プログラミングスクール

教育訓練給付制度(給付金)を利用できるWebデザインスクールを解説

最終更新日 :

Webデザインスクールに通うには入会金・諸経費含む受講料を支払う必要がありますが、教育訓練給付制度(給付金)を利用することでコスト負担を大幅に下げられることをご存知でしょうか。

なるべくコストを安く抑えてスキルを習得したい人は、自分が給付の対象になっているか調べてみましょう。

また、Webデザインスクールのなかでも教育訓練給付制度(給付金)の対象となっているスクールとなっていないスクールがあるので、比較が必要です。

今回は教育訓練給付制度(給付金)を利用できるWebデザインスクールを紹介するので、参考にしてください。

【特におすすめ】給付金対応のスクール3選

インターネットアカデミー
インターネット・アカデミー
ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミー
Winスクール
Winスクール
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

就職活動の選考対策サポート
チームでの実案件プロジェクト

案件紹介サポートあり
カウンセラーによる選考対策
講師は全員現役のプロデザイナー
就職・転職サポートあり
個人レッスンサポート
パソコン資格の習得サポート
通学とオンラインの両対応
就職・転職サポートあり

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する記事を投稿しています。他の記事も合わせてご覧ください。

教育訓練給付制度を利用できるWebデザインスクールの比較表

インターネットアカデミーヒューマンアカデミーWinスクールKENスクール
スクール名インターネット・アカデミーヒューマンアカデミーWinスクールKENスクール
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.78)(4.42)(4.54)(4.47)
Webデザインを
学べるコース
Webデザイナー総合コースWEBデザイナー講座WebクリエイターコースWeb実践就転職総合コース
受講形態オンライン/通学型オンライン/通学型
*混合も可能
オンライン/通学型オンライン/通学型
入学金0円11,000円19,800円0円
受講料金760,760円
→給付金適用で実質660,760円
524,123円
→給付金適用で実質424,123円
261,800円
→給付金適用で実質202,620円
410,300円
→給付金適用で実質328,240円
教育訓練の種類一般教育訓練一般教育訓練一般教育訓練一般教育訓練
累計学習時間(目安)12ヶ月(88~176時間)6ヶ月65時間~6ヶ月(111時間)
質問サポート回数無制限回数無制限回数無制限回数無制限
転職サポート
案件獲得サポート
サポートオンラインと対面の両対応
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

就職活動の選考対策サポート
チームでの実案件プロジェクト
カウンセラーによる選考対策
派遣の仕事の紹介
給付金適用で実質20%OFF
独自のe-ラーニングシステム
講師は全員現役のプロデザイナー
マンツーマン授業
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
就職・転職サポート制度あり
理解度が高まる個別指導
就職活動の万全サポート(無料)
キャリア相談サポート
キャリアサポート
(面接対策や企業紹介)
公式サイト

おすすめWebデザインスクールおすすめ7選を解説【2022年度最新】
おすすめ教育訓練給付制度(給付金)を利用できるプログラミングスクール7選

教育訓練給付制度(給付金)とは

まずは、教育訓練給付制度(給付金)の概要を紹介します。

どのような目的で作られた制度なのか知り、支給対象や金額も含めて確認しておきましょう。

教育訓練給付制度(給付金)とは

教育訓練給付制度(給付金)とは、働く人の主体的な能力開発や中長期的なキャリア形成を応援するため、教育訓練受講に支払った費用の一部を支給する制度です。

厚生労働省が主体の制度であり、手続きは公共職業安定所(ハローワーク)の窓口でおこないます。(一部ネットでの電子申請も可能)

全ての教育訓練が対象になるわけではなく、あくまでも厚生労働大臣に認定された講座だけなので注意しておきましょう。

もともと教育訓練給付制度(給付金)は、雇用の安定と再就職の促進を図る目的で制定されました。

「手に職をつけて就職(転職)したい」という人を応援するプロジェクトであり、Webデザインスクールも教育訓練給付制度(給付金)の認定講座に指定されている場合があります。

教育訓練給付金の種類と金額

教育訓練給付制度(給付金)には、3つの種類が存在します。

下記で金額も含めてひとつずつ解説します。

1. 専門実践教育訓練

専門実践教育訓練給付とは、厚生労働大臣が認定する専門実践教育訓練を修了した人に対して支払額の70%(上限224万円)を支給する制度です。

介護福祉士・社会福祉士・看護師・美容師・歯科衛生士・保育士など業務独占資格の取得を目的とする講座や、ITSSレベル3以上のIT関連資格取得講座が当てはまります。

第四次産業革命スキル習得講座として認定されているプログラミングスクールも専門実践教育訓練に該当します。

また、法科大学院・MBAや文部科学大臣が認定したキャリア形成促進プログラムなども当てはまります。

2. 特定一般教育訓練

特定一般教育訓練給付とは、厚生労働大臣が認定する特定一般教育訓練を修了した人に対して支払額の40%(上限20万円)を支給する制度です。

代表的な講座として、介護職員初任者研修・税理士・社会保険労務士など業務独占資格の取得を目的とする講座が挙げられます。

ほかにも、ITSSレベル2以上のIT関連資格取得講座や大型自動車免許(第一種・第二種)なども含まれます。

3. 一般教育訓練

一般教育訓練給付とは、厚生労働大臣が認定する一般教育訓練を修了した人に対して支払額の20%(上限10万円)を支給する制度です。

代表的な講座として、英語検定・簿記検定・ITパスポートなど資格の取得を目的とする講座や、修士・博士など学位の取得を目的とする課程が挙げられます。

他にも、Webクリエイター能力認定試験・中小企業診断士・日本語教育能力検定なども含まれます。

教育訓練給付金の支給条件

教育訓練給付金を受けるには、下記の条件を全て満たす必要があります。

教育訓練給付金の支給条件

  • 受講開始日時点で雇用保険に加入している(もしくは雇用保険資格を喪失してから1年以内である)
  • 雇用保険の加入期間が1年以上ある(専門実践教育訓練の場合は2年以上)
  • 教育訓練の受講歴がある場合、前回の受講開始日以降、雇用保険の加入期間が3年以上ある

参考:教育訓練給付制度|厚生労働省

また、講座によっては受講開始時に45歳未満であることが条件として加わるケースもあります。

過去の雇用保険加入歴がわからない場合、雇用保険番号を添えてハローワークに照会依頼を出せば調査してもらうことができます。(雇用保険被保険者資格取得届出確認照会票の詳細

上記に当てはまらない場合は求職者支援制度など別制度の対象になることもあるので、調べてみましょう。

おすすめ教育訓練給付制度(給付金)を利用できるプログラミングスクール7選

教育訓練給付制度(給付金)を利用できるプログラミングスクール8選を解説

本記事の監修専門家 (監修者)トータルマネーコンサルタント 新井智美 【得意分野】 住宅ローン他各種ローン、資産運用、税制および相続 【保有資格】 ファイナンシャルプランナー(CFP®)/ 1級ファイ ...

続きを見る

教育訓練給付制度(給付金)を利用できるWebデザインスクール

ここからは、教育訓練給付制度(給付金)を利用できるWebデザインスクールを紹介します。

費用以外の特徴やメリットも抑えながら、後悔のないスクール選びをしていきましょう。
インターネットアカデミーヒューマンアカデミーWinスクールKENスクール
スクール名インターネット・アカデミーヒューマンアカデミーWinスクールKENスクール
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.78)(4.42)(4.54)(4.47)
Webデザインを
学べるコース
Webデザイナー総合コースWEBデザイナー講座WebクリエイターコースWeb実践就転職総合コース
受講形態オンライン/通学型オンライン/通学型
*混合も可能
オンライン/通学型オンライン/通学型
入学金0円11,000円19,800円0円
受講料金760,760円
→給付金適用で実質660,760円
524,123円
→給付金適用で実質424,123円
261,800円
→給付金適用で実質202,620円
410,300円
→給付金適用で実質328,240円
教育訓練の種類一般教育訓練一般教育訓練一般教育訓練一般教育訓練
累計学習時間(目安)12ヶ月(88~176時間)6ヶ月65時間~6ヶ月(111時間)
質問サポート回数無制限回数無制限回数無制限回数無制限
転職サポート
案件獲得サポート
サポートオンラインと対面の両対応
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

就職活動の選考対策サポート
チームでの実案件プロジェクト
カウンセラーによる選考対策
派遣の仕事の紹介
給付金適用で実質20%OFF
独自のe-ラーニングシステム
講師は全員現役のプロデザイナー
マンツーマン授業
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
就職・転職サポート制度あり
理解度が高まる個別指導
就職活動の万全サポート(無料)
キャリア相談サポート
キャリアサポート
(面接対策や企業紹介)
公式サイト

それでは順番に解説していきます。

教育訓練給付金を利用できるWebデザインスクール①インターネットアカデミー

スクール名インターネットアカデミー
Webデザインを学べるコースWebデザイナー総合コース
受講形態オンライン/通学型
入学金0円
受講料金760,760円
→給付金適用で実質660,760円
教育訓練の種類一般教育訓練
累計学習時間(目安)12ヶ月(88~176時間)
質問サポート回数無制限
転職サポートあり
案件獲得サポートあり
サポート国内有数の実績を持つWeb制作会社が母体
オンラインと対面の両方対応
オンライン質問対応サービスあり
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

7日間の無料体験あり
就職活動の選考対策サポート
キャリアプロデューサーの支援
修了認定基準出席率80%以上、試験合格率得点率70%以上で合格、補講・追試は認める。
公式サイトインターネットアカデミーの公式サイト

インターネットアカデミーは、日本初のWebデザインおよびプログラミングのスクールとして誕生した経緯を持っています。

全授業がオンラインでも通学でも学べるので、時間・場所・居住地など制約の多い人でも安心です。

Webデザイン関連で教育訓練給付制度(給付金)の対象となっている講座は、下記の通りです。

インターネットアカデミーの教育訓練給付金の対象講座

  • Webデザイナー総合コース
    受講料760,760円→100,000円支給
  • Webデザイナー検定コース+作品制作講座
    受講料560,780円→100,000円支給
  • Webデザイナー検定コース+作品制作講座+JavaScript講座
    受講料718,520円→100,000円支給
  • Webデザイナーコース+作品制作講座+PHP講座
    受講料665,720円→100,000円支給
  • Webデザイナーコース+作品制作講座+Webマーケティング講座
    受講料676,280円→100,000円支給
  • Webデザイナーコース+JavaScript講座
    受講料549,560円→100,000円支給
  • UIデザイナーコース+illustrator講座
    受講料521,840円→100,000円支給

いずれのコースでも、インターネットアカデミーの母体であるWeb制作会社のノウハウを活かしたカリキュラムを採用しています。

東京藝術大学や気象庁など日本有数の顧客を持つ制作会社が母体でもあるので、制作現場で役立つスキルを習得したい人におすすめです。

>> インターネットアカデミーの公式サイトを確認する

 

教育訓練給付金を利用できるWebデザインスクール②ヒューマンアカデミー

スクール名ヒューマンアカデミー
Webデザインを学べるコースWEBデザイナー講座
受講形態オンライン/通学型
*混合も可能
入学金11,000円
受講料金524,123円
→給付金適用で実質424,123円
教育訓練の種類一般教育訓練
累計学習時間(目安)6ヶ月
質問サポート回数無制限
転職サポートあり
案件獲得サポートなし
サポートジョブカウンセラーによる選考対策
講師は全員現役のプロデザイナー
派遣の仕事の紹介
給付金適用で実質20%OFF
独自のe-ラーニングシステムを採用
ママ割・学割・ペア割・紹介割などの割引対応
ITパスポート試験対策講座をプレゼント
Adobeデザインソフトを特別価格で提供
修了認定基準・出席率80%以上
・各教程に設定されている課題を実施し、採点フォームの項目(制作意図、作品点数、デザイン、キャプションなど)にて習得レベルを測定する。なお、基準を満たしていない場合は、再提出とする。
公式サイトヒューマンアカデミーの公式サイト

ヒューマンアカデミーは、全国に19校舎を持つ資格・就職・転職の総合校です。

既に17,400人以上が教育訓練給付制度(給付金)を利用して受講しており、一般教育訓練として上限20%(最大10万円)が支給されます。

Webデザイン関連のコースでは、下記が教育訓練給付制度(給付金)の対象です。

ヒューマンアカデミーの教育訓練給付金の対象講座

  • Webデザイナーコース(6ヶ月)
    受講料535,123円→100,000円支給
  • Webデザイナー総合コース(6ヶ月)
    受講料698,983円→100,000円支給
  • Web動画クリエイター総合コース(12ヶ月)
    受講料917,085円→100,000円支給
他にも、IT・Web関連の講座ではプログラマー総合コース(12ヶ月)Web動画クリエイター総合コースなども該当します。

教育訓練給付制度(給付金)を利用するために必要な修了証明書を発行してもらうには、全講座のうち出席率80%の要件を満たす必要があるので注意しましょう。

給付金は後から振り込まれるので一旦全額を払い込む必要がありますが、分割払いやクレジットカード払いも可能です。

>> ヒューマンアカデミーの公式サイトを確認する

 

教育訓練給付金を利用できるWebデザインスクール③Winスクール

Winスクール

画像引用元:Winスクール

スクール名Winスクール
Webデザインを学べるコースWebクリエイターコース
受講形態オンライン/通学型
入学金19,800円
受講料金261,800円
→給付金適用で実質202,620円
教育訓練の種類一般教育訓練
累計学習時間(目安)65時間~
質問サポート回数無制限
転職サポートあり
案件獲得サポートなし
サポート初心者でも分かりやすい個人レッスン
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
就職・転職サポート制度あり
教育訓練給付制度あり
修了認定基準全日程修了(8割以上の出席率)、技術修得表に基づく評価が7割以上「良」、教育目標に定める目標資格の合格レベル達成。および卒業課題判定基準の8割以上が「良」
公式サイトWinスクールの公式サイト

Winスクールは、仕事に役立つスキル・資格の取得に強いパソコン教室です。

講座数が300以上あること、北海道から鹿児島まで全国に55校舎を持っていることから、過去に多くの受講生を輩出してきました。

Webデザイン関連では、下記のコースが教育訓練給付制度(給付金)の対象になっています。

Winスクールの教育訓練給付金の対象講座

  • Webクリエイターコース
    受講料261,800円→59,180円支給
  • WebデザイナーPlusコース
    受講料316,800円→71,060円支給
  • Webマスターコース
    受講料360,800円→80,960円支給
  • Webデザイナープロコース
    受講料360,800円→80,080円支給
  • Webプログラミングマスターコース
    受講料495,000円→100,000円支給

講座により受講料が異なりますが、59,180円から上限である10万円の範囲で給付金を受け取れます。

コースごとに扱うツールや目指す方向性が異なるので、Winスクールの無料相談の場で自分に合ったコースを見繕ってもらうとよいでしょう。

また、Webに限らずデザイン全般を学べるコースとして「グラフィックデザイナープロコース」「DTPデザイナーPlusコース」「DTP・Webスペシャリストコース」なども人気です。

出席率80%と目標資格受験レベル到達が認められたら講座修了認定証明が渡されるので、チャレンジしてみましょう。

>> Winスクールの公式サイトを確認する

教育訓練給付金を利用できるWebデザインスクール④KENスクール

KENスクール

画像引用元:KENスクール

スクール名KENスクール
Webデザインを学べるコースWeb実践就転職総合コース
受講形態オンライン/通学型
入学金0円
受講料金410,300円
→給付金適用で実質328,240円
教育訓練の種類一般教育訓練
累計学習時間(目安)6ヶ月(111時間)
質問サポート回数無制限
転職サポートあり
案件獲得サポートなし
サポート理解度が高まる個別指導
就職活動の万全サポート(無料)
授業回数無制限
キャリア相談サポート
キャリアサポート(面接対策や企業紹介)
修了認定基準総受講数の80%以上の出席率
修了検定を受けていただき80点以上を修了と認定
公式サイトKENスクール公式サイト

KENスクールは、東京を中心に全国で教室を運営しているパソコンスクールおよびITスクールです。

個別指導型を徹底した指導カリキュラムなので、未経験でも社会で活躍できるWebデザインスキルを習得できます。

教育訓練給付制度(給付金)の対象となっている講座は、下記の通りです。

KENスクールの教育訓練給付金の対象講座

  • Web実践就転職総合コース
    受講料410,300円→82,060円支給
  • Web実践キャリア就転職総合コース
    受講料365,200円→73,040円支給

「Web実践就転職総合コース」の場合、本来41万300円かかりますが教育訓練給付制度(給付金)を利用することで負担額を32万8,240円まで抑えられます。

「Web実践キャリア就転職総合コース」も、36万5,200円の受講費を29万2,160円にまで抑えられるので非常にお得です。

KENスクールの給付金

画像引用元:KENスクール

専任のカウンセラーがついて丁寧に指導してくれるので、サポート力を求めたいときにおすすめです。

>> KENスクールの公式サイトを確認する

おすすめWebデザインスクールおすすめ7選を解説【2022年度最新】

Webデザインスクールおすすめ7選を解説【2022年度最新】

Webデザインをスクールで学びたい!おすすめのスクールや選び方について知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近Webデザインの需要は急激に高まってきており、フリーランスや就職・転職と ...

続きを見る

Webデザインスクールのおすすめの選び方

最後に、Webデザインスクールを選ぶときのポイントを紹介します。

特に下記の要件を満たすスクールはスキルアップに最適な環境であることが多いので、スクールを比較・検討するときの材料として役立ててみましょう。

Webデザインスクールのおすすめの選び方

  • カリキュラム上で作品制作に取り組めるスクール
  • グループ制作に積極的なスクール
  • サポート体制が充実しているスクール

それでは順番に解説していきます。

選び方1. カリキュラム上で作品制作に取り組めるスクール

カリキュラム上で作品制作(ポートフォリオ)に取り組めるよう、時間を確保しているWebデザインスクールがおすすめです。

特に未経験からWebデザインにチャレンジする場合、「自分の作品」として目に見えるポートフォリオを作った方が学んだ実感を得やすくなります。

学びのモチベーションになったり、就職・転職するときのアピール材料になったりすることも多いです。

もちろんカリキュラム修了後に独自で作品を作ることもできますが、現役のWebデザイナーや講師歴の長いベテランに直接フィードバックしてもらえる環境を最大限活かした方が、クオリティの高いものが生まれます。

おすすめポートフォリオを制作できるプログラミングスクール5選をご紹介

ポートフォリオを制作できるプログラミングスクール6選をご紹介

プログラミングスクールに通うからにはポートフォリオを作って、転職や案件獲得を有利にしたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプ ...

続きを見る

選び方2. グループ制作に積極的なスクール

Webデザイナーは自分のスキル勝負な実力重視の個人プレー職業だと思われがちですが、実際はチームを組んで仕事に当たることが多いです。

WebディレクターやWebライターと協力して作品を作ったり、Webサイト制作時にはエンジニアやプログラマーと手を組んだりすることもあります。

そのため、Webデザインスクール在籍中からグループ制作に着手しておくのがおすすめです。

テキストだけでは学びづらいコミュニケーション能力や調整力が身につくので、その後の就職・転職でも大いに役立つことでしょう。

フリーランスデザイナーとして働く際にもクライアントとの折衝が必要なことが多いので、グループ制作を受講しておいて損はありません。

選び方3. サポート体制が充実しているスクール

Webデザインを学ぶうえで欠かせないカリキュラムやシステムを重視することも大切ですが、サポート体制にも目を向けておきましょう。

本業の傍ら同時進行でWebデザインを学ぶ場合、無理のないスケジュールに調整してもらえるサービスがあれば重宝します。

Webデザインの学習だけに集中する場合でも、モチベーションダウンや学習進捗などの管理を丁寧にしてくれるスクールであれば、挫折やつまずきも減らせます。

多くのWebデザインスクールは受講期間があらかじめ定められているので、可能な限り効率よく学んでいくことが大切です。

スクール側にサポート体制があるかしっかり確認し、取りこぼしなく学んでいけるよう入学時から意識しておきましょう。

おすすめWebデザインスクールおすすめ7選を解説【2022年度最新】
おすすめ教育訓練給付制度(給付金)を利用できるプログラミングスクール7選

まとめ:教育訓練給付制度(給付金)を利用できるWebデザインスクールを解説

まとめ:教育訓練給付制度(給付金)を利用できるWebデザインスクールを解説

  • 教育訓練給付制度(給付金)とは、働く人の主体的な能力開発や中長期的なキャリア形成を応援するため、教育訓練受講に支払った費用の一部を支給する制度のこと
  • 教育訓練には「専門実践教育訓練」「特定一般教育訓練」「一般教育訓練」の3種類あり、Webデザインスクールは「一般教育訓練」に該当する
  • 一般教育訓練では支払額の20%(上限10万円)が支給される
  • 教育訓練給付金を支給できるWebデザインスクールは今回紹介した4つのスクールから選ぶのがおすすめ
  • Webデザインスクールを選ぶ際は「作品制作できる」「グループ制作できる」「サポート体制が充実している」といった観点から選ぶのがオススメ
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験や無料カウンセリングを利用しよう!

今回は教育訓練給付制度(給付金)を利用できるおすすめのWebデザインスクール4選についてご紹介しました。

改めておすすめのWebデザインスクール7選の比較表を確認しておきましょう。

教育訓練給付制度を利用できるWebデザインスクールの比較表

インターネットアカデミーヒューマンアカデミーWinスクールKENスクール
スクール名インターネット・アカデミーヒューマンアカデミーWinスクールKENスクール
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.78)(4.42)(4.54)(4.47)
Webデザインを
学べるコース
Webデザイナー総合コースWEBデザイナー講座WebクリエイターコースWeb実践就転職総合コース
受講形態オンライン/通学型オンライン/通学型
*混合も可能
オンライン/通学型オンライン/通学型
入学金0円11,000円19,800円0円
受講料金760,760円
→給付金適用で実質660,760円
524,123円
→給付金適用で実質424,123円
261,800円
→給付金適用で実質202,620円
410,300円
→給付金適用で実質328,240円
教育訓練の種類一般教育訓練一般教育訓練一般教育訓練一般教育訓練
累計学習時間(目安)12ヶ月(88~176時間)6ヶ月65時間~6ヶ月(111時間)
質問サポート回数無制限回数無制限回数無制限回数無制限
転職サポート
案件獲得サポート
サポートオンラインと対面の両対応
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

就職活動の選考対策サポート
チームでの実案件プロジェクト
カウンセラーによる選考対策
派遣の仕事の紹介
給付金適用で実質20%OFF
独自のe-ラーニングシステム
講師は全員現役のプロデザイナー
マンツーマン授業
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
就職・転職サポート制度あり
理解度が高まる個別指導
就職活動の万全サポート(無料)
キャリア相談サポート
キャリアサポート
(面接対策や企業紹介)
公式サイト

またWebデザインスクールを選ぶ際は以下の3ポイントを意識するのがおすすめです。

Webデザインスクールのおすすめの選び方

  • カリキュラム上で作品制作に取り組めるスクール
  • グループ制作に積極的なスクール
  • サポート体制が充実しているスクール

自分に合ったスクールを選択して、着実にプログラミングスキルを習得していきましょう。

とはいえいきなり受講するのは怖いし不安ですよね。

そんな時は各スクールの無料体験や無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前にまずは無料体験や無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感してみましょう。

他のWebデザイン初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

今回はおすすめのWebデザインスクールについてご紹介しましたが、他の基準でスクールを選びたい方は、以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル・特徴ごとのおすすめスクール

ジャンル紹介記事
料金が無料無料のプログラミングスクール一覧
無料体験無料体験があるプログラミングスクール一覧
教育訓練給付金給付金対象のプログラミングスクール / 給付金対象のWebデザインスクール
フリーランスフリーランスを目指せるプログラミングスクール一覧
全額返金保証全額返金保証があるプログラミングスクール一覧
マンツーマンサポートマンツーマンサポートがあるプログラミングスクール一覧
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール一覧
転職支援転職支援があるプログラミングスクール一覧
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧
通学型教室通学できるプログラミングスクール一覧
地方地方から受講できるプログラミングスクール一覧
分割払い分割払いできるプログラミングスクール一覧
30代未経験30代未経験におすすめのプログラミングスクール一覧
40代・50代40代・50代におすすめのプログラミングスクール一覧
社会人社会人におすすめのプログラミングスクール一覧
学割学割があるプログラミングスクール一覧
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール一覧
ニート・無職ニート・無職におすすめのプログラミングスクール一覧
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール一覧
女性女性におすすめのプログラミングスクール一覧
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール一覧
サブスク型サブスク型・月額制のプログラミングスクール一覧
土日/夜間対応土日・夜間に学べるプログラミングスクール一覧
短期集中型短期で学べるプログラミングスクール一覧
ポートフォリオポートフォリオを制作できるプログラミングスクール一覧
自社開発企業自社開発企業に就職/転職できるプログラミングスクール一覧
大企業大企業が運営しているプログラミングスクール一覧

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・スキルおすすめスクール紹介記事
HTML / CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクール一覧
RubyRubyが学べるプログラミングスクール一覧
PHP / LaravelPHPが学べるスクール / Laravelが学べるスクール
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクール一覧
JavaScript関連React / Vue.js / Node.js が学べるスクール
WebデザインWebデザインスクール一覧
JavaJavaが学べるプログラミングスクール一覧
PythonPythonが学べるプログラミングスクール一覧
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクール一覧
C言語 / C++C言語が学べるスクール / C++が学べるスクール
C#C#が学べるプログラミングスクール一覧
SQLSQLが学べるプログラミングスクール一覧
AWSAWSが学べるプログラミングスクール一覧
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクール一覧
UnityUnityが学べるプログラミングスクール一覧
Androidアプリ開発Androidアプリ開発が学べるプログラミングスクール一覧
Visual BasicVisual Basicが学べるプログラミングスクール一覧
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクール一覧
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクール一覧
Go言語Go言語が学べるプログラミングスクール一覧

教養のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademy評判・口コミはこちら
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら
RaiseTech評判・口コミはこちら
デイトラ評判・口コミはこちら
TECH CAMP評判・口コミはこちら
tech boost評判・口コミはこちら
RUNTEQ評判・口コミはこちら
CodeShip評判・口コミはこちら
CodeCamp評判・口コミはこちら
Aidemy評判・口コミはこちら
レバテックカレッジ評判・口コミはこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
プログラマカレッジ評判・口コミはこちら
TECH CAMP評判・口コミはこちら
DMM WEBCAMP評判・口コミはこちら
GEEK JOB評判・口コミはこちら
DIVE INTO CODE評判・口コミはこちら
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら
TechAcademy評判・口コミはこちら
Code Village評判・口コミはこちら
  • この記事を書いた人(執筆者情報)
渡辺 瞳

渡辺 瞳

キャリアコンサルタント/フリーライター

【プロフィール】
大手転職エージェントのキャリアコンサルタント兼フリーライター。主にIT・Web業界を担当し、多くのエンジニア転職をサポートしてきた。その後、ビジネスマンのスキルアップに特化したフリーライターとしての活動を開始。プログラミングスクールを活用したエンジニアのキャリア形成を応援している。
【得意分野】
キャリアサポート、就職・転職ノウハウ
【保有資格】
国家資格 キャリアコンサルタント

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/SEOマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.