デイトラ

デイトラの評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

2021年7月28日

デイトラってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のデイトラの評判やレビュー、メリット・デメリットや他スクールとの比較についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • デイトラの特徴
  • デイトラの料金
  • デイトラのメリット・デメリット
  • デイトラの評判・口コミレビュー
  • デイトラに向いている人・向いていない人
  • デイトラと他のプログラミングスクールを比較
  • デイトラのよくある質問
  • まとめ:デイトラの評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

当サイトではウェブサイトやブログに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

目次

デイトラの特徴

デイトラの特徴

それではまずはデイトラの特徴から解説していきます。

デイトラの基本情報

スクール名デイトラ
受講形態完全オンライン
コースの種類Web制作コース
Ruby/Railsコース
Webデザインコース
ShopifyEC構築コース
動画制作コース
Pythonコース
Webマーケティングコース
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/PHP/
WordPress/Ruby/Ruby on Rails/
Webデザイン/Figma/Photoshop/
Python/Google・SNS広告出稿/
GoogleAnalyticsなど
サポートエンジニアのサポート1年間
想定月収算出サポート
選び抜かれたメンターのサポート
カリキュラムは半永久的に閲覧可能
学習後のキャリアサポート
質問対応時間Slackでいつでも対応
受講期間90日
年齢制限無し
運営会社合同会社東京フリーランス
公式サイトデイトラの公式サイトを確認する

デイトラは1日1題×90日で、プロのWebスキルを手に入れることを目的としたプログラミングスクールになります。(スクール名のデイトラは「day trial」の略)

具体的にはWebサイト制作、Webアプリケーション開発、WebデザインといったWeb系だけでなく動画編集やマーケティングの分野にも対応しています。

またデイトラは、2019年にTwitterで行われた「#30DAYSトライアル」という"1日1つのプログラミング学習ステップを学習する取り組み"がきっかけで生まれた珍しいサービスです。

この当時からデイトラは「誰でも手が届きやすい低価格」「楽しみながらプログラミングを学べる環境」を大切にしており、数多くのユーザーに愛されてきた背景があります。

実際にデイトラがきっかけでエンジニア転職に成功した人、フリーランスとして独立できた人もたくさんいるため、キャリアアップが不安な方でも安心して受講することができます。

デイトラのコース・料金

デイトラには全部で7種類のコースが用意されており、それぞれ料金や学習内容が異なります。

それぞれ比較表で表してみると以下のようになります

コース名料金受講期間/サポート期間概要
Web制作コース99,800円90日/1年間HTML・CSS・JavaScript・PHP・WordPressなど、WEB制作に必要なスキルが身につくコース「副業で月5万」や「コーダー転職」など、目的に合わせた3つのレッスンを用意しています。
Ruby/Railsコース99,800円90日/1年間WEBサイトの見た目を作るHTML・CSSの基本から、Railsを使ったWEBサービス開発まで、WEB開発に必要なスキルを一括で学び転職を目指すコースです。
Webデザインコース94,800円90日/1年間バナーやHP、ECサイトなど、WEBデザインに必要なスキルを身につけるコースです。デザインの基礎的な考え方やツールの使い方から始め、実際に手を動かして具体的なデザインを作成するところまで行います。
ShopifyEC構築コース49,800円90日/1年間世界シェアNo.1のECプラットフォームShopifyを使い実案件の流れを実践形式で学べるレッスンです。スイーツ店のオンラインストアを作るという設定で、実案件のながれに沿って学習を行います。
動画制作コース79,800円90日/1年間YouTubeに特化した実践的な動画編集スキルが身につくコース。動画編集の方法をただ学ぶのではなく、プロによるアドバイス、営業方法の解説、提案に使える各種資料までセットになった本格的なコースです。
Pythonコース89,800円90日/1年間Pythonを学びながら日常生活にも役立つプログラムを作ることができるコースです。SNS育成に実用できるプログラムの作成ができ、また「YouTube登録者を伸ばすための重要指標と基準値」など、SNSマーケティングやデータ分析の知識も身につきます。
Webマーケティングコース89,800円90日/1年間マーケティングの基礎から広告運用の具体的な手順が学べるコースです。Googleリスティング広告・Facebook広告の出稿手順、Googleアナリティクス・Ptengineによる分析方法を学び、広告集客から媒体の分析改善まで行えるスキルを身につけます。

*表示価格は税込価格です
*こちらの情報はデイトラ公式サイトを引用しています

上段でも触れましたように、デイトラは料金が圧倒的に安いです。

一般的なプログラミングスクールでは3ヶ月(90日)受講すると料金は30万〜50万円くらいしますが、これに対してデイトラは10万円未満です。

コースの種類も豊富なため、自分の学びたいスキルを集中的に習得できるのもポイント

またすべてのコースには入会から1年間のエンジニアサポートが設けられています。

そのため「デイトラ卒業後も分からないことがあれば相談したい」「ひとりでキャリアを進めていく自信がない」といった方でも安心して利用することができます。

デイトラは分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

続きを見る

デイトラは返金対応している?【利用規約を調べてみた】

続きを見る

デイトラは割引できる?【3つの割引方法を分かりやすく解説】

続きを見る

デイトラのメリット・デメリット

さてここからはデイトラのメリット・デメリットについてそれぞれご紹介します。

先に結論を申し上げますと以下のようになります。

メリット
デメリット
  • 料金が圧倒的に安い
  • 仕事に繋がる現場のスキルが身に付く
  • Slackでプロエンジニアにいつでも質問できる
  • 卒業後のサポートが手厚い
  • Web言語以外習得できない
  • 転職保証制度がない
  • マンツーマンレッスンに対応していない

それでは順番に見ていきましょう。

デイトラのメリット

まずはデイトラのメリットを順番にご紹介していきます。

デイトラのメリット

  • 料金が圧倒的に安い
  • 仕事に繋がる現場のスキルが身に付く
  • Slackでプロエンジニアにいつでも質問できる
  • 卒業後のサポートが手厚い

それでは順番に解説していきます。

メリット① 料金が圧倒的に安い

やはりデイトラの最大の特徴は料金の安さです。

最も安いコースで48,800円、最も高くても99,800円と、他のプログラミングスクールからは考えられないような破格が設定されています。

デイトラ公式サイトでは、この料金の安さについて以下のように説明されています。

他スクールと比べて安価な理由は何ですか?
圧倒的に口コミが良く、広告費を最低限に抑えられているからです。
デイトラはSNSの企画から始まったスクールで、多くのユーザー・ファンから支持されています。
そのためアフィリエイト広告や過度な宣伝が不要で安価に提供できています。

デイトラ公式サイトより

もともとデイトラはTwitterで生まれたスクールであるため拡散力が高く、広告費をほとんど必要としていません

その分、プログラミング学習の敷居が低くなる良心的な価格設定がなされているのです。

SNS発祥のプログラミングスクールならではの強みと言えますね

これだけ安いと怪しさを感じる方もいるかもしれませんが、決して「カリキュラムが手抜きだから」「講師の質が低いから」といった理由ではありませんのでご安心ください。

メリット② 仕事に繋がる現場のスキルが身に付く

デイトラの講師は厳しい審査をクリアした、レベルの高いエンジニアで構成されています。

そして講師の多くは実務経験が豊富であるため、生徒は他のプログラミングスクールでは教わることができない実践的なスキルを習得できます。

こうした現場で役立つスキルを身に付ければ、キャリアアップできるのはもちろん、就職・転職・独立した後も一流のエンジニアとして活躍し続けることができるのです。

「Webエンジニアとして稼いでお金持ちになりたい!」「エンジニアとして社会貢献する達成感を味わいたい」といった野望を持っている方にもオススメです。

メリット③ Slackでプロエンジニアにいつでも質問できる

デイトラではカリキュラムで分からないことを、プロエンジニアにいつでも何回でも質問できる環境が整っています。

質問の際はビジネス用のチャットツール「Slack」を使用します

人は新しい分野を学習すると、どうしても分からないことや疑問に思うことが出てきますよね。

そうした時に「プロのエンジニアに質問できる環境がある」というのは非常に心強いし、学習効率も高まります

質問サポートを存分に利用して、プログラミング学習をよりスムーズに進めましょう。

デイトラの質問サポートでは、講師はすぐに答えを教えてくれません。答えを教えず、あえてヒントだけを提示することで、生徒の「自分で物事を考えて解決する能力」を鍛えさせる目的があるからです。こうした能力は将来エンジニアとして活動する際に欠かせないものとなっていきます。

メリット④ 卒業後のサポートが手厚い

デイトラは卒業後も様々なサポートを利用することができます。

具体的には以下の通り。

デイトラ卒業後に利用できるサポート

  • 1年間のエンジニアサポート
    入会から1年間はSlackでエンジニアに質問し放題です。
  • 半永久的なカリキュラム閲覧サポート
    卒業後もカリキュラムを半永久的に閲覧できます。スケジュールが忙しくて予定が追いつかなくても安心です。
  • キャリアサポート(オプション)
    オプションで「フリーランス独立サポート」などのキャリアサポートを利用できます。キャリア形成に不安な方におすすめです。

ご覧のように卒業後も充実したサポートを利用できることが分かります。

特に卒業後にエンジニアとして活動する場合、受講中に使ったカリキュラムをもう一度見返したくなる時が必ずあるはずです。

そうした時にいつでもカリキュラムを参照できるのは非常にありがたいサポートだと言えます。

またデイトラの卒業生はフリーランスエンジニアが多い傾向があります。

そのため「将来フリーランスエンジニアとして活躍したい」と考えている方は、オプションでキャリアサポートを利用してみることをオススメします

デイトラのデメリット

続いてはデイトラのデメリットを順番にご紹介していきます。

デイトラのデメリット

  • Web言語以外習得できない
  • 転職保証制度がない
  • マンツーマンレッスンに対応していない

デメリット① Web言語以外習得できない

デイトラは数あるプログラミング分野の中でもWeb制作やWeb開発に特化したプログラミングスクールです。

そのためWeb系以外のプログラミング言語(Java,C++,C#,Swiftなど)を学ぶことはできません。

もちろんWebプログラミングは需要が高く人気もあるため、デイトラのカリキュラムの内容をマスターできれば、将来Webエンジニアとして活躍できる可能性は高いです。

ただ、何か理由があって「どうしてもWeb系以外のプログラミング言語を学びたい」という方は、コース対応が幅広いTechAcademy侍エンジニア塾など、他のプログラミングスクールに通うことをオススメします。

デメリット② 転職保証制度がない

デイトラには「フリーランス独立サポート」を始めとしたキャリアサポートが用意されていますが、転職保証・就職保証までは対応していません

転職保証とは「転職失敗したら受講料を全額返金」みたいな転職成功を保証する制度のことです

そのため生徒はキャリアサポートを利用しつつ、最終的には自分の力で内定を勝ち取る必要があるのです。

これはある意味、プログラミングには欠かせない「主体性や自走力が身に付く」というメリットと捉えることもできます

ですがその一方で

「既に転職失敗経験があるのでもう挫折したくない」
「安全に着実にエンジニア転職を成功させたい」

と考える方も少なくないはず。

そんな方には転職サポートも転職保証も対応しているTECH CAMP(テックキャンプ)DMM WEBCAMPといったプログラミングスクールがオススメです。

デメリット③ マンツーマンレッスンに対応していない

デイトラは「カリキュラムで勉強→分からない所をSlackで質問」といった受講スタイルなので、マンツーマンレッスンに対応していません

本来マンツーマンレッスンには「画面共有で分かりやすく解説してくれる」「雑談がてら業界の話を聞ける」「会話ベースなので質問しやすい」といったメリットがあるのですが、デイトラではこれらのメリットを利用できないのです。

デイトラの料金が極端に安いのは、こうした人件費が抑えられていることも起因していると考えられます。

もちろんデイトラのカリキュラムは質が高いため、講師に質問しなくても理解できるならそれに越したことはありません

またチャットベースのやり取りだけで理解できる自信がある方も、大きな心配をする必要はないでしょう。

一方で「講師と顔を合わせながら教わりたい」「マンツーマンで手取り足取り教わりたい」と考えている方には、TechAcademy侍エンジニア塾などのマンツーマンレッスンに対応しているスクールをオススメします。

デイトラの評判・口コミレビュー

続いては、実際にデイトラを受講した方の評判・口コミレビューをいくつかご紹介します。

デイトラのリアルな雰囲気や印象について詳しく知りたい方は必見です。

評判・口コミレビュー①苦手意識が無くなって楽しくなってきた

プログラミングのように新しい分野を学習するのは大変ですし、苦手意識が生まれやすいものです。

ただデイトラは「楽しくプログラミングを学習する」ことをコンセプトとしていますので、学習を重ねるにつれて徐々に勉強が楽しくなります。

最初は退屈だったとしても継続することで楽しくなる!

評判・口コミレビュー②バナー制作の案件が無事完了した

こちらはデイトラを通じてバナー制作の案件を獲得した方のツイートです。

*バナーというのはWebサイトに掲載する広告・宣伝用の画像のこと(報酬額は1件あたり数千円〜数万円)

このようにデイトラを受講すれば、プログラミング以外のタイプの案件も獲得できるようになります

評判・口コミレビュー③中級編は難易度が上がって時間がかかる

デイトラには初級編、中級編、上級編と難易度が分かれています。

そして「初級から中級」「中級から上級」のタイミングで難易度がグッと上がるため、理解に時間がかかることがあるそうです。

プログラミングは基礎が固まっていない場合、それ以上に難易度の高い分野を習得するのは至難の業です。

もしもつまづいた時は基礎を固め直したり、質問サポートを使いこなすことで、スムーズに学習を進めましょう!

評判・口コミレビュー④継続したら月20万円稼げるようになった

こちらはデイトラを受講して仕事を貰えるようになった「さとけんさん」という方のツイートです。

「給料はプロフィールに書かれている」とのことでしたので、確認させて頂いたところ月収20万円だそうです。

サラリーマンとして会社勤務で月収20万円はそこまで難しくはありませんが、さとけんさんのように案件をこなして月収20万円というのはかなり難易度が高く並大抵の努力では到達できないラインです。

デイトラのカリキュラムやサポートの質の高さが実を結んだと言えます。

評判・口コミレビュー⑤医療系企業のエンジニアとして就職できた

こちらはデイトラを受講した結果、医療系スタートアップ企業のフロントエンドエンジニアとして内定をもらえた方のツイートです。

1つ前のツイートもそうですが、デイトラの卒業生はフリーランスや就職といった様々な形でキャリアアップを成功させていることが分かります。

エンジニアとしてキャリアアップしたい方にピッタリのスクール!

評判・口コミレビュー⑥分からないことも質問部屋ですぐに解決できた

冒頭でもご説明したように、デイトラには疑問点をSlackで質問できるサポートがあります。

こちらの口コミからも分かるようにデイトラの質問サポートはスピード感があり、質問したらすぐに問題を解決できるそうです。

いつでもどこでも何度でも質問できる最高のサポート!

評判・口コミレビュー⑦軽い気持ちで入会すると挫折するリスクがある

デイトラを受講した結果「フリーランスとして稼げるようになった」「エンジニアとして内定を貰えた」といった口コミが目立ちますが、こうしたレビューを見て油断してはいけません

ツイートにもあるように、そもそもフリーランスや就職といった形でのキャリアアップは決して簡単ではなく、人並み以上の努力を必要とします

だからこそ中途半端な覚悟で入会してはいけませんし、入会後は「継続すること&質問すること&仲間を持つこと」を忘れないようにしましょう。

油断禁物!油断大敵!

評判・口コミレビュー⑧自分のやりたかったことが実現できて嬉しい

デイトラではプログラミングの基礎だけでなく、実務現場で役立つ応用的な分野も学習するので、自分のスキルの幅が一気に広がります

そのため「今までできなかった自分のやりたかったことが実現できる喜び」を感じる方も少なくないようです。

できることの幅を広げてあなたの夢を掴み取りましょう!

評判・口コミレビュー⑨制作会社とパートナー契約を結べた

こちらはデイトラを受講したことで制作会社とパートナー契約を結んだ方のツイートです。

「パートナー契約」とは企業や個人と契約して数ヶ月〜数年間業務に携わる、フリーランスの業務形態のことを言います。

同じフリーランスでも1つ1つの業務をこなすタスク型と比較すると、パートナー契約は長期間仕事を保有できるため安定した収益を稼ぐことができます

パートナー契約を結ぶには相手企業の信頼を得る必要がありますので、難易度が高く、ハイレベルな実績と営業力が欠かせません

こうした難易度の高い業務形態を獲得できるのもデイトラの強みと言えますね

デイトラの評判・口コミレビューは以上になります!

基本的には高評価な口コミレビューがほとんどでしたが、感じ方は人それぞれですので鵜呑みにしすぎない様、ご注意ください。

デイトラに向いている人・向いていない人

次に今回紹介したデイトラの特徴やメリット・デメリットから、デイトラに向いている人・向いていない人を解説します。

デイトラに向いている人・向いていない人

デイトラに向いている人

  • プログラミング初心者・未経験者
  • プログラミング学習意欲が高い人
  • 短期間&低価格でプログラミングを習得したい人
  • 楽しみながら勉強を進めたい人
  • オンラインでも勉強に集中できる人
  • Webエンジニアとして転職・就職したい人
  • フリーランスWebエンジニアとして活躍したい人
  • 1年間のエンジニアサポートを利用したい人
  • 卒業後もカリキュラムを閲覧したい人

デイトラは年齢制限も入塾制限もありませんので、プログラミングの学習意欲がある人なら誰でも入会できます。

そしてデイトラは「卒業後も半永久的にカリキュラムを閲覧可能」「1年間のプロエンジニアサポート」といった、嬉しい制度が充実しています。

また受講料金が49,800円〜99,800円と業界最安級ですので、お金に余裕のない学生や主婦の方でも安心して受講することができます

将来Webエンジニアとして活躍したい方にはピッタリのスクールなのです。

デイトラに向いていない人

  • プログラミング学習意欲が低い人
  • 転職保証制度を利用したい人
  • 教室通学で対面で教わりたい人
  • Web系以外のプロプログラミングを学びたい人

確かにデイトラでは現役エンジニアの講師の方が徹底的にサポートしてくれるという側面はあります。

だからといって生徒のモチベーションが中途半端だと、プログラミングスキルは伸び悩むのは言うまでもないでしょう。

そのためせっかく受講するなら確固たる覚悟を持って挑むことをおすすめします。

またデイトラはオンラインのプログラミングスクールです。

教室通学で対面で教わりたい方はtech boost(テックブースト)TECH CAMP(テックキャンプ)がオススメです。

デイトラはWeb開発のプログラミングをメインに取り扱っているプログラミングスクールです。そのため2021年7月現在、デイトラではゲーム開発やスマホアプリ開発やAI開発などを学ぶことはできません。もしもこれらの分野を学習したい場合は、コース対応が幅広いTechAcademy侍エンジニア塾を受講することをオススメします。

迷っているあなたへ

でもやっぱりプログラミングスクールに通うのは怖いな...明日もう一回考え直そうかな...

そう考えている方もいらっしゃることでしょう。

ですが、そこで思いとどまっていても何も始まりません。

あなたが迷っている間にも、他のライバルは次々と新たな道を切り開いています

自分の道は自分で切り開くしかありません。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

デイトラと他のプログラミングスクールを比較

今回はデイトラについて色々とご紹介してきましたが、他のプログラミングスクールと比較するとどのような違いがあるのでしょうか?

ここではデイトラと似たジャンルのプログラミングスクールを参考に徹底比較していきます。

デイトラ
(デイトラ)
TechAcademy
(テックアカデミー)
侍エンジニア塾CodeCamp
(コードキャンプ)
TECH CAMP
(テックキャンプ)
実績満足度96%
業界最安級
開校8ヶ月で4,000人突破
オンラインプログラミングスクール受講者数No.1
800社、30,000名を超える教育実績
挫折しないプログラミングスクールNo.1(挫折率8%)
実践的スキルが身に付くプログラミングスクールNo.1
レッスン満足度が高いプログラミングスクールNo.1
無料キャリア相談会レッスン満足度92%
レッスン満足度96.6%
受講者数30,000名突破
導入企業300社突破
即戦力までスキルアップできるエンジニア養成プログラムNo.1
未経験から理想の就職ができるエンジニア養成プログラムNo.1
サポート体制が充実しているエンジニア養成プログラムNo.1
転職成功率99%以上・成功者2,000名以上
受講スタイルオンラインオンラインオンラインオンラインオフライン&オンライン
期間90日間4,8,12,16週間から選択4,8,12,24,36,48週間から選択2,4,6ヶ月から選択1ヶ月~6ヶ月
コース種類7種類29種類6種類13種類3種類
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
PHP/WordPress/Ruby/
Ruby on Rails/
Webデザイン/Figma/Photoshop/
Python/Google・SNS広告出稿/
GoogleAnalyticsなど
HTML / CSS /
Ruby(Ruby on Rails) /
PHP(Laravel) / Java /
WordPress / Swift /
Xcode / Unity / Python / Git /
データサイエンス / ブロックチェーン /
IoT / AI / Scala /
Node.js / Google App Script / 動画編集 /
Shopify / Excel /
Bootstrap
HTML / CSS /
JavaScript / Python /
Wordpress / Ruby /
React.js / PHP /
Node.js / Java /
Dart(Flutter) / C++ /
C# / Swift / Xamarin /
Kotlin / Unity / R /
Microsoft Azure /
Amazon Web Service /
Heroku / Slack /
Docker / Git / Jenkins /
Travis CI / Vagrant /
Vim など
HTML / CSS /
JavaScript / Bootstrap
/ Swift / Android / PHP
/ Laravel / MySQL /
Ruby / Ruby on Rails /
Java基礎 / Java応用 /
Javaサーブレット /
Photoshop / Illustrator
Webサービス開発 /
AI(人工知能) / Webデザイン / 設計 / 開発 /
インフラ構築 / 運用 /
デザインの基本原則 /
コンセプト設計 / イラストツール / ウェブサイトデザイン /
フロントエンド開発
入学金0円0円98,000円~33,000円コースによって異なる
受講料一括49,800円〜一括174,900円〜一括64,600円~一括165,000円〜月額21,200円〜
卒業後のカリキュラム閲覧可能閲覧可能コースによって可能閲覧可能
オーダーメイド
カリキュラム
コースによって可能
チャットサポート
対応時間
1日中15時~23時24時間対応7時~23時40分11時~23時
他の生徒との交流
発表会・コンテストコースによって可能
転職サポートオプションでキャリアサポート企業紹介自己PR対策サポート
面接対策
履歴書作成サポート
企業とのマッチング
コースによって可能コースによって可能
マンツーマンレッスン
メンタリング週2回コースによって可能
オリジナルプロダクト
開発サポート
 ◯ ◯
返金対応
講師現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア 現役エンジニア 現役エンジニア以外もいる
お得な特典エンジニアのサポート1年間
カリキュラムは半永久的に閲覧可能
学習後のキャリアサポート
無料キャリア相談会
先割で8%割引
無料説明会動画視聴で10,000円割引
無料キャリア相談会の受講で10,000円割引
トモ割で10,000円割引
セット受講で最大13,800円お得
無料キャリア相談会レッスン
無料キャリア相談会レッスン参加で最大5,000円分のAmazonギフト券
女性・障がい者・中高生は最大37万円引き
卒業生インタビューでAmazonギフト券5,000円分
SAMURAI AWARD受賞で最大10,000円分のAmazonギフト券
無料キャリア相談会レッスン
お友達紹介でAmazonギフト券10,000円分
無料キャリア相談会申し込みで10,000円割引
プログラミング教養コースでは7日間以内の全額返金に対応
エンジニア転職コースでは14日以内の全額返金保証付き
デザイナー転職コースでは14日以内の全額返金保証付き
全コースで無料カウンセリング実施中
公式サイトデイトラ公式サイトTechAcademy公式サイト侍エンジニア塾公式サイトCodeCamp公式サイトプログラミング教養コース公式サイト
エンジニア転職コース公式サイト
デザイナー転職コース公式サイト

ご覧のようにデイトラ・TechAcademy・侍エンジニア塾・CodeCamp・TECH CAMPの5つのプログラミングスクールで比較してみました。

それぞれのスクールにメリットとデメリットがあるので、一概に「これが一番良い」と評価することはできません。

ただ「あなたに一番合うスクール」を見つけることは可能です。

おすすめのスクールの選び方

  • デイトラ
    Web関連のプログラミングを習得したい人、教養としてプログラミングを学びたい人向け、低価格に抑えたい人向け、楽しく学びたい人向け、1年間サポートを利用したい人向け
  • TechAcademy
    お金に余裕がない人向け、マニアックな分野を学びたい人向け、メンタリングを利用したい人向け、卒業後もカリキュラムを閲覧したい人向け、エンジニア転職したい人向け
  • 侍エンジニア塾
    お金に余裕がある人向け、マニアックな分野を学びたい人向け、オーダーメイドカリキュラムで学びたい人向け、チャットサポートを1日中利用したい人向け、エンジニア転職したい人向け
  • CodeCamp
    お金に余裕がない人向け、卒業後もカリキュラムを閲覧したい人向け
  • TECH CAMP
    お金に余裕がある人向け、オフラインで学習したい人向け、エンジニア転職したい人向け

といったように自分の生活環境や学びたい内容に合わせて受講するのがオススメです。

各スクールの詳細については以下の記事をご覧ください。

デイトラのよくある質問

では最後にデイトラのよくある質問についていくつかご紹介します。

質問① 初心者でも大丈夫?

初心者でも大丈夫?

デイトラは"やる気"さえあれば、初心者も未経験者も積極的に受け入れています。
基本的なパソコンの操作方法がわかっていれば問題ありません。
プロのエンジニアが分かりやすくサポートしてくれます。

質問② Windowsでも受講できる?

Windowsでも受講できる?

Ruby/RailsコースのみMacが必須となります。
それ以外のコースはMacでもWindowsでもOKです。

質問③ 学習時間はどれくらい必要?

学習時間はどれくらい必要?

デイトラでは平日は1日2時間、休日は1日4時間、つまり週に合計で20時間程度の学習を推奨しています。
ただ受講期間終了後もカリキュラムは閲覧可能ですので、無理して勉強時間を詰め込む必要はありません。。

質問④ 年齢制限はある?

パソコンの指定はある?

年齢制限はありません。
デイトラはやる気があればどんな方でも入会可能です。
*未成年の場合は保護者の同意が必要です。

質問⑤ メンターはどんな人?

どんな企業に就職できる?

デイトラのメンターは、数ある現役エンジニアの中から厳しい審査をクリアした人のみが担当しています。
メンターは実務経験が豊富なため、現場で使われる実践的なスキルを教えてもらうこともできます。

質問⑥ 学習サポートはどうやって受けるの?

学習サポートはどうやって受けるの?

デイトラ受講生専用のSlackで質問することができます。
Slackには入会後に閲覧できるカリキュラム内のURLから参加できます。

まとめ:デイトラの評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

まとめ:デイトラの評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

  • デイトラ1日1題×90日で、プロのWebスキルを手に入れることを目的としたオンライン型プログラミングスクール
  • プログラミング以外にも動画編集やマーケティングにも対応している
  • デイトラは「誰でも手が届きやすい低価格」「楽しみながらプログラミングを学べる環境」を大切にしている
  • 卒業生の多くはエンジニアとして転職、フリーランスで案件獲得といったキャリアアップを成功させている
  • インターネット上の評判も極めて高い
  • スクールで迷う時間はもったいない!悩む時間があったら一歩前に進もう!

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のデイトラの評判や口コミレビュー、メリット・デメリットや他スクールとの比較についてご紹介しました。

では改めてデイトラのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット
デメリット
  • 料金が圧倒的に安い
  • 仕事に繋がる現場のスキルが身に付く
  • Slackでプロエンジニアにいつでも質問できる
  • 卒業後のサポートが手厚い
  • Web言語以外習得できない
  • 転職保証制度がない
  • マンツーマンレッスンに対応していない

デイトラは宣伝活動を大々的に行っていないため知名度はそこまで高くはありませんが、「教材」「講師」「サポート」はどれもハイクオリティです。

特にデイトラは料金が圧倒的に安いため、お金に余裕がない学生や主婦の方でも気軽に入会できるのが特徴です。

でもやっぱりプログラミングスクールに通うのは怖いな...明日もう一回考え直そうかな...

そう考えている方もいらっしゃることでしょう。

ですが、そこで思いとどまっていても何も始まりません。

あなたが迷っている間にも、他のライバルは次々と新たな道を切り開いています

自分の道は自分で切り開くしかありません。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

今回はデイトラについて詳しくご紹介しましたが、もしプログラミングスクール選びで迷っている方は、以下の表を参考にしてみてください。

将来のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademyレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
RaiseTechレビュー記事はこちら
tech boostレビュー記事はこちら
RUNTEQレビュー記事はこちら
CodeShipレビュー記事はこちら
CodeCampレビュー記事はこちら
デイトラレビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
ポテパンキャンプレビュー記事はこちら
Aidemyレビュー記事はこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
DMM WEBCAMPレビュー記事はこちら
GEEK JOBレビュー記事はこちら
DIVE INTO CODEレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
TechAcademyレビュー記事はこちら

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・ジャンルおすすめスクール紹介記事
HTML/CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクールの紹介記事
RubyRubyが学べるプログラミングスクールの紹介記事
PHPPHPが学べるプログラミングスクールの紹介記事
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクールの紹介記事
JavaJavaが学べるプログラミングスクールの紹介記事
PythonPythonが学べるプログラミングスクールの紹介記事
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクールの紹介記事
C#C#が学べるプログラミングスクールの紹介記事
SQLSQLが学べるプログラミングスクールの紹介記事
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクールの紹介記事
UnityUnityが学べるプログラミングスクールの紹介記事
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクールの紹介記事
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクールの紹介記事

テックアカデミーの評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じたメリット・デメリットもご紹介】

続きを見る

tech boost(テックブースト)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

続きを見る

RUNTEQ(ランテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】
RUNTEQ(ランテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

テックキャンプの評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
テックキャンプの評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

DIVE INTO CODEの評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
DIVE INTO CODEの評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

続きを見る

【厳選】PHPが学べるプログラミングスクール6選をご紹介
【厳選】PHPが学べるプログラミングスクール6選をご紹介

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

続きを見る

【厳選】Javaが学べるプログラミングスクール5選をご紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-デイトラ

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.