CodeCamp

CodeCampのPythonデータサイエンスコースってどうなの?

CodeCampのPythonデータサイエンスコースってどうなの?
CodeCampのPythonデータサイエンスコースってどうなの?特徴や料金、評判について詳しく知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーやエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

特に人工知能や機械学習を開発するAIエンジニアは、エンジニアの数に対して需要が多いので給料も高く急激な人気を集めています。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のCodeCampのPythonデータサイエンスコースの特徴や評判についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • CodeCampの特徴
  • CodeCampのPythonデータサイエンスコースの概要
  • CodeCampのPythonデータサイエンスコースでエンジニア転職できる?
  • まとめ:CodeCampのPythonデータサイエンスコースってどうなの?

当サイトではウェブやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

CodeCamp(コードキャンプ)以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】
プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】

続きを見る

AI・人工知能を学べるプログラミングスクールまとめ
AI・人工知能を学べるプログラミングスクールまとめ

続きを見る

CodeCampの特徴

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴

まずはCodeCampがどんなプログラミングスクールなのか簡単にご説明していきます。

以下の3つの視点から見ていきましょう。

  1. 完全オンライン
  2. 豊富なコース
  3. 講師の質が高い

完全オンライン

CodeCamp(コードキャンプ)は完全オンライン型のプログラミングスクールです。

完全オンラインで毎日7:00から23:40まで、年中無休でレッスンを開講しているため、時間や場所に縛られることなく授業を受けることができます。

そのためCodeCampは累計受講者数30,000人、導入企業300社、レッスン満足度96.6%、在籍講師数200人と日本トップクラスの実績を誇るプログラミングスクールとなっています。

豊富なコース

CodeCamp(コードキャンプ)には全7+2種類のコースが用意されています

CodeCampのコース一覧

  • Webマスターコース
  • デザインマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • Javaマスターコース
  • Pythonデータサイエンスコース
  • Pythonマスターコース(期間限定)
  • WordPressマスターコース(期間限定)
  • プレミアムコース
    プログラミングやデザインスキルなど全てのカリキュラムを受講可能
  • プレミアムプラスコース
    プレミアムコース+マンツーマンレッスン受け放題
ここまで多分野のコースを用意しているプログラミングスクールは中々ありません

ちなみに各コースで習得可能なスキルは以下の表をご覧ください。

コース一覧

一番人気は「全コース受講可能+マンツーマンレッスン受け放題」のプレミアムプラスコースです。

このようにどんなパターンの学習スタイルでも選択分野を自由にカスタマイズできるのがCodeCamp(コードキャンプ)の強みと言えます。

講師の質が高い

CodeCamp(コードキャンプ)は講師の質が極めて高いことでも有名です。

というのもCodeCamp(コードキャンプ)の講師はフリーランスエンジニアやIT企業の社員といった業界トップクラスの現役エンジニアを採用しています。

講師の選考通過率は17%と非常に低く、厳選された質の高いエンジニア講師が揃っているのです。

現役エンジニアだからこそ知っている実務に役立つスキルを習得できるため、生徒が転職後・就職後もエンジニアとして活躍できるような枠組みが整っているのです。

CodeCampでは在籍講師のプロフィールをホームページで公開しています。講師の経歴やスキルが気になる方はチェックしてみましょう。

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

続きを見る

 

CodeCampのPythonデータサイエンスコースの概要

CodeCampのPythonデータサイエンスコース

それでは早速CodeCampのPythonデータサイエンスコースについて詳しく見ていきます。

具体的には以下のポイントからご紹介していきます。

  • CodeCampのPythonデータサイエンスコースで身に付くスキル
  • CodeCampのPythonデータサイエンスコースの料金と期間
  • CodeCampのPythonデータサイエンスコースに向いている人・向いていない人

それでは順番に見ていきましょう。

CodeCampのPythonデータサイエンスコースで身につくスキル

CodeCampのPythonデータサイエンスコースでは主に以下のスキルを習得できます。

CodeCampのPythonデータサイエンスコースで身に付くスキル

  1. Pythonプログラミングスキル
  2. タスク自動処理スキル
  3. Webスプレイピングスキル

ご覧のようにCodeCampのPythonデータサイエンスコースでは主にWebスクレイピングによる作業効率化のプログラムを学びます。

Webスクレイピングとは

Webスクレイピングとはウェブサイトから様々な情報を習得する技術のことで主にPythonが使われます。
具体的には「商品価格のデータ収集」「検索順位の情報取得」「競合の顧客リストのデータ収集」「株価の変動データを取得」といったマーケティング目的で使用されます。
また取得したデータを自動でExcelやCSVに書き込むこともできますので作業効率を大幅にアップさせる画期的な技術なのです。

実際にCodeCampでは参考書籍やカリキュラムを用いながら「Web上から欲しいデータを抽出して、そのデータをExcel・CSVに落とすというような実務レベルで使うデータ収集スキル」を身に付けます。

Pythonを使ったWebスクレイピングスキルがあれば、仕事だけでなくプライベートの面倒な作業を自動化することだって可能です

Pythonプログラミングを1から学びたい方、プログラミングで自動処理技術を学びたい方にはおすすめのコースと言えるでしょう。

PythonはAIや人工知能開発に用いられることでも有名ですが、CodeCampのPythonデータサイエンスコースではAI開発については学びません
Pythonを使ったAI開発を学びたい方は「AI・人工知能を学べるプログラミングスクールまとめ」をご覧ください。

CodeCampのPythonデータサイエンスコースの料金・期間

CodeCampのPythonデータサイエンスコースの料金・期間を表にまとめると以下のようになります。

コース種別期間限定コース
受講料金165,000円
入学金(税込)33,000円
受講期間2ヶ月
レッスン回数20回
講師の質現役エンジニア
レッスン対応時間毎日7時〜23時40分
2ヶ月という短い期間ではありますがプログラミングスクールの中ではかなり良心的な価格です

ちなみにCodeCampの無料体験を受講すれば10,000円割引されるので非常にオススメです。

無料体験では以下のサービスを受けることができます。

  • 10,000円割引クーポン
  • プログラミング学習に関するヒアリング
  • 最適な学習プランの相談
  • 実際に学ぶ内容の確認

*無料体験はオンライビデオ通話での実施となります。
*無料体験は毎日7時〜23時まで受け付けています。

CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

CodeCampのPythonデータサイエンスコースに向いている人・向いていない人

ではCodeCampのPythonデータサイエンスコースに向いている人・向いていない人はそれぞれどういった人が当てはまるのでしょうか?

CodeCampのPythonデータサイエンスコースに向いている人

  • プログラミング初心者や未経験者の人
  • オンラインマンツーマンで習いたい人
  • 面倒な作業を自動化させて効率化を進めたい方
  • Webエンジニアとして将来活躍したい方
  • Pythonプログラミングを身に付けたい人
  • Pythonを使ったサービスを開発したい人
  • プログラミングの理解をもっと深めたい人
  • レベルの高い現役エンジニアから習いたい人
  • 時間や場所にとらわれずに勉強したい人

Pythonエンジニアの技術があれば、面倒だった仕事の作業を自動化させて業務効率を進められます

そのためどの企業もPythonエンジニアをかなり欲しており、他のエンジニアと比べて報酬が多いのも事実です。

初心者でも基礎からPythonを学習できるCodeCampは将来Pythonエンジニアとして活躍したい方にはおすすめのスクールなのです!

CodeCampのPythonデータサイエンスコースに向いていない人

  • 何でも良いからプログラミングを学びたい人
  • まずは難易度の低いプログラミングから学びたい人
  • 十分な学習時間を確保できない人
  • オーダーメイドカリキュラムでオリジナルプログラムを開発したい人
  • Pythonエンジニアとして転職成功させたい人
  • チーム開発を経験したい人
  • オフライン学習で仲間を作りたい人
  • AIや人工知能の開発を学びたい人

Pythonエンジニアとして活躍するのはそう簡単ではありません

プログラミングの導入部分としてよく学習されるウェブ開発に比べたらかなり難易度は上がります。

そのため「なんとなくPythonを学びたい人」や「とりあえずプログラミングを学んでみたい方」には荷が重くて挫折してしまうリスクが高いです。

自分のレベルや真剣度との相性を考えながら受講するのがポイントです。

PythonはAIや人工知能開発に用いられることでも有名ですが、CodeCampのPythonデータサイエンスコースではAI開発については学びません
Pythonを使ったAIや人工知能開発を学びたい方は「TechAcademy」や「侍エンジニア塾」といったプログラミングスクールがオススメです。

 

CodeCampのPythonデータサイエンスコースでエンジニア転職できる?

CodeCampのPythonデータサイエンスコースでエンジニア転職できる?

CodeCampのPythonデータサイエンスコースについて詳しく見てきましたが、Pythonエンジニアとして転職はできるのでしょうか?

エンジニア転職は難しい

結論から申し上げるとCodeCampのPythonデータサイエンスコースだけではエンジニア転職を成功させるのは難しいです。

それはPythonエンジニアを募集している求人サイトを見れば分かります。

ここでは大手求人サービス「リクナビネクスト」に掲載されている、Pythonエンジニアの求人情報を見てみましょう。

A社
求める人材:【学歴不問/ブランクOK】3年以上のシステム開発経験がある方
B社
求める人材:業務システムの開発経験(オープン系言語での開発のご経験歓迎)
C社
求める人材:該当言語を使用した3年以上の開発経験(Golang, Java, C++, Scala, Kotlin, Node.js, Python)
D社
求める人材: データエンジニア・データサイエンティストとしての実務経験

ご覧のようにPythonエンジニアとして転職するには、言語はともかくとして一定期間の開発経験が必要であることが分かります。

そのためプログラミングスクールに数ヶ月通っただけではPythonエンジニアとして活躍するのは困難だと言えるのです。

Pythonエンジニアとして転職するにはどうしたら良いの?

ではPythonエンジニアとしてエンジニア転職を成功させるにはどうしたら良いのでしょうか?

答えは簡単。

Pythonを学べる&転職サポートが充実しているプログラミングスクールを利用すれば良いのです。

先程のリクナビネクストのように一般的な求人サイトからエンジニア転職をしようとすると「実務経験3年以上」「業務システムの開発経験」といった必須条件が付いてくるため転職の難易度は高くなりがちです。

ところが転職サポートの充実したプログラミングスクールなら、生徒と企業を直接マッチングしてくれるので割と簡単に転職を成功させることができるのです。

そして当ブログが厳選した「Pythonを学べる&転職サポートが充実しているプログラミングスクール」はこちら。
スクール名Python学習転職サポート特典
TechAcademy機械学習
ディープラーニング
評価分析
おすすめ企業の紹介
企業からのスカウト
1万円割引になる無料体験
DMM WEBCAMPAIロジック転職成功率98%
おすすめ企業の紹介
自己分析サポート
選考準備・面接対策
最大56万円キャッシュバック
テックキャンプ機械学習
ディープラーニング
データ分析・解析
転職成功率99%以上
おすすめ企業の紹介
内定への面接対策
全額返金保証付き
1万円割引になる無料カウンセリング
侍エンジニア塾機械学習
画像解析
ブロックチェーン
Python関連なら何でも
転職成功率94%
おすすめ企業の紹介
履歴書添削
内定への面接対策
専属キャリアアドバイザーに相談
3大特典が貰える無料体験レッスン

ご覧のようにスクールごとに特色が異なります。

そのため少しでも気になるスクールがあったら無料相談を利用して、自分に合った雰囲気のプログラミングスクールを選ぶのがおすすめです。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは片っ端から無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみましょう。

まとめ:CodeCampのPythonデータサイエンスコースってどうなの?

まとめ:CodeCampのPythonデータサイエンスコースってどうなの?

まとめ:CodeCampのPythonデータサイエンスコースってどうなの?

  • CodeCampのPythonデータサイエンスコースはPythonを使いながらWebスクレイピングを始めとしたデータサイエンスの基礎を学ぶことができる
  • CodeCampのPythonデータサイエンスコースは2ヶ月で約19万円とコスパ良く学習できる
  • Pythonエンジニアとして転職したいなら転職サービスが充実したプログラミングスクールがおすすめ
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験レッスンを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のCodeCamp(コードキャンプ)のPythonデータサイエンスコースの特徴についてご紹介しました。

CodeCampのPythonデータサイエンスコースは低価格で実践的なPythonプログラミングを学ぶことができる貴重なコースです。

基本的にはウェブ上でオンラインカリキュラムを学びますので、外出先や電車の中などスキマ時間を有効活用できるのもポイントです。

CodeCamp(コードキャンプ)のPythonデータサイエンスコースはこれからPythonを学びたい方や、将来Pythonエンジニアとして活躍したい方にはイチオシのコースです。

それでも不安な方は「CodeCampの無料体験レッスン」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみましょう。

 

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?
CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

▼最新映画や漫画が無料で見れちゃう▼
▼最新ドラマや漫画が無料で見れちゃう▼

-CodeCamp

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.