JavaScript プログラミングスクール

【厳選】Reactが学べるプログラミングスクール5選を徹底解説

最終更新日 :

Reactを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう...
Reactを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師からみっちりReactを教わりたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーや就職・転職でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はJavaScriptのライブラリの中でも特に人気の高いReactの概要やスクールの選び方、Reactを学習できるプログラミングスクール5選についてご紹介していきます。

【特におすすめ】Reactが学べるスクール3選

テックアカデミー
テックアカデミー
RaiseTech
RaiseTech
Code Village
Code Village
講師は全員現役エンジニア
週2回のマンツーマンメンタリング
無料の転職サポートあり
課題レビュー&チャット質問し放題
講師は全員月単価80万円以上
卒業後もチャット/通話で質問可能
無期限の転職支援サポートあり
無期限の案件獲得サポートあり

Web開発に特化したスクール
転職成功率95%突破
転職支援(選考対策や企業紹介)
ビデオ&テキストの質問サポート

今回のテーマはこちら!

  • Reactとは
  • Reactが学べるプログラミングスクール5選をご紹介
  • Reactを学ぶメリットとデメリット
  • プログラミングスクールで学習するメリット
  • プログラミングスクール選びに失敗する理由
  • プログラミングスクールのおすすめの選び方
  • まとめ:【厳選】Reactが学べるプログラミングスクール5選を徹底解説

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する記事を投稿しています。
他の記事も合わせてご覧ください。

【先に結論】Reactが学べるプログラミングスクール

侍エンジニア塾RaiseTechCode VillageインターネットアカデミーWinスクール
スクール名侍エンジニア塾RaiseTechCodeVillageインターネット・アカデミーWinスクール
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.84)(4.58)(4.60)(4.78)(4.54)
Reactを
学べるコース名
エキスパートコースReactコース
(旧フロントエンドコース)
全コースReact講座Webアプリ開発(React.js)
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン/教室通学オンライン/教室通学
入学金99,000円なし0円なし19,800円
受講料金495,000円~448,000円
*学割で288,000円
400,000円~189,200円120,560円+教材費4,400円
累計学習時間250~300時間300時間(4ヶ月間)6ヶ月(400時間)12~24時間20時間(2ヶ月間)
質問サポート時間24時間対応
回数無制限
10:00~24:00
回数無制限
24時間対応いつでもチャットで質問可能平日:9:20~21:00
土:9:20~18:00
日:9:20~15:20
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗/
モチベーション管理

受講生同士の交流イベントあり
転職サポート
(企業紹介/面接&書類対策)
2週間のトライアル期間
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
動画教材を半永久的に見放題
転職・副業の無期限サポート
全コース対象の無料体験あり
マンツーマンメンタリング
無期限のキャリア・転職支援
受講生同士のコミュニティ
チーム開発の経験を積める
実績豊富なWeb制作会社が母体
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

就職/転職の選考対策サポート
600社以上の求人あり
チームでの実案件プロジェクト
初心者でも分かりやすい個人レッスン
一週間に何回でも受講可能

予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
公式サイト

【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介

JavaScriptを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... JavaScriptを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラ ...

続きを見る

【厳選】Vue.jsが学べるプログラミングスクール7選を徹底解説

Vue.jsを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Vue.jsを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

Reactとは

まずはReactというライブラリの特徴についてご説明していきます。

  • Reactの特徴
  • Reactを使ってできること
  • 実際にReactが使用されている有名サービス
  • Reactと類似技術を比較

それでは順番に解説していきます。

Reactの特徴

ReactとはFacebook社が開発した「JavaScriptのライブラリ(≒フレームワーク)」で、Webの見た目や機能などのUIの構築を目的としています。

ライブラリとは、特定のデザインや機能などの汎用性の高いプログラムを、再利用可能な形でひとつにまとめたものを指します。

Reactが登場したのは2011年と割と歴史が新しいため、モダンな技術が用いられている特徴もあります。

柔軟なフロントエンド開発が実現されているReactは世界的に人気があり、「Angular」「React」「Vue」の3大JavaScriptフレームワークの1つとしても知られています。

Reactを使ってできること

ではReactを用いるとどのようなことが実現できるようになるのでしょうか?

Reactを使ってできること

  • ユーザにとって使いやすいSPA(Single Page Appliation)を開発できる
  • AndroidアプリとiOSアプリを同時に開発できる
  • 見栄えの良いフロントエンドを簡単に開発できる

ReactはSPA(Single Page Appliation)と呼ばれる「ページの遷移をせずに1つのページで構築されているWebアプリ」の開発に向いています。

SPAではページ遷移が無くなるわけですから、ユーザーにとってストレスなく使い勝手の良いWebアプリを作ることができます。

GoogleMapやFacebookのWebサイトはSPA(Single Page Appliation)の技術を用いて作られています。

またReactにはReact Nativeと呼ばれるスマホアプリ開発に特化したフレームワークも用意されています。

React NativeはAndroidアプリとiOSアプリを同時に開発できるクロスプラットフォームのフレームワークであるため、短期間でAndroidとiOSのスマホアプリを両方開発できるのも大きな強みと言えます。

クロスプラットフォーム開発なら時間や労力などの開発コストを最小限に抑えることができるのです。

実際にReactが使用されている有名サービス

実際にReactが使用されている有名サービスはどのようなものがあるのでしょうか?

箇条書きで挙げると以下の通り。

実際にReactが使用されている有名サービス

  • Facebook
  • Instagram
  • Netflix
  • Aitbnb
  • Dropbox
  • Paypal
  • グノシー
  • 楽天市場
  • SmartNews
  • AWA
  • Yahoo!ニュース
  • Gyazo
  • Scrapbox
  • Discord
  • Skype

Reactを使った大規模なウェブサイト - Quoraより

ご覧のように国内・国外共に様々な人気サービスでReactが使用されていることが分かります。

3大JavaScriptフレームワークの1つとして人気なのも納得がいきますね

Reactと類似技術を比較

続いてはReactと類似技術を色々な角度から比較してみましょう。

ここではReact・Angular・Vueの3大JavaScriptフレームワークで比較します。
ReactAngularVue
ロゴReactAngularVue
開発者FacebookGoogleオープンコミュニティ
リリース年201320162014
言語JavaScript & TypeScriptTypeScriptJavaScript & TypeScript
特徴UI構築に特化
アドオンやライブラリの数が豊富
柔軟なコンポーネントの記述ができる
React Nativeでスマホアプリ開発ができる
機能が豊富
大規模開発に向いている
学習コストが大きい
フルスタックなフレームワークなので新しいライブラリが不要
ReactとAngularのいいとこどりをしている
全体的にシンプルで学習コストが低い
日本語の解説情報が多い
SPA開発可能開発可能開発可能
難易度易しい普通易しい
求人数22,090件
indeedより
7,593件
indeedより
15,343件
indeedより
公式サイトReactAngularVue

【厳選】Vue.jsが学べるプログラミングスクール7選を徹底解説

Vue.jsを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Vue.jsを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

Reactが学べるプログラミングスクール5選をご紹介

お待たせ致しました!

それではここからはReactが学べるプログラミングスクール5選をご紹介していきます。

各スクールの特徴を比較表にしてみると以下の通り。(横にスクロールできます)
侍エンジニア塾RaiseTechCode VillageインターネットアカデミーWinスクール
スクール名侍エンジニア塾RaiseTechCodeVillageインターネット・アカデミーWinスクール
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.84)(4.58)(4.60)(4.78)(4.54)
Reactを
学べるコース名
エキスパートコースReactコース
(旧フロントエンドコース)
全コースReact講座Webアプリ開発(React.js)
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン/教室通学オンライン/教室通学
入学金99,000円なし0円なし19,800円
受講料金495,000円~448,000円
*学割で288,000円
400,000円~189,200円120,560円+教材費4,400円
累計学習時間250~300時間300時間(4ヶ月間)6ヶ月(400時間)12~24時間20時間(2ヶ月間)
質問サポート時間24時間対応
回数無制限
10:00~24:00
回数無制限
24時間対応いつでもチャットで質問可能平日:9:20~21:00
土:9:20~18:00
日:9:20~15:20
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗/
モチベーション管理

受講生同士の交流イベントあり
転職サポート
(企業紹介/面接&書類対策)
2週間のトライアル期間
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
動画教材を半永久的に見放題
転職・副業の無期限サポート
全コース対象の無料体験あり
マンツーマンメンタリング
無期限のキャリア・転職支援
受講生同士のコミュニティ
チーム開発の経験を積める
実績豊富なWeb制作会社が母体
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

就職/転職の選考対策サポート
600社以上の求人あり
チームでの実案件プロジェクト
初心者でも分かりやすい個人レッスン
一週間に何回でも受講可能

予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
公式サイト

それでは順番に見ていきましょう。

Reactが学べるプログラミングスクール①侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

画像引用元:侍エンジニア塾

Reactが学べる1つ目のプログラミングスクールは、当サイト管理人も受講経験がある侍エンジニア塾です。

スクール名侍エンジニア塾
Reactを学べるコース名エキスパートコース
受講形態オンラインマンツーマンレッスン
入学金99,000円
受講料金12週間:495,000円
24週間:781,000円
36週間:990,000円
48週間:1,188,000円
*学生は5~10%の学割対象
累計学習時間(目安)250~300時間
React対応コースでの学習内容生徒の要望に応じて自由にカスタマイズ可能
成果物自分のアイデアを形にしたオリジナルシステムなど
質問サポート対応時間受講生限定のQ&Aサイト(24時間対応)
インストラクターに質問(24時間対応)
*回数無制限
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理
受講生同士の交流イベントに参加可能
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング・面接&履歴書対策)
公式サイト侍エンジニア塾 公式サイト

侍エンジニア塾ではエキスパートコースでReactを学習することができます。

エキスパートコースでは「オーダーメイドカリキュラム」「24時間の質問サポート」といったサポート体制が充実しています。

特にエキスパートコースではプログラミングであれば、基本的にはどんな内容でも学習可能です。つまり他のスクールでは学べないマイナーな技術(C++、C言語、Flutter、Unityなど)もプロの元でしっかり学習できるのです。

他にも「専属コーチによる進捗管理・モチベーション管理」や「無料の転職サポート」を利用できるので挫折率は低く、転職成功率は高いです。

詳しくは公式サイトから参加できる無料カウンセリングをご利用ください!

>> 侍エンジニア塾の公式サイトはこちら

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じたメリット・デメリットもご紹介】

侍エンジニア塾ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

侍エンジニア塾でAmazonギフト券を入手する8つの方法をすべて解説

侍エンジニア塾ではAmazonギフト券を貰えるって聞いたけど本当かな?具体的な方法を全部知りたい! 今回はこんな悩みを侍エンジニア塾の元受講生が解決していきます。 せっかくプログラミングスクールに通う ...

続きを見る

 

Reactが学べるプログラミングスクール②RaiseTech(レイズテック)

Reactが学べる2つ目のプログラミングスクールは、最速で稼げるWebエンジニアを育てることを目的としているスクール、RaiseTech(レイズテック)です。

スクール名RaiseTech(レイズテック)
Reactを学べるコース名Reactコース(旧フロントエンドコース)
受講形態オンライン
入学金なし
受講料金448,000円
*学割で288,000円
累計学習時間(目安)300時間(4ヶ月間)
React対応コースでの学習内容JavaScript/React/CSS/Web API/
TypeScript/Next.js/Storybook/
その他フロントエンド開発など
成果物Webアプリケーション
Webサービスなど
質問サポート対応時間10:00~24:00 (月曜日 – 日曜日)
*回数無制限
サポート2週間のトライアル期間あり
状況に応じて補講の実施や動画教材を提供
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
動画教材を半永久的に見放題
転職支援・案件獲得の無期限サポート
公式サイトRaiseTechの公式サイト

RaiseTech(レイズテック)ではReactコース(旧フロントエンドコース)でReactやJavaScriptを用いたWeb開発を学習することができます。

RaiseTechのReactコースの公式サイトで公開されているカリキュラムの概要は以下の通り。

概要具体的な習得可能スキル
Webシステム開発で必要な基本知識フロントエンドの領域理解、Webの構造、JavaScriptの歴史
モダンJavaScriptの周辺知識仮想DOM、パッケージマネージャー(npm/yarn)、ECMAScript、モジュールバンドラー(Webpack)、トランスパイラ(Babel)、SPA
React開発で必要な知識CRA(Create React App)、Hooks、NPMに公開されているライブラリの使用、Routing、ReactにおけるCSS適用、CRUD APIの実行、レンダリングの最適化手法、グローバルStateの管理、Atomic Design
型安全なフロントエンド開発TypeScript × React
フレームワークを用いたReact開発Next.js、CSR(Client Side Rendering)、SSR(Server Side Rendering)、SSG(Static Site Generating)、ISR(Incremental Static Regeneration)
フロントエンド テストJest、React Testing Library
UIコンポーネントの見える化Storybook
フロントエンドエンジニアのあれこれキャリア戦略、チーム内での立ち振る舞い、マインド

Reactコース | RaiseTech(レイズテック)より

ご覧のようにRaiseTech(レイズテック)のReactコースではJavaScript関連の技術(React、TypeScriptなど)を用いたWebサービス開発スキルを習得することができます。

Reactなどのモダンな技術を活用しながら、見栄えの良いフロントエンド開発を習得したい方におすすめのコースと言えます。

またRaiseTech(レイズテック)には転職支援・案件獲得の無期限サポートがあるため、将来のキャリアに不安を抱えている人でも安心

他にも2週間の全額返金保証、約40%OFFの学割、無料説明会などお得なサポートがたくさん用意されているのもポイント!

プログラミングスクールの中では珍しく、RaiseTechはカリキュラムをすべて公式サイトで公開しています。

詳細を知りたい方はRaiseTechの公式サイトをご覧ください。

>> RaiseTechの公式サイトを確認する

RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

RaiseTech(レイズテック)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリ ...

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)のReactコースってどうなの?【評判や稼ぎ方を徹底解説】

RaiseTech(レイズテック)のReactコースってどうなの?特徴や料金、評判や稼ぎ方について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってき ...

続きを見る

 

Reactが学べるプログラミングスクール③Code Village

Code Village

画像引用元:Code Village

Reactが学べる3つ目のプログラミングスクールは、Webプログラミングに特化したオンラインスクールの「Code Village」です

スクール名Code Village
受講形態オンライン
Vue.jsを学べるコース新卒エンジニアコース
エンジニア就職コース
受講料金400,000円~
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
React/Nuxt/Node/Vue/
Express/PHP/Laravel/
Ruby/Ruby on Railsなど
サポートマンツーマンメンタリング
オーダーメイド教材(動画・テキスト教材見放題)
無期限のキャリア・転職サポートあり
受講生同士のコミュニティあり
チーム開発を経験できる

1週間の無料体験実施中
質問受付時間チャット質問:24時間対応
ビデオチャット質問:平日15:00~22:00/休日10:00~22:00
受講期間6ヶ月(400時間)
年齢制限なし
販売事業者名・所在地・運営責任者株式会社Nextlogy
〒107-0052 東京都港区赤坂2-23-1アークヒルズフロントタワー17階
Twitter@CodeVillage4
公式サイトCode Villageの公式サイト

Code Villageは「キャリアを自走できるエンジニア」の輩出を目指すプログラミングスクールです。

スクール卒業や転職成功ではなく、継続的にキャリアを自走することをゴールとしています

Code VillageではVue.jsに限らず、PHP・Ruby・JavaScriptなどを用いたWeb開発を重点的に学習します。

その中でも特にReactVue.jsLaravelRuby on Railsなどの需要の高いフレームワーク、ライブラリのスキルをまんべんなく学習できるスクールは珍しく、Code Villageの大きな強みと言えるでしょう。

またプログラミング未経験の人でもしっかり学習を進められるように質問サポートやメンタリングサポート、転職支援サポートが用意されています。

未経験からWebエンジニアの就職/転職を目指す方にピッタリのスクールと言えるでしょう。

>> Code Villageの公式サイトを確認する

Code Villageの評判まとめ【注意点や申し込み方法もご紹介】

Code Villageってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミ、他のスクールとの比較内容を知りたい! Code Villageに入会してみたい!入会時の注意点や申し込み方法を知りたい ...

続きを見る

Code Villageの受講料金を解説【他のスクールとの比較も】

Code Villageの料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! Code Villageの料金って他のプログラミングスクールと比較すると高い?安い? 今回はこんな悩みを解決 ...

続きを見る

 

Reactが学べるプログラミングスクール④インターネットアカデミー

Reactが学べる4つ目のプログラミングスクールは、日本初のWebデザインおよびプログラミングのスクールとして有名なインターネットアカデミーです。

スクール名インターネットアカデミー
Reactを学べるコース名React講座
受講形態オンライン/通学型
入学金0円
受講料金189,200円
累計学習時間(目安)12~24時間
React対応コースでの学習内容Reactの基本を理解する(React、Node.js、npm)
クラスコンポーネントとJSX(クラスコンポーネント、ステート、イベント)
関数コンポーネントとフック(ステートフック、副作用フック)
Next.jsによる機能拡張(Reactの機能拡張、styled-jsx)
API利用とネットワークアクセス(Web API、Fetch API、SWR)
Firebaseとの連携(Firestore、Authentication、ユーザー認証)
成果物メッセージ管理アプリ、スター付きメッセージ管理アプリ、アドレス検索アプリ、ユーザー認証を使ったメッセージボード
質問サポート対応時間いつでもチャットで質問可能
サポート国内有数の実績を持つWeb制作会社が母体
オンラインと対面の両方対応
オンライン質問対応サービスあり
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

7日間の無料体験あり
就職活動の選考対策サポート
600社以上の求人情報の提供
キャリアプロデューサーの支援
公式サイトインターネットアカデミーの公式サイト

インターネットアカデミーは、日本初のWebデザインおよびプログラミングのスクールとして誕生した経緯を持っています。

React講座ではReactだけでなくNext.jsやFirebase、Web APIを活用しながら、多機能でお洒落なWebアプリの開発スキルを習得できます。

短期間で様々なスキルをまとめて習得し、市場価値の高いフロントエンドエンジニアを目指したい方におすすめのスクールと言えるでしょう。

また歴史の長いインターネットアカデミーは、数々のグループ企業との繋がり・OB/OGのネットワークがあるため、質の高いキャリアサポートを実現しています。

ご覧のように履歴書添削や面接練習といった選考対策や、600社以上の求人情報の提供をおこなっているためエンジニア就職・転職を考えている方でも安心です。

特に「Web制作実践プロジェクト」では、受講生や卒業生とチームを組んで実在する企業から案件を請け負う経験を積むことができます。

一般的なスクールでは滅多に経験できない貴重なプロジェクトで、数々の企業と繋がりを持つインターネットアカデミーならではの強みと言えます。

こうしたチーム&実案件の取り組みは就職・副業・独立などあらゆるキャリアにも役立つことでしょう。

>> インターネットアカデミーの公式サイトを確認する

 

Reactが学べるプログラミングスクール⑤Winスクール

Winスクール

画像引用元:Winスクール

Reactを学べる5つ目のプログラミングスクールはWinスクールです。

スクール名Winスクール
Reactを学べるコース名Webアプリ開発(React.js)
受講形態オンライン or 教室通学
入学金19,800円(税込)
受講料金120,560円+教材費4,400円
累計学習時間(目安)150分×8回=20時間
*受講期限は2ヶ月
React対応コースでの学習内容React入門/webpackを用いたバンドルファイルの作成/コンポーネントの基礎/表示の切り替えとイベント処理/コンポーネントの階層化/サーバとの連携/フォームの処理/Redux/シングルページアプリケーション(SPA)の作成など
質問サポート対応時間平日:9:20~21:00
土:9:20~18:00
日:9:20~15:20
サポート初心者でも分かりやすい個人レッスン
一週間に何回でも受講可能
予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
公式サイトWebアプリ開発(React.js)講座|Winスクール

WinスクールのWebアプリ開発(React.js)では、短時間でReactの基礎やSPA作成や複雑なWebアプリケーションの開発までみっちり学習することができます。

完全個人レッスン基礎から勉強するので初心者でも安心です。

またWinスクールは他のプログラミングスクールよりも料金が安めではありますが、受講料とは別に入学金と教材費も必要になりますのでご注意ください。

ちなみにWinスクールではReact.js以外にも、React Nativeを用いたスマホアプリ開発(iOSとAndroid)の学習コースも用意されています。

またWinスクールではオンライン受講とオフライン(教室受講)の両方に対応しており、しかも教室の併用が可能なため、自分のスタイルに合わせて受講形態を選ぶことが可能です。

Winスクールの教室一覧(2022年4月現在)

Winスクールの教室一覧(2022年4月現在)

ご覧のようにWinスクールは日本各地に教室が用意されていることが分かります。

詳しくはWinスクールの公式サイトをご覧ください。

>> Winスクールの公式サイトを確認する

Reactを学習できるプログラミングスクール5選は以上になります!

Reactを学ぶメリット

続いてはReactを学ぶことで得られるメリットをいくつかご紹介します。

Reactを学ぶメリット

  • Facebookが開発しているので安心
    世界的大企業のFacebookが主導して開発しているので、将来性・安定性・安全性がそれなりに担保されています
  • 学習コストが低い
    JavaScriptの知識さえあれば、割と簡単に使いこなせます。JavaScript自体もシンプルで学びやすいのが特徴です。
  • 見栄えの良いフロントエンド開発ができる
    ReactはUI構築に特化しているため、UIデザインの知見が無くても、簡単な導入で流行りのUIパーツを実装できます。
  • Webサイトだけでなくスマホアプリの開発スキルも身に付く
    Reactのライブラリ「React Native」を学べば、スマホアプリの開発スキルも習得可能です。
  • Reactが得意なエンジニアが少ないので希少価値がある
    Reactは歴史が浅いため、他の言語や技術と比較してもReactを得意とするエンジニアは少ないです。

ご覧のようにReactは少ない学習コストで、見栄えの良いフロント開発やスマホアプリ開発を実現できる画期的なライブラリです。

GAFAのFacebookが主導となって開発しており、将来性・安定性・安全性が保証されているのもポイント。

また日本ではReactを得意とするエンジニアは少ないため、エンジニアとしての希少価値を求めている方には欠かせない技術と言えるでしょう。

Reactを学ぶデメリット

一方でReactを学ぶとどのようなデメリットがあるのでしょうか?

Reactを学ぶデメリット

  • 日本では需要が低い
    世界的には人気が拡大していますが、現時点の日本ではReactを採用している企業は少ないのが現状です。
  • 日本語の情報が少ない
    Reactの公式ドキュメントは英語で表記されています。またWeb検索しても日本語で書かれた情報はあまり多くありません
  • メモリの消費量が多い
    SPA(Single Page Appliation)で仮想DOMを用いると表示の切り替えが素早くなる一方で大量のメモリを消費するため、サイトの内容によって向き不向きがあります。

Reactは2013年にリリースされてから急激な勢いで注目を集めていますが、日本ではまだまだ採用企業が少ないのが現状です。

そのため「日本語で書かれた解説情報が少ない」「Reactを使うエンジニアの求人が少ない」といったデメリットもあります。

プログラミングスクールで学習するメリット

ではそもそもプログラミングスキルをプログラミングスクールで学習するとどのようなメリットがあるのでしょうか?

プログラミングスクールで学習するメリットは主に次の3つが挙げられます。

プログラミングスクールで学ぶメリット

  • プログラミング学習で挫折しにくい
    →分からない時は経験豊富なエンジニア講師に気軽に質問・相談できる
  • 勉強のモチベーションをキープしやすい
    メンタリングやカウンセリングでメンタルを維持できる&コミュニティで学習仲間を作れる
  • エンジニア就職・転職が有利になる
    企業紹介・履歴書添削・面接対策・ポートフォリオ作成などのサポートを利用できる

それでは順番に解説していきます。

メリット① プログラミング学習で挫折しにくい

プログラミングスクールでは、経験豊富なエンジニア講師が基本的なプログラミング言語や実践で生かせる情報を教えてくれます

プログラミング学習ではわからない点をなるべく早く解決する必要がありますが、プログラミングスクールで学習する場合はすぐに質問できるため学習がはかどります。

スクールによっては授業を担当する講師とは別にサポート専門のスタッフがいることもあり、就職や転職に対する不安などの相談に乗ってもらうことも可能です。

このようにサポートが手厚いプログラミングスクールでは挫折するケースが少ないのです。

特にプログラミング初心者はわからないことが多いため、講師のサポートがあるというメリットを存分に実感できるでしょう。

メリット② 勉強のモチベーションをキープしやすい

プログラミングスクールにはオンライン学習だけでなく、校舎に通って学習するオフライン学習が用意されていることもあります。

オフライン学習では一つの教室に自分と同じような目標を持って学ぶ人が集まります。

挫折しそうになったときも生徒同士で相談や情報共有をおこなうことで不安が軽減することも多いため、モチベーションを保ちやすいです。

また同じ教室で学ぶ人たちと目標などを話していると、自分とは異なる考え方に刺激を受けることも少なくありません。

仲間からもらった良い刺激によって、さらにモチベーションが高まることもあるでしょう。

生徒同士のコミュニティがあるスクールだと、受講生同士で「新しいサービスを立ち上げ起業した」「独立後もお互いに仕事を依頼し合う関係になった」という事例もあります。

メリット③ エンジニア就職・転職が有利になる

プログラミングスクールのカリキュラムを完了すると、第三者にプログラミングに必要なスキルを持っていることを証明できるようになります。

スクールや選ぶコースによってはポートフォリオ・成果物の作成方法を教えてくれることもあるため、今までプログラミングの仕事をしたことがない人もスキルを証明しやすいのです。

そのため就職や転職しやすいというメリットがあります。

また就職・転職のサポートが充実しているスクールでは、生徒に合った優良企業のエンジニア求人を紹介してくれます。

書類選考対策や面接対策も行ってくれるため、就職活動や転職活動がうまくいきやすいのも大きなメリットと言えるでしょう。

【厳選】転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧まとめ

エンジニアとして転職したいけど転職活動が不安... 転職保証に対応しているスクールは無いかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランス ...

続きを見る

転職支援に強いプログラミングスクール9選をご紹介

本記事の監修専門家 (監修者)一般社団法人地域連携プラットフォーム 柴田郁夫 【得意分野】 キャリアコンサルティング(セルフ・キャリアドック)、国家資格キャリアコンサルタントの養成、組織キャリア開発士 ...

続きを見る

プログラミングスクールのおすすめの選び方

またプログラミングスクールを選ぶ際は以下のポイントに注意しましょう。

プログラミングスクールのおすすめの選び方

  • エンジニア講師の質は高いか
  • サポートが充実しているか
  • 無料体験を実施しているか

それでは順番に解説していきます。

選び方① エンジニア講師の質は高いか

現場ですぐに活躍できるスキルやフリーランスで活躍できるスキルを習得するためには、エンジニアの講師に教えてもらうことが重要になります。

プログラミングスクールの中には、大学生や専門学生、スクールの元卒業生がアルバイトで講師を担当しているケースがありますが、これはオススメできません。

一方で、毎日プログラミングの仕事をしているエンジニア講師なら、現時点で本当に使える実用的・実践的なスキルを教わることができます。

現役エンジニアという職業の話やちょっとした裏話を雑談がてらに質問できるのも大きなメリットと言えます。

そのためスクール選びの際は、現役のエンジニアの講師が授業を担当してくれるのか否かを確認しましょう。

また生徒一人ひとりと真剣に向き合ってくれる講師ならば授業中や自習のときに感じた疑問点や悩み、不安などをすぐに相談できるので安心です。

講師の詳細については評判サイトやSNSで卒業生の口コミなどをチェックすれば、各スクールの講師の人柄や性格をある程度把握できます。時間に余裕のある方は確認しておくことをオススメします。

選び方② サポートが充実しているか

プログラミングスクールには様々なサポート制度があります。

プログラミングスクールのよくあるサポート制度

  • マンツーマンレッスン
  • オンライン質問サポート
  • 全額返金サポート
  • 転職返金サポート
  • 就職・転職サポート(企業紹介・選考対策など)
  • 副業・独立サポート(案件獲得など)
  • メンタリング・カウンセリングサポート
  • ポートフォリオ作成サポート
  • 受講生同士のコミュニティ
  • カリキュラムの無期限閲覧サポート
  • 卒業後の相談サポート

自分がプログラミングを学ぶ目的やプログラミング習得後の将来像を明らかにした上で、そのゴールに辿り着けそうなサポートが用意されているかよく確認しておきましょう。

また、せっかくお金を払ってプログラミングを学ぶなら、少なくとも質の高い授業&カリキュラムは求めておきたいです。

「マンツーマンレッスン」や「質問サポート」は必須条件と考えておくことをオススメします。

選び方③ 無料体験を実施しているか

ネット上の情報だけで自分に最適なプログラミングスクールか否かを判断するのは危険です。

例えば実際に講師と接してみると「このスクールの講師と一緒に授業をすすめていくのは難しそう…」などと感じることも少なくありません。

そのため入塾前に必ず、実際にスクールの人と接したり授業を体験したりする必要があります。

数あるプログラミングスクールの中から無料体験を実施しているスクールを選んで、カリキュラムの内容の説明やカウンセリングを受けてみましょう

今までプログラミングに触れたことがない初心者の方は説明会やカウンセリングだけでなく、無料で授業を体験できたり教材を閲覧できるスクールを選ぶのがおすすめです。

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

まとめ:【厳選】Reactが学べるプログラミングスクール5選を徹底解説

まとめ:【厳選】Reactが学べるプログラミングスクール5選を徹底解説

  • ReactとはFacebook社が開発した「JavaScriptのライブラリ(≒フレームワーク)」で、UI構築に特化している
  • Reactは少ない学習コストで、見栄えの良いWebアプリやスマホアプリを開発できる
  • 一方で「日本語で書かれた解説情報が少ない」「Reactを使うエンジニアの求人が少ない」といったデメリットもある
  • プログラミングスクールでReactを学びたい場合は、今回紹介した5つのスクールから選ぶのがおすすめ
  • プログラミングスクールを選ぶ時は「エンジニアの質」「サポートの充実度合い」「無料体験を実施しているか」に着目しよう
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験や無料カウンセリングを利用しよう!

今回はJavaScriptのライブラリの中でも特に人気の高いReactの概要やスクールの選び方、Reactを学習できるプログラミングスクール5選についてご紹介しました。

改めてReactを学習できるプログラミングスクール5選の比較表を確認しておきましょう。(横にスクロールできます)
侍エンジニア塾RaiseTechCode VillageインターネットアカデミーWinスクール
スクール名侍エンジニア塾RaiseTechCodeVillageインターネット・アカデミーWinスクール
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.84)(4.58)(4.60)(4.78)(4.54)
Reactを
学べるコース名
エキスパートコースReactコース
(旧フロントエンドコース)
全コースReact講座Webアプリ開発(React.js)
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン/教室通学オンライン/教室通学
入学金99,000円なし0円なし19,800円
受講料金495,000円~448,000円
*学割で288,000円
400,000円~189,200円120,560円+教材費4,400円
累計学習時間250~300時間300時間(4ヶ月間)6ヶ月(400時間)12~24時間20時間(2ヶ月間)
質問サポート時間24時間対応
回数無制限
10:00~24:00
回数無制限
24時間対応いつでもチャットで質問可能平日:9:20~21:00
土:9:20~18:00
日:9:20~15:20
サポートオリジナル学習教材を利用し放題
専属コーチによる進捗/
モチベーション管理

受講生同士の交流イベントあり
転職サポート
(企業紹介/面接&書類対策)
2週間のトライアル期間
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
動画教材を半永久的に見放題
転職・副業の無期限サポート
全コース対象の無料体験あり
マンツーマンメンタリング
無期限のキャリア・転職支援
受講生同士のコミュニティ
チーム開発の経験を積める
実績豊富なWeb制作会社が母体
マンツーマン授業サポート
作品制作導入セミナー

就職/転職の選考対策サポート
600社以上の求人あり
チームでの実案件プロジェクト
初心者でも分かりやすい個人レッスン
一週間に何回でも受講可能

予約キャンセル・振替受講対応
教室の併用可能
公式サイト

またプログラミングスクールを選ぶ際は以下の3ポイントに着目するのがおすすめです。

Reactが学べるプログラミングスクールの選び方

  • エンジニア講師の質は高いか
  • サポートが充実しているか
  • 無料体験を実施しているか

自分に合ったスクールを選択して、着実にプログラミングスキルを習得していきましょう。

とはいえいきなり受講するのは怖いし不安ですよね。

そんな時は各スクールの無料体験や無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

Reactが学べるプログラミングスクール5選

悩むより前にまずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感してみましょう。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

今回はReactが学べるプログラミングスクールについてご紹介しましたが、他の基準でスクールを選びたい方は、以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル・特徴ごとのおすすめスクール

ジャンル紹介記事
料金が無料無料のプログラミングスクール一覧
無料体験無料体験があるプログラミングスクール一覧
教育訓練給付金給付金対象のプログラミングスクール / 給付金対象のWebデザインスクール
フリーランスフリーランスを目指せるプログラミングスクール一覧
全額返金保証全額返金保証があるプログラミングスクール一覧
マンツーマンサポートマンツーマンサポートがあるプログラミングスクール一覧
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール一覧
転職支援転職支援があるプログラミングスクール一覧
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧
通学型教室通学できるプログラミングスクール一覧
地方地方から受講できるプログラミングスクール一覧
分割払い分割払いできるプログラミングスクール一覧
30代未経験30代未経験におすすめのプログラミングスクール一覧
40代・50代40代・50代におすすめのプログラミングスクール一覧
社会人社会人におすすめのプログラミングスクール一覧
学割学割があるプログラミングスクール一覧
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール一覧
ニート・無職ニート・無職におすすめのプログラミングスクール一覧
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール一覧
女性女性におすすめのプログラミングスクール一覧
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール一覧
サブスク型サブスク型・月額制のプログラミングスクール一覧
土日/夜間対応土日・夜間に学べるプログラミングスクール一覧
短期集中型短期で学べるプログラミングスクール一覧
ポートフォリオポートフォリオを制作できるプログラミングスクール一覧
自社開発企業自社開発企業に就職/転職できるプログラミングスクール一覧
大企業大企業が運営しているプログラミングスクール一覧

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・スキルおすすめスクール紹介記事
HTML / CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクール一覧
RubyRubyが学べるプログラミングスクール一覧
PHP / LaravelPHPが学べるスクール / Laravelが学べるスクール
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクール一覧
JavaScript関連React / Vue.js / Node.js が学べるスクール
WebデザインWebデザインスクール一覧
JavaJavaが学べるプログラミングスクール一覧
PythonPythonが学べるプログラミングスクール一覧
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクール一覧
C言語 / C++C言語が学べるスクール / C++が学べるスクール
C#C#が学べるプログラミングスクール一覧
SQLSQLが学べるプログラミングスクール一覧
AWSAWSが学べるプログラミングスクール一覧
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクール一覧
UnityUnityが学べるプログラミングスクール一覧
Androidアプリ開発Androidアプリ開発が学べるプログラミングスクール一覧
Visual BasicVisual Basicが学べるプログラミングスクール一覧
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクール一覧
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクール一覧
Go言語Go言語が学べるプログラミングスクール一覧

教養のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademy評判・口コミはこちら
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら
RaiseTech評判・口コミはこちら
デイトラ評判・口コミはこちら
TECH CAMP評判・口コミはこちら
tech boost評判・口コミはこちら
RUNTEQ評判・口コミはこちら
CodeShip評判・口コミはこちら
CodeCamp評判・口コミはこちら
Aidemy評判・口コミはこちら
レバテックカレッジ評判・口コミはこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
プログラマカレッジ評判・口コミはこちら
TECH CAMP評判・口コミはこちら
DMM WEBCAMP評判・口コミはこちら
GEEK JOB評判・口コミはこちら
DIVE INTO CODE評判・口コミはこちら
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら
TechAcademy評判・口コミはこちら
Code Village評判・口コミはこちら
  • この記事を書いた人(執筆者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-JavaScript, プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.