プログラミングスクール

ニート・無職におすすめのプログラミングスクール5選をご紹介

最終更新日 :

ニート・無職だけどエンジニア就職したい!おすすめのプログラミングスクールは無いかな...

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーや就職・転職でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はニート・無職がエンジニア転職する方法、ニートにおすすめのプログラミングスクール5選についてご紹介していきます。

【特におすすめ】ニート・無職におすすめのスクール3選

テックキャンプ
DMM WEBCAMP
DMM WEBCAMP
RUNTEQ
転職成功率98%&転職成功者3,200人
卒業生は平均年収144万円アップ

転職できなければ全額返金
給付金で受講料金が最大70%OFF
転職成功率98%
専任アドバイザーのキャリアサポート

転職できなければ全額返金
給付金で受講料金が最大70%OFF
転職成功者のWeb系企業内定率98%
月2回のオンライン面談利用
独自のポートフォリオ作成サポート
専門家による就職/転職サポート

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する記事を投稿しています。他の記事も合わせてご覧ください。

ニート・無職におすすめのプログラミングスクールの比較表

TECH CAMPDMM WEBCAMPRUNTEQポテパンキャンプ侍エンジニア塾
スクール名テックキャンプDMM WEBCAMPRUNTEQポテパンキャンプ侍エンジニア塾
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.67)(4.95)(4.85)(4.89)(4.84)
受講形態オンラインオンライン/教室通学オンラインオンラインオンライン
ニート・無職に
おすすめのコース
エンジニア転職コース短期集中コース
就業両立コース
WebマスターコースRailsキャリアコース転職保証コース
入学金0円0円0円0円99,000円
受講料金657,800円
給付金で実質197,340
690,800円~437,800円440,000円495,000円~
累計学習時間600時間(最短10週間)最短3ヶ月780~1,000時間400時間(5ヶ月間)3ヶ月~
転職支援
転職保証
年齢制限就労支援は40歳未満のみ転職保証は30歳未満のみ就労支援は35歳未満のみ転職保証は30歳未満のみ20歳以上31歳以下のみ
サポート専属ライフコーチによる進捗管理
専属キャリアアドバイザーによる
履歴書作成・求人紹介・面接対策
企業説明会やIT業界セミナーの参加
教育訓練給付制度の対象講座
自己分析面談サポート
履歴書/職務経歴書作成・面接対策
キャリアレポート
優良企業の求人紹介サポート
転職返金保証
教育訓練給付制度の対象講座
月2回のオンライン面談実施
メンターによる学習進捗サポート
ポートフォリオ作成サポート
同期との懇親会/勉強会/発表会
転職サポート
(選考対策・企業紹介など)
キャリアカウンセラーによる選考対策
卒業生限定の自社開発企業求人の紹介
ポートフォリオ制作サポート
面接対策/企業分析を無期限サポート
オリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
受講生同士の交流イベントあり
案件獲得のノウハウ提供
書類選考や面接の対策サポート
公式サイト

おすすめ教育訓練給付制度(給付金)を利用できるプログラミングスクール7選
おすすめ転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧まとめ

目次

ニート・無職でもエンジニア転職できる?

結論からお伝えすると、ニート・無職からでもエンジニアとして転職することは可能です。

実際に、ニート・無職からエンジニアとしてキャリアを形成している人が増えてきています。

エンジニアはスキル重視のIT系専門職であり、学歴・職歴が重視されないことが多いです。

「スキルさえあれば職歴は不問」「ハングリー精神があり自発的に学んでくれる人柄を重視したい」という企業も多く、努力次第で誰でも目指せる職業なのです。

ニート・無職からエンジニアになる方法

ニート・無職からエンジニアを目指す方法として代表的なのは、以下の3つです。

自分に最適な方法を探すためにも、まずは選択肢を探っていきましょう。

ニート・無職からエンジニアになる方法

  • プログラミングスクールに通ってスキルを身につける
  • ハローワークなどの職業訓練講座を受講する
  • 未経験者歓迎の求人に応募する

それでは順番に解説していきます。

方法1. プログラミングスクールに通ってスキルを身につける

エンジニアはスキルが重視される職種なので、プログラミングスクールに通って技術を習得するのが近道です。

ニート・無職という不安要素があっても、プログラミングスクールで作成したポートフォリオがあればアピールしやすく、就職活動中の自信にもつながります。

なかにはニート・無職やプログラミング未経験者の就職サポートに力を入れているプログラミングスクールもあります。

ただ就職するだけでなく、理想に近い企業を探して自分に合った就職が叶う可能性を高められるので、候補のひとつに加えておきましょう。

方法2. ハローワークなどの職業訓練講座を受講する

ハローワークなどの公的機関でも、プログラミングを始めとする職業訓練講座が開講されています。

プログラミングなど専門知識を習得できる講座だけでなく、Word・Excel・PowerPointなど業務でよく使うoffice系ソフトを学べる講座も豊富なので自分のレベルに合わせて受講するとよいでしょう。

プログラミングスクールより安価に利用できるので、初期費用を捻出できない人でも安心です。

一方、カリキュラムはプログラミングスクールより短期間に設定されていることが多く、基礎・基本しか学べないことも多いです。

現場で役立つレベルにまでスキルレベルを引き上げたい場合は、より高度なスクールに通うことを検討しましょう。

方法3. 未経験者歓迎の求人に応募する

未経験者を歓迎するエンジニア求人が出ているケースがあるので、チェックしてみましょう。

プログラミング学習経験もエンジニアとしての就業経験も問わない求人であれば、ニート・無職でも就職できる可能性が高まります。

あえて経験を重視せず採用活動している企業は入社後の教育体制が整っていることが多く、働きながらプログラミングを学べるので効率的とも言えます。

ただし、その分応募倍率も高くなる傾向にあるので注意が必要です。

学歴・職歴上のアピールポイントがある人と同じ土俵で戦わなければいけないことを理解し、可能性を諦めず根気よく就職活動する粘り強さが求められます。

ニート・無職でプログラミングスクールを選ぶポイント

ニート・無職がプログラミングスクールを利用する場合、下記のポイントを抑えたスクールを探すのがおすすめです。

入会後のミスマッチや挫折を防ぐためにも、ひとつの比較要素としてお役立てください。

ニート・無職でプログラミングスクールを選ぶポイント

  • 費用が安いスクール
  • 教育訓練給付金対象のプログラミングスクール
  • マンツーマン指導してくれるプログラミングスクール
  • チーム開発できるスクール

それでは順番に解説していきます。

ポイント1. 費用が安いスクール

ニート・無職の場合、費用を安く抑えることが大切です。

収入がない状態が長く続いている場合、多額の受講費用を捻出するのは困難でしょう。

貯金を使って賄うとしても、働きながらプログラミングスクールを利用している社会人と比較し、リスクが大きくなります。

可能な限り初期投資を抑えるためにも、なるべく費用が安いプログラミングスクールを探すのがおすすめです。

おすすめ【2022年最新】無料のプログラミングスクール6選をご紹介

【2022年最新】無料のプログラミングスクール7選をご紹介

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料で受講できるスクールを知りたい! お金に余裕がないから無料のスクールでプログラミングを学習したい! 今回はこんな悩みを解決し ...

続きを見る

ポイント2. 教育訓練給付金対象のプログラミングスクール

費用を安く抑えたい場合、教育訓練給付金対象のプログラミングスクールにしてもよいでしょう。

教育訓練給付金とは、働く人の主体的な能力開発やキャリア形成の支援を目的としてつくられた厚生労働省主体の給付金制度です。

一部のプログラミングスクールは厚生労働大臣の指定を受けた教育訓練講座となっており、受講・修了すると費用の一部が教育訓練給付金として支給されます。

ただし、受給には一定の要件を満たす必要があるので注意しましょう。

過去の雇用保険加入歴や離職してからの年数が問われるので、プログラミングスクール入会時に自分が制度を使えるか相談しておくのが理想です。

おすすめ教育訓練給付制度(給付金)を利用できるプログラミングスクール7選

教育訓練給付制度(給付金)を利用できるプログラミングスクール8選を解説

本記事の監修専門家 (監修者)トータルマネーコンサルタント 新井智美 【得意分野】 住宅ローン他各種ローン、資産運用、税制および相続 【保有資格】 ファイナンシャルプランナー(CFP®)/ 1級ファイ ...

続きを見る

ポイント3. マンツーマン指導してくれるプログラミングスクール

マンツーマン指導してくれるプログラミングスクールや、個別のカウンセリング機会を設けているプログラミングスクールであれば、ニート・無職など職歴に不安を抱える人でも利用しやすいことがメリットです。

「前の会社で就労に失敗してしまったので、今回は理想に近い会社を選びたい」「スキルゼロからエンジニアを目指すことへの不安を払拭できない」など、プログラミング技術以外の相談にも乗ってもらえる可能性が高いので利用していきましょう。

なかには、無理なく学習できるようスケジュールを個別に組んでくれたり、反対にペースアップして早期の就業を目指せるよう学習とキャリアサポートを同時進行してくれたりするプログラミングスクールも存在します。

マンツーマンのメリットを最大限活かすことができれば、学習効率も上がります。

おすすめマンツーマンサポートに対応しているプログラミングスクール6選をご紹介

マンツーマンサポートに対応しているプログラミングスクール6選をご紹介

せっかくプログラミングを学習するなら、マンツーマンでしっかり教わりたい! マンツーマンサポートに対応しているプログラミングスクールを探しているけどどんなメリット・デメリットがあるのかな? 今回はこんな ...

続きを見る

ポイント4. チーム開発できるスクール

チーム開発できるスクールでは、講師や受講生と協力しながらひとつのプログラムづくりに着手できます。

エンジニアは自分の力のみが試される個人プレーな職種であるというイメージが根強いものの、実際は他のエンジニア・Webデザイナー・Webライター・Webディレクター・Webマーケターなどと連携しながら仕事をすることが多いです。

入社してからは技術だけでなくコミュニケーション能力や調整力も求められることになるので、できればプログラミングスクール在籍時から意識しておくのが理想です。

そのため、チーム開発できるプログラミングスクールを選ぶのは大きなメリットとなります。

ニート・無職におすすめのプログラミングスクール5選

ここからは、ニート・無職におすすめのプログラミングスクールを紹介します。

理想のキャリアを歩む第一歩になるので、無料カウンセリングを利用しながら納得感の高いプログラミングスクールを選択しましょう。

TECH CAMPDMM WEBCAMPRUNTEQポテパンキャンプ侍エンジニア塾
スクール名テックキャンプDMM WEBCAMPRUNTEQポテパンキャンプ侍エンジニア塾
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.67)(4.95)(4.85)(4.89)(4.84)
受講形態オンラインオンライン/教室通学オンラインオンラインオンライン
ニート・無職に
おすすめのコース
エンジニア転職コース短期集中コース
就業両立コース
WebマスターコースRailsキャリアコース転職保証コース
入学金0円0円0円0円99,000円
受講料金657,800円
給付金で実質197,340
690,800円~437,800円440,000円495,000円~
累計学習時間600時間(最短10週間)最短3ヶ月780~1,000時間400時間(5ヶ月間)3ヶ月~
転職支援
転職保証
年齢制限就労支援は40歳未満のみ転職保証は30歳未満のみ就労支援は35歳未満のみ転職保証は30歳未満のみ20歳以上31歳以下のみ
サポート専属ライフコーチによる進捗管理
専属キャリアアドバイザーによる
履歴書作成・求人紹介・面接対策
企業説明会やIT業界セミナーの参加
教育訓練給付制度の対象講座
自己分析面談サポート
履歴書/職務経歴書作成・面接対策
キャリアレポート
優良企業の求人紹介サポート
転職返金保証
教育訓練給付制度の対象講座
月2回のオンライン面談実施
メンターによる学習進捗サポート
ポートフォリオ作成サポート
同期との懇親会/勉強会/発表会
転職サポート
(選考対策・企業紹介など)
キャリアカウンセラーによる選考対策
卒業生限定の自社開発企業求人の紹介
ポートフォリオ制作サポート
面接対策/企業分析を無期限サポート
オリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
受講生同士の交流イベントあり
案件獲得のノウハウ提供
書類選考や面接の対策サポート
公式サイト

それでは順番に解説していきます。

ニート・無職におすすめのプログラミングスクール①テックキャンプ エンジニア転職

TECH CAMP(テックキャンプ)

画像引用元:テックキャンプ

スクール名TECH CAMP(テックキャンプ)
受講形態オンライン
ニート・無職におすすめのコースエンジニア転職コース
入学金0円
受講料金657,800円
給付金で実質197,340
累計学習時間(目安)600時間(最短10週間)
質問サポート対応時間全日13-22時
転職支援あり
転職保証あり
教育訓練給付金最大56万円
サポートプロ講師に質問し放題
専属ライフコーチによる進捗管理
専属キャリアアドバイザーのサポート
履歴書作成・求人紹介・面接対策
企業説明会やIT業界セミナーの参加
14日間の無条件返金保証
転職返金保証
教育訓練給付制度によるキャッシュバック
受講条件無し(転職支援は40歳未満のみ)
公式サイトTECH CAMP | エンジニア転職コース

テックキャンプ エンジニア転職は、未経験から最短10週間でITエンジニアを目指せるプログラミングスクールです。

半年など長期的な学びが要らないので履歴書上の空白期間が長くなりづらく、最低限の学習期間だけでキャリアを形成できます。

未経験でも安心の学習カリキュラムがあること、サポートが手厚く挫折しづらい環境であることも魅力です。

また、経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座および厚生労働省の認定講座になっているので、受講料の最大70%(上限56万円)が給付されることもメリットです。

テックキャンプの教育訓練給付金

画像引用元:テックキャンプ

学習終了後には転職成功を保証する制度があり、「せっかくお金をかけてプログラミングスクールに通ったのにエンジニア転職できなかった」という事態も避けられます。

既に60,000人以上が受講し、3,200人以上の転職をサポートしてきた実績のある最大クラスのプログラミングスクールでもあるので、選択肢のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。

>> TECH CAMPのエンジニア転職コース公式サイトを確認する

テックキャンプの評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

テックキャンプってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

テックキャンプの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

テックキャンプの就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや ...

続きを見る

 

ニート・無職におすすめのプログラミングスクール②DMM WEBCAMP エンジニア転職

DMM WEBCAMP

画像引用元:DMM WEBCAMP

スクール名DMM WEBCAMP
受講形態オンライン or 教室通学
ニート・無職におすすめのコースエンジニア転職コース
入学金なし
受講料金短期集中コース(転職保証あり
690,800円
就業両立コース(転職保証あり
756,800円
専門技術コース(給付金の対象
910,800円:給付金適用で実質350,800円
累計学習時間(目安)最短3ヶ月
質問サポート対応時間13時から22時(金曜日は定休日)
転職支援あり
転職保証あり
教育訓練給付金最大56万円
サポート20日間の全額返金保証あり
履歴書や職務経歴書の添削
面接対策・自己分析サポート

キャリアアドバイザーによる面談
転職成功しなかったら全額返金保証あり
教育訓練給付金の対象コース
卒業生専用コミュニティあり
受講条件転職保証は短期集中コースと就業両立コースのみ
転職保証は30歳未満の方のみ利用可能
公式サイトDMM WEBCAMPの公式サイト

DMM WEBCAMPが提供している「エンジニア転職」コースは、その名の通りエンジニア転職を目指せるカリキュラムに特化しています。

プログラミング技術に関する質問を受け付けるメンターとは別に、モチベーション管理や学習スケジュールを立案するライフコーチと、エンジニア転職に関する相談を担当するキャリアアドバイザーがついているので、3ポジションからのサポートを受けられます。

転職成功に導く3つのサポート

画像引用元:DMM WEBCAMP

またDMM WEBCAMPでは、期間中にビジネス研修を受講できるので積極的に活用していきましょう。

ビジネス研修では、基本的なビジネスマナーや書類作成能力を培うため、過去に就業経験がないニート・無職の人でも安心です

カリキュラムが進んでいくと受講生複数人でひとつのプログラム開発に着手する「チーム開発」もでき、エンジニアとして求められるコミュニケーション能力も習得できます。

独学ではなかなかできない経験が欲しい人ほど、DMM WEBCAMPがおすすめです。

>> DMM WEBCAMPの公式サイトを確認する

DMM WEBCAMPの評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

DMM WEBCAMPってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転 ...

続きを見る

DMM WEBCAMPの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

DMM WEBCAMPの就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリー ...

続きを見る

DMM WEBCAMPで教育訓練給付金を受け取る方法【最大56万円も安くなる?】

DMM WEBCAMPなら教育訓練給付金が支給されるって本当?具体的な金額や受け取る条件について詳しく知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきて ...

続きを見る

 

ニート・無職におすすめのプログラミングスクール③RUNTEQ

RUNTEQ(ランテック)

画像引用元:RUNTEQ(ランテック)

スクール名RUNTEQ(ランテック)
受講形態オンライン
ニート・無職におすすめのコースWebアプリケーションコース
入学金0円
受講料金437,800円
累計学習時間(目安)780~1,000時間
質問サポート対応時間平日 11:00 ~ 22:00
土曜 10:00 ~ 18:00
(水・日・祝休み)
*Vue.jsに関する質問は月、火、木、金のみ
転職支援あり
転職保証なし
教育訓練給付金なし
サポート月2回のオンライン面談
専属メンターによる学習進捗サポート
中間試験・卒業試験の実施
本格的なポートフォリオ作成サポート
同期との懇親会・勉強会・発表会の実施
転職サポート(企業紹介や書類添削など)
受講条件就労支援は35歳未満のみ
公式サイトRUNTEQ(ランテック)公式サイト

RUNTEQは、Webエンジニア就職に特化したプログラミングスクールです。

1,000時間の学習量が確保されているので、現場にてひとりで開発できるレベルにまでスキルを引き上げられます

また、安易に答えを教えず自分で調べながら解決していく現場ならではのノウハウが詰め込まれたカリキュラムとなっており、字走力を身につけたい人にもぴったりです。

卒業までの間に、現場に即した実践的なタスクができるようになるか試す「中間試験」と、発展的なコードの読み書きやAPI活用による実装スキルを試す「卒業試験」があります。

RUNTEQの学習の流れ

画像引用元:RUNTEQ(ランテック)

膨大な学習ボリュームをこなしていてもモチベーションが下がらないよう工夫されているので、プログラミング学習に不安があっても問題ありません。

キャリア支援のなかでは、ビジネスの観点からポートフォリオの企画をレビューしてもらえたり、現役エンジニアによるフィードバックを受けられたりするので、未経験でも確実に選考を通過しやすくなります

>> RUNTEQ(ランテック)の公式サイトを確認する

RUNTEQ(ランテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

RUNTEQ(ランテック)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランス ...

続きを見る

RUNTEQで挫折することはある?【挫折しないための対処法も解説】

RUNTEQで挫折することってあるの?挫折せずに転職できた人の体験談や挫折しないための対処法を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フ ...

続きを見る

RUNTEQはポートフォリオ作成に対応している【作品例もご紹介】

ITエンジニア、特に自社開発を行っている企業でWebエンジニアとして働きたいと思っている人にとって「ポートフォリオ」は非常に重要です。 ポートフォリオで自分の実績やスキルを適切にアピールすることで、自 ...

続きを見る

 

ニート・無職におすすめのプログラミングスクール④ポテパンキャンプ

スクール名POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)
受講形態オンライン
ニート・無職におすすめのコースRailsキャリアコース
入学金0円
受講料金440,000円
累計学習時間(目安)400時間(5ヶ月間)
質問サポート対応時間毎日10時〜23時まで幅広く使える技術質問サポート
転職支援あり
転職保証あり
教育訓練給付金なし
サポート飛び級制度による料金の圧縮可能
専任のキャリアカウンセラーによる転職サポート
毎日10時〜23時まで使えるチャットサポート
卒業生限定の自社開発企業求人の紹介
ポートフォリオと面談対策、企業分析も無期限でサポート
勉強会・企業説明会・就活対策セミナーの開催
受講条件転職保証は30代未満限定
求人は東京エリア限定
公式サイトPOTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)公式サイト

ポテパンキャンプは、Web系開発現場で通用するスキルを身につけるためのプログラミングスクールです。

転職成功率が高いだけでなく、全体の内定者のうちWeb系開発企業から内定を得た人の割合が100%と驚異的な結果を出しています。

ポテパンキャンプの未経験者率&Web系企業の内定率

ポテパンキャンプの未経験者率&Web系企業の内定率

基礎学習104項目・実践課題16回・レビュー回数平均30回というボリュームのあるカリキュラムも特徴的で、現場レベルのコーディングスキルが身につきます。

就職することだけでなく、その後の活躍やキャリアアップも視野に入れたいニート・無職の人におすすめです。

講師として指導に当たるのは現役エンジニアのみに限定されており、最新のトレンドや現場のニーズを把握した指導をしてもらえることも魅力です。

提携している100社以上の自社開発企業がポテパンキャンプ卒業生限定の求人を出しているので、カリキュラム修了後は選考を有利に進められます。

>> POTEPAN CAMP(ポテパンキャンプ)公式サイトを確認する

ポテパンキャンプの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

ポテパンキャンプの就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランス ...

続きを見る

ポテパンキャンプの評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

ポテパンキャンプってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職とい ...

続きを見る

 

ニート・無職におすすめのプログラミングスクール⑤侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

画像引用元:侍エンジニア塾

スクール名侍エンジニア塾
受講形態オンライン
ニート・無職におすすめのコース転職保証コース
入学金99,000円
受講料金16週間:374,000円
24週間:550,000円
累計学習時間(目安)4・6ヶ月間
質問サポート対応時間8:00~22:00(合意があれば時間外も可能)
転職支援あり
転職保証あり
教育訓練給付金なし
サポート経験3年以上の専属エンジニアにいつでも質問可能
ポートフォリオ作成サポート
キャリアアドバイザーによる履歴書添削や面接対策、キャリアカウンセリングや情報提供、求人案内や応募支援など
AWSの資格習得(AWSソリューションアーキテクト・AWSクラウドプロテクショナー)
転職に特化したカリキュラムを使用
受講条件20歳〜31歳以下のみ
就業中であるか、かつ離職期間が6ヶ月未満であること
短期の有期雇用契約の期間満了による離職を除き、1年以内に2回以上の離職をしていないこと
公式サイト侍エンジニア塾の公式サイト

侍エンジニア塾(SAMURAI ENGINEER)は、低価格で始められる超実践型のプログラミングスクールです。

費用負担が少ないのでニート・無職に限らず誰でも受講しやすいプログラミングスクールとして評価され、近年受講者数が爆発的に伸びています。

2013年の創業以来一貫して専任講師による完全マンツーマンレッスンにこだわっており、プログラミングスキルのレベルや理想とするキャリアに合わせて学びの内容をアレンジしてくれます。

「ニートだが1からエンジニアを目指したい」「無職期間が長いのでどうやって就職活動すればいいかわからない」など質問しつらい相談にも率直に対応してくれるので、頼もしい存在となるでしょう。

日々の学習進捗も管理してもらえるので受講者のうち未経験者比率は9割と高く、初心者から支持されているプログラミングスクールとして成長しています。

転職成功率99%を記録する「転職保証コース」も設置されているので、学んだことを確実にキャリアへつなげたいニート・無職の人におすすめです。

>> 侍エンジニア塾の公式サイトを確認する

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じたメリット・デメリットもご紹介】

侍エンジニア塾ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

侍エンジニア塾の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

侍エンジニア塾の就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや ...

続きを見る

ニート・無職でプログラミングスクールから転職する際の注意点

最後に、ニート・無職でプログラミングスクール経由の転職をする場合の注意点を解説します。

転職してから後悔することのないよう、あらかじめポイントを押さえておきましょう。

ニート・無職でプログラミングスクールから転職する際の注意点

  • 転職先を妥協しすぎない
  • ニート・無職を隠さない
  • 転職保証の対象者を確認する
  • ある程度選考に落ちることを覚悟しておく

それでは順番に解説していきます。

注意点1. 転職先を妥協しすぎない

ニート・無職など経歴に不安を抱える場合、「雇ってもらえるだけありがたい」と思い転職先を妥協してしまいがちです。

転職することだけを目標に掲げてしまうと、入社後のミスマッチが大きく感じられてしまい、結果的にまた早期離職してしまう可能性が高まります。

100%要望に合う企業を見つけるのは難しいとはいえ、絶対に譲れないポイントだけは妥協せず企業選びをしていきましょう

注意点2. ニート・無職を隠さない

ニート・無職であったという事実はネガティブに聞こえるからこそ、なるべくプログラミングスクールのキャリアアドバイザーには隠したいと感じることもあるでしょう。

転職先の人事担当者にだけ伝えておけば理論上問題はないように思えますが、経歴を隠してキャリアサポートしてもらうメリットはありません

むしろキャリアアドバイザーはネガティブに聞こえる経歴があっても、どうポジティブに捉えてアピールしていくか自分の強みを前面に押し出すためにどうすればいいかなど、積極的な提案をしてくれます。

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥」を心に留め、気になることや不安なことは率直に伝えていきましょう。

注意点3. 転職保証の対象者を確認する

プログラミングスクールのなかには「転職保証」を掲げ、より多くの人を確実に転職させられるよう力を入れているスクールが存在します。

しかし、転職保証の対象には一定の制限がかけられているケースがあるので注意しておきましょう。

例えば、20代限定・30代限定など年齢による制限を設けているケースや、学歴・職歴などのプロフィールで制限を設けているケースがあります。

転職保証を期待して入会したのに自分が対象外だった、ということのないよう入会前に転職保証の条件を必ずチェックしておくことをおすすめします。

おすすめ転職保証に対応しているプログラミングスクールと利用条件まとめ

【厳選】転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧まとめ

エンジニアとして転職したいけど転職活動が不安... 転職保証に対応しているスクールは無いかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランス ...

続きを見る

注意点4. ある程度選考に落ちることを覚悟しておく

エンジニアの転職は近年売り手市場が続いており、人手不足に悩む企業が多いからこそエンジニア転職しやすい時代と言われています。

それでも、エンジニアは技術や経験が物を言う世界でもあるので容易に転職できるとは限りません。

実際にニートからエンジニア転職に成功した方の声を見てみましょう。

ニート・無職というネガティブポイントがあるのであれば、ある程度選考に落ちることは覚悟しておきましょう

転職の際は2~5社を受けて内定を得られたところに入社するのが一般的ですが、新卒就活の場合は数十社受けて内定を得ることが多いです。

ニート・無職から転職に向けて動く場合、新卒就活のような転職活動になることをイメージし、へこたれないメンタルや気になる企業に相次いで応募するハングリー精神を保つよう意識することが大切です。

まとめ:ニート・無職におすすめのプログラミングスクール5選をご紹介

まとめ:ニート・無職におすすめのプログラミングスクール5選をご紹介

  • エンジニアは学歴・職歴が重視されないことが多いため、他と比べてニート・無職でも転職しやすい
  • エンジニア転職したいニート・無職の方にはプログラミングスクールに通ってスキルを身につけるのがオススメ
  • スクール選びの際は「受講料が安い」「給付金を利用できる」「マンツーマンで教えてもらえる」「チーム開発がある」といった基準で選ぼう
  • ニート・無職が通うプログラミングスクールは、今回紹介した5つのスクールから選ぶのがおすすめ
  • 自社開発企業のエンジニアとして就職するには、スクールや講師のサポートを受けつつ、企画力や提案力をアピールすることが大事
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験や無料カウンセリングを利用しよう!

今回はニート・無職におすすめのプログラミングスクール5選についてご紹介しました。

改めてニート・無職におすすめのプログラミングスクール5選の比較表を確認しておきましょう。

ニート・無職におすすめのプログラミングスクールの比較表

TECH CAMPDMM WEBCAMPRUNTEQポテパンキャンプ侍エンジニア塾
スクール名テックキャンプDMM WEBCAMPRUNTEQポテパンキャンプ侍エンジニア塾
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.67)(4.95)(4.85)(4.89)(4.84)
受講形態オンラインオンライン/教室通学オンラインオンラインオンライン
ニート・無職に
おすすめのコース
エンジニア転職コース短期集中コース
就業両立コース
WebマスターコースRailsキャリアコース転職保証コース
入学金0円0円0円0円99,000円
受講料金657,800円
給付金で実質197,340
690,800円~437,800円440,000円495,000円~
累計学習時間600時間(最短10週間)最短3ヶ月780~1,000時間400時間(5ヶ月間)3ヶ月~
転職支援
転職保証
年齢制限就労支援は40歳未満のみ転職保証は30歳未満のみ就労支援は35歳未満のみ転職保証は30歳未満のみ20歳以上31歳以下のみ
サポート専属ライフコーチによる進捗管理
専属キャリアアドバイザーによる
履歴書作成・求人紹介・面接対策
企業説明会やIT業界セミナーの参加
教育訓練給付制度の対象講座
自己分析面談サポート
履歴書/職務経歴書作成・面接対策
キャリアレポート
優良企業の求人紹介サポート
転職返金保証
教育訓練給付制度の対象講座
月2回のオンライン面談実施
メンターによる学習進捗サポート
ポートフォリオ作成サポート
同期との懇親会/勉強会/発表会
転職サポート
(選考対策・企業紹介など)
キャリアカウンセラーによる選考対策
卒業生限定の自社開発企業求人の紹介
ポートフォリオ制作サポート
面接対策/企業分析を無期限サポート
オリジナル教材を利用し放題
専属コーチによる進捗管理
受講生同士の交流イベントあり
案件獲得のノウハウ提供
書類選考や面接の対策サポート
公式サイト

またニート・無職でプログラミングスクールから転職する際には以下のポイントを意識するのがおすすめです。

ニート・無職でプログラミングスクールから転職する際の注意点

  • 転職先を妥協しすぎない
  • ニート・無職を隠さない
  • 転職保証の対象者を確認する
  • ある程度選考に落ちることを覚悟しておく

自分に合ったスクールを選択して、着実にプログラミングスキルを習得していきましょう。

とはいえいきなり受講するのは怖いし不安ですよね。

そんな時は各スクールの無料体験や無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前にまずは無料体験や無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感してみましょう。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

今回はニート・無職におすすめのプログラミングスクールについてご紹介しましたが、他の基準でスクールを選びたい方は、以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル・特徴ごとのおすすめスクール

ジャンル紹介記事
料金が無料無料のプログラミングスクール一覧
無料体験無料体験があるプログラミングスクール一覧
教育訓練給付金給付金対象のプログラミングスクール / 給付金対象のWebデザインスクール
フリーランスフリーランスを目指せるプログラミングスクール一覧
全額返金保証全額返金保証があるプログラミングスクール一覧
マンツーマンサポートマンツーマンサポートがあるプログラミングスクール一覧
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール一覧
転職支援転職支援があるプログラミングスクール一覧
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧
通学型教室通学できるプログラミングスクール一覧
地方地方から受講できるプログラミングスクール一覧
分割払い分割払いできるプログラミングスクール一覧
30代未経験30代未経験におすすめのプログラミングスクール一覧
40代・50代40代・50代におすすめのプログラミングスクール一覧
社会人社会人におすすめのプログラミングスクール一覧
学割学割があるプログラミングスクール一覧
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール一覧
ニート・無職ニート・無職におすすめのプログラミングスクール一覧
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール一覧
女性女性におすすめのプログラミングスクール一覧
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール一覧
サブスク型サブスク型・月額制のプログラミングスクール一覧
土日/夜間対応土日・夜間に学べるプログラミングスクール一覧
短期集中型短期で学べるプログラミングスクール一覧
ポートフォリオポートフォリオを制作できるプログラミングスクール一覧
自社開発企業自社開発企業に就職/転職できるプログラミングスクール一覧
大企業大企業が運営しているプログラミングスクール一覧

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・スキルおすすめスクール紹介記事
HTML / CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクール一覧
RubyRubyが学べるプログラミングスクール一覧
PHP / LaravelPHPが学べるスクール / Laravelが学べるスクール
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクール一覧
JavaScript関連React / Vue.js / Node.js が学べるスクール
WebデザインWebデザインスクール一覧
JavaJavaが学べるプログラミングスクール一覧
PythonPythonが学べるプログラミングスクール一覧
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクール一覧
C言語 / C++C言語が学べるスクール / C++が学べるスクール
C#C#が学べるプログラミングスクール一覧
SQLSQLが学べるプログラミングスクール一覧
AWSAWSが学べるプログラミングスクール一覧
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクール一覧
UnityUnityが学べるプログラミングスクール一覧
Androidアプリ開発Androidアプリ開発が学べるプログラミングスクール一覧
Visual BasicVisual Basicが学べるプログラミングスクール一覧
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクール一覧
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクール一覧
Go言語Go言語が学べるプログラミングスクール一覧

教養のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
TechAcademy評判・口コミはこちら
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら
RaiseTech評判・口コミはこちら
デイトラ評判・口コミはこちら
TECH CAMP評判・口コミはこちら
tech boost評判・口コミはこちら
RUNTEQ評判・口コミはこちら
CodeShip評判・口コミはこちら
CodeCamp評判・口コミはこちら
Aidemy評判・口コミはこちら
レバテックカレッジ評判・口コミはこちら

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事おすすめ度
プログラマカレッジ評判・口コミはこちら
TECH CAMP評判・口コミはこちら
DMM WEBCAMP評判・口コミはこちら
GEEK JOB評判・口コミはこちら
DIVE INTO CODE評判・口コミはこちら
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら
TechAcademy評判・口コミはこちら
Code Village評判・口コミはこちら
  • この記事を書いた人(執筆者情報)
渡辺 瞳

渡辺 瞳

キャリアコンサルタント/フリーライター

【プロフィール】
大手転職エージェントのキャリアコンサルタント兼フリーライター。主にIT・Web業界を担当し、多くのエンジニア転職をサポートしてきた。その後、ビジネスマンのスキルアップに特化したフリーライターとしての活動を開始。プログラミングスクールを活用したエンジニアのキャリア形成を応援している。
【得意分野】
キャリアサポート、就職・転職ノウハウ
【保有資格】
国家資格 キャリアコンサルタント

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/SEOマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.