TechAcademy

テックアカデミーのデータサイエンスコースってどうなの?【特徴や学習内容をご紹介】

テックアカデミーのデータサイエンスコースってどうなの?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのデータサイエンスコースって稼げる?特徴や料金、評判について詳しく知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーやエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

特にプログラミングの中でも人気の高い「Pythonを使ったデータ分析」は初心者を中心に急激な人気を集めています

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のテックアカデミーのデータサイエンスコースの特徴や学習内容、稼ぎ方についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • テックアカデミーの特徴
  • テックアカデミーのデータサイエンスコースの概要
  • テックアカデミーのデータサイエンスコースで稼げる?
  • まとめ:テックアカデミーのデータサイエンスコースってどうなの?

当サイトではWebやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

テックアカデミー以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】
プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】

続きを見る

テックアカデミーの特徴

1. TechAcademy(テックアカデミー)

まずはTechAcademy(テックアカデミー)がどんなプログラミングスクールなのか簡単にご説明していきます。

具体的には以下の5つのポイントでご紹介していきます。

  1. マンツーマンメンタリング
  2. 豊富なコース
  3. チャットサービス
  4. 実践的なツール
  5. 課題レビュー

マンツーマンメンタリング

TechAcademyでは生徒にメンターが配属され、週に2回ビデオチャットを使ったメンタリングを受けることができます。

メンタリングでは進路相談や転職相談などあらゆる問題について相談してアドバイスを貰えるので、安心してプログラミング学習を進められます。

豊富なコース

テックアカデミーの強みとしてコースの種類が非常に多い点が挙げられます。

具体的には以下の通り。

テックアカデミーのコース

テックアカデミーのコース

プログラミング系のコースはもちろん、デザイン系やマネジメント系まで様々な分野のコースがあるので自分に合った選択ができるのです。

チャットサービス

テックアカデミーではチャットを使った質問サービスを使用することができます。

プログラミングなどで分からないことがあったらすぐに質問できる環境が整っているので、効率よく学習を進められます。

15時から23時までならいつでも質問可能ですので、自分の好きなタイミングで疑問を解決できちゃうんです

実践的なツール

TechAcademyは社会に出てからも通用するエンジニアを育成するため、実践的なツールの使い方も学ぶことができます。

具体的には「講師と円滑な連絡が取れるSlack」や「コード共有が簡単になるGitHub」、他にもAWSやgyazoといったように数々の便利ツールを使用します。

コーディングのスキルだけでなく、プログラマー・エンジニアとしてのあらゆるスキルを身に着けたい方におすすめです。

課題レビュー

テックアカデミーでは、出された課題を何回でもレビューしてもらうことができます。

もし自分が間違ったコードで理解していたとしても課題レビューを使えば、正しいプログラムコードを教えてくれるというわけです。

TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】
テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

 

テックアカデミーのデータサイエンスコースの概要

テックアカデミーのデータサイエンスコースの概要

ここからはテックアカデミーのデータサイエンスコースについて詳しく見ていきます。

具体的には以下のポイントからご紹介していきます。

  • テックアカデミーのデータサイエンスコースで身に付くスキル
  • テックアカデミーのデータサイエンスコースで開発するプログラム
  • テックアカデミーのデータサイエンスコースの料金と期間
  • テックアカデミーのデータサイエンスコースに向いている人・向いていない人
  • テックアカデミーデータサイエンスコースの参加条件
  • テックアカデミーデータサイエンスコースの関連コース

それでは順番に見ていきましょう。

テックアカデミーのデータサイエンスコースで身につくスキル

テックアカデミーのデータサイエンスコースでは主に以下のスキルを習得できます。

テックアカデミーのデータサイエンスコースで身に付くスキル

  1. Python
    機械学習でよく使われる最近人気のプログラミング言語です。機械学習系のライブラリが充実しているのでAI学習に向いています。シンプルなコードで書きやすいのもの特徴です。
  2. Pandas
    Pythonのライブラリの1種で、データ解析を便利に進める機能が提供されています。数表や時系列データの操作に特化しています。
  3. NumPy
    NumPyはPythonで学術計算・数値計算を効率よく行うための拡張ライブラリです。Pythonを用いたデータサイエンスには欠かせないツールです
  4. scikit-learn
    Pythonで書かれたオープンソース機械学習ライブラリで、「サイキット・ラーン」と読みます。主に回帰分析やクラスタリングなどを実行できるようになります。
  5. その他実務で役立つスキル
    SlackやGitHubといったチーム開発を円滑に進めるエンジニア必須ツールの使い方を学びます。

ご覧のようにテックアカデミーのデータサイエンスコースでは「Pandas」「NumPy」「scikit-learn」といったPythonのライブラリを使いながらデータサイエンスを習得します。

Pythonは「初心者でも扱いやすい難易度」「AI開発やデータ処理で応用できる」「言語別年収が圧倒的に多い」「フレームワークやライブラリが豊富」といったメリットがたくさんあり、世界中から絶大な人気を集めています。

そのためPythonは「2021年ITエンジニアが学びたいプログラミング言語ランキング」では2位のJavaと圧倒的な差をつけて1位にランクインしています。

今激アツなPythonを習得して将来活躍するためにも、テックアカデミーのデータサイエンスコースは超おすすめのコースと言えるでしょう。

「結局Pythonって何?」「そもそもデータサイエンスって何?」といった方もいらっしゃるかもしれませんが心配ご無用!

テックアカデミーでは「現役エンジニアの質の高い授業」「パーソナルメンターの丁寧なメンタリング」といったサポートが充実しています。

あなたのレベルや進捗状況に応じて最も効率的なトレーニングメニューが設定されるので挫折すること無くスムーズに目標まで進むことができるのです。

入会前はさっぱりだった言葉もすぐにマスターできるようになっていることでしょう。

テックアカデミーのデータサイエンスコースで開発するプログラム

テックアカデミーのデータサイエンスコースでは、Pythonのライブラリを使って期間内に以下の4つのプログラムを開発します。

テックアカデミーのデータサイエンスコースで開発するプログラム

  • 区間推定、仮説検定による母集団の検証
    乱数データを用いて古典的統計解析手法を習得(t検定)
  • 住宅価格の予測
    統計モデリングの基礎を習得
  • サッカーの勝敗予測
    ポアソン回帰により一般化線形モデルの基礎を習得
  • オリジナルのデータ解析
    公開されているデータセットを使ってデータ解析

このようにどれも実務で役立つ統計学の基礎・データ分析の手法となるプログラムばかりです。

プログラミング初心者の人でもたった数ヶ月でこのような高度なプログラムを作れてしまうんですから驚きです

特にコース後半では公開されているデータセットを使って完全オリジナルのデータ解析を実装します。

こうしたオリジナルの制作物は就活や転職活動でポートフォリオとしてアピールできるので、あなたのキャリアを有利にすすめることができるでしょう。

テックアカデミーのデータサイエンスコースの料金・期間

テックアカデミーのデータサイエンスコースの料金・期間を表にまとめると以下のようになります。

8週間プラン12週間プラン16週間プラン
社会人料金(税込)229,900円284,900円339,900円
学生料金(税込)196,900円229,900円262,900円
メンタリング回数15回23回31回
チャットサポート15〜23時(8時間)15〜23時(8時間)15〜23時(8時間)
1週間あたりの
学習時間目安
20~25時間14~18時間10~13時間
1時間あたりの料金社会人:513円
学生:439円
社会人:423円
学生:342円
社会人:379円
学生:293円

*クレジットカード払い(分割可能)、コンビニ決済、銀行振込から選択できます
*カード分割払いご利用回数は(3 / 5 / 6 / 10 / 12 / 15 / 18 / 20 / 24)となっています
*すべてのプランで先割キャンペーンに対応しています

テックアカデミーのデータサイエンスコースは経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座に認定され、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定されています。
そのため条件を満たしている生徒は受講料の最大70%(237,930円)が教育訓練給付金としてキャッシュバックされます。
確実に実質3割の値段で利用するためにも、詳しくはTechAcademyの無料体験をご利用ください。

ちなみにTechAcademyの無料体験を受講すれば10,000円割引されるので非常にオススメです。

無料体験では以下のサービスを受けることができます。

  • 10,000円割引プレゼント
  • マンツーマンメンタリング
  • 毎日8時間のチャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー
これほど有益なサービスを無料で利用できるスクールは中々ありません。

まずはTechAcademy(テックアカデミー)公式サイトから気軽に相談してみましょう。

TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのデータサイエンスコースに向いている人・向いていない人

ではテックアカデミーのデータサイエンスコースに向いている人・向いていない人はそれぞれどういった人が当てはまるのでしょうか?

テックアカデミーのデータサイエンスコースに向いている人

  • データサイエンスを学びたい人
  • 統計学を基礎から学びたい人
  • データサイエンティストとして活躍したい人
  • Pythonエンジニアとして活躍したい人
  • Pythonのライブラリを使いこなしたい人
  • プログラミング初心者や未経験者の人
  • オンラインマンツーマンで習いたい人
  • 将来のためにプログラミングを学びたい学生
  • レベルの高い現役エンジニアから習いたい人
  • 時間や場所にとらわれずに勉強したい人

Pythonは年々人気が高まっているプログラミング言語ですので、報酬や給料も高くなりがちです。

将来データサイエンティストなどのPythonエンジニアとして活躍したい方にはイチオシのコースと言っていいでしょう。

Pythonは初心者の方にも易しい言語ですので安心です

テックアカデミーのデータサイエンスコースに向いていない人

  • 十分な学習時間を確保できない人
  • オフライン学習で仲間を作りたい人
  • Pythonを使ったAI開発を学びたい人

Androidアプリ開発はプログラミングの中ではやや難しめのジャンルです。

そのため十分な学習時間を確保しないとスキルを磨くことはできません。

もし受講を考えているならなるべく時間に余裕のある期間に入会すると良いでしょう。

またデータサイエンスコースではPythonを学びますが、Pythonを使ったAI開発には対応していません

Pythonを使った評判分析やディープラーニングのスキルを習得したい人は「Pythonコース」や「AIコース」がオススメです。

テックアカデミーのPythonコースってどうなの?
テックアカデミーのPythonコースってどうなの?

続きを見る

テックアカデミーのAIアプリコースってどうなの?【特徴や料金、評判まで徹底解説】
テックアカデミーのAIコースってどうなの?【特徴や料金、評判まで徹底解説】

続きを見る

テックアカデミーのデータサイエンスコースの参加条件

テックアカデミーの公式サイトでは、参加条件を以下のように定めています。

テックアカデミーのデータサイエンスコースの参加条件

  • 必要なメンタリング回数をこなすことが出来る
  • 期間内に必要な学習時間を確保出来る
  • MacかWindowsのPCを持っている
  • Google Chrome を利用できる
  • PCの基本的な操作が問題なくできる

ほとんどの方は条件を満たしていると思います。

受講を考えている方はある程度操作に慣れたPCを用意して、時間に余裕のある期間に入会すると良いでしょう。

年齢制限は特にありませんので緊張せずに安心して受講しましょう!

テックアカデミーのデータサイエンスコースの関連コース

ちなみにテックアカデミーではデータサイエンスコースと関連コースをセットで受講すると、セット割によってお得な料金で利用できます

具体的にはこんな感じ。

テックアカデミーのデータサイエンスコースに対応しているセットコース

  • Python+データサイエンスセット←最大6万円お得!
    Pythonの基礎からデータ分析や機械学習、ディープラーニングといった広い範囲を学びます
  • Python+AI+データサイエンスセット←最大13.8万円お得!
    Pythonやデータ分析はもちろん、機械学習やディープラーニング、画像解析や音声認識といった実践的なAI開発を深く学びます

Pythonを大きく分けると「機械学習やディープラーニングを学ぶAI開発」と「統計学やモデル構築を学ぶデータサイエンス」の2つに分類できます。

そのためPythonエンジニアとして最大限活躍したい方はセット割を利用して他の分野も一緒に学習するのも良いでしょう。

個人的にはデータサイエンスだけでなくAI開発の深い部分までお得に学べる「Python+AI+データサイエンスセット」がオススメです!

 

テックアカデミーのデータサイエンスコースで稼げる?

テックアカデミーのデータサイエンスコースで稼げる?

テックアカデミーのデータサイエンスコースについて詳しく見てきましたが、データサイエンティストとして稼ぐことはできるのでしょうか?

テックアカデミーならフリーランスのデータサイエンティストとして稼げる

結論から申し上げるとテックアカデミーのデータサイエンスコースを受講すればデータサイエンティストとして稼ぐことは十分可能です。

例えばフリーランス・副業のプラットフォームとして有名なランサーズではデータサイエンティストに関する仕事がたくさんあります。

データサイエンティストの仕事 データサイエンティストの仕事

ご覧のように様々なデータの分析業務をするだけで数十万円の報酬を貰える仕事がたくさん転がっています。

データサイエンティストの具体的な募集内容としては

  • 【Python】データ基盤を構築し、営業にイノベーションを起こすデータエンジニアリング業務
  • 【Python】自社IoT製品・アプリを使用したデータ分析業務
  • 【Python】【データサイエンティスト】テレビ視聴データを活用したデータ分析案件
  • 機械学習基盤の開発エンジニア募集(Python)
  • 【データサイエンティスト】介護福祉領域プロダクトに関するデータサイエンス業務
  • 【データサイエンティスト】オンライン学習コンテンツに関するデータサイエンティスト業務
  • AIエンジニア、データサイエンティスト募集
  • 【データサイエンティスト】ビッグデータを扱うアプリケーションのデータベース開発

といった既存の情報からのデータ分析の仕事が多く、中にはデータベースアプリケーション開発やデータベース開発といった仕事もあるようです。

こういったPythonを用いたデータサイエンス関連の仕事は他のプログラミングよりも難易度が高い分報酬額が高いので、効率よく稼ぐことができます。

上手く行けば年収1,000万円だって難しくありません。

テックアカデミーならデータサイエンティストとして転職して稼げる

ではテックアカデミーのデータサイエンスコースではデータサイエンティストとしてエンジニア転職することはできるのでしょうか?

もちろん可能です。

それはデータサイエンティストを募集している求人サイトを見れば分かります。

ここでは大手求人サービス「リクナビネクスト」に掲載されている、データサイエンティストの求人情報を見てみましょう。

A社
求める人材:仕事にて機械学習、統計学を使ったデータ分析経験3年以上、Pythonの利用経験
B社
求める人材:Python、Rでの開発経験3年以上、統計分析・機械学習のご経験
C社
求める人材:統計や機械学習に関する基礎的な知識、研究またはビジネスでデータ分析により課題を解決した3年以上の経験
D社
求める人材:データ分析系の研究に携わったことがある方(学生時代も可)
E社
求める人材:データサイエンスを用いた分析経験(データサイエンティスト)

ご覧のようにデータサイエンティストとして転職するにはPythonなどを用いたデータサイエンティストの数年間の実務経験が必要とされていることが分かります。

とはいえテックアカデミーはプログラミングスクールですので何年受講しても実務経験には含まれません。

でも大丈夫!心配いりません。

テックアカデミーには「受講者限定の無料転職サポート」があるからです。

テックアカデミーの転職サポート

  • テックアカデミー受講者なら無料
  • 成長中の企業や職場環境が整った企業をご紹介
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く

これほど転職サポートが充実していれば、将来のキャリアが不安な方も安心です。

またテックアカデミーでは数多くのエンジニア転職成功者を輩出しています。

詳しい就職先や年収についてはこちらの記事をご覧ください。

テックアカデミーの就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
テックアカデミーの就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】

続きを見る

少しでも気になった方は「TechAcademyの無料体験」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは片っ端から無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみましょう。

 

まとめ:テックアカデミーのデータサイエンスコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】

まとめ:テックアカデミーのデータサイエンスコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】

まとめ:テックアカデミーのデータサイエンスコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】

  • テックアカデミーのデータサイエンスコースでは「Pandas」「NumPy」「scikit-learn」といったPythonのライブラリを使いながらデータサイエンスを習得できる
  • テックアカデミーのデータサイエンスコースは2ヶ月で約20万円とコスパ良く学習できる
  • テックアカデミーのデータサイエンスコースでは受講料の最大70%が教育訓練給付金としてキャッシュバックされる
  • テックアカデミーのデータサイエンスコースを受講すればフリーランスや転職といった形で稼げる
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験レッスンを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のテックアカデミーのデータサイエンスコースの特徴や学習内容、稼ぐポイントについてご紹介しました。

テックアカデミーのデータサイエンスコースは「Pandas」「NumPy」「scikit-learn」といったPythonの有名ライブラリを使いながらデータサイエンスを習得できる貴重なコースです。

需要が高いPythonを用いたデータサイエンスを習得できれば、将来は貴重なデータサイエンティストとして一層活躍できることでしょう。

テックアカデミーのデータサイエンスコースはこれから機械学習や統計学を学びたい方や、将来データサイエンティストとして活躍したい方にはイチオシのコースです。

それでも不安な方は「TechAcademyの無料体験」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみましょう。

 

テックアカデミーのPythonコースってどうなの?
テックアカデミーのPythonコースってどうなの?

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】
テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのAIアプリコースってどうなの?【特徴や料金、評判まで徹底解説】
テックアカデミーのAIコースってどうなの?【特徴や料金、評判まで徹底解説】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】

続きを見る

テックアカデミーの就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
テックアカデミーの就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?
TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

▼最新映画や漫画が無料で見れちゃう▼
▼最新ドラマや漫画が無料で見れちゃう▼

-TechAcademy

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.