Python プログラミングスクール

【2022年最新】Flaskが学べるプログラミングスクールをご紹介

最終更新日 :

Flaskを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう...
Flaskを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師からみっちりFlaskを教わりたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーや就職・転職でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はPythonのフレームワークの中でも特に人気の高いFlaskの概要やスクールの選び方、Flaskを学習できるプログラミングスクール4選についてご紹介していきます。

今回のテーマはこちら!

  • Pythonとは
  • Flaskとは
  • Flaskを学ぶメリットとデメリット
  • Flaskが学べるプログラミングスクール4選をご紹介
  • Flaskに詳しいメンターから学ぶのもアリ
  • Flaskが学べるプログラミングスクールの選び方
  • まとめ:【2022年最新】Flaskが学べるプログラミングスクール4選をご紹介

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する記事を投稿しています。他の記事も合わせてご覧ください。

【先に結論】Flaskが学べるプログラミングスクール

Aidemy侍エンジニア塾.Protechgym
スクール名Aidemy侍エンジニア塾.protechgym
総合評価
Flaskを
学べるコース名
Aidemy Premium Planエキスパートコース
AIコース
AI×DjangoコースAIエンジニア養成コース
受講形態オンラインマンツーマンレッスンオンラインマンツーマンレッスンオンライン
教室通学
オンライン
教室通学
入学金なし99,000円0円33,000円
受講料金528,000円~495,000円~547,800円~月額22,000円
累計学習時間100~250時間250~300時間96時間(6ヶ月間)自分のペース次第
質問対応時間Slackにて24時間対応24時間対応24時間対応オンラインまたは対面でいつでも質問
サポート教育訓練給付金の支給対象
8日間の全額返金保証あり
講師によるコードレビュー
オンラインカウンセリング
キャリアコンサルタント相談
追加費用無しの選び放題システム
オリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
専属コーチによるメンタル管理
受講生同士の交流イベントあり
無料の転職サポート
(選考対策/企業紹介)
対面講義とオンラインの二軸体制
講師陣は現役のPythonエンジニア
定期的に制作発表会を開催
インターンサポート(学生/第二新卒)
就職・転職サポート
スクール卒業後のキャリア相談
コース取り放題の「定額月額制」
忙しい時には休会可能
プログラミング以外の質問対応
無料体験講座あり
無料カウンセリングあり
公式サイト

【厳選】Pythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Pythonを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Pythonを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

目次

Pythonとは

まずは簡単に「Python」の概要についてご説明します。

Pythonは1991年にオランダ人のグイド・ヴァンロッサム(Guido van Rossum)というプログラマーがシステム管理のために開発した歴史ある言語です。

Pythonは主に、AI(人工知能)開発やWebアプリケーション開発、データ解析やWeb情報収集など様々な用途で使用されます。

このようにPythonは汎用性が高く、しかもコードがシンプルで簡単、さらに標準も外部も含めて専門的なライブラリが豊富にあることから、近年人気度は急上昇を極めています。

ここ数年のプログラミング言語ランキングでは常に上位にランクインしています。

より少ない手間で効率的にプログラムを開発したい人向けの画期的な言語というわけです。

Pythonを使ってできること

ではPythonを用いるとどのようなことが実現可能になるのでしょうか?

実際に具体例を挙げますと以下のようになります。

Pythonでできること

  • AI(機械学習・深層学習[ディープラーニング])
  • Webアプリケーション作成
  • ゲーム開発
  • ブロックチェーン開発
  • Web上の情報の収集
  • データ処理・分析・解析

ご覧のようにPythonは多岐にわたる分野で活用されます。

またPythonはどちらかというとフロントエンド(直接ユーザーの目に触れる部分)よりはバックエンド(ユーザーの目に見えない部分)を司っていることが分かります。

【厳選】Pythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Pythonを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Pythonを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

Flaskとは

FlaskとはPythonのためのフレームワークです。

ただ汎用的な使い方をするのではなく、Webアプリケーションの開発に向いています。

こうした小型のものを、マイクロWebアプリケーションフレームワークとも言います。

マイクロWebアプリケーションフレームワークは様々な機能が標準で搭載されているフルスタックとは違い、最小限の機能しかありません。

ただその分動作が軽快なのが魅力と言えるでしょう。

Flaskの特徴

次にFlaskの特徴についても確認してみます。

Flaskの特徴

  • 機能がシンプル
  • 細かいカスタマイズができる

この2つの特徴について詳しく解説していきましょう。

機能がシンプル

Flaskは先述したように、標準では最小限の機能しか搭載されていません

そのため機能がシンプルなのです。

フルスタックのように様々な機能が搭載されていると、1つずつ理解して行く必要が出てきます。

しかしFlaskの場合は最小限の機能を学習するだけでいいのです。

つまり学習コストが低いのも特徴の1つになります。

細かいカスタマイズができる

次にFlaskは必要な機能を、自分で実装していく必要があるフレームワークなのも特徴だと言えるでしょう。

つまり案件に応じて細かいカスタマイズができるのです。

こうした自由度の高さが魅力になっています。

Flaskで出来ること

Flaskを使うことで何ができるのでしょうか。

原則としてFlaskは大規模なWebアプリの開発ではなく、小規模なWeb開発に向いています

それは機能が最小限であるためです。

Flaskで出来ること

  • 簡単なWebアプリケーションの開発
  • 小規模なサービスの開発

などのような場面で使われているフレームワークです。

他にも短いコードでプロトタイプとなるものを開発するのも得意です。

実際にFlaskが使われている有名サービス

Flaskが使われている有名なサービスについて調べてみましたが、明確に表示されているものはありませんでした。

ただFlaskはPythonを使うフレームワークですので、ここではPythonが使われているサービスを紹介しておきます。

  • 音楽の配信サービスであるSpotify
  • 動画共有サイトのYouTube
  • 写真を共有するInstagram
  • オンラインストレージサービスのDropbox

などが代表的でしょう。

日本国内だけではなく、世界中で利用されているWebアプリの開発に使われています。

Flaskは稼げるのか

ではFlaskを学ぶことで稼げるようになるのでしょうか

結論からお伝えすると、稼げる可能性が高いと言えます。

その根拠となっているのがPython技術者の不足です。

AIの活用などでPythonは注目を集めているのですが、世界的にエンジニアの人材が不足していると言われています。

そのためPythonのフレームワークであるFlaskを学ぶことによって、需要のある仕事に就けると考えられます。

Flaskの求人数

いくつかの求人サイトの情報を元に、Flaskの求人数を見てみましょう。

下記はいずれも2022年4月時点の数字です。

indeedの求人数1,137件[indeedより]
求人ボックスの求人数731件[求人ボックスより]
dodaの求人数91件[dodaより]
マイナビ転職の求人数37件[マイナビ転職より]
リクナビNEXTの求人数21件[リクナビNEXTより]
Greenの求人数144件[Greenより]
レバテックフリーランスの求人数86件[レバテックより]

上の表が示すFlaskエンジニアの求人数は他の言語や技術と比べるとやや少ないです。

同じくPythonのフレームワークである「Django」の方が求人数が多くなっています。

基本的にAI開発などの分野では、FlaskよりもDjangoの方が使われているのが大きな理由と言えるでしょう。

【2022年最新】Djangoが学べるプログラミングスクール6選をご紹介

Djangoを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Djangoを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

Flaskの平均年収

Flaskの平均年収についても確認してみます。

Pythonエンジニアの平均年収

  • Pythonエンジニアの平均年収
    400万円~850万円程度
  • フリーランスの場合
    75万円~90万円程度

基本的にFlaskエンジニアは未経験での募集がほとんどありません

ある程度の開発経験がないと、仕事につながらないのが現状です。

つまり企業側としては即戦力になる人材を求めているのがわかります。

他方でPythonやFlaskの経験を積んでいくと、1000万円を超える年収を手にすることもできるでしょう。

Flaskを学ぶメリット

ではFlaskを学ぶメリットはどこにあるのかも見ていきます。

Flaskを学ぶメリット

  • 学習コストが低い
  • プラグインで機能を補える
  • 需要がある言語のフレームワークである

以上の3つのメリットを確認していきましょう。

メリット① 学習コストが低い

FlaskはPythonのフレームワークとして初めて学習するのに向いています

その理由としては標準で搭載される機能がシンプルなため、学習コストが低くてすむからです。

やはり学習しやすいフレームワークであるのは、大きなメリットになります。

Flaskで基本的な仕組みを学ぶことで、Pythonを使った開発にもなれることができるでしょう。

メリット② プラグインで機能を補える

Flaskは標準で搭載されている機能が最小限です。

この機能を追加できるのが、「プラグイン」という機能になります。

少し前まではFlaskに対応しているプラグインの数は少なかったのですが、ここ数年で一気に種類が増えてきています

  • キャッシュ機能
  • ORMの機能
  • 認証機能

などのように必要な機能を搭載できるので、その場その場でプラグインを組み直して扱えるようになっています。

自分好みにカスタマイズするのが好きな人に向いているでしょう。

メリット③ 需要がある言語のフレームワークである

Flaskを学ぶ上で気になるのが、需要があるかどうかでしょう。

先述したようにPythonが世界的にも注目を集めていることから、Flaskも需要があると考えられます

ただし求人数などを見ると、国内ではまだこれから普及していく形となっています。

そのため需要を先取りしておくという意味でも、Flaskを学ぶメリットはあると言えるでしょう。

Flaskを学ぶデメリット

続いてFlaskを学ぶデメリットについても考えてみます。

Flaskを学ぶデメリット

  • 大規模な開発には向いていない
  • 日本語で学べる環境が少ない

この2つがデメリットとなるのですが、詳しく解説していきましょう。

デメリット① 大規模な開発には向いていない

Flaskは最小限のフレームワークとなります。

そのため中小規模での開発には強みがあるのですが、逆に大規模なWebアプリの開発には向いていません

また特に初心者が陥りやすい失敗は、プラグインの機能を入れすぎることです。

大規模な開発で「こんな機能が欲しい!」と何個も導入していくうちに、結局は使わない機能まで入れてしまうことがあります。

デメリット② 日本語で学べる環境が少ない

Flaskの解説は英語がメインとなっています。

参考書や動画教材など、Flaskを日本語で学習できる環境はあるのですが、実際に学んでいると疑問に思う点も出てくるでしょう。

そうした時にネットで検索をかけると、大抵が英語の情報にいきつきます

英語が苦手な人にとっては、大きなデメリットになるかもしれません。

ただ翻訳サイトなどを通すことで、多少は理解しやすくなるでしょう。

【厳選】Pythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Pythonを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Pythonを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

Flaskが学べるプログラミングスクール4選をご紹介

お待たせ致しました!

それではここからはFlaskが学べるプログラミングスクール4選をご紹介していきます。

Aidemy侍エンジニア塾.Protechgym
スクール名Aidemy侍エンジニア塾.protechgym
総合評価
Flaskを
学べるコース名
Aidemy Premium Planエキスパートコース
AIコース
AI×DjangoコースAIエンジニア養成コース
受講形態オンラインマンツーマンレッスンオンラインマンツーマンレッスンオンライン
教室通学
オンライン
教室通学
入学金なし99,000円0円33,000円
受講料金528,000円~495,000円~547,800円~月額22,000円
累計学習時間100~250時間250~300時間96時間(6ヶ月間)自分のペース次第
質問対応時間Slackにて24時間対応24時間対応24時間対応オンラインまたは対面でいつでも質問
サポート教育訓練給付金の支給対象
8日間の全額返金保証あり
講師によるコードレビュー
オンラインカウンセリング
キャリアコンサルタント相談
追加費用無しの選び放題システム
オリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
専属コーチによるメンタル管理
受講生同士の交流イベントあり
無料の転職サポート
(選考対策/企業紹介)
対面講義とオンラインの二軸体制
講師陣は現役のPythonエンジニア
定期的に制作発表会を開催
インターンサポート(学生/第二新卒)
就職・転職サポート
スクール卒業後のキャリア相談
コース取り放題の「定額月額制」
忙しい時には休会可能
プログラミング以外の質問対応
無料体験講座あり
無料カウンセリングあり
公式サイト

それではスクールごとに順番に見ていきましょう。

Flaskが学べるプログラミングスクール①Aidemy(アイデミー)

Aidemy(アイデミー)

画像引用元:Aidemy

Flaskが学べる1つ目のプログラミングスクールは、AI開発に特化したスクール、Aidemy(アイデミー)です。

スクール名Aidemy(アイデミー)
Flaskを学べるコース名Aidemy Premium Plan
給付金対象講座あり
受講形態オンラインマンツーマンレッスン
入学金なし
受講料金3ヶ月プラン:528,000円
6ヶ月プラン:858,000円
9ヶ月プラン:1,078,000円
累計学習時間(目安)初心者:200~300時間
エンジニア:80~140時間
Flask対応コースでの学習内容AIアプリ開発/データ分析/自然言語処理/AIマーケティング/クラウドAI開発/実践データサイエンス
成果物タイタニック号の乗員・乗客の生存率予測モデル
Twitterのつぶやきから株価予測するプログラム
ディープラーニングを利用した顔認識アプリ など
質問サポート対応時間Slackにて24時間対応
*返信は24時間以内
サポート教育訓練給付金の支給対象
8日間の全額返金保証あり
講師によるコードレビュー
1回25分のオンラインカウンセリング
キャリアコンサルタントに転職相談
追加費用無しで追加受講可能の選び放題システム
公式サイトAidemy Premium Plan公式サイト

Aidemy(アイデミー)は未経験者でも最短3ヶ月でAIを使いこなせる人材を育てることを目指しているプログラミングスクールです。

全部で13種類もの講座が用意されており、AI開発の様々な分野をそれぞれ集中的に学ぶことができます。

Aidemyの講座一覧

そして何と言っても、AIdemyのAidemy Premium Planは自分の学びたい講座が受け放題!

AIアプリ開発・自然言語処理・データ分析などの講座から、さらに学習したい講座を自由に追加受講することができるのです。

また「24時間体制のチャット質問対応」「プロ講師によるコードレビュー」「キャリア相談」といったサポートが徹底されているので初心者の方でも安心です。

>> Aidemy Premium Planの公式サイトを確認する

Aidemyの評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

Aidemyってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった ...

続きを見る

Aidemyの料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

Aidemyの料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形 ...

続きを見る

 

Flaskが学べるプログラミングスクール②侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

画像引用元:侍エンジニア

Flaskが学べる2つ目のプログラミングスクールは、当ブログ管理人も受講経験がある侍エンジニア塾です。

スクール名侍エンジニア塾
Flaskを学べるコース名エキスパートコース
AIコース
給付金対象講座なし
受講形態オンラインマンツーマンレッスン
入学金99,000円
受講料金エキスパートコース
12週間:495,000円
24週間:781,000円
48週間:1,188,000円
AIコース
12週間:583,000円
24週間:990,000円
36週間:1,320,000円
*各コースとも学生は5~10%の学割対象
累計学習時間(目安)250~300時間
Flask対応コースでの学習内容エキスパートコース
生徒の要望に応じて自由にカスタマイズ可能
AIコース
Python/R/SQL/機械学習処理/画像解析/ブロックチェーン/データサイエンス
成果物カリキュラムに沿ったサンプルアプリ
チャットボットやスマートスピーカー
自分のアイデアを形にしたオリジナルWebサービスなど
質問サポート対応時間受講生限定のQ&Aサイト
インストラクターに質問
*24時間対応
*回数無制限
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理
受講生同士の交流イベントに参加可能
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング・面接&履歴書対策)
公式サイト侍エンジニア塾 公式サイト

侍エンジニア塾ではエキスパートコースとAIコースでPythonやFlaskを学習することができます。

いずれのコースでも「専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理」や「無料の転職サポート」を利用できるので挫折率は低く、転職成功率は高いです。

とはいえ複数コースもあると迷ってしまう人もいるかと思います。

各コースの違いを比較表で表してみると以下の通り。

メリットデメリットおすすめの人
エキスパートコースオーダーメイドカリキュラム対応
自由度が高い
料金がやや高い
最低でも3ヶ月から
具体的に作りたいものが決まっている
ハイレベルなエンジニアを目指す人
AIコースオーダーメイドカリキュラム対応
基礎力と即戦力が身に付く
料金が高い
最低でも3ヶ月から
本格的なAI開発スキルを身に付けたい
お金に余裕がある方
ハイレベルなエンジニアを目指す人

3コースにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

料金も大事ですが、あなたがプログラミングを学んだ先の理想像・将来像を考えながらコースを選択することが大切です。

それでも自分に合うコースが分からない方は、無料カウンセリングを利用するなどして専門家からアドバイスを貰うのが良いでしょう。

>> 侍エンジニア塾の公式サイトを確認する

侍エンジニア塾のAIコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

侍エンジニア塾のAIコースってどうなの?特徴や料金、評判について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった ...

続きを見る

侍エンジニア塾の料金って高い?【割引で安くする9つの方法もご紹介】

侍エンジニア塾の料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった ...

続きを見る

 

Flaskが学べるプログラミングスクール③.Pro(ドットプロ)

.pro(ドットプロ)

画像引用元:.Pro(ドットプロ)

Flaskが学べる3つ目のプログラミングスクールは、実践型プログラマーの輩出を目的としたスクール、.Pro(ドットプロ)です。

スクール名.Pro(ドットプロ)
Flaskを学べるコース名AI×Djangoコース
給付金対象講座なし
受講形態オンライン&教室通学
*週1回4時間の渋谷教室での対面講義
入学金0円
受講料金547,800円~
累計学習時間(目安)96時間(6ヶ月間)
Flask対応コースでの学習内容Python文法/Git/API/HTML,CSS基礎
SQL/Flask/スクレイピング/Django基礎
Django応用/機械学習/ディープラーニング基礎/ポートフォリオ制作
成果物の例AI顔分析を利用した見た目年齢認識アプリ
コンビニ商品から献立作成できるアプリなど
質問サポート対応時間24時間対応
サポート対面講義とオンラインの二軸体制
講師陣は現役のPythonエンジニア
定期的に制作発表会を開催
インターンサポート(学生/第二新卒)
就職・転職サポート
カリキュラム修了後もキャリア相談可能
月単位の期間延長サポート
公式サイト.Proの公式サイトを確認する

.Pro(ドットプロ)は就職・転職の先の長期的なキャリアを見据えたサービスを提供しているプログラミングスクールです。

Pythonに対応している「AI×Djangoコース」では、現役エンジニアのサポートの元、PythonとAI技術を用いたWebアプリケーションの開発を学習します。

Pythonの文法はもちろん、Pythonの人気Webフレームワークの「Django」や「Flask」といった技術も習得します。

特にDjangoは近年急激に需要が伸びており、日本でも案件や求人数が増加傾向にあります
DjangoとFlaskの検索数の比較

DjangoとFlaskの検索数の推移(Googleトレンドより)

ご覧のように検索回数を見ても、Django・Flask共にじわじわと需要が伸びていることが分かります。

PythonのWeb開発領域は高い需要に対してエンジニアの人数は少ないため、年収は多く就職先も見つかりやすいと言われています。

また.Pro(ドットプロ)では以下のキャリアサポートを提供しています。

.Pro(ドットプロ)のキャリアサポート

  • 成果物(ポートフォリオ)の発表会
  • コミュニケーション能力や問題解決能力を養う実践的講義
  • 学生・第二新卒限定のインターンサポート
  • 就職・転職サポート
  • カリキュラム修了後のキャリア相談サポート

ご覧のように学生から社会人まで幅広い世代に対して、充実したキャリアサポートを用意していることが分かります。

.Pro(ドットプロ)はプログラミング未経験者や初心者の方も積極的に受け入れていますし、年齢制限もございません。

少しでも興味が湧いた方は無料の個別相談会に参加してみましょう。

>> .Pro(ドットプロ)の公式サイトを確認する

Flaskが学べるプログラミングスクール④techgym(テックジム)

techgym(テックジム)

画像引用元:techgym(テックジム)

Flaskが学べる3つ目のプログラミングスクールは、月額制の高コスパジム型プログラミングスクール、techgym(テックジム)です。

スクール名techgym(テックジム)
Flaskを学べるコース名AIエンジニア養成コース(機械学習・ディープラーニング)
給付金対象講座なし
受講形態オンライン or 教室通学
入学金33,000円
受講料金月額22,000円
累計学習時間(目安)自分のペース次第
Flask対応コースでの学習内容Python/データ分析入門/データ可視化/教師なし学習/自然言語処理入門/特徴量エンジニアリング/回帰問題/分類問題/実践ビジネスデータ分析/AIのための統計学入門/DeepLearning/GANによる画像生成/衛星データと機械学習/アンサンブル学習と精度向上手法/FlaskでWEBサービス開発(オリジナル画像判定)/AI x IoT(センサーデータ分析と画像分類・物体検出)/機械学習など
成果物画像認識を試し、花を判定するアプリ
センサーデータを用いた電力需要予測
オススメの映画やアニメを推薦してくれるシステムなど
質問サポート対応時間オンラインまたは対面でいつでも質問
サポート通い放題、コース取り放題の「月額定額制」
忙しい時には休会可能
プログラミング以外の質問対応
無料体験講座あり
無料カウンセリングあり
公式サイトtechgym(テックジム)公式サイト

techgym(テックジム)は名前からも分かるように「スポーツジムのように月額制(22,000円)で何回でも通える」プログラミングスクールです。

techgym(テックジム)は基本的には教室通学型のプログラミングスクールですが、教室が近くにない方は教材の一括まとめ買いがおすすめです。購入者はSlackによる質問対応とZOOMによるオンライン対応を利用できます。

月額22,000円と聞くと高い印象を持つ方もいらっしゃるかもしれませんが、他のプログラミングスクールと比較すると圧倒的に安いです。

またtechgym(テックジム)はPython以外にもFlutterやSwift、KotlinやUnityといった新しい技術にも対応しています。

また分からないことがあれば無料カウンセリングや資料請求を利用して、疑問点や不安を解決しておきましょう。

動画教材でFlaskを学ぶのもアリ

「プログラミングスクールに通いたいけどお金がない...」「手軽に学習を初めたい」といった不安がある方にオススメなのが動画教材サービスです。

動画教材サービスでは1万円前後で特定の技術について解説された教材を学習できます。

ここでは世界的に人気がある動画教材サービスの「Udemy」についてご紹介します。

サービス名Udemy
Flaskを学べる教材数2022年4月現在885コース
受講形態オンライン
入学金なし
受講料金コースによって異なる
平均すると数千円〜2万円程度
*割引期間なら半額未満で購入できるものもある
累計学習時間(目安)コースによって異なる
平均すると5~20時間程度
Flask対応コースでの学習内容基礎から応用まで様々
質問サポート対応時間コースによる
サポート頻繁に不定期で大幅割引を実施している
30日以内に返金保証サポートあり
購入したコースは半永久的に閲覧可能
コースの一部のプレビュー機能あり
iOSやAndroidアプリで視聴可能
公式サイトUdemyの公式サイト

Udemyはプログラミングを始めとした様々なスキルを学習できる動画教材プラットフォームとして世界的に人気を集めています。

2022年4月現在、Udemyのコース数は183,000以上!

Flaskを学習できるコースも800本以上用意されており、安くて数千円、高いと1~2万円で動画教材を購入できます。

UdemyのFlaskを学べるコースの例

UdemyのFlaskを学べるコースの例

どのコースも購入ユーザーの口コミと評価を確認できますし、30日間の返金保証やコースの一部のプレビュー機能もあるので安心です。

またUdemyはiPhoneやAndroidアプリにも対応しており、動画のダウンロード機能もあるため、好きな時間に好きな場所で勉強できる点も大きな強みと言えるでしょう。

>> Udemyの公式サイトを確認する

Flaskに詳しいメンターから学ぶのもアリ

プログラミングスクールでFlaskを学ぶのは勉強になりそうだけど、そんな大金は持ち合わせていない... 触りとしてFlaskを学ぶ方法はないかな?

そんな悩みを抱えている方もいらっしゃることでしょう。

そこでオススメなのがFlaskに詳しいメンターから学ぶ方法です。

ここではプログラミング学習法、技術的な質問・相談ができるサービスMENTA」についてご紹介します。

スクール名MENTA
Flaskを教えられるメンター2022年3月現在6人
受講形態オンライン
入学金なし
受講料金コースによって異なる
平均すると数千円〜2万円程度
累計学習時間(目安)コースによって異なる
数時間単発ものもから月額制のものまで様々
Flutter対応コースでの学習内容基礎から応用まで様々
質問サポート対応時間コースによる
サポートプログラミング、デザイン、マーケティング、ライティング、語学、動画制作に対応
ブログ機能あり
はじめての募集で500円クーポンGET
無料登録で300円クーポンGET
iOSやAndroidアプリで視聴可能
公式サイトMENTAの公式サイト

MENTAはプログラミングなどのスキルを持った人がメンターとなって誰かに教えたり自分が学びたい分野のメンターを見つけて教えてもらえるスキルプラッフォトームです。

カリキュラムはありませんが、特定の分野に詳しい人にいつでも質問・相談できるという点は一般的なプログラミングスクールと共通しています

そのため利用者数は40,000人以上、メンター登録者数は3,000人を上回る人気っぷり。

特定の単元を数時間かけて教えてもらう単発のコースもあれば、月額制で好きな時に質問&相談できるサブスクのコースもあります。

2022年4月現在、MENTAにはFlaskを教えられるメンターは6人います。

MENTAのFlaskを学べるコースの例

MENTAのFlaskを学べるコースの例

MENTAではメンターのプロフィールの詳細や評判も確認できますし、ダイレクトメッセージで入会相談もできるので安心です。

自分が学びたい内容やボリュームに合わせて、適切なコースを選択しましょう。

*今なら無料登録で300円クーポンが貰えます!

>> MENTAの公式サイトを確認する

プログラミングスクールで学習するメリット

ではそもそもプログラミングスキルをプログラミングスクールで学習するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

プログラミングスクールで学習するメリットは主に次の3つが挙げられます。

プログラミングスクールで学ぶメリット

  • プログラミング学習で挫折しにくい
    →分からない時は経験豊富なエンジニア講師に気軽に質問・相談できる
  • 勉強のモチベーションをキープしやすい
    メンタリングやカウンセリングでメンタルを維持できる&コミュニティで学習仲間を作れる
  • エンジニア就職・転職が有利になる
    企業紹介・履歴書添削・面接対策・ポートフォリオ作成などのサポートを利用できる

それでは順番に解説していきます。

メリット① プログラミング学習で挫折しにくい

プログラミングスクールでは、経験豊富なエンジニア講師が基本的なプログラミング言語や実践で生かせる情報を教えてくれます

プログラミング学習ではわからない点をなるべく早く解決する必要がありますが、プログラミングスクールで学習する場合はすぐに質問できるため学習がはかどります。

スクールによっては授業を担当する講師とは別にサポート専門のスタッフがいることもあり、就職や転職に対する不安などの相談に乗ってもらうことも可能です。

このようにサポートが手厚いプログラミングスクールでは挫折するケースが少ないのです。

特にプログラミング初心者はわからないことが多いため、講師のサポートがあるというメリットを存分に実感できるでしょう。

メリット② 勉強のモチベーションをキープしやすい

プログラミングスクールにはオンライン学習だけでなく、校舎に通って学習するオフライン学習が用意されていることもあります。

オフライン学習では一つの教室に自分と同じような目標を持って学ぶ人が集まります。

挫折しそうになったときも生徒同士で相談や情報共有をおこなうことで不安が軽減することも多いため、モチベーションを保ちやすいです。

また同じ教室で学ぶ人たちと目標などを話していると、自分とは異なる考え方に刺激を受けることも少なくありません。

仲間からもらった良い刺激によって、さらにモチベーションが高まることもあるでしょう。

生徒同士のコミュニティがあるスクールだと、受講生同士で「新しいサービスを立ち上げ起業した」「独立後もお互いに仕事を依頼し合う関係になった」という事例もあります。

メリット③ エンジニア就職・転職が有利になる

プログラミングスクールのカリキュラムを完了すると、第三者にプログラミングに必要なスキルを持っていることを証明できるようになります。

スクールや選ぶコースによってはポートフォリオ・成果物の作成方法を教えてくれることもあるため、今までプログラミングの仕事をしたことがない人もスキルを証明しやすいのです。

そのため就職や転職しやすいというメリットがあります。

また就職・転職のサポートが充実しているスクールでは、生徒に合った優良企業のエンジニア求人を紹介してくれます。

書類選考対策や面接対策も行ってくれるため、就職活動や転職活動がうまくいきやすいのも大きなメリットと言えるでしょう。

【厳選】転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧まとめ

エンジニアとして転職したいけど転職活動が不安... 転職保証に対応しているスクールは無いかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランス ...

続きを見る

【厳選】転職支援に強いプログラミングスクール8選をご紹介

本記事の監修専門家 (監修者)一般社団法人地域連携プラットフォーム 柴田郁夫 【得意分野】 キャリアコンサルティング(セルフ・キャリアドック)、国家資格キャリアコンサルタントの養成、組織キャリア開発士 ...

続きを見る

プログラミングスクールのおすすめの選び方

またプログラミングスクールを選ぶ際は以下のポイントに注意しましょう。

プログラミングスクールのおすすめの選び方

  • エンジニア講師の質は高いか
  • サポートが充実しているか
  • 無料体験を実施しているか

それでは順番に解説していきます。

選び方① エンジニア講師の質は高いか

現場ですぐに活躍できるスキルやフリーランスで活躍できるスキルを習得するためには、エンジニアの講師に教えてもらうことが重要になります。

プログラミングスクールの中には、大学生や専門学生、スクールの元卒業生がアルバイトで講師を担当しているケースがありますが、これはオススメできません。

一方で、毎日プログラミングの仕事をしているエンジニア講師なら、現時点で本当に使える実用的・実践的なスキルを教わることができます。

現役エンジニアという職業の話やちょっとした裏話を雑談がてらに質問できるのも大きなメリットと言えます。

そのためスクール選びの際は、現役のエンジニアの講師が授業を担当してくれるのか否かを確認しましょう。

また生徒一人ひとりと真剣に向き合ってくれる講師ならば授業中や自習のときに感じた疑問点や悩み、不安などをすぐに相談できるので安心です。

講師の詳細については評判サイトやSNSで卒業生の口コミなどをチェックすれば、各スクールの講師の人柄や性格をある程度把握できます。時間に余裕のある方は確認しておくことをオススメします。

選び方② サポートが充実しているか

プログラミングスクールには様々なサポート制度があります。

プログラミングスクールのよくあるサポート制度

  • マンツーマンレッスン
  • オンライン質問サポート
  • 全額返金サポート
  • 転職返金サポート
  • 就職・転職サポート(企業紹介・選考対策など)
  • 副業・独立サポート(案件獲得など)
  • メンタリング・カウンセリングサポート
  • ポートフォリオ作成サポート
  • 受講生同士のコミュニティ
  • カリキュラムの無期限閲覧サポート
  • 卒業後の相談サポート

自分がプログラミングを学ぶ目的やプログラミング習得後の将来像を明らかにした上で、そのゴールに辿り着けそうなサポートが用意されているかよく確認しておきましょう。

また、せっかくお金を払ってプログラミングを学ぶなら、少なくとも質の高い授業&カリキュラムは求めておきたいです。

「マンツーマンレッスン」や「質問サポート」は必須条件と考えておくことをオススメします。

選び方③ 無料体験を実施しているか

ネット上の情報だけで自分に最適なプログラミングスクールか否かを判断するのは危険です。

例えば実際に講師と接してみると「このスクールの講師と一緒に授業をすすめていくのは難しそう…」などと感じることも少なくありません。

そのため入塾前に必ず、実際にスクールの人と接したり授業を体験したりする必要があります。

数あるプログラミングスクールの中から無料体験を実施しているスクールを選んで、カリキュラムの内容の説明やカウンセリングを受けてみましょう

今までプログラミングに触れたことがない初心者の方は説明会やカウンセリングだけでなく、無料で授業を体験できたり教材を閲覧できるスクールを選ぶのがおすすめです。

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

まとめ:【2022年最新】Flaskが学べるプログラミングスクールをご紹介

まとめ:【2022年最新】Flaskが学べるプログラミングスクールをご紹介

  • Pythonは主に、AI(人工知能)開発やWebアプリケーション開発、データ解析やWeb情報収集など様々な用途で使用される
  • FlaskとはWebアプリの開発に使われるマイクロウェブアプリケーションフレームワークの1つでPythonが使われている
  • Flaskは他の技術と比べると需要が低い(同じPythonフレームワークのDjangoの方が人気がある)
  • プログラミングスクールでFlaskを学びたい場合は「エンジニア講師の質は高いか」「サポートが充実しているか」「無料体験を実施しているか」に着目しよう
  • プログラミングスクールでFlaskを学びたい場合は、今回紹介した4つのスクールから選ぶのがおすすめ
  • プログラミングスクールに通う余裕がない方には動画教材サービスやメンターサービスがおすすめ
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料カウンセリングを利用しよう!

今回はPythonのフレームワークの中でも特に人気の高いFlaskの概要やスクールの選び方、Flaskを学習できるプログラミングスクール4選についてご紹介しました。

改めてFlaskを学習できるプログラミングスクール4選の比較表を確認しておきましょう。
Aidemy侍エンジニア塾.Protechgym
スクール名Aidemy侍エンジニア塾.protechgym
総合評価
Flaskを
学べるコース名
Aidemy Premium Planエキスパートコース
AIコース
AI×DjangoコースAIエンジニア養成コース
受講形態オンラインマンツーマンレッスンオンラインマンツーマンレッスンオンライン
教室通学
オンライン
教室通学
入学金なし99,000円0円33,000円
受講料金528,000円~495,000円~547,800円~月額22,000円
累計学習時間100~250時間250~300時間96時間(6ヶ月間)自分のペース次第
質問対応時間Slackにて24時間対応24時間対応24時間対応オンラインまたは対面でいつでも質問
サポート教育訓練給付金の支給対象
8日間の全額返金保証あり
講師によるコードレビュー
オンラインカウンセリング
キャリアコンサルタント相談
追加費用無しの選び放題システム
オリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
専属コーチによるメンタル管理
受講生同士の交流イベントあり
無料の転職サポート
(選考対策/企業紹介)
対面講義とオンラインの二軸体制
講師陣は現役のPythonエンジニア
定期的に制作発表会を開催
インターンサポート(学生/第二新卒)
就職・転職サポート
スクール卒業後のキャリア相談
コース取り放題の「定額月額制」
忙しい時には休会可能
プログラミング以外の質問対応
無料体験講座あり
無料カウンセリングあり
公式サイト

そしてプログラミングスクールを選ぶ際は以下の3ポイントに着目するのがおすすめです。

プログラミングスクールのおすすめの選び方

  • エンジニア講師の質は高いか
  • サポートが充実しているか
  • 無料体験を実施しているか

自分に合ったスクールを選択して、着実にプログラミングスキルを習得していきましょう。

とはいえいきなり受講するのは怖いし不安ですよね。

そんな時は各スクールの無料体験や無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

Flaskが学べるプログラミングスクール4選

悩むより前にまずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感してみましょう。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

また今回はFlaskが学べるプログラミングスクールについてご紹介しましたが、他の基準でスクールを選びたい方は、以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル・特徴ごとのおすすめスクール

ジャンル紹介記事
料金が無料無料のプログラミングスクール一覧
無料体験無料体験があるプログラミングスクール一覧
給付金対象給付金対応のプログラミングスクール一覧
フリーランスフリーランスを目指せるプログラミングスクール一覧
全額返金保証全額返金保証があるプログラミングスクール一覧
マンツーマンサポートマンツーマンサポートに対応しているプログラミングスクール一覧
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール一覧
転職支援転職支援があるプログラミングスクール一覧
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧
通学型教室学習できるプログラミングスクール一覧
分割払い分割払いできるプログラミングスクール一覧
学割学割があるプログラミングスクール一覧
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール一覧
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール一覧
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール一覧
サブスク型サブスク型・月額制のプログラミングスクール一覧
土日/夜間対応土日・夜間に学べるプログラミングスクール一覧
短期集中型短期で学べるプログラミングスクール一覧
ポートフォリオポートフォリオを制作できるプログラミングスクール一覧
自社開発企業自社開発企業に就職/転職できるプログラミングスクール一覧
大企業大企業が運営しているプログラミングスクール一覧

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・スキルおすすめスクール紹介記事
HTML / CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクール一覧
RubyRubyが学べるプログラミングスクール一覧
PHP / LaravelPHPが学べるスクール / Laravelが学べるスクール
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクール一覧
JavaScript関連React / Vue.js / Node.js が学べるスクール
WebデザインWebデザインスクール一覧
JavaJavaが学べるプログラミングスクール一覧
PythonPythonが学べるプログラミングスクール一覧
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクール一覧
C言語 / C++C言語が学べるスクール / C++が学べるスクール
C#C#が学べるプログラミングスクール一覧
SQLSQLが学べるプログラミングスクール一覧
AWSAWSが学べるプログラミングスクール一覧
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクール一覧
UnityUnityが学べるプログラミングスクール一覧
Androidアプリ開発Androidアプリ開発が学べるプログラミングスクール一覧
Visual BasicVisual Basicが学べるプログラミングスクール一覧
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクール一覧
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクール一覧
Go言語Go言語が学べるプログラミングスクール一覧

将来のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademyレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
ポテパンキャンプレビュー記事はこちら
RaiseTechレビュー記事はこちら
デイトラレビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
tech boostレビュー記事はこちら
RUNTEQレビュー記事はこちら
CodeShipレビュー記事はこちら
CodeCampレビュー記事はこちら
Aidemyレビュー記事はこちら
レバテックカレッジレビュー記事はこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
プログラマカレッジレビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
DMM WEBCAMPレビュー記事はこちら
GEEK JOBレビュー記事はこちら
DIVE INTO CODEレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
TechAcademyレビュー記事はこちら
Code Villageレビュー記事はこちら
  • この記事を書いた人(執筆者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Python, プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.