Java プログラミングスクール

【厳選】Javaが学べるプログラミングスクール7選を徹底解説

最終更新日 :

Javaを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう...
Javaを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師からみっちりJavaを教わりたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミング言語の中でも特に人気の高いJavaの概要やスクールの選び方、Javaを学習できるプログラミングスクール7選についてご紹介していきます。

【特におすすめ】Javaが学べるスクール3選

テックアカデミー
テックアカデミー
侍エンジニア塾
プログラマカレッジ
講師は全員現役エンジニア
週2回のマンツーマンメンタリング
無料の転職サポートあり
課題レビュー&チャット質問し放題
累計指導35,000人&転職成功率98%
オーダーメイドカリキュラム対応
無料の転職サポートあり
専属マンツーマンレッスン方式
受講料金は0円
3,500社以上のIT求人を保有
平均内定数3.7社&就職率96.2%
マナー研修や転職サポートも無料

今回のテーマはこちら!

  • そもそもJavaとは
  • Javaを学ぶメリットとデメリット
  • Javaが学べるプログラミングスクール7選をご紹介
  • Javaが学べるプログラミングスクールの選び方
  • まとめ:【厳選】Javaが学べるプログラミングスクール7選をご紹介

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する記事を投稿しています。他の記事も合わせてご覧ください。

【先に結論】Javaが学べるプログラミングスクール

テックアカデミー侍エンジニア塾
プログラマカレッジ
RaiseTechCodeCampGEEK JOBディラボ
スクール名テックアカデミー侍エンジニア塾RaiseTechCodeCampGEEK JOBディラボ
総合評価
Javaを
学べるコース
Javaコースエキスパートコース全コースJavaフルコースJavaマスターコース全コース全コース
受講形態オンラインオンラインオンライン or 東京教室オンラインオンラインオンラインオンライン
入学金0円99,000円~0円0円33,000円0円0円
受講料金229,900円~66,000円~0円(違約金なし)448,000円165,000円~0円(違約金あり)598,000円~
累計学習時間200時間250~300時間40~420時間300時間(4ヶ月間)200~240時間22日間~3ヶ月12週間~
質問サポート時間15〜23時(8時間)24時間対応10時~22時10:00~24:007時~23時40分10時~18時24時間対応
サポート週2回のマンツーマンメンタリング
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビュー&質問/相談
無料の転職サポート(企業紹介等)
オリジナル学習教材を利用し放題
オーダーメイドカリキュラム対応
専属コーチによる進捗管理
受講生同士の交流イベント開催
無料の転職サポートあり
受講料完全無料
個別研修サポート
アドバイザーの書類添削/面接対策
3,500社以上の紹介先企業
JavaSilverの資格取得可能
2週間のトライアル期間あり
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
転職・案件獲得の無期限サポート
授業は当日予約・変更が可能
無制限の添削サポートあり
卒業後もカリキュラムを閲覧可能
専門家とのキャリア相談
ビデオチャット質問サポート
転職サポート(企業紹介/選考対策)
適職診断サポート
受講料金が無料のコースあり
毎月MacかWindowsをプレゼント
14日間の全額返金保証に対応
卒業後の就活サポート
卒業後のキャリアカウンセリング
公式サイト

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

 

そもそもJavaとは

まずは簡単に「Java」の概要についてご説明します。

Javaとは

Javaとは世界的に超人気のあるプログラミング言語で、Googleが開発で使っている「Google三大言語(Java・C++・Python)」の一つでもあります。

Javaの最もスゴいところは、どんな環境でもソフトを動かすことができる汎用性の高さです。

一般的なプログラミング言語は大体用途が限定されているのですが、Javaはシステム開発、Webアプリケーション開発、Androidアプリ開発など様々な開発分野で使用されています。

そのためJavaエンジニアは重宝され、他の言語と比べても年収が高い傾向があります。

他にもJavaは「処理速度が高速である」「オブジェクト指向言語でプログラムを作りやすい」といった強みがあり、多くのエンジニアから愛用されています。

Javaは世界的に人気があるため、プログラミング言語人気ランキングでは毎回上位にランクインしています。

Javaって何ができるの?

ではJavaを用いるとどのようなことが実現可能になるのでしょうか?

具体的には以下のようなプログラムを開発できるようになります。

Javaでできること

  • Webサイトの開発
  • Webアプリケーションの開発
  • Androidアプリの開発
  • ゲーム開発
  • IoT開発
  • ソフトウェア開発
  • システム開発

ご覧のようにJavaは汎用性が非常に高いです。

特にJavaで作られたゲームとしては「Minecraft」が非常に有名です。

MinecraftではJavaプログラミングでゲームを改造したり機能を追加したりできるので、"遊びながらプログラミングを学習できるツール"として近年注目を集めています

汎用性の高いJavaは様々な用途で用いられますが、「Webアプリケーション開発」が最もメジャーで学びやすいです。よって本記事で紹介するプログラミングスクールのほとんどは"Javaを用いたWebアプリケーション開発"を習得できるカリキュラムを採用しています。

JavaScriptとの違い

Javaと似た名前のプログラミング言語に「JavaScript」があります。

名前こそ似ていますが、開発者も用途もプログラムの書き方も全く違います

よく業界内では「JavaとJavaScriptはメロンとメロンパンくらい違う」と言われています。

ではどうして名前が似ているのでしょうか。

実はJavaScriptは元々LiveScriptという名前でした。

ただ、もっと多くのユーザーに使って貰いたいという理由から、当時絶大な人気を集めていたJavaの名前を使って名前を変更したのです。

この背景を知らないと「JavaとJavaScriptは共通する何かがある」と勘違いしがちですが、両者は全く関係ないことを知っておきましょう。

おすすめJavaとJavaScriptはどっちがおすすめ?【徹底比較してみた】

【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介

JavaScriptを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... JavaScriptを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラ ...

続きを見る

Javaを学ぶメリットとデメリット

ではここからはJavaを学ぶことによるメリットとデメリットについてもご紹介します。

Javaを学ぶメリット

まずJavaを学ぶメリットは以下の通り。

Javaを学ぶメリット

  • あらゆる分野で活躍できる
    Javaは汎用性が高く様々な開発で用いられるため、Javaエンジニアとしてあらゆる分野で活躍することができます
  • 需要が高いので年収も高い
    汎用性の高いJavaは需要が高く、同時にJavaエンジニアの年収もかなり高い傾向があります
  • ネットの情報が多いので挫折しにくい
    Javaは誕生してから歴史が長く、しかも人気度も高いためネットの情報が多く挫折しにくいです
  • 就職・転職で有利になりやすい
    他の言語と比べて需要が高く難易度が高いため、Javaエンジニアはキャリア形成で有利になりやすいです
ご覧のようにJavaを学ぶメリットはたくさんあることが分かります。

Javaは1996年にリリースされた歴史ある言語でネットの情報が豊富なため、初学者でも挫折しにくいといったメリットがあります。

またJavaエンジニアの年収(828万円)は他の業種と比較するとかなり高いです。(平均年収は調査対象によってバラバラですので鵜呑みにしすぎないほうが良いでしょう)

それほどJava開発は誰かに必要とされている業務なのです。

Javaを学ぶデメリット

もちろんメリットがあればデメリットもあります。

Javaを学ぶデメリット

  • 難易度が高い
    専門性が高く、しかも覚えることが多くて難易度が高いため、プログラミング初心者にはハードルが高いです
  • 前提知識が重要
    メモリやCPU、データベースやサーバーの概念を理解しないと、挫折する可能性が高いです
  • 個人開発には向いていない
    Javaはチーム開発向けのプログラミング言語なので、個人開発で使用するのは効率が悪く不向きです

Javaは汎用性が高い一方で難易度が高いです。

中途半端な学習方法で進めてしまうと後戻りできない可能性があるため、通信講座やプログラミングスクールなど、プロに教えてもらえる環境を選ぶことをオススメします。

またJavaはチーム開発向けの言語ですので、「将来大規模なチーム開発をしたい」といった目標がない方には不向きと言えます。

プログラミング初心者の方やJavaより易しめの言語を学びたい方は、同じくWeb言語として有名なPHPRubyがオススメです。

【厳選】PHPが学べるプログラミングスクール6選をご紹介
【厳選】PHPが学べるプログラミングスクール8選を徹底解説

PHPを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... PHPを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師から ...

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Rubyを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Rubyを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師 ...

続きを見る

Javaが学べるプログラミングスクール7選をご紹介

お待たせ致しました!

それではここからはJavaが学べるプログラミングスクール7選をご紹介していきます。

まず各スクールの特徴を比較表にしてみると以下の通り。(横にスクロールできます)
テックアカデミー侍エンジニア塾
プログラマカレッジ
RaiseTechCodeCampGEEK JOBディラボ
スクール名テックアカデミー侍エンジニア塾RaiseTechCodeCampGEEK JOBディラボ
総合評価
Javaを
学べるコース
Javaコースエキスパートコース全コースJavaフルコースJavaマスターコース全コース全コース
受講形態オンラインオンラインオンライン or 東京教室オンラインオンラインオンラインオンライン
入学金0円99,000円~0円0円33,000円0円0円
受講料金229,900円~66,000円~0円(違約金なし)448,000円165,000円~0円(違約金あり)598,000円~
累計学習時間200時間250~300時間40~420時間300時間(4ヶ月間)200~240時間22日間~3ヶ月12週間~
質問サポート時間15〜23時(8時間)24時間対応10時~22時10:00~24:007時~23時40分10時~18時24時間対応
サポート週2回のマンツーマンメンタリング
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビュー&質問/相談
無料の転職サポート(企業紹介等)
オリジナル学習教材を利用し放題
オーダーメイドカリキュラム対応
専属コーチによる進捗管理
受講生同士の交流イベント開催
無料の転職サポートあり
受講料完全無料
個別研修サポート
アドバイザーの書類添削/面接対策
3,500社以上の紹介先企業
JavaSilverの資格取得可能
2週間のトライアル期間あり
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
転職・案件獲得の無期限サポート
授業は当日予約・変更が可能
無制限の添削サポートあり
卒業後もカリキュラムを閲覧可能
専門家とのキャリア相談
ビデオチャット質問サポート
転職サポート(企業紹介/選考対策)
適職診断サポート
受講料金が無料のコースあり
毎月MacかWindowsをプレゼント
14日間の全額返金保証に対応
卒業後の就活サポート
卒業後のキャリアカウンセリング
公式サイト

それではスクールごとに順番に見ていきましょう。

Javaが学べるプログラミングスクール①TechAcademy(テックアカデミー)

TechAcademy(テックアカデミー)

Javaが学べる1つ目のプログラミングスクールは厚切りジェイソンのCMでおなじみのTechAcademy(テックアカデミー)です。

スクール名TechAcademy(テックアカデミー)
Javaを学べるコース名Javaコース
受講形態オンラインマンツーマンレッスン
入学金0円
受講料金社会人
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
学生
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
累計学習時間(目安)200時間
Java対応コースでの学習内容HTML/CSSのコーディング
Java/Servlet/JSP/SQLのプログラミング
Git/GitHubの操作 など
成果物JDBCを使ったデータベース連携アプリ
サーバーとの連携を用いた問い合わせフォーム
メッセージのやりとりが出来る掲示板アプリ
日報の投稿・共有ができる情報管理システム
質問サポート対応時間15〜23時(8時間)
*回数無制限
サポート週2回のマンツーマンメンタリングあり
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング)
公式サイトテックアカデミー | Javaコース

テックアカデミーのJavaコースではJavaやSQLを使ったWebアプリケーション開発を学びます。

他にもHTMLやCSSといったウェブ制作言語、Javaを動かすためのServlet/JSP、バージョン管理ツールのGitHubといった需要の高いスキルも習得可能です。

特にGitHubはチーム開発には欠かせないツール!

将来Javaを用いたWebエンジニアとして、チーム開発を行う現場で活躍したい方に最適なコースです。

またテックアカデミーは1,000人以上在籍する経験豊富な現役エンジニアとマンツーマンで学習でき、メンタリングサポートや質問サポート、就職サポートも充実しているのもポイントです。

>> テックアカデミーの公式サイトを確認する

テックアカデミーのJavaコースってどうなの?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

テックアカデミーのJavaコースって稼げる?特徴や料金、評判について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職とい ...

続きを見る

テックアカデミーの評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

テックアカデミーってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職とい ...

続きを見る

 

Javaが学べるプログラミングスクール②侍エンジニア塾

② 侍エンジニア塾

Javaが学べる2つ目のプログラミングスクールは、当ブログ管理人も受講経験がある侍エンジニア塾です。

スクール名侍エンジニア塾
Javaを学べるコース名エキスパートコース
受講形態オンラインマンツーマンレッスン
入学金99,000円
受講料金12週間:495,000円
24週間:781,000円
48週間:1,188,000円
*両コースとも学生は5~10%の学割対象
累計学習時間(目安)250~300時間
Java対応コースでの学習内容生徒の要望に応じて自由にカスタマイズ可能
成果物自分のアイデアを形にしたオリジナルWebサービスなど
質問サポート対応時間受講生限定のQ&Aサイト(24時間対応)
インストラクターに質問(24時間対応)
*回数無制限
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理
受講生同士の交流イベントに参加可能
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング・面接&履歴書対策)
公式サイト侍エンジニア塾 公式サイト

侍エンジニア塾ではエキスパートコースでJavaを学習することができます。

エキスパートコースはオーダーメイドカリキュラムに対応しているため、生徒一人一人の目標や要望に応じてカリキュラムが作られます。

  • Javaを用いたWebサイトの開発
  • Javaを用いたWebアプリケーションの開発
  • Javaを用いたAndroidアプリの開発
  • Javaを用いたゲーム開発
  • Javaを用いたIoT開発
  • Javaを用いたソフトウェア開発
  • Javaを用いたシステム開発
こうした多様なカリキュラムでも柔軟に対応できるのは侍エンジニア塾の大きな強みと言えるでしょう。

他にもエキスパートコースでは「専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理」や「無料の転職サポート」を利用できるので挫折率は低く、転職成功率は高いです。

当ブログ管理人はエキスパートコースを受講してアプリ開発を学んでいました!

>> 侍エンジニア塾の公式サイトを確認する

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じたメリット・デメリットもご紹介】

侍エンジニア塾ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

侍エンジニア塾の料金って高い?【割引で安くする9つの方法もご紹介】

侍エンジニア塾の料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった ...

続きを見る

 

Javaが学べるプログラミングスクール③プログラマカレッジ

ProgrammerCollege

Javaが学べるプログラミングスクール3つ目は、受講料完全無料のエンジニア転職に特化したスクール、プログラマカレッジです。

スクール名プログラマカレッジ
Javaを学べるコース名全コース(個別研修コース,平日5日間コース,週3夜間コース)
受講形態オンライン&教室通学(東京都の半蔵門)
入学金なし
受講料金無料(違約金も不要)
累計学習時間(目安)40〜420時間(2~4ヶ月)
Java対応コースでの学習内容HTML/CSS/Java/PHP/
Ruby/MySQL/Git/GitHub/
Bootstrap/JavaScript/iQuery
成果物ECサイトやアプリの開発
仕様書、画面遷移図、機能設計書を読み込み、与えられた課題をチームで開発
質問サポート対応時間10時~22時
サポート受講料完全無料
個別研修サポートあり
アドバイザーによる面接対策サポート
履歴書・職務経歴書の作成支援
適正審査対策
プログラミングテスト対策
3,500社以上の紹介先企業
マンツーマン質問サポート
Java Silverの資格取得可能
公式サイトプログラマカレッジの公式サイト

プログラマカレッジは受講料完全無料でエンジニア転職に特化したプログラミングスクールです。

企業からの協賛や採用紹介料を元に経営しているスクールなので、生徒からの受講料は必要としていません。

しかも途中で退会しても違約金や手数料を支払う必要もありませんので、経済的な余裕のない方でも安心して受講できます。

カリキュラムではHTML/CSSやJavaを用いて、ECアプリのようなWebアプリケーションを個人及びチームで開発します。

プログラマカレッジで取り扱うチーム開発では仕様書や画面遷移図、機能設計書を読み、チームで協力しながらプロダクトを開発します。
一般的なプログラミングスクールでは経験できないですし、より実務に近い内容であるため、エンジニアとして非常に良い経験になるでしょう。

またプログラマカレッジではプログラミング以外にも、ビジネスマナー講習や転職支援のサポートも充実しています。

プログラマカレッジで利用できる転職支援の内容

  • 個別研修サポート
  • 専属アドバイザーとの模擬面接
  • 履歴書・職務経歴書の作成支援
  • 適正審査対策
  • プログラミングテスト対策
  • 3,500社以上の紹介先企業を保有
  • Java Silverの資格取得可能

ご覧のようにエンジニア転職に特化したプログラマカレッジでは、これだけの転職支援サポートをすべて無料で利用可能です。

しかも就職成功率は96.2%と圧倒的。

詳しくはプログラマカレッジの公式サイトをご覧ください。

>> プログラマカレッジの公式サイトを確認する

プログラマカレッジの評判まとめ【注意点や申し込み方法もご紹介】

プログラマカレッジってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職と ...

続きを見る

プログラマカレッジの就職先はどこ?【気になる年収も大公開】

プログラマカレッジの就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーラン ...

続きを見る

プログラマカレッジの年齢制限を詳しく解説【30代でも受講できる?】

プログラマカレッジって30代でも受講できるのかな?年齢制限について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

 

Javaが学べるプログラミングスクール④RaiseTech(レイズテック)

RaiseTech

Javaが学べる4つ目のプログラミングスクールは、最速で稼げるWebエンジニアを育てることを目的としているスクール、RaiseTech(レイズテック)です。

スクール名RaiseTech(レイズテック)
Javaを学べるコース名Javaフルコース
受講形態オンライン個別指導
入学金なし
受講料金448,000円
*学割で288,000円
累計学習時間(目安)300時間(4ヶ月間)
Java対応コースでの学習内容Javaを用いたWebアプリケーション開発
開発したプロダクトのテスト手法
実践的な開発手法や生産性向上手法の知識など
成果物多機能Webアプリケーションなど
質問サポート対応時間10:00~24:00 (月曜日 – 日曜日)
*回数無制限
サポート2週間のトライアル期間あり
状況に応じて補講の実施や動画教材を提供
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
動画教材を半永久的に見放題
転職支援・案件獲得の無期限サポート
公式サイトRaiseTechの公式サイト

RaiseTech(レイズテック)ではJavaを用いた本格的なWebアプリケーション開発を学ぶことができます。

まずRaiseTech(レイズテック)は「最速で稼げるWebエンジニア」を育てることを目指しているため、Javaフルコースでは他のスクールでは学べない実践的な内容を習得できます
概要具体的な習得可能スキル
基本的な開発知識MVC、MVVM、CRUD、Webアプリケーション、TCP/IP、
V字モデル、オブジェクト指向開発、
セッション/クッキー、トランザクション
Javaを用いた
アプリケーション開発の基礎
CRUD処理、JSP/Servlet/Filter/Listener、SQL、JDBC、
データベース(MySQL/Oracle/H2/PostgreSQL)、
アプリケーションサーバー
(Tomcat/Wildfly/WebLogic/WebSphere/GlassFish)
DevOpsや自動化に対する知識と理解(CI/CD)Jenkins、自動テスト
AWSのサービスに対する
基本知識と基本的な使い方への理解
EC2、S3、ELB、RDS、CloudWatch
構成管理ツールに対する知識と理解及び実践経験Maven、Gradle
周辺技術としてのフレームワーク
及びライブラリの知識と経験、実践経験
Spring、Thymeleaf、MyBatis、
JPA、Apache Commons
自動テストに対する知識と経験JUnit、Selenium(Selenide/FluentLenium)
テスト手法に対する知識と経験ブラックボックステスト、
ホワイトボックステスト、境界値テスト
様々な開発手法への知識と理解ウォーターフォール、アジャイル、スクラム、
XP、テスト駆動開発、チケット駆動開発、ドメイン駆動開発
生産性を上げる為の取り組みに対する知識と理解カンバン、ふりかえり(KPT)、プランニングポーカー、
デイリースクラム、イテレーション/スプリント

Javaフルコース | RaiseTech(レイズテック)より

ご覧のようにプログラミング以外にもテスト方法や開発手法といった現場で役立つ周辺技術についても学べるため、卒業したらすぐにJavaエンジニアとして活躍できます

なるべく早くJavaエンジニアとしての転職・就職を成功させたい方にピッタリのプログラミングスクールです。

2週間の全額返金保証、早割10%OFF、約40%OFFの学割、無料説明会、などお得なサポートがたくさん用意されているのもポイント!

またRaiseTech(レイズテック)はカリキュラムをすべて公式サイトで公開しています。

詳細を知りたい方は以下のリンクから参照してみてください!

>> RaiseTechの公式サイトを確認する

RaiseTech(レイズテック)のJavaフルコースってどうなの?【評判や稼ぎ方を解説】

RaiseTech(レイズテック)のJavaフルコースってどうなの?特徴や料金、評判や稼ぎ方について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まって ...

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

RaiseTech(レイズテック)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリ ...

続きを見る

 

Javaが学べるプログラミングスクール⑤CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)

Javaが学べる5つ目のプログラミングスクールは、CodeCamp(コードキャンプ)です。

スクール名CodeCamp(コードキャンプ)
Javaを学べるコース名Javaマスターコース
受講形態オンラインマンツーマンレッスン
入学金33,000円
受講料金2ヶ月プラン:165,000円
4ヶ月プラン:275,000円
6ヶ月プラン:330,000円
累計学習時間(目安)200~240時間
Java対応コースでの学習内容Java/Eclipseの基礎
Javaのファイル操作・ネットワーク通信・データベースアクセス
Javaサーブレットなど
成果物社員情報管理システム
トランプゲーム
ネットワーク通信、データベースアクセス、API
オブジェクト指向のプログラムなど
質問サポート対応時間毎日7時~23時40分までチャット質問対応
*回数無制限
サポート当日予約・変更が可能なオンラインレッスン
無制限の添削サポート
卒業後もカリキュラムの閲覧可能
エンジニア・デザイナー講師やコンサルタントにキャリア相談
公式サイトCodeCamp | Javaコース

CodeCampのJavaマスターコースではJavaを使ったWebアプリケーション開発を学びます。

Eclipseという統合開発環境(IDE)やWebアプリケーション開発のためのJavaサーブレットといった実践的なツールを習得できるのもポイントです。

CodeCampは質問サポート対応時間が長かったり、キャリアコンサルタントへの質問対応があったり、とサポート面が優れているため、プログラミング関連の疑問点や不安を質問・相談できます

詳しくは公式サイトから予約できる無料カウンセリングをご利用ください。

>> CodeCampの公式サイトを確認する

CodeCampのJavaマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

CodeCampのJavaマスターコースってどうなの?特徴や料金、評判について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランス ...

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

CodeCamp(コードキャンプ)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリ ...

続きを見る

CodeCampではJavaを用いたAndroidアプリ開発を学べる「アプリマスターコース」というコースも用意されています。アプリマスターコースではAndroidアプリだけでなくiPhoneアプリ開発も学習します。スマホアプリ開発に興味がある方は「アプリマスターコースの公式サイト」や「CodeCampのアプリマスターコースってどうなの?」をご覧ください。

 

Javaが学べるプログラミングスクール⑥GEEK JOB(ギークジョブ)

⑤ GEEK JOB(ギークジョブ)

Javaが学べる6つ目のプログラミングスクールは、今回紹介する唯一の受講料無料のプログラミングスクール、GEEK JOB(ギークジョブ)です。

スクール名GEEK JOB(ギークジョブ)
Javaを学べるコース名スピード転職コース
プログラミング教養コース
プレミアム転職コース
受講形態オンライン個別指導
入学金なし
受講料金スピード転職コース:0円(違約金あり)
プログラミング教養コース:217,800円
プレミアム転職コース:437,800円
累計学習時間(目安)スピード転職コース(最短22日間)
プログラミング教養コース(2ヶ月間)
プレミアム転職コース(3ヶ月間)
Java対応コースでの学習内容Java/Ruby/Ruby on rails/Web API/
MySQL/eclipse/GitHub/SourceTree/
HTML/CSS/Json/Apache Tomcat など
成果物自分のアイデアを形にしたオリジナルWebサービスなど
質問サポート対応時間10時~18時
*回数無制限
サポートビデオチャット質問サポート
転職活動を徹底サポート(スピード転職コース)
適職診断サポート(スピード転職コース)
料金が無料(スピード転職コース)
公式サイトGEEK JOB 公式サイト

GEEK JOB(ギークジョブ)には「スピード転職コース」「プログラミング教養コース」「プレミアム転職コース」の3コースがありますが、いずれもJavaの学習に対応しています

Java以外にもWebアプリケーション開発では需要が高いRubyやRuby on railsについても習得可能です。

また現役エンジニアの個別指導を利用&チャットで質問し放題&オリジナルWebアプリ開発対応、とプログラミング初学者に嬉しいサポートが数多く揃っています

そしてGEEK JOB(ギークジョブ)のスピード転職コースは料金が完全無料です。

料金が無料である理由についてGEEK JOB(ギークジョブ)公式サイトでは以下のように記載されています。

Q. なぜお金がかからないのですか?
A.プログラミングキャンプでは就職支援にて就職頂いた企業様より成功報酬を頂いていますので、セミナー参加者から代金を頂く事はございません。

GEEK JOB公式サイトより引用

料金が無料である代わりに、生徒はGEEK JOBが紹介する企業に転職する必要があります

もしこの規則を違反した場合は違約金の支払いが課せられますのでご注意ください。

「プログラミング教養コース」と「プレミアム転職コース」は有料ですが他のプログラミングスクールと比較すると安めの価格設定であるため、お金に余裕のない方にはおすすめです。

>> GEEK JOBの公式サイトを確認する

GEEK JOB(ギークジョブ)の違約金には気をつけよう!【条件や対処法を解説】

GEEK JOB(ギークジョブ)の違約金は結構高いって本当かな?支払わずに済む解約方法や条件について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まって ...

続きを見る

GEEK JOB(ギークジョブ)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

GEEK JOB(ギークジョブ)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリー ...

続きを見る

 

Javaが学べるプログラミングスクール⑦ディラボ(DEV.LAB)

ディラボ(DEV.LAB)

Javaが学べるプログラミングスクール7つ目は、未経験から現場での活躍を目指すスクール、ディラボ(DEV.LAB)です。

スクール名ディラボ(DEV.LAB)
Javaを学べるコース名全コース(短期集中コース、Expertコース)
受講形態オンライン
入学金なし
受講料金短期集中コース:598,000円
Expertコース:798,000円
累計学習時間(目安)短期集中コース:12週間
Expertコース:24週間
Java対応コースでの学習内容Java/SpringBoot/SQL
OJT開発/Excel/さくらエディタなど
サポート毎月5名にMacBookかWindowsPCを無料プレゼント
受講期間中は質問し放題
14日間の全額返金保証に対応
月2回のメンタリングサポート
月1回のキャリアカウンセリング
月1回のオンラインMeetUpの参加
卒業後の就活サポート(無制限)
卒業後のキャリアカウンセリング(無制限)
公式サイトディラボ(DEV.LAB)公式サイト

ディラボ(DEV.LAB)では3ヶ月 or 6ヶ月間で、実践的なJavaのプログラミング技術を習得することができるプログラミングスクールです。

プログラミング技術だけでなく、実務を想定した開発研修や卒業制作のサポートにも対応しているため、エンジニア就職・転職を有利に進めることができます。

完全初心者でもスキルアップできるオリジナル教材を使用しているのもポイント。

またディラボでは転職サポートにも対応しており、未経験からのエンジニア転職を累計500名以上担当したエンジニア転職のスペシャリストが、履歴書添削・面接対策などの手厚いサポートをしてくれます。

ディラボでは、毎月入学者5名にMacBookかWindowsPCをプレゼントしています。興味のある方はぜひ無料カウンセリングに参加してみましょう!

詳しくはディラボの公式サイトをご覧ください。

>> ディラボ(DEV.LAB)公式サイトを確認する

Javaが学べるプログラミングスクールの選び方

おそらくこの記事を読んでくださっている方の多くは

  • そもそもJavaって何から始めたら良いのか分からない!
    どこか良いプログラミングスクールは無いかな...
  • Javaの独学で挫折してしまった...
    プログラミングスクールでプロ講師から教わりたい!

といった悩みを抱えているはずです。

そんなあなたのために、ここからはJavaが学べるプログラミングスクールの選び方をご紹介します。

Javaが学べるプログラミングスクールの選び方

  • 現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるか
  • いつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるか
  • 無料体験や無料カウンセリングを実施しているか

それでは順番に解説していきます。

選び方① 現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるか

1つ目は現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるかどうか、です。

プログラミングスクールによっては講師が「学生アルバイト」「元卒業生」といったケースがありますが、これはオススメできません。

そもそもプログラミングスクールの生徒の多くは、実務で活躍できるエンジニアになることを目標としているはずです。

そのため実務経験のない学生アルバイトよりも、実務経験のある現役エンジニアの講師から教わるほうが遥かに価値が高いのです。

また「マンツーマン」という授業形態なら、自分のペースに合わせて授業が進みますし、分からないことを何でも自由に質問できるので、学習の質が高まります。

講師が現役エンジニアの場合、カリキュラムのプログラミング以外にも「エンジニアという職業の話」や「実務で役立つ裏話」といった将来役に立つ可能性が高い内容も学習できるのもポイントです。

選び方② いつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるか

2つ目はいつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるかどうか、です。

正直「いつでもエンジニアに質問できる環境」というのはプログラミングスクールの最大の強みだと考えていいでしょう。

独学でプログラミング学習を進めている場合、躓いた時にいつでも自由に質問できる相手など中々いないものです。

稀にプログラミング経験のある友人や先輩に質問できる環境を持つ人がいるかも知れません。しかし高頻度で質問しすぎると相手に迷惑を掛ける可能性だってありえます。

その点プログラミングスクールなら、Slackなどのチャットツールを通じてプロのエンジニアにいつでも自由に質問することができます。

しかも生徒は受講料を払っているわけですから、多少高頻度で質問しても迷惑がられることはまずありません

プログラミングスクールを選ぶ際は質問対応時間や質問回数制限に注目するようにしましょう。

選び方③ 無料体験や無料カウンセリングを実施しているか

3つ目は無料体験や無料カウンセリングを実施しているかどうか、です。

プログラミングスクールは受講料が高額であるため、スクール選びに失敗した時のリスクがめちゃめちゃ大きいです。

そんな事態を避けるためにも、無料体験や無料カウンセリングを実施しているプログラミングスクールを選ぶようにしましょう

無料体験や無料カウンセリングでは、スクールの概要について説明してくれるだけでなく、こちらから気になることを自由に質問できます

「いきなり入塾するのは怖いな...」
「スクールについて聞きたいことがたくさんある!」

こういった不安・悩みを解決するためにも、無料体験や無料カウンセリングに積極的に参加することが大切なのです。

気になるスクールがあればすべての無料体験に参加して、それぞれ比較してみるのもおすすめです!

まとめ:【厳選】Javaが学べるプログラミングスクール7選をご紹介

まとめ:【厳選】Javaが学べるプログラミングスクール7選をご紹介

  • Javaは汎用性が高くあらゆる分野で用いられる汎用性が高く人気のあるプログラミング言語
  • Javaは需要が高くネットの情報量が多いというメリットがある一方で、難易度が高くプログラミング初学者は挫折しやすいというデメリットがある
  • プログラミングスクールでJavaを学びたい場合は「現役エンジニアからマンツーマンで教われる環境」「質問サポートの有無」「無料体験・無料カウンセリングの有無」に着目しよう
  • プログラミングスクールでJavaを学びたい場合は、今回紹介した7つのスクールから選ぶのがおすすめ
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料カウンセリングを利用しよう!

今回はプログラミング言語の中でも特に人気の高いJavaの概要やスクールの選び方、Javaを学習できるプログラミングスクール7選についてご紹介しました。

改めてJavaを学習できるプログラミングスクール7選の比較表を確認しておきましょう。(横にスクロールできます)
テックアカデミー侍エンジニア塾
プログラマカレッジ
RaiseTechCodeCampGEEK JOBディラボ
スクール名テックアカデミー侍エンジニア塾RaiseTechCodeCampGEEK JOBディラボ
総合評価
Javaを
学べるコース
Javaコースエキスパートコース全コースJavaフルコースJavaマスターコース全コース全コース
受講形態オンラインオンラインオンライン or 東京教室オンラインオンラインオンラインオンライン
入学金0円99,000円~0円0円33,000円0円0円
受講料金229,900円~66,000円~0円(違約金なし)448,000円165,000円~0円(違約金あり)598,000円~
累計学習時間200時間250~300時間40~420時間300時間(4ヶ月間)200~240時間22日間~3ヶ月12週間~
質問サポート時間15〜23時(8時間)24時間対応10時~22時10:00~24:007時~23時40分10時~18時24時間対応
サポート週2回のマンツーマンメンタリング
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビュー&質問/相談
無料の転職サポート(企業紹介等)
オリジナル学習教材を利用し放題
オーダーメイドカリキュラム対応
専属コーチによる進捗管理
受講生同士の交流イベント開催
無料の転職サポートあり
受講料完全無料
個別研修サポート
アドバイザーの書類添削/面接対策
3,500社以上の紹介先企業
JavaSilverの資格取得可能
2週間のトライアル期間あり
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
転職・案件獲得の無期限サポート
授業は当日予約・変更が可能
無制限の添削サポートあり
卒業後もカリキュラムを閲覧可能
専門家とのキャリア相談
ビデオチャット質問サポート
転職サポート(企業紹介/選考対策)
適職診断サポート
受講料金が無料のコースあり
毎月MacかWindowsをプレゼント
14日間の全額返金保証に対応
卒業後の就活サポート
卒業後のキャリアカウンセリング
公式サイト

そしてプログラミングスクールを選ぶ際は以下の3ポイントに着目するのがおすすめです。

Javaが学べるプログラミングスクールの選び方

  • 現役エンジニア講師がマンツーマンで教えてくれる環境があるか
  • いつでも現役エンジニア講師に質問できる環境があるか
  • 無料体験や無料カウンセリングを実施しているか

自分に合ったスクールを選択して、着実にプログラミングスキルを習得していきましょう。

とはいえいきなり受講するのは怖いし不安ですよね。

そんな時は各スクールの無料体験や無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

Javaが学べるプログラミングスクールの無料体験・無料体験レッスン等の申し込みページ

悩むより前にまずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感してみましょう。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

また今回はJavaが学べるプログラミングスクールについてご紹介しましたが、他の基準でスクールを選びたい方は、以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル・特徴ごとのおすすめスクール

ジャンル紹介記事
料金が無料無料のプログラミングスクール一覧
無料体験無料体験があるプログラミングスクール一覧
給付金対象給付金対応のプログラミングスクール一覧
フリーランスフリーランスを目指せるプログラミングスクール一覧
全額返金保証全額返金保証があるプログラミングスクール一覧
マンツーマンサポートマンツーマンサポートに対応しているプログラミングスクール一覧
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール一覧
転職支援転職支援があるプログラミングスクール一覧
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧
通学型教室学習できるプログラミングスクール一覧
分割払い分割払いできるプログラミングスクール一覧
学割学割があるプログラミングスクール一覧
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール一覧
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール一覧
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール一覧
サブスク型サブスク型・月額制のプログラミングスクール一覧
土日/夜間対応土日・夜間に学べるプログラミングスクール一覧

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・スキルおすすめスクール紹介記事
HTML / CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクール一覧
RubyRubyが学べるプログラミングスクール一覧
PHP / LaravelPHPが学べるスクール / Laravelが学べるスクール
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクール一覧
JavaScript関連React / Vue.js / Node.js が学べるスクール
JavaJavaが学べるプログラミングスクール一覧
PythonPythonが学べるプログラミングスクール一覧
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクール一覧
C言語 / C++C言語が学べるスクール / C++が学べるスクール
C#C#が学べるプログラミングスクール一覧
SQLSQLが学べるプログラミングスクール一覧
AWSAWSが学べるプログラミングスクール一覧
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクール一覧
UnityUnityが学べるプログラミングスクール一覧
Androidアプリ開発Androidアプリ開発が学べるプログラミングスクール一覧
Visual BasicVisual Basicが学べるプログラミングスクール一覧
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクール一覧
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクール一覧
Go言語Go言語が学べるプログラミングスクール一覧

将来のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademyレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
ポテパンキャンプレビュー記事はこちら
RaiseTechレビュー記事はこちら
デイトラレビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
tech boostレビュー記事はこちら
RUNTEQレビュー記事はこちら
CodeShipレビュー記事はこちら
CodeCampレビュー記事はこちら
Aidemyレビュー記事はこちら
レバテックカレッジレビュー記事はこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
プログラマカレッジレビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
DMM WEBCAMPレビュー記事はこちら
GEEK JOBレビュー記事はこちら
DIVE INTO CODEレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
TechAcademyレビュー記事はこちら
Code Villageレビュー記事はこちら
  • この記事を書いた人(執筆者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Java, プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.