲がある人なら誰でも入会できます。

またRaiseTechは現場で役立つ、そして稼ぎに直結するスキルを、現役エンジニア講師から徹底的に教えてもらえる有益なスクールです。

将来何かしらの形でエンジニアとして活躍したい方には非常にオススメのスクールです。

RaiseTechに向いていない人

  • プログラミング学習意欲が低い人
  • 教室通学で対面で教わりたい人
  • スマホアプリ開発やAI開発を学びたい人

確かにRaiseTechでは現役エンジニアの講師の方が徹底的にマンツーマンでサポートしてくれるという側面はあります。

だからといって生徒のモチベーションが中途半端だと、プログラミングスキルは伸び悩むのは言うまでもないでしょう。

そのためせっかく受講するなら確固たる覚悟を持って挑むことをおすすめします。

またRaiseTechは完全オンラインのプログラミングスクールです。

教室通学で対面で教わりたい方はtech boost(テックブースト)TECH CAMP(テックキャンプ)がオススメです。

プログラミング学習が不安な時は

とはいえプログラミング学習が不安な初心者の方もいらっしゃると思います。

そんな時はRaiseTechがどんなスクールでどんな雰囲気なのか知るためにもRaiseTechの無料説明会を利用してみるのがオススメです。

無料体験では以下の内容を知ることができます。

  • RaiseTechについて(特徴・内容・受講後にどうなるのか)
  • IT業界の現在の状況
  • エンジニアになるには?・キャリアの進め方
  • 自分に適したスクールや学習方法の選び方
  • 疑問点や不安なことを何でも講師に質問できる
これほど有益な内容を無料で学べるスクールは中々ありません。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは無料説明会に参加して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

RaiseTechの無料説明会の申し込み方法と流れ

さてここからはRaiseTechの無料説明会の申し込み方法と大まかな流れについてご説明します。

手順は超簡単です!!

RaiseTechの無料体験レッスンの申し込み方法と流れ

  • RaiseTech公式サイトの参加フォームを記入
  • 後日送られてくるメールより無料説明会に参加

それでは順番にご紹介していきます。

手順① RaiseTech公式サイトの入力フォームを記入

まずは以下のリンクをクリックしてRaiseTech公式サイトにアクセスしましょう。

>> RaiseTechの公式サイト

すると以下のような画面が表示されますので、画面右側の無料説明会参加用の入力フォームを記入しましょう。(スマホの方はページ内の「無料説明会に参加する」と書かれた黄緑色のボタンをクリックしましょう。)

RaiseTech公式サイトの参加フォームを記入

必要な項目は以下の4つ。

  • 無料説明会の参加希望日(毎週金曜の20時)
  • 名前
  • 名前(フリガナ)
  • メールアドレス

すべて記入し終わったら、「無料説明会に参加する」と書かれた黄緑色のボタンをクリックしましょう。

手順② 後日送られてくるメールより無料説明会に参加

説明会の参加日が近づくと、記入したメールアドレス宛に案内メールが届きます

当日になったら、メール内に書かれたURLをクリックして無料説明会に参加すればOKです。

メールは削除せずに大切に保管しておきましょう!

RaiseTechと他のプログラミングスクールを比較

今回はRaiseTechについて色々とご紹介してきましたが、他のプログラミングスクールと比較するとどのような違いがあるのでしょうか?

ここではRaiseTechと似たジャンルのプログラミングスクールを参考に徹底比較していきます。

RaiseTech
(レイズテック)
TechAcademy
(テックアカデミー)
侍エンジニア塾CodeCamp
(コードキャンプ)
TECH CAMP
(テックキャンプ)
実績-オンラインプログラミングスクール受講者数No.1
800社、30,000名を超える教育実績
挫折しないプログラミングスクールNo.1(挫折率8%)
実践的スキルが身に付くプログラミングスクールNo.1
レッスン満足度が高いプログラミングスクールNo.1
無料体験レッスン満足度92%
レッスン満足度96.6%
受講者数30,000名突破
導入企業300社突破
即戦力までスキルアップできるエンジニア養成プログラムNo.1
未経験から理想の就職ができるエンジニア養成プログラムNo.1
サポート体制が充実しているエンジニア養成プログラムNo.1
転職成功率99%以上・成功者2,000名以上
受講スタイルオンラインオンラインオンラインオンラインオフライン&オンライン
期間2,4,12ヶ月4,8,12,16週間から選択4,8,12,24,36,48週間から選択2,4,6ヶ月から選択1ヶ月~6ヶ月
コース種類10種類29種類6種類13種類3種類
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
React/Next.js/TypeScript/
Illustrator/Photoshop/
WordPress/jQuery/Ruby/
AWS/Java/GitHub/
HTML / CSS /
Ruby(Ruby on Rails) /
PHP(Laravel) / Java /
WordPress / Swift /
Xcode / Unity / Python / Git /
データサイエンス / ブロックチェーン /
IoT / AI / Scala /
Node.js / Google App Script / 動画編集 /
Shopify / Excel /
Bootstrap
HTML / CSS /
JavaScript / Python /
Wordpress / Ruby /
React.js / PHP /
Node.js / Java /
Dart(Flutter) / C++ /
C# / Swift / Xamarin /
Kotlin / Unity / R /
Microsoft Azure /
Amazon Web Service /
Heroku / Slack /
Docker / Git / Jenkins /
Travis CI / Vagrant /
Vim など
HTML / CSS /
JavaScript / Bootstrap
/ Swift / Android / PHP
/ Laravel / MySQL /
Ruby / Ruby on Rails /
Java基礎 / Java応用 /
Javaサーブレット /
Photoshop / Illustrator
Webサービス開発 /
AI(人工知能) / Webデザイン / 設計 / 開発 /
インフラ構築 / 運用 /
デザインの基本原則 /
コンセプト設計 / イラストツール / ウェブサイトデザイン /
フロントエンド開発
入学金0円0円98,000円~33,000円コースによって異なる
受講料一括298,000円〜一括174,900円〜一括64,600円~一括165,000円〜月額21,200円〜
卒業後のカリキュラム閲覧可能閲覧可能コースによって可能閲覧可能
オーダーメイド
カリキュラム
コースによって可能
チャットサポート
対応時間
10時~24時15時~23時24時間対応7時~23時40分11時~23時
他の生徒との交流
発表会・コンテストコースによって可能
転職サポートキャリア相談
企業紹介
面接・履歴書作成サポート
ポートフォリオ作成サポート
他の就職サービス使用可能
企業紹介自己PR対策サポート
面接対策
履歴書作成サポート
企業とのマッチング
コースによって可能コースによって可能
マンツーマンレッスン
メンタリング週2回コースによって可能
オリジナルプロダクト
開発サポート
 ◯ ◯
返金対応
講師現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア 現役エンジニア 現役エンジニア以外もいる
お得な特典無料説明会
無期限転職・案件獲得サポート
学割・早割あり
+5万円で3コース受け放題
無料体験
先割で8%割引
無料説明会動画視聴で10,000円割引
無料体験の受講で10,000円割引
トモ割で10,000円割引
セット受講で最大13,800円お得
無料体験レッスン
無料体験レッスン参加で最大5,000円分のAmazonギフト券
女性・障がい者・中高生は最大37万円引き
卒業生インタビューでAmazonギフト券5,000円分
SAMURAI AWARD受賞で最大10,000円分のAmazonギフト券
無料体験レッスン
お友達紹介でAmazonギフト券10,000円分
無料体験申し込みで10,000円割引
プログラミング教養コースでは7日間以内の全額返金に対応
エンジニア転職コースでは14日以内の全額返金保証付き
デザイナー転職コースでは14日以内の全額返金保証付き
全コースで無料カウンセリング実施中
公式サイトRaiseTech公式サイトTechAcademy公式サイト侍エンジニア塾公式サイトCodeCamp公式サイトプログラミング教養コース公式サイト
エンジニア転職コース公式サイト
デザイナー転職コース公式サイト

ご覧のようにRaiseTech・TechAcademy・侍エンジニア塾・CodeCamp・TECH CAMPの5つのプログラミングスクールで比較してみました。

それぞれのスクールにメリットとデメリットがあるので、一概に「これが一番良い」と評価することはできません。

おすすめのスクールの選び方

  • RaiseTech
    需要の高い分野の現場で役立つスキルを身に付けたい人向け、無期限の転職・案件獲得サポートを利用したい人向け・卒業後もカリキュラムを閲覧したい人向け・オンラインでも受講生同士で交流したい人向け
  • TechAcademy
    お金に余裕がない人向け、マニアックな分野を学びたい人向け、メンタリングを利用したい人向け、卒業後もカリキュラムを閲覧したい人向け、エンジニア転職したい人向け
  • 侍エンジニア塾
    お金に余裕がある人向け、マニアックな分野を学びたい人向け、オーダーメイドカリキュラムで学びたい人向け、チャットサポートを1日中利用したい人向け、エンジニア転職したい人向け
  • CodeCamp
    お金に余裕がない人向け、卒業後もカリキュラムを閲覧したい人向け
  • TECH CAMP
    お金に余裕がある人向け、オフラインで学習したい人向け、エンジニア転職したい人向け

といったように自分の生活環境や学びたい内容に合わせて受講するのがオススメです。

各スクールの詳細については以下の記事をご覧ください。

RaiseTech(レイズテック)のよくある質問

では最後にRaiseTech(レイズテック)のよくある質問についていくつかご紹介します。

質問① 初心者でも大丈夫?

初心者でも大丈夫?

基本的なPC操作が出来ればそれ以外は問題ありません。
現役エンジニアの講師や運営、公式メンターが徹底的にサポートしてくれます。

質問② 学習時間の目安はどれくらい?

学習時間の目安はどれくらい?

個人差があるのではっきりと断定はできませんが、約200~300時間は必要です。
受講期間が4ヶ月の場合、1週間あたりの学習時間は平均で16~25時間。
つまり週に1回2時間のレッスン以外の時間でも、1日平均2~3時間は勉強時間を確保しなければなりません。
現場で通用するスキルを最速で習得するにはそれくらい時間がかかるのです。

質問③ 年齢制限はある?

年齢制限はある?

年齢制限はありません!
老若男女どんな方でもOKです。

質問④ 受講後、受講中の転職支援で案件の紹介は定期的に行ってくれる?

案件紹介は定期的に行ってくれる?

RaiseTechは自走力のあるエンジニアを最速で育てることを目的としています。
そして定期的な案件紹介は自走力の習得から遠のいてしまうため、自分の力で案件を探したり、転職活動を行うことを推奨しています。

質問⑤ 質疑応答や録画の閲覧期間はいつまで?

質疑応答や録画の閲覧期間はいつまで?

どちらも半永久的に閲覧可能です。
ただ録画は一定期間で削除されてしまうため、それ以降の閲覧の際には申請が必要になります。
質疑応答ではSlackを使用しますが、自分から退会しない限りは半永久的に使用可能です。

質問⑥ 難易度が高いらしいから、挫折しないか心配……。大丈夫かな?

挫折しないか心配...

正直なところ、挫折率は決して低いわけではありません。
ただ生徒がしっかりとした強い意志をもって学習に取り組めば、RaiseTechも全力でサポートしてくれます。
初心者や未経験者、中には中高年の方でもエンジニア転職に成功した実績があるため、結局は本人のやる気次第ということになります。

まとめ:RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

まとめ:RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

  • RaiseTechは完全オンラインで学習できるプログラミングスクール
  • 最前線で活躍している現役エンジニアから、実践的で稼げるスキルを教わることができる
  • RaiseTechは良い評判が多く、悪評がほとんど見つからなかった
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料説明会を利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のRaiseTech(レイズテック)の評判や口コミレビュー、メリット・デメリットや他スクールとの比較についてご紹介しました。

では改めてRaiseTech(レイズテック)のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット
デメリット
  • 現場にこだわった実践的なプログラミングを学べる
  • AWSのスキルを学べる
  • 受講生コミュニティ内で交流ができる
  • 転職支援・案件獲得の無期限サポートを利用できる
  • コースの対応分野がそこまで多くない
  • 紹介される求人や案件は微妙

RaiseTech(レイズテック)は稼げるエンジニアを最速で育てることを目標としており、「教材」「講師」「サポート」のすべての質が高いです。

RaiseTech(レイズテック)はこれからプログラミングを学びたい方や、さらにプログラミングのスキルを上達させたい方にはイチオシのプログラミングスクールです。

とはいえいきなり入塾するのは不安ですし怖いですよね。

そんな時はRaiseTechの無料説明会を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料説明会を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

今回はRaiseTech(レイズテック)について詳しくご紹介しましたが、もしプログラミングスクール選びで迷っている方は、以下の表を参考にしてみてください。

将来のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademyレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
RaiseTechレビュー記事はこちら
tech boostレビュー記事はこちら
RUNTEQレビュー記事はこちら
CodeShipレビュー記事はこちら
CodeCampレビュー記事はこちら
デイトラレビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
ポテパンキャンプレビュー記事はこちら
Aidemyレビュー記事はこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
DMM WEBCAMPレビュー記事はこちら
GEEK JOBレビュー記事はこちら
DIVE INTO CODEレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
TechAcademyレビュー記事はこちら

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・ジャンルおすすめスクール紹介記事
HTML/CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクールの紹介記事
RubyRubyが学べるプログラミングスクールの紹介記事
PHPPHPが学べるプログラミングスクールの紹介記事
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクールの紹介記事
JavaJavaが学べるプログラミングスクールの紹介記事
PythonPythonが学べるプログラミングスクールの紹介記事
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクールの紹介記事
C#C#が学べるプログラミングスクールの紹介記事
SQLSQLが学べるプログラミングスクールの紹介記事
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクールの紹介記事
UnityUnityが学べるプログラミングスクールの紹介記事
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクールの紹介記事
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクールの紹介記事

テックアカデミーの評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じたメリット・デメリットもご紹介】

続きを見る

tech boost(テックブースト)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

続きを見る

RUNTEQ(ランテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】
RUNTEQ(ランテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

テックキャンプの評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
テックキャンプの評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

DIVE INTO CODEの評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
DIVE INTO CODEの評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

続きを見る

【厳選】PHPが学べるプログラミングスクール6選をご紹介
【厳選】PHPが学べるプログラミングスクール6選をご紹介

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

続きを見る

【厳選】Javaが学べるプログラミングスクール5選をご紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-RaiseTech

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.