Code Village

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ【注意点や申し込み方法もご紹介】

最終更新日 :

Code Village(コードビレッジ)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミ、他のスクールとの比較内容を知りたい!
Code Villageに入会してみたい!入会時の注意点や申し込み方法を知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のCode Village(コードビレッジ)の評判やレビュー、受講時の注意点や他スクールとの比較についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

この記事でわかること

  • Code Villageの特徴
  • Code Villageの料金
  • Code Villageの評判・口コミレビュー
  • Code Villageを受講する際の注意点
  • Code Villageに向いている人・向いていない人
  • Code Villageの無料体験レッスンの申し込み方法と流れ
  • Code Villageと他のプログラミングスクールを比較
  • Code Villageのよくある質問
  • まとめ:Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ【注意点や申し込み方法もご紹介】

プログラミングスクール関連のおすすめ記事

評判の高い無料のプログラミングスクールおすすめ7選【2023年最新】

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料で受講できる評判の高いスクールを知りたい! お金に余裕がないから評判の高い無料のスクールでプログラミングを学習したい! 今回 ...

続きを見る

転職支援に強いプログラミングスクールおすすめ9選【30代でも大丈夫?】

転職支援/就職支援に強いプログラミングスクールを知りたい!スクールの選び方や学習方法のコツはあるかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリ ...

続きを見る

目次

Code Village(コードビレッジ)の特徴

Code Village

画像引用元:Code Village

それではまずはCode Village(コードビレッジ)の特徴から解説していきます。

Code Village(コードビレッジ)の基本情報

スクール名Code Village(コードビレッジ)
総合評価
【総合評価の詳細】各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
(4.60)
受講形態オンライン
コースの種類Web開発に特化した1コースのみ
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
React/Nuxt/Node/
Express/PHP/Laravel/
Ruby/Ruby on Railsなど
サポートマンツーマンメンタリング
オーダーメイド教材(動画・テキスト教材見放題)
学習進捗管理
質問し放題(5分回答)
キャリア・転職サポート
コミュニティ・チーム開発
保証制度申し込みから8日間以内であればいつでもキャンセル可能
質問受付時間平日15:00~20:00
休日10:00~20:00
*回答時間は5分以内
受講期間6ヶ月(400時間)
年齢制限なし
販売事業者名・所在地・運営責任者株式会社Nextlogy
〒107-0052 東京都港区赤坂2-23-1アークヒルズフロントタワー17階
Twitter@CodeVillage4
公式サイトCode Villageの公式サイト

Code Village(コードビレッジ)は「キャリアを自走できるエンジニア」の輩出を目指すプログラミングスクールです。

スクール卒業や転職成功ではなく、継続的にキャリアを自走することをゴールとしています

Code Villageでは学習内容はPHP、Ruby、JavaScriptなどを用いたWeb開発に絞られています。

その中でも特にReactやNuxt、LaravelやRuby on Railsなどの需要の高いフレームワーク、ライブラリのスキルを学習できるスクールは珍しく、Code Villageの大きな強みと言えるでしょう。

またプログラミング未経験の人でもしっかり学習を進められるように質問サポートやメンタリングサポートや転職サポートが用意されています。

未経験からエンジニア転職を目指す方にピッタリのスクールと言えるでしょう。

Code Village(コードビレッジ)の料金

さて続いてはCode Village(コードビレッジ)の料金について解説していきます。

料金の概要は以下の通り。

入会金0円
受講料金495,000円(税込)
期間6ヶ月
支払い方法銀行振込
クレジットカード決済
分割払いクレジットカード決済なら可能
クーリングオフ対象外
保証制度申し込みから8日間以内であればいつでもキャンセル可能
別途費用追加費用は無し

受講料金や支払い方法について気になる方はオンライン無料カウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

Code Village(コードビレッジ)の料金を解説【他のスクールとの比較も】

Code Village(コードビレッジ)の料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! Code Village(コードビレッジ)の料金って他のプログラミングスクールと比較すると ...

続きを見る

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ

続いては、実際にCode Village(コードビレッジ)を受講した方の評判・口コミレビューをいくつかご紹介します。

Code Villageのリアルな雰囲気や印象について詳しく知りたい方は必見です。

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ①量が多く質が高い

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ②Google風のカレンダーを開発できた

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ③オフライン&オンラインの交流会が開催された

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ④半年前の自分と比べて確実に成長している

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ⑤メンターの方が優しくて話しやすい

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ⑥メンタリングでは一緒に計画を立ててくれる

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ⑦転職サポートが親身で信頼性も高い

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ⑧エンジニアとしての心構えが定まった

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ⑨プログラミングの敷居が下がった

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ⑩動画解説があるので学習を進めやすい

Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミレビューは以上になります!

少しでも興味が湧いてきた大学生の方はエンジニアとしての素質があるかもしれません。

Code Villageのオンライン無料カウンセリングに参加して、色々と質問してみましょう。

Code Village(コードビレッジ)を受講する際の注意点

これまでの説明でCode Village(コードビレッジ)の特徴や受講料金、口コミレビューによる評判などをご紹介しました。

ですが安心するのはまだ早いです!

ここではCode Villageを受講する際の注意点を2つご紹介します。

Code Village(コードビレッジ)の注意点

  • 質問回答時間は短い
  • 返金保証期間は8日間

それでは順番に解説していきます。

注意点① 質問回答時間は短い

Code Village(コードビレッジ)では「5分以内の質問回答」に対応していますが、そもそもの質問回答対応時間は限られています。

  • 平日15:00~20:00
  • 休日10:00~20:00

*質問自体はいつでも送信可能です。

ご覧のように平日は1日の内、わずか5時間しか対応していません

その分、質問に対する返答は5分以内とかなり早いです。

一般的なプログラミングスクールは1日10時間〜24時間と質問対応時間が長く設けられていることが多いですが、Code Villageの場合は決して長くないことを把握しておきましょう。

注意点② 返金保証期間は8日間

Code Village(コードビレッジ)では最初の8日間以内であれば、全額返金が可能です。

ですが、それ以降に退会・解約する場合は、いかなる理由があっても返金が認められないのでご注意ください。

Code Villageはクーリングオフの対象外であるためです。

とはいえCode Villageが自分に合わなくても、期間内なら受講料金を損すること無く退会できるのは大きな安心材料と言えるでしょう。

Code Village(コードビレッジ)に向いている人・向いていない人

次に今回紹介したCode Village(コードビレッジ)の特徴や口コミレビューから、Code Villageに向いている人・向いていない人を解説します。

Code Village(コードビレッジ)に向いている人・向いていない人

Code Village(コードビレッジ)に向いている人

  • Webエンジニアとして転職したい人
  • プログラミング初心者・未経験者
  • プログラミング学習意欲が高い人
  • 一度プログラミング学習に挫折してしまった人
  • オンラインで教わりたい人
  • 時間や場所に縛られない働き方をしたい人
  • 現役エンジニア講師から徹底的に教わりたい人
  • 受講生同士の交流を深めたい人
  • 目標に合わせたキャリアサポートを利用したい人

Code VillageはWeb開発に特化したプログラミングスクールで、カリキュラムやサポートも充実しています。

そのためWebエンジニアとして就職・転職したいと考えている方にピッタリのスクールと言えるでしょう。

また完全オンラインで学習できるため、時間や場所に縛られること無く自由に勉強を進めることもできます

当初はオフラインでの少人数制の授業にも対応していましたが、2022年現在はオンラインのみとなっています。

Code Village(コードビレッジ)に向いていない人

  • エンジニア以外の職種に就きたい人
  • お金に余裕がない人
  • プログラミング学習意欲が低い人
  • Web開発以外を学びたい人

Code Village(コードビレッジ)の料金は6ヶ月間で49万円と、プログラミングスクールの中ではやや高い方に分類されます。

そのためお金に余裕がない人は別のスクールを探した方が安心です。

またCode Villageでは講師やスタッフが丁寧にサポートしてくれるという側面はあります。

だからといって生徒のモチベーションが中途半端だと、プログラミングスキルは伸び悩むのは言うまでもないでしょう。

せっかく受講するなら確固たる覚悟を持って挑むことをおすすめします。

Code Village(コードビレッジ)はHTML/CSSやJavaScript/PHPを用いたWeb開発のプログラミングをメインに取り扱っているプログラミングスクールです。

そのため2022年12月現在、Code Villageではモバイルアプリ開発やAI開発を学ぶことはできません。もしも学習したい場合は、コース対応が幅広いTechAcademy侍エンジニア塾を受講することをオススメします。

プログラミング学習が不安な時は

とはいえプログラミング学習が不安な初心者の方もいらっしゃると思います。

そんな時はCode Village(コードビレッジ)がどんなスクールでどんな雰囲気なのか知るためにCode Villageのオンライン無料カウンセリングを利用してみるのがオススメです。

Code Villageに入りたいけど不安や疑問点がある方、実際のカリキュラムを使用してみたい方は是非利用してみましょう!

とはいえ新しいことを始めるのは不安だし怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずはオンライン無料カウンセリングに参加して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

>> Code Villageのオンライン無料カウンセリングに申し込む

Code Village(コードビレッジ)のオンライン無料カウンセリングの申し込み方法と流れ

さてここからはCode Villageのオンライン無料カウンセリングの申し込み方法と大まかな流れについてご説明します。

手順は超簡単です!!

Code Villageのオンライン無料カウンセリングの申し込み方法と流れ

  • Code Village公式サイトの参加フォームを記入
  • 後日送られてくるメールよりオンライン無料カウンセリングに参加

それでは順番にご紹介していきます。

手順① Code Village公式サイトの入力フォームを記入

まずは以下のリンクをクリックしてCode Village公式サイトにアクセスしましょう。

>> Code Village(コードビレッジ)の公式サイト

すると以下のような画面が表示されますので、画面内の「オンライン無料カウンセリングはこちら」と書かれたボタンをクリックしましょう。

Code Village公式サイト すると無料カウンセリングフォームに移動するので、必要項目を入力していきます。

Code Village公式サイトの入力フォームを記入

入力項目

  • 名前
  • 電話番号
  • メールアドレス
  • 予約日時(第一希望)
  • 予約日時(第二希望)
  • 希望理由

プロフィールを入力し終わったら「送信内容を確認する」と書かれた赤いボタンをクリックして確認画面に進みましょう。

無料カウンセリングフォーム確認画面

入力内容とプライバシーポリシーを確認したら「送信する」と書かれた赤色のボタンをクリックして完了です。

手順② 後日送られてくるメールよりオンライン無料カウンセリングに参加

オンライン無料カウンセリングの参加日が近づくと、記入したメールアドレス宛に案内メールが届きます

当日になったら、メール内に書かれたURLをクリックしてカウンセリングに参加すればOKです。

メールは削除せずに大切に保管しておきましょう!

Code Village(コードビレッジ)と他のプログラミングスクールを比較

今回はCode Village(コードビレッジ)について色々とご紹介してきましたが、他のプログラミングスクールと比較するとどのような違いがあるのでしょうか?

ここではCode Villageと似たジャンルのプログラミングスクールを参考に徹底比較していきます。

スクール名Code VillageポテパンキャンプテックアカデミーRUNTEQ
料金495,940円440,000円99,900円~437,800円~
受講形態オンラインオンラインオンラインオンライン
コースの種類1種類1種類30種類以上1種類
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
React/Nuxt/Node/
Express/PHP/Laravel/
Ruby/Ruby on Railsなど
HTML/CSS/JavaScript/
Ruby/Ruby on Rails/
SQL/Git/コマンドラインなど
HTML/CSS/JavaScript/PHP/
WordPress/Ruby/Ruby on Rails/Java/Python/Android/
iOS/Unity/AI/GAS/OSSなど
HTML/CSS/Ruby/Ruby on Rails/
Git/MySQL/AJAX/JavaScript/
RSpec/ActiveRecord/
オブジェクト指向/Vue.js/APIなど
サポートマンツーマンメンタリング
オーダーメイド教材
(動画・テキスト教材見放題)
学習進捗管理
質問し放題(5分回答)
キャリア・転職サポート
コミュニティ・チーム開発
飛び級制度による料金の圧縮可能
キャリアカウンセラーによる転職サポート
経験豊富なエンジニアのレビュー
受講生限定イベント
毎日10時〜23時の質問サポート
転職できなかったら全額返金保証
カリキュラム無期限閲覧
週2回のマンツーマンメンタリング
回数無制限の課題レビュー
毎日即レスのチャットサポート
ポートフォリオ作成サポート
月2回のオンライン面談
学習進捗サポート
本格的なポートフォリオ作成サポート
転職サポート(企業紹介や書類添削など)
講師現役エンジニア現役エンジニア実務経験3年以上の現役エンジニア現役エンジニア
受講期間6ヶ月間5ヶ月間4,8,12,16週間から選択6ヶ月
年齢制限無し無し無し無し
返金対応8日以内なら可転職できなかったら可能初回ログインするまでなら可無し
おすすめの人Webエンジニアスキルを身に付けたい人質の高い転職サポートを利用したい人多様なプログラミングスキルで副業・就職したい人質の高い転職サポートを利用したい人
評判Code Villageの評判ポテパンキャンプの評判テックアカデミーの評判RUNTEQの評判
公式サイトCode Village公式サイトポテパンキャンプ公式サイトテックアカデミー公式サイトRUNTEQ公式サイト

ご覧のようにCode Village、ポテパンキャンプ、テックアカデミー、RUNTEQの4つのプログラミングスクールで比較してみました。

それぞれのスクールのメリットやデメリットを確認し、自分の生活環境や学びたい内容に合わせて受講するのがオススメです。

Code Village(コードビレッジ)のよくある質問

では最後にCode Village(コードビレッジ)のよくある質問についていくつかご紹介します。

質問① 初心者(PC操作なども苦手)でも受講可能ですか?

初心者でも受講可能ですか?

Code Villageでは完全初心者対応のカリキュラムとなっており、挫折させない仕組み作りを用意しております。

初心者以外にも、プログラミング学習の挫折経験がある方も受講可能です。

質問② オンライン無料カウンセリングはどんな内容ですか?

カウンセリングはどんな内容ですか?

Code Villageの内容やカリキュラムの内容について詳しく説明を受けます。

気になる質問や疑問点があれば、その場で相談して解決することもできます。

質問③ 学習時間の確保はどれくらい必要ですか?

学習時間の確保はどれくらい必要ですか?

受講期間内(5ヶ月間)で約400時間の学習を目指します。

「働きながら」「学校に通いながら」の方は時間を確保できるかよく考えて受講しましょう。

質問④ 学生でも受講可能ですか?

学生でも受講可能ですか?

Code Villageには年齢制限や受講制限が無いので学生でも受講可能です。

実際Code Villageには将来を見据えて早くから通っている学生が沢山います。

質問⑤ オンライン無料カウンセリングのあとに入会をキャンセルできますか?

カウンセリング後にキャンセル可能?

オンライン無料カウンセリングでは入会を強制することはありません。

オンライン無料カウンセリングの後に入会をキャンセルしても問題ありません。

Code Villageの公式サイトより

まとめ:Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ【注意点や申し込み方法もご紹介】

まとめ:Code Village(コードビレッジ)の評判・口コミ【注意点や申し込み方法もご紹介】

  • Code Village(コードビレッジ)は「キャリアを自走できるエンジニア」の輩出を目指すプログラミングスクール
  • Code Villageの料金は6ヶ月間で495,000円(入会金は無料)
  • Code Villageの評判・口コミレビューには「カリキュラムの質が高い」「スタッフのサポートが丁寧」「プログラミングのイメージが変わった」といった声がある
  • Code Villageの返金保証期間は8日間と限られているので注意しよう
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐオンライン無料カウンセリングを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のCode Village(コードビレッジ)の評判や口コミレビュー、受講時の注意点や他スクールとの比較についてご紹介しました。

では改めてCode Village(コードビレッジ)の特徴を確認しておきましょう。

スクール名Code Village(コードビレッジ)
受講形態オンライン
コースの種類Web開発に特化した1コースのみ
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
React/Nuxt/Node/
Express/PHP/Laravel/
Ruby/Ruby on Railsなど
サポートマンツーマンメンタリング
オーダーメイド教材(動画・テキスト教材見放題)
学習進捗管理
質問し放題(5分回答)
キャリア・転職サポート
コミュニティ・チーム開発
保証制度申し込みから8日間以内であればいつでもキャンセル可能
質問受付時間平日15:00~20:00
休日10:00~20:00
*回答時間は5分以内
受講期間6ヶ月(400時間)
年齢制限なし
販売事業者名・所在地・運営責任者株式会社Nextlogy
〒107-0052 東京都港区赤坂2-23-1アークヒルズフロントタワー17階
Twitter@CodeVillage4
公式サイトCode Villageの公式サイト

一方で受講の際には以下の注意点に気をつけましょう。

Code Village(コードビレッジ)の注意点

  • 質問回答時間は短い
  • 返金保証期間は8日間

またCode Village(コードビレッジ)は転職・就職の成功だけでなく、生徒ひとりひとりがエンジニアとして自立してキャリアを歩めるようにサポートするスクールです。

年齢制限や受講条件が無いので、未経験の方でも安心して受講することができます。

Code Village(コードビレッジ)ではPHPやRubyやJavaScriptなどの色々な言語を用いながらWeb開発を学習します。また5分以内の質問サポート、マンツーマンメンタリングサポート、転職サポートといった手厚いサポートが充実しているので、Webエンジニアとしてのキャリアアップを目指している方には非常にオススメです。

とはいえいきなり入塾するのは不安ですし怖いですよね。

そんな時はCode Villageのオンライン無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

今回はCode Village(コードビレッジ)について詳しくご紹介しましたが、もしプログラミングスクール選びで迷っている方は、以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル・特徴ごとのおすすめスクール

ジャンル紹介記事
おすすめおすすめのプログラミングスクールランキング22選
料金が無料無料のプログラミングスクール一覧
無料体験無料体験があるプログラミングスクール一覧
教育訓練給付金給付金対象のプログラミングスクール / 給付金対象のWebデザインスクール
副業副業におすすめのプログラミングスクール一覧
フリーランスフリーランスを目指せるプログラミングスクール一覧
全額返金保証全額返金保証があるプログラミングスクール一覧
マンツーマンサポートマンツーマンサポートがあるプログラミングスクール一覧
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール一覧
転職支援転職支援があるプログラミングスクール一覧
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧
通学型教室通学できるプログラミングスクール一覧
地方地方から受講できるプログラミングスクール一覧
分割払い分割払いできるプログラミングスクール一覧
30代未経験30代未経験におすすめのプログラミングスクール一覧
40代・50代40代・50代におすすめのプログラミングスクール一覧
社会人社会人におすすめのプログラミングスクール一覧
学割学割があるプログラミングスクール一覧
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール一覧
ニート・無職ニート・無職におすすめのプログラミングスクール一覧
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール一覧
女性女性におすすめのプログラミングスクール一覧
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール一覧
サブスク型サブスク型・月額制のプログラミングスクール一覧
土日/夜間対応土日・夜間に学べるプログラミングスクール一覧
短期集中型短期で学べるプログラミングスクール一覧
ポートフォリオポートフォリオを制作できるプログラミングスクール一覧
自社開発企業自社開発企業に就職/転職できるプログラミングスクール一覧
大企業大企業が運営しているプログラミングスクール一覧

プログラミング言語・スキル別のおすすめスクール

プログラミング言語・スキルおすすめスクール紹介記事
HTML / CSSHTML/CSSが学べるプログラミングスクール一覧
RubyRubyが学べるプログラミングスクール一覧
PHP / LaravelPHPが学べるスクール / Laravelが学べるスクール
JavaScriptJavaScriptが学べるプログラミングスクール一覧
JavaScript関連React / Vue.js / Node.js が学べるスクール
WebデザインWebデザインスクール一覧
JavaJavaが学べるプログラミングスクール一覧
PythonPythonが学べるプログラミングスクール一覧
SwiftSwiftが学べるプログラミングスクール一覧
C言語 / C++C言語が学べるスクール / C++が学べるスクール
C#C#が学べるプログラミングスクール一覧
SQLSQLが学べるプログラミングスクール一覧
AWSAWSが学べるプログラミングスクール一覧
AI・人工知能AIが学べるプログラミングスクール一覧
UnityUnityが学べるプログラミングスクール一覧
Androidアプリ開発Androidアプリ開発が学べるプログラミングスクール一覧
Visual BasicVisual Basicが学べるプログラミングスクール一覧
WordPressWordPressが学べるプログラミングスクール一覧
ゲーム開発ゲーム開発が学べるプログラミングスクール一覧
Go言語Go言語が学べるプログラミングスクール一覧

教養のためにプログラミングを勉強したい人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事総合評価 *1
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら(4.89)
DIVE INTO CODE評判・口コミはこちら(4.87)
RUNTEQ評判・口コミはこちら(4.85)
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら(4.84)
TechAcademy評判・口コミはこちら(4.79)
インターネットアカデミー評判・口コミはこちら(4.78)
tech boost評判・口コミはこちら(4.65)
デイトラ評判・口コミはこちら(4.64)
RaiseTech評判・口コミはこちら(4.58)
Winスクール評判・口コミはこちら(4.54)
Aidemy評判・口コミはこちら(4.51)
ヒューマンアカデミー評判・口コミはこちら(4.42)
テックキャンプ
プログラミング教養
評判・口コミはこちら(4.39)
レバテックカレッジ評判・口コミはこちら(4.23)

エンジニア転職を目指す人向けのスクール

スクール名(公式サイト)レビュー記事総合評価 *1
DMM WEBCAMP評判・口コミはこちら(4.95)
ポテパンキャンプ評判・口コミはこちら(4.89)
RUNTEQ評判・口コミはこちら(4.85)
侍エンジニア塾評判・口コミはこちら(4.84)
TechAcademy評判・口コミはこちら(4.79)
インターネットアカデミー評判・口コミはこちら(4.78)
プログラマカレッジ評判・口コミはこちら(4.69)
テックキャンプ
エンジニア転職
評判・口コミはこちら(4.67)
Code Village評判・口コミはこちら(4.60)
GEEK JOB評判・口コミはこちら(4.56)
【*1 プログラミングスクールの総合評価の詳細】
各スクールの総合評価は講師・メンターのレベル、カリキュラムの質、学習サポートの質、チーム開発の有無、キャリアサポート(就職/転職支援や独立/副業支援)の質、受講料金のコストパフォーマンス、受講生からの評判・口コミ、卒業生の実績(SESの就職割合の低さ、自社開発企業の就職割合の高さ、平均年収のアップ量等)、運営企業の信頼性・権威性などの23個の評価項目・判断軸をそれぞれ1.0~5.0点(0.5点間隔)で採点し、それらの幾何平均のスコアを相対評価で100分の1の位まで算出しております。
本サイトの評価は目安のひとつであり、サービスの品質を保証するものではありません。
  • この記事を書いた人(著者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部生兼フリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Code Village

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.