Swift プログラミングスクール

Swiftが学べるプログラミングスクールおすすめ6選【iPhoneアプリ開発】

最終更新日 :

Swiftを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう...
SwiftやiPhoneアプリ開発を学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師からみっちりSwiftを教わりたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はSwiftやiPhoneアプリ開発を学べるおすすめのプログラミングスクールや選び方、Swiftを学ぶメリット/デメリットについてご紹介していきます。

【特におすすめ】Swiftが学べるスクール3選

侍エンジニア塾
テックアカデミー
テックアカデミー
iOSアカデミア
iOSアカデミア
累計指導35,000人&転職成功率98%
オーダーメイドカリキュラム対応
無料の転職サポートあり
専属マンツーマンレッスン方式
講師は全員現役エンジニア
週2回のマンツーマンメンタリング
無料の転職サポートあり
課題レビュー&チャット質問し放題
動画/テキスト教材の無期限閲覧
オリジナルアプリの公開サポート

就職/転職の選考対策サポート
フリーランス/副業の独立支援

本記事で分かること

  • Swiftが学べるプログラミングスクールおすすめ6選
  • Swiftが学べるプログラミングスクールの選び方
  • Swiftを学ぶメリット/デメリット

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する情報を発信しています。他の記事も合わせてご覧ください。

Swift・iPhoneアプリ開発が学べるプログラミングスクールの比較表

侍エンジニア塾テックアカデミーiOSアカデミアヒューマンアカデミーRainbowAppsCodeCamp
スクール名侍エンジニア塾テックアカデミーiOSアカデミアヒューマンアカデミーRainbowAppsCodeCamp
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
Swiftを
学べるコース名
エキスパートコースiPhoneアプリコース全プランiPhoneアプリ開発講座iOSアプリ作成基礎 Swiftアプリマスターコース
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン
教室通学
オンライン
教室通学
オンライン
入学金99,000円0円0円11,000円0円33,000円
受講料金495,000円174,900円~99,800円~183,700円月額22,000円165,000円~
累計学習時間250~300時間200時間3~5ヶ月間4ヶ月全20回(1コマ : 1時間)200~240時間
サポートオリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
専属コーチによるメンタル管理
受講生同士の交流イベントあり
無料の転職サポート
(選考対策や企業紹介)
マンツーマンメンタリング
講師は全員現役エンジニア
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
無料の転職サポート
(選考対策や企業紹介)
動画/テキスト教材の無期限閲覧
Slackの無制限チャットサポート
マンツーマンメンタリング
オリジナルアプリ公開サポート
就職/転職の選考対策
フリーランスの独立支援
カウンセラーによる選考対策
給付金適用で実質20%OFF
独自のe-ラーニングシステム
教育訓練給付金の対象講座
講師は全員現役のプロエンジニア
未経験でも安心のサポート体制
入会金無料
現役プログラマーの指導
実質受講料無料のコースあり
無料体験を開催中
オンラインと教室の両対応
授業は当日予約・変更が可能
無制限の添削サポートあり
卒業後もカリキュラムを閲覧可能
専門家とのキャリア相談
公式サイト

SwiftやiPhoneアプリ開発におすすめの本・参考書7選【現役エンジニアが解説】

iPhoneのアプリ開発を独学で勉強したい!なにか良い本は無いかな? SwiftやXcodeの勉強で挫折した...自分のレベルに合った参考書を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 iPho ...

続きを見る

目次

Swiftが学べるプログラミングスクールおすすめ6選

Swiftを学べるプログラミングスクールはさまざまあります。

ただ、それぞれ強みが異なるので、自分の要望を満たせるスクールを選ぶ必要があります。

早速、Swiftが学べるプログラミングスクールをご紹介するので、自分に適したスクールを見つけてみてください。

Swift・iPhoneアプリ開発が学べるプログラミングスクールの比較表

侍エンジニア塾テックアカデミーiOSアカデミアヒューマンアカデミーRainbowAppsCodeCamp
スクール名侍エンジニア塾テックアカデミーiOSアカデミアヒューマンアカデミーRainbowAppsCodeCamp
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
Swiftを
学べるコース名
エキスパートコースiPhoneアプリコース全プランiPhoneアプリ開発講座iOSアプリ作成基礎 Swiftアプリマスターコース
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン
教室通学
オンライン
教室通学
オンライン
入学金99,000円0円0円11,000円0円33,000円
受講料金495,000円174,900円~99,800円~183,700円月額22,000円165,000円~
累計学習時間250~300時間200時間3~5ヶ月間4ヶ月全20回(1コマ : 1時間)200~240時間
サポートオリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
専属コーチによるメンタル管理
受講生同士の交流イベントあり
無料の転職サポート
(選考対策や企業紹介)
マンツーマンメンタリング
講師は全員現役エンジニア
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
無料の転職サポート
(選考対策や企業紹介)
動画/テキスト教材の無期限閲覧
Slackの無制限チャットサポート
マンツーマンメンタリング
オリジナルアプリ公開サポート
就職/転職の選考対策
フリーランスの独立支援
カウンセラーによる選考対策
給付金適用で実質20%OFF
独自のe-ラーニングシステム
教育訓練給付金の対象講座
講師は全員現役のプロエンジニア
未経験でも安心のサポート体制
入会金無料
現役プログラマーの指導
実質受講料無料のコースあり
無料体験を開催中
オンラインと教室の両対応
授業は当日予約・変更が可能
無制限の添削サポートあり
卒業後もカリキュラムを閲覧可能
専門家とのキャリア相談
公式サイト

それでは順番に解説していきます。

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール①侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

画像引用元:侍エンジニア塾

スクール名侍エンジニア塾
Swift・iPhoneアプリ開発を学べるコース名エキスパートコース
受講形態オンライン
入学金99,000円
受講料金12週間:495,000円
24週間:781,000円
36週間:990,000円
48週間:1,188,000円
*学生は5~10%の学割対象
累計学習時間(目安)250~300時間
Swift・iPhoneアプリ開発対応コースでの学習内容生徒の要望に応じて自由にカスタマイズ可能
成果物自分のアイデアを形にしたオリジナルiOSアプリなど
質問サポート対応時間受講生限定のQ&Aサイト(24時間対応)
インストラクターに質問(24時間対応)
*回数無制限
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
オーダーメイドカリキュラム対応
専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理
受講生同士の交流イベントに参加可能
無料の転職サポート(求人企業とのマッチング・面接&履歴書対策)
公式サイト侍エンジニア塾の公式サイト

侍エンジニア塾は、現役エンジニアによる専属マンツーマンで、自分専用のレッスンを受けられるプログラミングスクールです。

エキスパートコースでは、受講者の「やりたい」「なりたい」という希望・目標に応じた専用のオーダーメイドカリキュラムを作成してくれます。

Swiftをメインとしたコースではありませんが、公式ホームページに掲載されていない言語にも対応しているため、Swiftを学ぶためのカリキュラムについても提案してもらえるでしょう。

また侍エンジニア塾ではプログラミング学習でわからない点や解決できないエラーに遭遇したとき、専属講師にチャットで質問できます。

困ったときに気軽に相談できる環境なので、Swiftの学習もスムーズに進めていけるはずです。

侍エンジニア塾でSwiftを学習するときのポイントや料金、期間などについては下記の記事で解説しているので、気になった方はぜひチェックしてみてください。

おすすめ侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発って学べる?

>> 侍エンジニア塾の公式サイトを確認する

侍エンジニア塾の評判・口コミ【実際に通って感じたメリット・デメリットも解説】

侍エンジニア塾ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

侍エンジニア塾の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

侍エンジニア塾の就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや ...

続きを見る

 

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール②テックアカデミー

スクール名TechAcademy(テックアカデミー)
Swift・iPhoneアプリ開発を学べるコース名iPhoneアプリコース
受講形態オンライン
入学金0円
受講料金社会人
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
学生
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
累計学習時間(目安)200時間
Swift・iPhoneアプリ開発対応コースでの学習内容Swift・Xcode・Git/GitHub・Firebase・SpriteKitの操作 など
成果物横スクロール型アクションゲームアプリ
タスク管理アプリ
Instagramクローンアプリ
オリジナルアプリ
質問サポート対応時間15〜23時(8時間)
サポート週2回のマンツーマンメンタリング
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
回数無制限のチャットサポート
無料の転職サポート(求人企業とのマッチング)
公式サイトテックアカデミーの公式サイトを確認する

テックアカデミー iPhoneアプリコースは、SwiftをベースにさまざまなジャンルのiPhoneアプリを制作できるプログラミングスクールです。

iPhoneアプリコースでは、Swiftをメインに学習しつつ、最新トレンドの開発手法によって、iPhoneアプリを開発します。

期間内に4つのアプリを制作してAppStoreに公開するカリキュラムであり、横スクロール型アクションゲームアプリやタスク管理アプリ、Instagramクローンアプリなどを開発可能です。

自分のアイデアを形にしたオリジナルアプリも制作するので、企画力も身につけられるでしょう。

オリジナルアプリはポートフォリオとして就職や案件獲得の際に役立つでしょう。

現在の実力をもとに無駄のないトレーニングメニューを設定してもらえるため、短期間でSwiftを習得したい方にもピッタリのプログラミングスクールです。

>> テックアカデミーの公式サイトを確認する

テックアカデミーのiPhoneアプリコースってどうなの?【料金や評判も解説】

テックアカデミーのiPhoneアプリコースってどうなの?特徴や料金、評判について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーラン ...

続きを見る

テックアカデミーの評判・口コミ【メリットやデメリットも解説】

テックアカデミーってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職とい ...

続きを見る

 

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール③iOSアカデミア

iOSアカデミア

画像引用元:iOSアカデミア

スクール名iOSアカデミア
Swift・iPhoneアプリ開発を学べるコース名個人アプリ開発プラン
iOSエンジニア転職プラン
フリーランス独立プラン
受講形態オンライン
入学金0円
受講料金99,800円~
累計学習時間(目安)3~5ヶ月間
Swift・iPhoneアプリ開発対応コースでの学習内容iOSアカデミアの独自教材
成果物オリジナルアプリ
質問サポート対応期間1~2ヶ月
サポート動画教材+テキスト教材の無期限閲覧
Slackの無制限チャットサポート
マンツーマンメンタリング
オリジナルアプリの公開サポート
就職/転職の選考対策
フリーランスの独立支援サポート
公式サイトiOSアカデミアの公式サイトを確認する

iOSアカデミアは、日本国内初のiOSエンジニア専門のオンラインプログラミングスクールです。

Swiftの基礎学習からオリジナルアプリの要件定義、リリースまで、実際の開発業務の流れを想定した実践的なカリキュラムを用意しています。

学習ステップ

画像引用元:iOSアカデミア

カリキュラム終了後には、就職先の探し方や面接対策など、就職活動もサポートしてくれるため、本格的にiOSエンジニアを目指している方におすすめです。

そのほか、フリーランスのiOSエンジニアを目指す専用プランもあり、Swiftを活かして独立したい方にもピッタリでしょう。

>> iOSアカデミアの公式サイトを確認する

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール④ヒューマンアカデミー

スクール名ヒューマンアカデミー
Swift・iPhoneアプリ開発を学べるコース名iPhoneアプリ開発講座
受講形態オンライン/教室通学
入学金11,000円
受講料金183,700円
累計学習時間(目安)4ヵ月
Swift・iPhoneアプリ開発対応コースでの学習内容Xcode基礎、プログラム基礎、カウントアップ、四則演算、タイマーアプリ作成、画面遷移、TableView、カスタムセル・WebView・Static、MVCモデル、API、Camera、データの送受信、データベース、ニュースアプリ作成、いいね・コメント機能、Youtube再生アプリ作成
成果物ニュースアプリ
お天気情報アプリ
YouTube再生アプリ
質問サポート対応時間-
サポートジョブカウンセラーによる選考対策
講師は全員現役のプロエンジニア
派遣の仕事の紹介
給付金適用で実質20%(上限10万円)OFF
独自のe-ラーニングシステムを採用
ママ割・学割・ペア割・紹介割などの割引対応
ITパスポート試験対策講座をプレゼント
公式サイトヒューマンアカデミーの公式サイト

ヒューマンアカデミーは、全国23校舎で修了生数96,076名以上の実績を持つプログラミングスクールです。

iPhoneアプリ開発講座では、アップル社が開発している総合開発環境「Xcode」を使用してSwiftによるアプリ開発を学習します。

Xcodeとプログラムの基礎をはじめ、画面遷移やデータベース、API、データの送受信などを学べるカリキュラムであり、アプリ開発に必要な知識を網羅的に学べるでしょう。

ニュースアプリや天気情報アプリ、YouTube再生アプリなどを制作可能です。

「お気に入り」や「いいね」「会員登録」といった代表的な機能も学べるので、アプリ開発の実践力を身につけられます。

ヒューマンアカデミーは教育訓練給付制度の対象講座であるため、条件を満たす方であれば受講料の20%(上限10万円)が給付金として支給されるのもポイントです。

>> ヒューマンアカデミーの公式サイトを確認する

ヒューマンアカデミーの評判・口コミまとめ【メリットやデメリットもご紹介】

ヒューマンアカデミーってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職 ...

続きを見る

 

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール⑤Rainbow Apps

RainbowApps

画像引用元:RainbowApps

スクール名RainbowApps
Swift・iPhoneアプリ開発を学べるコース名iOSアプリ作成基礎 Swift
iOSアプリ作成実践 Swift
受講形態教室通学(札幌)
入学金0円
受講料金月額22,000円
累計学習時間(目安)全24回(1コマ : 1時間)
Swift・iPhoneアプリ開発対応コースでの学習内容iOSアプリ開発、Xcodeの使い方、Swiftの知識、オブジェクト指向言語、サーバー連携、外部提供ライブラリ活用、SNS連携
成果物オリジナルアプリ
授業時間火曜日、または水曜日、日曜日の週1回 : 10時~21時の間
サポート未経験でも安心のサポート体制
入会金無料
現役プログラマーの指導
実質受講料無料のコースあり
無料体験を開催中
オンラインと教室の両対応
公式サイトRainbowAppsの公式サイト

RainbowAppsは、「すべての人にプログラミングを」というビジョンを掲げている初心者向けのプログラミングスクールです。

札幌校では、iOSアプリ作成基礎 Swiftコースを開校しています。

iPhoneやiPadのアプリ開発を通して、プログラムの基礎知識と、オブジェクト指向言語による開発の基礎知識を学ぶコースです。

画面をデザインして制御する方法や、画面サイズの違うiPhoneに対応する方法、ユーザーに応答を求める方法などを学習して、オリジナルアプリの企画・開発・リリースまで行います。

定期的に懇親会や勉強会などを開催して、軽食やドリンクとともに受講生同士が交流できるようにサポートしており、一人で学習すると挫折してしまいそうな方でも、モチベーションを維持しやすいでしょう。

>> RainbowAppsの公式サイトを確認する

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール⑥CodeCamp(閉鎖済み)

スクール名CodeCamp
Swift・iPhoneアプリ開発を学べるコース名アプリマスターコース(閉鎖済み)
受講形態オンライン
入学金33,000円
受講料金165,000円〜
累計学習時間(目安)2ヶ月~
Swift・iPhoneアプリ開発対応コースでの学習内容Java・Android・Swift・Xcode
成果物ニュースリーダーアプリ
Googleマップを利用した地図アプリ
カメラアプリ
シンプルなSNSアプリ
質問サポート対応時間7時〜23時40分
サポート当日予約・変更が可能なオンラインレッスン
無制限の添削サポート
卒業後もカリキュラムの閲覧可能
エンジニア・デザイナー講師やコンサルタントにキャリア相談
公式サイトCodeCampの公式サイト

CodeCampは、第一線で活躍できるITエンジニアの養成に向けて実践的なカリキュラムを提供しているプログラミングスクールです。

CodeCampでは、アプリマスターコースでSwiftによるアプリ開発を学べました。

当初は、カメラアプリやニュースリーダーアプリなどを制作できるコースだったのですが、現在はコース内容が更新されてしまい、一般向けのアプリマスターコースはありません

ただ、法人向けにSwiftの研修を行っているので、Swiftの指導に関するノウハウは備えていることは間違いありません。

また、iOSのシェアが高いことから、今後もSwiftの学習ニーズによっては、Swiftのカリキュラムが復活する可能性もあるでしょう。

個人でSwiftの学習をサポートしてもらえないか気になる方は、随時問い合わせて動向を確認してみるのがおすすめです。

>> CodeCampの公式サイトを確認する

Swiftが学べるプログラミングスクールの選び方

Swiftを学習できるプログラミングスクールが、さまざま存在していることがおわかりいただけたと思います。

今後もSwiftに対応したプログラミングスクールが増える可能性もあり、どこを選ぶべきか迷ってしまうこともあるでしょう。

自分に適した学習環境に出会えるよう、Swiftが学べるプログラミングスクールの選び方を解説していきます。

Swiftが学べるプログラミングスクールの選び方

  • 現役エンジニアのサポートがある
  • ポートフォリオ制作に対応している
  • キャリア支援が充実している
  • 学習サポートが整っている
  • 無料体験や無料カウンセリングを実施している

それでは順番に解説していきます。

選び方1. 現役エンジニアのサポートがある

現代は、どのプログラミング言語も書籍やインターネットで気軽に学習できる時代であり、Swiftの文法を自分で学べる方もいるかもしれません。

ただ、プログラミングの実務では、エラーやバグの発生などにより、思った通りの動作が実現せず、書籍やインターネットの情報だけでは解決できない問題も生じます。

その点、現役エンジニアにSwiftの学習をサポートしてもらえれば、書籍やインターネットでは得られない実践的な知識を学べる可能性が高くなり、開発現場でも即戦力として活躍しやすくなるでしょう。

したがって、Swiftを学べるプログラミングスクールを選ぶときは、現役エンジニアに指導してもらえることを確認してください。

ただ、プログラミングスキルと教える能力は別であり、現役エンジニアの指導が必ずしもわかりやすいとは限りません。

プログラミングスクールによっては、現役エンジニアの選考通過率や経歴などを公開しているケースもあります。

エンジニアの質を重視する方は、講師の開発歴まで見落としなく確認しておきましょう。

選び方2. ポートフォリオ制作に対応している

ポートフォリオとは、プログラミングスキルを示すために制作したアプリやツール、システムなどの成果物です。

実績がない未経験者がSwiftのプログラマーとして就職・転職・独立をするときに、企業やクライアントが採用・依頼を決める重要な判断材料になります。

したがって、Swiftを学べるプログラミングスクールを選ぶときも、ポートフォリオの制作に対応している学校を選ぶのが重要です。

ただ、ポートフォリオの内容が簡易的で誰でも制作できる作品だと、実践的なスキルを証明するのは難しい場合もあるでしょう。

受講生が制作したアプリを公開しているプログラミングスクールもあるので、アプリのクオリティーや実績、評判にも着目してみてください。

おすすめポートフォリオを制作できるプログラミングスクール6選をご紹介

ポートフォリオを制作できるプログラミングスクール6選をご紹介

プログラミングスクールに通うからにはポートフォリオを作って、転職や案件獲得を有利にしたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプ ...

続きを見る

選び方3. キャリア支援が充実している

プログラミングスクールでSwiftを学習してiPhoneアプリを開発できるようになっても、転職活動の方法を誤ってしまえば、自分にあった働き方を実現できません。

就職/転職を成功させるためには、企業の選び方や応募書類の書き方、面接の対策など、キャリア支援も必要になります。

Swiftを学べるプログラミングスクールでも、就職活動計画の作成やスキルシートの添削、内定獲得までの課題改善など、さまざまなキャリア支援を受けられます。

中には、専門のキャリアコンサルタントに就職先を紹介してもらえるプログラミングスクールも珍しくありません。

キャリア支援が充実しているプログラミングスクールを選べば、転職に成功する確率を高められるでしょう。

なお、キャリア支援に対応しているプログラミングスクールでも、プランによってはアプリの開発がメインで、キャリア支援に対応していないケースもあります。

就職や転職を前提にSwiftを学習する方は、必ずキャリア支援に対応しているプランを選択しましょう。

おすすめ転職支援に強いプログラミングスクールおすすめ9選【30代でも大丈夫?】

転職支援に強いプログラミングスクールおすすめ9選【30代でも大丈夫?】

転職支援/就職支援に強いプログラミングスクールを知りたい!スクールの選び方や学習方法のコツはあるかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリ ...

続きを見る

選び方4. 学習サポートが整っている

プログラミングスクールを受講してた結果、コードを書くのが苦しくなり挫折してしまう方も珍しくありません。

プログラミングスクールでSwiftを学習するときも、挫折しづらい学習サポートが重要です。

たとえば、コードを入力してエラーが出たときにチャットやマンツーマンレッスンで質問できる体制だと、学習をスムーズに進めていけます。

ただ、チャットを送信しても返信が遅ければ、コーディングを中断せざるを得なくなります。

質問に対してどれくらいで返信をもらえるのかどうかも、プログラミングスクールを選ぶときに確認するようにしましょう。

選び方5. 無料体験や無料カウンセリングを実施しているか

プログラミングスクールは受講料が高額であるため、スクール選びに失敗した時のリスクが非常に大きいです。

そんな事態を避けるためにも、無料体験や無料カウンセリングを実施しているプログラミングスクールを選ぶようにしましょう

無料体験や無料カウンセリングでは、スクールの概要について説明してくれるだけでなく、こちらから気になることを自由に質問できます

「いきなり入塾するのは怖いな...」
「スクールについて聞きたいことがたくさんある!」

こういった不安・悩みを解決するためにも、無料体験や無料カウンセリングに積極的に参加することが大切なのです。

気になるスクールがあればすべての無料体験に参加して、それぞれ比較してみるのもおすすめです!

おすすめ無料体験があるプログラミングスクールおすすめ10選を解説

無料体験があるプログラミングスクールおすすめ10選を解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

Swiftを学ぶメリット

きめ細かいサポートが受けられるプログラミングスクールや、質の高いエンジニアに教えてもらえるプログラミングスクールであっても、本人のモチベーションが低ければ学習効果は薄くなってしまいます。

ここでは、Swiftを勉強するときのモチベーションを高められるよう、Swiftを学ぶメリットも解説します。

Swiftを学ぶメリット

  • Swiftを用いたiPhoneアプリ開発は需要が高い
  • モバイルアプリエンジニアの年収は高い
  • 独立・起業・副業しやすい

それでは順番に解説していきます。

メリット1. Swiftを用いたiPhoneアプリ開発は需要が高い

総務省の「情報通信白書 令和3年版」に掲載されている「通信利用動向調査」によると、日本におけるスマートフォンの世帯保有率は2019年に8割を超えました。

また、Webトラフィック解析のWebサイト「statcounter」によると、2022年10月時点における日本のモバイルOS市場シェアは、iOSが64.51%で1位となっています。(参考:日本のモバイル OS 市場シェア(statcounter))

以上のデータを踏まえると、AppleがiOS向けのアプリ開発を目的に作ったSwiftの需要も現時点で高いといえるでしょう。

メリット2. モバイル・アプリエンジニアの年収は高い

SwiftはiPhoneアプリの開発に使われることから、必然的にモバイル・アプリエンジニアの職種を検討することが多くなります。

大手求人紹介サイト「求人ボックス」の給料情報(2022年10月時点)によると、モバイル・アプリエンジニアの平均年収は下記の通りです。

職種正社員派遣社員
モバイルエンジニア平均年収 573万円平均時給 2,497円
アプリエンジニア平均年収 566万円平均時給 2,493円

国税庁の「令和2年分民間給与実態統計調査」によると、日本人の1年間を通じて勤務した正社員の平均年収は496万円です。

したがって、モバイル・アプリエンジニアの年収は相場よりも高いとわかります。

Swiftを学べば給料の高い仕事も見つけやすくなるでしょう。

メリット3. 独立・起業・副業しやすい

IT企業の実務で開発したデータは、簡単に持ち出しできません。

IT企業を退職したプログラマーが、開発実績をポートフォリオとして活用するのは、難しい場合があります。

仮に「〇〇ツールを開発していました」と実績をアピールしても、具体的なプログラミングスキルを正確に把握してもらえません。

その点、Swiftで開発したiPhoneアプリは、App Storeで公開できます

ダウンロードによってアプリを試してもらえるため、自分のプログラミングスキルを深く理解してもらいやすいです。

また、AppStoreで評価の高いアプリをリリースしておけば、関係者から実用的なポートフォリオとして認識されやすくなります。

独立や起業、副業を行うときに、案件を獲得できるチャンスが増えるでしょう。

Swiftを学ぶデメリット

ここまでSwiftに関するメリットをお伝えしましたが、Swiftを学ぶのにはデメリットもあります。

安易に学習を始めると後悔することもあるので、プログラミング言語として選択するときは慎重に判断しましょう。

引き続きSwiftのデメリットを解説します。

Swiftを学ぶデメリット

  • 日本語の解説情報が少ない
  • 申し込める求人が制限されがち

それでは順番に解説していきます。

デメリット1. 解説情報が少なく英語の知識も必要

Swiftは、2014年に発表されたプログラミング言語です。

まだ歴史が浅いプログラミング言語なので、インターネットでコードサンプルや問題解決の方法をリサーチしづらいといわれています。

そのため、Swiftを学習するときにわからないことがあったとき、解説情報を見つけるのに苦労してしまうこともあるでしょう。

なお、アップルの公式サイトではSwiftを始めたい方に向けて、Swiftガイドの決定版「The Swift Programming Language」を無料でダウンロードできるようにしています。

しかし、提供されている原文は英語であり、販売ページのレビューでは「日本語にならないの?」「英語がわからない」などのレビューが見受けられました。

また、Swift.orgというSwift専用のコミュニティサイトがあり、インストールの方法が解説されています。

ただ、日本語訳が不自然な部分もあり、正確に内容を把握するのが難しくなっています

このようにSwiftを学習するときには英語力も求められるので、英語が苦手な方だと得られる情報が限られてしまうでしょう。

デメリット2. 申し込める求人が制限されがち

Swiftは、iOSやMac、Apple TV、Apple WatchなどにAppleに関連するアプリを開発するプログラミング言語です。

実際にSwiftに関する求人を見てみると、iPhoneやiPadなど、iOSアプリの開発が多くなる傾向があります。

特にモバイルアプリの求人が多くなっているので、基本的には携帯アプリの開発に職種が限られてしまいがちです。

したがってSwiftは、モバイルアプリ以外の幅広い開発に関わってみたい方には不向きだといえます。

iOSアプリ以外の開発に興味がある方は、JavaPythonなどの汎用性の高いプログラミング言語を学習したほうがよいでしょう。

ただ、一般論としてプログラミングの考え方は、言語の種類を問わず共通する部分も多いです。

たとえば、条件分岐処理や繰り返し処理などの考え方は、言語を問わず共通して必要になります。

Swiftを学習して習得したプログラミングスキルは、ほかのプログラミング言語を学ぶときにも役立つでしょう。

学びたいプログラミング言語か決まっていないけれど、iPhoneアプリに興味がある方であれば、Swiftを学んでプログラミングの楽しさを知ってみるのもよいかもしれません

まとめ:Swiftが学べるプログラミングスクールおすすめ6選【iPhoneアプリ開発】

さて最後に改めて、今回紹介したSwift・iPhoneアプリ開発を学べる6つのプログラミングスクールの比較表を見ておきましょう。

Swift・iPhoneアプリ開発が学べるプログラミングスクールの比較表

侍エンジニア塾テックアカデミーiOSアカデミアヒューマンアカデミーRainbowAppsCodeCamp
スクール名侍エンジニア塾テックアカデミーiOSアカデミアヒューマンアカデミーRainbowAppsCodeCamp
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
Swiftを
学べるコース名
エキスパートコースiPhoneアプリコース全プランiPhoneアプリ開発講座iOSアプリ作成基礎 Swiftアプリマスターコース
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン
教室通学
オンライン
教室通学
オンライン
入学金99,000円0円0円11,000円0円33,000円
受講料金495,000円174,900円~99,800円~183,700円月額22,000円165,000円~
累計学習時間250~300時間200時間3~5ヶ月間4ヶ月全20回(1コマ : 1時間)200~240時間
サポートオリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
専属コーチによるメンタル管理
受講生同士の交流イベントあり
無料の転職サポート
(選考対策や企業紹介)
マンツーマンメンタリング
講師は全員現役エンジニア
卒業後もカリキュラム閲覧可能
無制限の課題レビューあり
無料の転職サポート
(選考対策や企業紹介)
動画/テキスト教材の無期限閲覧
Slackの無制限チャットサポート
マンツーマンメンタリング
オリジナルアプリ公開サポート
就職/転職の選考対策
フリーランスの独立支援
カウンセラーによる選考対策
給付金適用で実質20%OFF
独自のe-ラーニングシステム
教育訓練給付金の対象講座
講師は全員現役のプロエンジニア
未経験でも安心のサポート体制
入会金無料
現役プログラマーの指導
実質受講料無料のコースあり
無料体験を開催中
オンラインと教室の両対応
授業は当日予約・変更が可能
無制限の添削サポートあり
卒業後もカリキュラムを閲覧可能
専門家とのキャリア相談
公式サイト

またSwift・iPhoneアプリ開発が学べるプログラミングスクールを選ぶ際には以下のポイントを意識してみましょう。

Swiftが学べるプログラミングスクールの選び方

  • 現役エンジニアのサポートがある
  • ポートフォリオ制作に対応している
  • キャリア支援が充実している
  • 学習サポートが整っている
  • 無料体験や無料カウンセリングを実施している

自分に合ったスクールを選択して、着実にプログラミングスキルを習得していきましょう。

とはいえいきなり受講するのは怖いし不安ですよね。

そんな時は各スクールの無料体験や無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

Swift・iPhoneアプリ開発が学べるプログラミングスクール8選

悩むより前にまずは無料体験や無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感してみましょう。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

今回はSwift・iPhoneアプリ開発が学べるプログラミングスクールについてご紹介しましたが、他の基準でスクールを選びたい方は、以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル・特徴ごとのおすすめスクール

ジャンル紹介記事
おすすめおすすめのプログラミングスクールランキング22選
料金が無料無料のプログラミングスクール一覧
無料体験無料体験があるプログラミングスクール一覧
教育訓練給付金給付金対象のプログラミングスクール / 給付金対象のWebデザインスクール
副業副業におすすめのプログラミングスクール一覧
フリーランスフリーランスを目指せるプログラミングスクール一覧
全額返金保証全額返金保証があるプログラミングスクール一覧
マンツーマンサポートマンツーマンサポートがあるプログラミングスクール一覧
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール一覧
転職支援転職支援があるプログラミングスクール一覧
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧
通学型教室通学できるプログラミングスクール一覧
地方地方から受講できるプログラミングスクール一覧
分割払い分割払いできるプログラミングスクール一覧
30代未経験30代未経験におすすめのプログラミングスクール一覧
40代・50代40代・50代におすすめのプログラミングスクール一覧
社会人社会人におすすめのプログラミングスクール一覧
学割学割があるプログラミングスクール一覧
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール一覧
ニート・無職ニート・無職におすすめのプログラミングスクール一覧
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール一覧
女性女性におすすめのプログラミングスクール一覧
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール一覧
サブスク型サブスク型・月額制のプログラミングスクール一覧
土日/夜間対応土日・夜間に学べるプログラミングスクール一覧
短期集中型短期で学べるプログラミングスクール一覧
ポートフォリオポートフォリオを制作できるプログラミングスクール一覧
自社開発企業自社開発企業に就職/転職できるプログラミングスクール一覧
大企業大企業が運営しているプログラミングスクール一覧

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・スキルおすすめスクール紹介記事
HTML / CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクール一覧
RubyRubyが学べるプログラミングスクール一覧
PHP / LaravelPHPが学べるスクール / Laravelが学べるスクール
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクール一覧
JavaScript関連React / Vue.js / Node.js が学べるスクール
WebデザインWebデザインスクール一覧
JavaJavaが学べるプログラミングスクール一覧
PythonPythonが学べるプログラミングスクール一覧
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクール一覧
C言語 / C++C言語が学べるスクール / C++が学べるスクール
C#C#が学べるプログラミングスクール一覧
SQLSQLが学べるプログラミングスクール一覧
AWSAWSが学べるプログラミングスクール一覧
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクール一覧
UnityUnityが学べるプログラミングスクール一覧
Androidアプリ開発Androidアプリ開発が学べるプログラミングスクール一覧
Visual BasicVisual Basicが学べるプログラミングスクール一覧
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクール一覧
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクール一覧
Go言語Go言語が学べるプログラミングスクール一覧

教養のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事総合評価 *1
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら(4.89)
DIVE INTO CODE評判・口コミはこちら(4.87)
RUNTEQ評判・口コミはこちら(4.85)
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら(4.84)
TechAcademy評判・口コミはこちら(4.79)
インターネットアカデミー評判・口コミはこちら(4.78)
tech boost評判・口コミはこちら(4.65)
デイトラ評判・口コミはこちら(4.64)
RaiseTech評判・口コミはこちら(4.58)
Winスクール評判・口コミはこちら(4.54)
Aidemy評判・口コミはこちら(4.51)
ヒューマンアカデミー評判・口コミはこちら(4.42)
テックキャンプ
プログラミング教養
評判・口コミはこちら(4.39)
レバテックカレッジ評判・口コミはこちら(4.23)

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事総合評価 *1
DMM WEBCAMP評判・口コミはこちら(4.95)
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら(4.89)
RUNTEQ評判・口コミはこちら(4.85)
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら(4.84)
TechAcademy評判・口コミはこちら(4.79)
インターネットアカデミー評判・口コミはこちら(4.78)
プログラマカレッジ評判・口コミはこちら(4.69)
テックキャンプ
エンジニア転職
評判・口コミはこちら(4.67)
Code Village評判・口コミはこちら(4.60)
GEEK JOB評判・口コミはこちら(4.56)
【*1 プログラミングスクールの総合評価の詳細】
各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。
本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
  • この記事を書いた人(著者情報)
s.t

s.t

フリーライター/編集者

【プロフィール】
プログラマーや設備管理員などの仕事を経験し、さまざまな資格を取得しました。現在はこれまでの経験や資格を活かしてフリーライターとして活動中です。各企業から執筆や編集などの業務を請け負っています。最新のビジネスやテクノロジー、ツールなどの動向を日ごろからリサーチし、難解な内容を初心者でも分かりやすいように伝えています。
【得意分野】
IT、ビジネス、電気
【保有資格】
基本情報技術者 / Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 / 8 / FP2級技能士 / 第三種電気主任技術者

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/SEOマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部生兼フリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Swift, プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.