CodeCamp

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

2021年4月4日

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】
CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスってどうなの?特徴や料金、評判について詳しく知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のCodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの特徴や評判についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • CodeCampの特徴
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの概要
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの料金・期間
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスに向いている人・向いていない人
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの評判
  • まとめ:CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

当サイトではウェブやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

CodeCamp(コードキャンプ)以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】
プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】

続きを見る

CodeCampの特徴

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴

まずはCodeCampがどんなプログラミングスクールなのか簡単にご説明していきます。

以下の6つの視点から見ていきましょう。

  1. 実績豊富
  2. 完全オンライン
  3. 豊富なコース
  4. 講師の質が高い
  5. サポート体制
  6. 卒業後もカリキュラム閲覧可能
  7. キャリア支援

実績豊富

CodeCampは実績が豊富であることでも有名です。

CodeCamp(コードキャンプ)の実績

  • 累計受講者数30,000人
  • 導入企業300社
  • レッスン満足度96.6%
  • 在籍講師数200人

ご覧のように日本トップクラスの実績を誇るプログラミングスクールであることが分かります。

完全オンライン

CodeCamp(コードキャンプ)は完全オンライン型のプログラミングスクールです。

完全オンラインで毎日7:00から23:40まで、年中無休でレッスンを開講しているため、時間や場所に縛られることなく授業を受けることができます。

豊富なコース

CodeCamp(コードキャンプ)には全7+2種類のコースが用意されています

CodeCampのコース一覧

ここまで多分野のコースを用意しているプログラミングスクールは中々ありません

ちなみに各コースで習得可能なスキルは以下の表をご覧ください。

コース一覧

一番人気は「全コース受講可能+マンツーマンレッスン受け放題」のプレミアムプラスコースです。

このようにどんなパターンの学習スタイルでも選択分野を自由にカスタマイズできるのがCodeCamp(コードキャンプ)の強みと言えます。

講師の質が高い

CodeCamp(コードキャンプ)は講師の質が極めて高いことでも有名です。

というのもCodeCamp(コードキャンプ)の講師はフリーランスエンジニアやIT企業の社員といった業界トップクラスの現役エンジニアを採用しています。

講師の選考通過率は17%と非常に低く、厳選された質の高いエンジニア講師が揃っているのです。

もちろん手厚い個別指導ですので理解の質も圧倒的です。

現役エンジニアだからこそ知っている実務に役立つスキルをフルで習得できるため、生徒が転職後・就職後もエンジニアとして活躍できるような枠組みが整っているのです。

CodeCampでは在籍講師のプロフィールをホームページで公開しています。講師の経歴やスキルが気になる方はチェックしてみましょう。

サポート体制

CodeCamp(コードキャンプ)は生徒のサポート支援が非常に充実しています。

具体的には生徒はもれなく以下のようなサポートサービスを受けることができます。

CodeCampのサポート体制一覧

  • キャリアTalkで現役エンジニア講師に気軽に相談できる
  • カリキュラムでは合格までエンジニア講師が無制限で添削してくれる
  • レッスンは当日予約・変更が可能
コスパ良くプログラミング学習を進めたい方にオススメのスクールと言えます!

CodeCamp(コードキャンプ)の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

卒業後もカリキュラム閲覧可能

CodeCampでは卒業後もカリキュラムを閲覧可能です。

CodeCampのカリキュラムは初心者の方でも分かりやすいように工夫して作られています。

そのため卒業後にプログラミングで分からないことがあっても、質の高いカリキュラムを自由に閲覧できるので安心です。

キャリア支援

CodeCampでは受講期間中に充実したキャリア支援を受けることができます。

CodeCampのキャリア支援

  • 内定報告1社につきAmazonギフト券3,000円分プレゼント!
  • 転職インタビュー協力でAmazonギフト券5,000円分プレゼント!
  • 未経験のためのIT/Web業界マニュアルを無料でプレゼント!
  • 【無料】キャリア相談、転職活動相談に対応したキャリアTalkを利用可能
  • 【有料】チャットサポートでIT/Web業界のキャリア構築を相談できる
  • 「Geekly」や「type転職エージェント」などのCodeCampの提携エージェントを利用可能

詳しくは「CodeCampの無料体験レッスン」を利用して色々質問してみましょう!

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

 

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの概要

CodeCampのプレミアムコース

それでは早速CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスについて詳しく見ていきます。

具体的には以下のポイントからご紹介していきます。

  • CodeCampのプレミアムコースとプレミアムプラスの違い
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスで身に付くスキル
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスで作成する成果物
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの講師紹介

それでは順番に見ていきましょう。

CodeCampのプレミアムコースとプレミアムプラスの違い

CodeCampにはプレミアムコースとプレミアムプラスと似た名前のコースが2つあるわけですが、ここではそれぞれの共通点・違いについてご説明します。

プレミアムコースとプレミアムプラスの共通点

  • すべてのコースを受講可能
  • すべてのプログラミング言語を習得可能
  • 学習の進め方を自由に決められる

プレミアムコースとプレミアムプラスの違い

  • マンツーマンレッスンの回数が無制限(プレミアムプラス)
  • 受講料が約40%安い(プレミアムコース)

両者の大きな違いとしてはマンツーマンレッスンが受け放題かどうかという点で、それによって受講料も変動してくるといった形です。

自分の財布、自分の目標をよく考えながらコースを選択することが大切です

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスで身につくスキル

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスでは主に以下のスキルを習得できます。

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスで身に付くスキル

  1. HTML/CSS
    ウェブサイトの骨組みをプログラムする「HTML」とHTMLで構築されたウェブサイトのレイアウトや装飾をデザインする「CSS」を習得します。
  2. JavaScript
    ウェブサイトに動的な要素を加えるJavaScriptを学習します。またJavaScriptのライブラリであるjQueryと併用することでさらに高度なサイトを実装します。
  3. Bootstrap
    HTMLやCSSのフレームワークで、必要最小限のプログラムコードでウェブサイトを簡単に制作できる「Bootstrap」の使い方を学びます。
  4. Swift
    iOSアプリの開発で用いるプログラミング言語「Swift」の使い方を学びます。Macユーザーしか使用できないのでご注意ください。
  5. Android
    JavaとAndroid Studioを用いてAndroidアプリ制作を学びます。こちらはMacでもWindowsでも対応しています。
  6. PHP
    データベース操作やサーバー接続などウェブアプリケーションの裏側、つまりバックエンドの部分をプログラムするPHPの操作を学びます。
  7. Laravel
    PHPの中で世界的に有名なライブラリである「Laravel」の操作を学び、効率的なウェブ開発を実現します。
  8. MySQL
    データベースを操作するのに欠かせない言語「MySQL」の書き方を習得し、より動的で高性能なウェブサイトの実装スキルを身に付けます。
  9. Ruby
    PHPと並んで人気のあるウェブアプリケーション開発に特化したプログラミング言語「Ruby」を学習します。
  10. Ruby on Rails
    Rubyの中で世界的に有名なライブラリである「Ruby on Rails」の操作を学び、効率的なウェブ開発を実現します。
  11. Java基礎
    世界的に人気があり汎用性の高いJavaの基本的なプログラミングを習得します。
  12. Java応用
    Javaの基礎を踏まえながらファイル操作やネットワーク通信といった実践的なスキルを身に付けます。
  13. Javaサーブレット
    Javaサーブレットは、より動的で高度なウェブアプリケーション開発を実現するためのスキルで、オンラインショッピングやオンラインバンキングで用いられる需要の高いスキルです。
  14. Photoshop
    ウェブサイトに挿入する画像を編集・加工できるAdobeの画像編集ツールです。Adobeのライセンス料は自費になります。
  15. Illustrator
    ウェブサイトに挿入する画像やイラストをデザインするAdobeのデザインツールです。Adobeのライセンス料は自費になります。

ご覧のようにCodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスではWeb開発からアプリ開発、デザインスキルやシステム開発まで幅広い分野を習得できます

1つのコースでここまで多くの分野を学べるところは中々ありません!

「まず何をすればいいの?」「何か準備は必要なの?」といった方もいらっしゃるかもしれませんが心配ご無用!

CodeCampでは「満足度96.6%の現役エンジニア講師によるマンツーマンレッスン」「実習を重ねて理解を深めるカリキュラム」といったサポートが充実しています。

あなたのレベルや進捗状況に応じて最も効率的なトレーニングメニューが設定されるので挫折すること無くスムーズに目標まで進むことができるのです。

入会前はさっぱりだった言葉もすぐにマスターできるようになっていることでしょう。

CodeCampの期間限定コース「WordPressコース」「Pythonデータサイエンスコース」は対応していませんのでご注意ください。

プレミアムコース・プレミアムプラスに対応している各スキルのコースについては以下の記事を参考にしてみてください。

CodeCampのWebマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】
CodeCampのWebマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

続きを見る

CodeCampのデザインマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】
CodeCampのデザインマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

続きを見る

CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】
CodeCampのRubyマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

続きを見る

CodeCampのアプリマスターコースってどうなの?【特徴や料金、評判まで徹底解説】
CodeCampのアプリマスターコースってどうなの?【特徴や料金、評判まで徹底解説】

続きを見る

CodeCampのJavaマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】
CodeCampのJavaマスターコースってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

続きを見る

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスで作成する成果物

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスでは期間内に以下の20つのプログラムが作成可能です

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスで作成する成果物

  1. 料理レシピ検索サイト
  2. 掲示板機能
  3. カート機能付きECサイト
  4. ログイン、パスワード認証、検索などの機能
  5. 観光情報サイト
  6. カフェのホームページ
  7. 写真加工・バナー・ロゴ制作
  8. レスポンシブ対応のwebデザイン
  9. 出品・購入機能付きフリマサイト
  10. 料理レシピ検索サイト
  11. 画像投稿サイト
  12. いいね機能、フォロー機能
  13. ニュースリーダーアプリ
  14. Googleマップを利用した地図アプリ
  15. カメラアプリ
  16. シンプルなSNSアプリ
  17. 社員情報管理システム
  18. トランプゲーム
  19. ネットワーク通信、データベースアクセス、API
  20. オブジェクト指向のプログラム

このようにどれも実務で役立つ実践的なプログラムばかりです。

プログラミング初心者の人でもたった数ヶ月でこのような高度なプログラムを作れてしまうんですから驚きです

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの講師紹介

ここでは実際にCodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスを担当している現役エンジニア講師の方を何人かご紹介します。

杉浦 玲伊子講師
起業・独立経験&子育てママパパ
金融機関向けのシステム開発、データ分析などを経てフリーランスとして活動。プログラミングの楽しさを伝える講義が人気の講師。

舘 勇紀講師
フレンドリー&初心者歓迎
大手電機メーカーでエンジニアとしてシステム開発を担当。現在はフリーランスとして活動、ITの本質をつく講義が人気の講師。

宮原 伸幸講師
初心者歓迎&ゆっくり説明
フリーランスのWebデザイナー兼エンジニア。デザインからプログラミングまで、受講生に寄り添った丁寧なレッスンで人気の講師。

*講師の情報は「CodeCamp公式サイト」から引用しています。

ご覧のように実績豊富で教え方も上手な講師の方ばかりです!

CodeCampではレッスンごとに講師を選んで予約できるので、自分に合ったエンジニア講師に習うことができます

 

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの料金・期間

CodeCampのプレミアムコースの料金・期間

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの料金・期間を表にまとめると以下のようになります。

プラン名2ヶ月プラン4ヶ月プラン6ヶ月プラン
受講料金275,000円385,000円440,000円
入学金33,000円33,000円33,000円
受講期間60日間120日間180日間
レッスン回数20回40回60回
学習時間目安40~50時間40~60時間30~60時間
講師の質現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア
レッスン対応時間毎日7時〜23時40分毎日7時〜23時40分毎日7時〜23時40分
おすすめの人普段忙しい
着実に理解を進めたい
自分のペースで進めたい
楽しみながら進めたい
スピード重視
独学経験あり

CodeCampのプレミアムプラスの料金・期間を表にまとめると以下のようになります。

プラン名2ヶ月プラン4ヶ月プラン6ヶ月プラン
受講料金440,000円550,000円770,000円
入学金33,000円33,000円33,000円
受講期間60日間120日間180日間
レッスン回数20回40回60回
学習時間目安40~50時間40~60時間30~60時間
講師の質現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア
レッスン対応時間毎日7時〜23時40分毎日7時〜23時40分毎日7時〜23時40分
おすすめの人普段忙しい
着実に理解を進めたい
自分のペースで進めたい
楽しみながら進めたい
スピード重視
独学経験あり
プレミアムコース・プレミアムプラスやプレミアムプラスでたくさんのスキルを習得したいけどお金が...泣

そんな方も心配ご無用!

CodeCampの無料体験を受講すれば10,000円割引されるので非常にオススメです。

無料体験では以下のサービスを受けることができます。

  • 10,000円割引クーポン
  • プログラミング学習に関するヒアリング
  • 最適な学習プランの相談
  • 実際に学ぶ内容の確認

*無料体験はオンライビデオ通話での実施となります。
*無料体験は毎日7時〜23時まで受け付けています。

「プログラミングを独学で進めようか迷っている」
「プレミアムコース・プレミアムプラスの概要を知りたい」

といった悩みを抱えている方は、まずは無料相談で相談してみるのがオススメです。

CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

 

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスに向いている人・向いていない人

CodeCampのプレミアムコースに向いている人・向いていない人

ではCodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスに向いている人・向いていない人はそれぞれどういった人が当てはまるのでしょうか?

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスに向いている人

  • Web開発スキルを習得したい人
  • Webデザインスキルを習得したい人
  • アプリ開発スキルを習得したい人
  • システム開発スキルを習得したい人
  • 自分に合ったプログラミングを見つけたい人
  • 幅広いプログラミングスキルを身に付けたい人
  • プログラミングの理解をもっと深めたい人
  • レベルの高い現役エンジニアから習いたい人
  • 時間や場所にとらわれずに勉強したい人

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスは用意されているすべてのプログラミング言語を学習できる最強のコースです。

「とりあえずプログラミングの全容を知りたい方」
「数々の言語の中から自分に合ったものを見つけたい方」

には非常にオススメと言えます。

またCodeCampはオンライン専門のプログラミングスクールですので、場所や時間に縛られること無く学習を進めたい方にもオススメです。

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスに向いていない人

  • お金に余裕のない方
  • プログラミングを学ぶ目的が曖昧な人
  • 十分な学習時間を確保できない人

何事もそうですが、目標や目的がないと人間は努力できません。

せっかくプログラミング学習を始めるなら明確な目標を決めてから取り組んだ方が良いでしょう。

またプレミアムコース・プレミアムプラスではすべてのプログラミング言語を学ぶので、十分な学習時間が必要になります。

中途半端な覚悟で挑むとすべて疎かになり、受講費用だけ無駄にしてしまうリスクだってありますので注意しましょう。

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの公式サイトによると、受講期間内に合計40~60時間の学習時間を確保する必要があるそうです。
受講を考えている方は時間に余裕のあるタイミングで入会されることをオススメします。

 

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの評判

テックキャンプAI教養コースの評判

ここまでCodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスについて詳しく見てきましたが、実際のところ受講者からはどんな評判なんでしょうか?

ここからはCodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの良い評判と悪い評判をすべてご紹介していきます。

クラウドソーシングサービスで調査したCodeCampの評判

このスクールの特徴はなんといっても丁寧なワンツーマン授業でプログラミングを学べる点です。

自分でテキストを読み込んで勉強するというスクールもあると思いますが、ワンツーマンなので継続性がない人でも続けやすいと感じました。

無料体験を受けると、本授業を受講する際のクーポンのようなものがもらえるのでお得かなと感じました。

先生は現役のプログラミングやっている人だけなので、とてもレベルが高く、質問で分からないということも無さそうです。

自分のレベルにぴったり合うコースを選べるのがとても良かったです。

初心者は自分自身のレベルすら分からないことがありますが、体験時にヒアリングをして自分に合うコースを一緒に選んでくれました

受講環境のことで疑問があり、メールで問い合わせをしましたが、対応が早かったため、サポート体制もしっかりしています

カリキュラムの難易度はそこまで高くなかったように思います。

ワードやネット検索でしかパソコンを使わず、プログラミングについて学んだことがない私でもついていけるレベルでした。

Twitterで調査したCodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスの評判

ご覧のように「未経験者・初心者でも分かりやすいカリキュラム」「自分のレベルに合ったコースの選択」といったサポート体制は非常に好評のようです。

他にも「カリキュラムの質」「講師の質」「転職支援」といった点に関しては好評で、どの受講者も非常に満足していることが分かります。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

まとめ:CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

まとめ:CodeCampのプレミアムコースってどうなの?

まとめ:CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスってどうなの?【特徴や料金を徹底解説】

  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスではWeb開発からアプリ開発、デザインスキルやシステム開発まで幅広い分野を習得できる
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスは2ヶ月で約30万円〜とコスパ良く学習できる
  • CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスは講師の質やサポート体制、カリキュラムの質の評価が高い
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験レッスンを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のCodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムコース・プレミアムプラスの特徴についてご紹介しました。

CodeCampのプレミアムコース・プレミアムプラスは低価格で実践的なWeb開発からアプリ開発、デザインスキルやシステム開発まで幅広い分野を学ぶことができる貴重なコースです。

基本的にはウェブ上でオンラインカリキュラムを学びますので、外出先や電車の中などスキマ時間を有効活用できるのもポイントです。

CodeCamp(コードキャンプ)のプレミアムコース・プレミアムプラスはこれからプログラミングを学びたい方や、将来Webエンジニアとして活躍したい方にはイチオシのコースです。

それでも不安な方は「CodeCampの無料体験レッスン」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?
CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-CodeCamp

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.