CodeCamp

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

2021年2月5日

CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】
CodeCamp(コードキャンプ)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のCodeCamp(コードキャンプ)の評判やレビューについてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • CodeCamp(コードキャンプ)の特徴
  • CodeCamp(コードキャンプ)の悪い評判
  • CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判
  • アンケートで独自調査したCodeCamp(コードキャンプ)の評判
  • CodeCamp(コードキャンプ)に向いている人・向いていない人
  • CodeCampの無料体験の申し込み方法と流れ
  • CodeCampと他のプログラミングスクールを比較
  • まとめ:CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

当サイトではウェブサイトやブログに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

CodeCamp(コードキャンプ)以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】
プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】

続きを見る

目次

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴

まずはCodeCamp(コードキャンプ)がどんなプログラミングスクールなのか詳しくご説明していきます。

CodeCamp(コードキャンプ)の特徴

完全オンライン

CodeCampは完全オンライン型のプログラミングスクールです。

完全オンラインで毎日7:00から23:40まで、年中無休でレッスンを開講しているため、時間や場所に縛られることなく授業を受けることができます。

そのためCodeCampは累計受講者数30,000人、導入企業300社、レッスン満足度96.6%、在籍講師数200人と日本トップクラスの実績を誇るプログラミングスクールといえます。

豊富なコース

CodeCamp(コードキャンプ)には全7+2種類のコースが用意されています

CodeCampのコース一覧

ここまで多分野のコースを用意しているプログラミングスクールは中々ありません

ちなみに各コースで習得可能なスキルは以下の表をご覧ください。

コース一覧

一番人気は「全コース受講可能+マンツーマンレッスン受け放題」のプレミアムプラスコースです。

このようにどんなパターンの学習スタイルでも選択分野を自由にカスタマイズできるのがCodeCamp(コードキャンプ)の強みです。

CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】
CodeCamp(コードキャンプ)のおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】

続きを見る

講師の質が高い

CodeCamp(コードキャンプ)は講師の質が極めて高いことでも有名です。

CodeCampの講師はフリーランスエンジニアやIT企業の社員といった業界トップクラスの現役エンジニアを採用しています。

CodeCampの講師の選考通過率は17%と非常に低く、その分厳選された質の高い講師が揃っているのです。

現役エンジニアだからこそ知っている実務に役立つスキルを適切な指導によって習得できるため、生徒が転職後・就職後も活躍できるような枠組みが整っているのです。

他のプログラミングスクールと異なり、在籍講師のプロフィールを公開しているのもCodeCampの強みの1つです

サポート体制が充実している

CodeCamp(コードキャンプ)は生徒のサポート支援が非常に充実しています。

具体的には生徒はもれなく以下のようなサポートサービスを受けることができます。

CodeCampのサポート体制一覧

  • キャリアTalkで現役エンジニア講師に気軽に相談できる
  • カリキュラムでは合格までエンジニア講師が無制限で添削してくれる
  • レッスンは当日予約・変更が可能
コスパ良くプログラミング学習を進めたい方にオススメのスクールと言えます!

CodeCamp(コードキャンプ)の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の料金

CodeCamp(コードキャンプ)の料金は以下の通りです。

コードキャンプの料金

簡潔にまとめると以下のようになります。

6ヶ月4ヶ月2ヶ月
入学金33,000円33,000円33,000円
マスターコース330,000円275,000円165,000円
プレミアムコース398,000円348,000円275,000円
プレミアムプラスコース698,000円498,000円398,000円
他のスクールと比べると価格帯は安めです

ちなみに一番人気はすべてのレッスンを学び放題のプレミアムプラスコースです。

料金のポイント

  • 一括払いは銀行振込・クレジットカード払いに対応
  • 分割払いは3~36回払いまで選択できます
  • CodeCampの無料体験を申し込むと10,000円割引クーポンプレゼント
  • お友達紹介で友達と自分の両方に10,000円分のAmazonギフト券プレゼント
  • クラウドコンピューティングサービス「AWS」をお得に利用可能なクレジットを獲得できる

CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?
CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

CodeCampは返金できないって本当?【利用規約を調べてみた】
CodeCampは返金できないって本当?【利用規約を調べてみた】

続きを見る

学習できるプログラミングスキル

HTML / CSS / JavaScript / PHP / MySQL / Photoshop / Illustrator / Bootstrap / Swift / WordPress / Python / Ruby / Javaなど

CodeCamp(コードキャンプ)の受講スタイル

オンライン

時間や場所に縛られずに受講できるので普段忙しい方でも安心です

CodeCamp(コードキャンプ)の口コミ

CodeCamp(コードキャンプ)の運営会社情報

会社名:コードキャンプ株式会社
住所 :東京都新宿区西新宿7-22-35西新宿三晃ビル4階
設立 :2012年12月21日
コードキャンプ運営会社情報ページより

 

CodeCamp(コードキャンプ)の悪い評判

tech boost(テックブースト)の悪い評判

それではここからはCodeCamp(コードキャンプ)の評判をご紹介していきます。

まずは悪い評価から。

CodeCamp(コードキャンプ)の悪い評判

  1. 仲間探しは自分でしたほうが良い
  2. テキストがやたらと難しい
  3. レッスン講師が最悪

それでは1つずつ見ていきましょう。

悪い評判① 仲間探しは自分でしたほうが良い

悪い評判② テキストがやたらと難しい

悪い評判③ レッスン講師が最悪

調査の結果としては全体的に悪評は少なく、強いて挙げるとするならCodeCampのテキストの難易度、たまに生じる講師のミスマッチに対する悪評が多かったです。

CodeCampは講師の質がバラバラで当たり外れがあるようですので、そこの選別はしっかりと考えたほうが良いかもしれません。

CodeCampに年齢制限はある?【30代〜40代の方必見!】
CodeCampに年齢制限はある?【30代〜40代の方必見!】

続きを見る

 

CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判

tech boost(テックブースト)の良い評判

続いてはCodeCamp(コードキャンプ)の良い評判をご紹介していきます。

CodeCamp(コードキャンプ)の良い評判

  1. 楽しく課題を取り組める
  2. プログラミングが楽しい
  3. 本当に成長できた
  4. 先生の解説が分かりやすい
  5. 副業でサイト制作するならWebマスターコースがおすすめ
  6. 教材と講師の質は良さそう
  7. 独学よりも集中できて楽しい
  8. 入社してエンジニア人生スタート!
  9. 5日間でゲームを作れるように

それでは1つずつ見ていきましょう。

良い評判① 楽しく課題を取り組める

良い評判② プログラミングが楽しい

良い評判③ 本当に成長できた

良い評判④ 先生の解説が分かりやすい

良い評判⑤ 副業でサイト制作するならWebマスターコースがおすすめ

良い評判⑥ 教材と講師の質は良さそう

良い評判⑦ 独学よりも集中できて楽しい

良い評判⑧ 入社してエンジニア人生スタート!

良い評判⑨ 5日間でゲームを作れるように

調査の結果としてはコードキャンプの「カリキュラムの内容が濃い」「講師の質が高い」「楽しく学習を進められる」といった良い評判が多かったです。

現役エンジニアが講師だからこそ、学習の質は極めて高いようです

CodeCampは働きながらでも受講できる?【スクールと仕事を両立させる方法】
CodeCampは働きながらでも受講できる?【スクールと仕事を両立させる方法】

続きを見る

 

アンケートで独自調査したCodeCamp(コードキャンプ)の評判

アンケートで独自調査したCodeCamp(コードキャンプ)の評判

続いてはアンケートで独自調査したCodeCamp(コードキャンプ)の評判をいくつかご紹介します。

上段で取り上げた口コミよりも文字数が多いものばかりですのでよりリアルな意見が集まっているかと思います。

それでは順番に見ていきましょう。

*アンケート概要
調査対象:プログラミングスクール受講経験がある男女
対象人数:95名
調査方法:インターネットアンケート調査
調査主体:wagtechblog運営事務局
調査期間:2021年3月6日〜3月20日,2021年4月26日〜5月10日

評判① 陽気な雰囲気の講師のおかげで楽しく学習できた

CodeCampのPythonコースを受講(HAさん:神奈川県 20代男性)

8週間という短期間で集中的にPythonのプログラミングを学習できるコースでした。

私はプログラミングに関しては完全に初心者・未経験の状態から挑戦したのですが、陽気な雰囲気の講師の方のおかげで楽しく学習を進めることができました

講師は当たり外れがあると思いますが、その際は別の講師に変更できるのもありがたいポイントかと思います。

またCodeCampのYouTubeチャンネルでは講師の方が1時間近くプログラミングについて解説する面白い生放送もやっているのでおすすめです。

評判② メンターが自分に合うコースを一緒に選んでくれた

CodeCampの無料体験を受講(KIさん:東京都 20代女性)

自分のレベルにぴったり合うコースを選べるのがとても良かったです。

初心者は自分自身のレベルすら分からないことがありますが、体験時にヒアリングをして自分に合うコースを一緒に選んでくれました

受講環境のことで疑問があり、メールで問い合わせをしましたが、対応が早かったためサポート体制もしっかりしています

カリキュラムの難易度はそこまで高くなかったように思います。

ワードやネット検索でしかパソコンを使わず、プログラミングについて学んだことがない私でもついていけるレベルでした。

評判③ マンツーマンレッスンなので継続性がない人でも続けやすい

CodeCampを受講(KOさん:男性)

このスクールの特徴はなんといっても丁寧なワンツーマン授業でプログラミングを学べる点です。

自分でテキストを読み込んで勉強するというスクールもあると思いますが、マンツーマンレッスンなので継続性がない人でも続けやすいと感じました。

無料体験を受けると、本授業を受講する際のクーポンのようなものがもらえるのでお得かなと感じました。

先生は現役のプログラミングやっている人だけなので、とてもレベルが高く、質問でわからないということもなさそうです。

ご覧のように実際に通ってみた方の口コミを見ると、概ね高評価を得ていることが分かります。

特に「カリキュラムや講師の質が高い点」「サポートが充実している点」といったところがポイントとなっているようです。

 

CodeCamp(コードキャンプ)に向いている人・向いていない人

tech boost(テックブースト)に向いている人・向いていない人

最後に今回紹介したコードキャンプの特徴から、CodeCamp(コードキャンプ)に向いている人・向いていない人をまとめてみました。

CodeCampに向いている人・向いていない人

CodeCamp(コードキャンプ)に向いている人

  • プログラミング学習意欲が高い人
  • エンジニア転職を成功させたい人
  • ウェブデザインやプログラミングを学びたい人
  • 将来のキャリアが不安な人
  • 新しい働き方を身に付けたい人
  • 現役エンジニアなどのプロ講師から学びたい人
  • 転職サポートを受けたい人

CodeCamp(コードキャンプ)に向いていない人

  • プログラミング学習意欲が低い人
  • なんとなくプログラミングを学んでみたい人
  • サーバーサイドの開発を極めたい人
  • オフラインで習いたい人

プログラミング学習が不安な時は

とはいえプログラミング学習が不安な初心者の方もいらっしゃると思います。

そんな時はCodeCampがどんなスクールでどんな雰囲気なのか知るためにも「CodeCampの無料体験」を利用してみるのがオススメです。

無料体験では以下のサービスを受けることができます。

  • プログラミング学習に関するヒアリング
  • 最適な学習プランの相談
  • 実際に学ぶ内容の確認

*無料体験はオンライビデオ通話での実施となります。
*無料体験は毎日7時〜23時まで受け付けています。

これほど有益なサービスを無料で利用できるスクールは中々ありません。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

CodeCampの無料体験レッスンの申し込み方法と流れ

CodeCampの無料体験レッスンの申し込み方法と流れ

CodeCampの無料体験レッスンの申込みはとっても簡単です。

手順は以下の通り。

CodeCampの無料体験レッスンの申し込み方法と流れ

  1. CodeCamp公式サイトから無料会員登録
  2. 無料体験レッスンの予約
  3. 無料体験レッスンを受講
  4. 割引クーポンをGET!

それでは順番に見ていきましょう。

手順① CodeCamp公式サイトから無料会員登録

まずはCodeCamp公式サイトにアクセスしましょう。

CodeCamp公式サイトから無料会員登録

すると「無料体験を試してみる」と書かれた水色のボタンがありますのでクリックしましょう。

手順② 無料体験レッスンの予約

すると無料体験レッスンを受講する日時選択画面が表示されます。

無料体験レッスンの予約

ここから空いている日時のコマを選んでクリックしましょう。

カレンダーを見ても分かるようにCodeCamp(コードキャンプ)の無料体験レッスンの時間は約40分間です!

会員登録

次に予約を確定するために会員登録を行います。

Google・Facebook・Twitter・Yahooのいずれかのアカウントをお持ちの方は画面左側の「他のサービスIDで登録」から登録した方が作業の手間を少し減らすことができます。

それ以外の方は画面右側の「メールアドレスで登録」から認証メールを送信して進めましょう。

手順③ 無料体験レッスンを受講

会員登録が完了したら、登録したメールアドレス宛に無料体験レッスンを受講するためのGoogleMeetのURLが記載されたメールが届きます。

当日の時間になったらURLにアクセスして無料体験レッスンを受講しましょう。

無料体験レッスンの時間は限られています。
スピーディーに進められるように事前に、質問しておきたいことをまとめておくのがオススメです。

手順④割引クーポンをGET!

受講が終了したら割引クーポンがプレゼントされます!

貰ったクーポンを使ってお得にCodeCamp(コードキャンプ)を利用しちゃいましょう

 

CodeCampと他のプログラミングスクールを比較

テックアカデミーと他のプログラミングスクールを比較

今回はCodeCampについて色々とご紹介してきましたが、他のプログラミングスクールと比較するとどのような違いがあるのでしょうか?

ここではCodeCampと似たジャンルのプログラミングスクールを参考に徹底比較していきます。

CodeCamp
(コードキャンプ)
侍エンジニア塾TechAcademy
(テックアカデミー)
tech boost
(テックブースト)
TECH CAMP
(テックキャンプ)
実績レッスン満足度96.6%
受講者数30,000名突破
導入企業300社突破
挫折しないプログラミングスクールNo.1(挫折率8%)
実践的スキルが身に付くプログラミングスクールNo.1
レッスン満足度が高いプログラミングスクールNo.1
無料体験レッスン満足度92%
オンラインプログラミングスクール受講者数No.1
800社、30,000名を超える教育実績
エンジニアが選ぶプログラミングスクール第1位
利用満足度の高いプログラミングスクール第1位
キャリアサポート満足度の高いプログラミングスクール第1位
即戦力までスキルアップできるエンジニア養成プログラムNo.1
未経験から理想の就職ができるエンジニア養成プログラムNo.1
サポート体制が充実しているエンジニア養成プログラムNo.1
転職成功率99%以上・成功者2,000名以上
受講スタイルオンラインオンラインオンラインオフライン&オンラインオフライン&オンライン
期間2,4,6ヶ月から選択4,8,12,24,36,48週間から選択4,8,12,16週間から選択3,6,12ヶ月から選択1ヶ月~6ヶ月
コース種類13種類6種類29種類2種類3種類
習得可能スキルHTML / CSS /
JavaScript / Bootstrap
/ Swift / Android / PHP
/ Laravel / MySQL /
Ruby / Ruby on Rails /
Java基礎 / Java応用 /
Javaサーブレット /
Photoshop / Illustrator
HTML / CSS /
JavaScript / Python /
Wordpress / Ruby /
React.js / PHP /
Node.js / Java /
Dart(Flutter) / C++ /
C# / Swift / Xamarin /
Kotlin / Unity / R /
Microsoft Azure /
Amazon Web Service /
Heroku / Slack /
Docker / Git / Jenkins /
Travis CI / Vagrant /
Vim など
HTML / CSS /
Ruby(Ruby on Rails) /
PHP(Laravel) / Java /
WordPress / Swift /
Xcode / Unity / Python / Git /
データサイエンス / ブロックチェーン /
IoT / AI / Scala /
Node.js / Google App Script / 動画編集 /
Shopify / Excel /
Bootstrap
HTML / CSS /
Ruby(Ruby on Rails) /
PHP(Laravel) / Git / データベース /
ブロックチェーン / IoT / AI
Webサービス開発 /
AI(人工知能) / Webデザイン / 設計 / 開発 /
インフラ構築 / 運用 /
デザインの基本原則 /
コンセプト設計 / イラストツール / ウェブサイトデザイン /
フロントエンド開発
入学金33,000円98,000円~0円126,500円〜コースによって異なる
受講料一括165,000円〜一括64,600円~一括174,900円〜月額32,780円月額21,200円〜
卒業後のカリキュラム閲覧可能コースによって可能閲覧可能追加料金で可能
オーダーメイド
カリキュラム
コースによって可能
チャットサポート
対応時間
7時~23時40分24時間対応15時~23時24時間対応11時~23時
他の生徒との交流
発表会・コンテストコースによって可能
転職サポートコースによって可能自己PR対策サポート
面接対策
履歴書作成サポート
企業とのマッチング
企業紹介関連会社によるキャリアサポートコースによって可能
マンツーマンレッスン
メンタリングコースによって可能週2回追加料金で可能
オリジナルプロダクト
開発サポート
 ◯ ◯
返金対応
講師 現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア 現役エンジニア以外もいる
お得な特典無料体験レッスン
お友達紹介でAmazonギフト券10,000円分
無料体験申し込みで10,000円割引
無料体験レッスン
無料体験レッスン参加で最大5,000円分のAmazonギフト券
女性・障がい者・中高生は最大37万円引き
卒業生インタビューでAmazonギフト券5,000円分
SAMURAI AWARD受賞で最大10,000円分のAmazonギフト券
無料体験
先割で8%割引
無料説明会動画視聴で10,000円割引
無料体験の受講で10,000円割引
トモ割で10,000円割引
セット受講で最大13,800円お得
無料説明会
お友達割引で10%OFF
ご紹介割引で5%OFF
当日割引で10,000円OFF
プログラミング教養コースでは7日間以内の全額返金に対応
エンジニア転職コースでは14日以内の全額返金保証付き
デザイナー転職コースでは14日以内の全額返金保証付き
全コースで無料カウンセリング実施中
公式サイトCodeCamp公式サイト侍エンジニア塾公式サイトTechAcademy公式サイトtech boost公式サイトプログラミング教養コース公式サイト
エンジニア転職コース公式サイト
デザイナー転職コース公式サイト

ご覧のようにCodeCamp・侍エンジニア塾・TechAcademy・tech boost・TECH CAMPの5つのプログラミングスクールで比較してみました。

それぞれのスクールにメリットとデメリットがあるので、一概に「これが一番良い」と評価することはできません。

おすすめのスクールの選び方

  • CodeCamp
    お金に余裕がない人向け、卒業後もカリキュラムを閲覧したい人向け
  • TechAcademy
    お金に余裕がない人向け、マニアックな分野を学びたい人向け、メンタリングを利用したい人向け、卒業後もカリキュラムを閲覧したい人向け、エンジニア転職したい人向け
  • 侍エンジニア塾
    お金に余裕がある人向け、マニアックな分野を学びたい人向け、オーダーメイドカリキュラムで学びたい人向け、チャットサポートを1日中利用したい人向け、エンジニア転職したい人向け
  • tech boost
    オフラインで学習したい人向け、チャットサポートを1日中利用したい人向け、Webプログラミングを学びたい人向け
  • TECH CAMP
    お金に余裕がある人向け、オフラインで学習したい人向け、エンジニア転職したい人向け

といったように自分の生活環境や学びたい内容に合わせて受講するのがオススメです。

各スクールの詳細については以下の記事をご覧ください。

 

まとめ:CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

まとめ:tech boost(テックブースト)の評判まとめ【口コミ評価を徹底解説】

まとめ:CodeCamp(コードキャンプ)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

  • CodeCampはオンラインで学習できる国内大手プログラミングスクール
  • コースの種類が豊富でフロントエンド開発やバックエンド開発、デザインスキルまで幅広く学習できる
  • おすすめは「全コースを受講+マンツーマンレッスン受け放題」のプレミアムプラスコース!
  • 無料体験レッスンを申し込むと10,000円OFFの割引券をプレゼント
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験を利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のCodeCamp(コードキャンプ)の評判や口コミレビューについてご紹介しました。

CodeCampは国内最大手ということもあり、「講師の質」「カリキュラム」「学習の楽しさ」「学習コースの豊富さ」などあらゆる面で優れています。

これからプログラミングを学びたい方や、さらにプログラミングのスキルを上達させたい方にはイチオシのプログラミングスクールです。

それでも不安な方は「CodeCampの無料体験」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

今回はCodeCamp(コードキャンプ)について詳しくご紹介しましたが、もしプログラミングスクール選びで迷っている方は、以下の表を参考にしてみてください。

将来のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademyレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
RaiseTechレビュー記事はこちら
tech boostレビュー記事はこちら
RUNTEQレビュー記事はこちら
CodeShipレビュー記事はこちら
CodeCampレビュー記事はこちら
デイトラレビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
ポテパンキャンプレビュー記事はこちら
Aidemyレビュー記事はこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
DMM WEBCAMPレビュー記事はこちら
GEEK JOBレビュー記事はこちら
DIVE INTO CODEレビュー記事はこちら
侍エンジニア塾レビュー記事はこちら
TECH CAMPレビュー記事はこちら
TechAcademyレビュー記事はこちら

プログラミング言語・ジャンル別のおすすめスクール

プログラミング言語・ジャンルおすすめスクール紹介記事
RubyRubyが学べるプログラミングスクールの紹介記事
PHPPHPが学べるプログラミングスクールの紹介記事
JavaJavaが学べるプログラミングスクールの紹介記事
PythonPythonが学べるプログラミングスクールの紹介記事
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクールの紹介記事
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクールの紹介記事
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクールの紹介記事

CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
CodeCamp(コードキャンプ)の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?
CodeCamp(コードキャンプ)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

大学生がプログラミングを学ぶならCodeCampがおすすめの理由
大学生がプログラミングを学ぶならCodeCampがおすすめの理由

続きを見る

CodeCamp(コードキャンプ)のYouTubeチャンネルが有益すぎる【動画でプログラミング学習】
CodeCamp(コードキャンプ)のYouTubeチャンネルが有益すぎる【動画でプログラミング学習】

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-CodeCamp

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.