Python Ruby

PythonとRubyはどっちがおすすめ?【徹底比較してみた】

最終更新日 :

PythonとRubyだったらどっちを使えば良いのかな?両方の特徴や違いを詳しく知りたい!

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

エンジニアを目指す人が最初に抱える悩みの1つに「プログラミング言語選び」があります。

プログラミング言語の選択によって、制作物や難易度はもちろん、キャリアパスや年収は大きく変わってきます。そのため言語は慎重に選ぶ必要があります。

そこで今回はプログラミング言語の中でも特に人気のあるPythonとRubyの特徴や違い、向いている人の特徴などについてご紹介します。

【先に結論】PythonとRubyの比較表

PythonRuby
ロゴ画像Pythonのロゴ
概要高水準汎用プログラミング言語オブジェクト指向スクリプト言語言語
作れるものAI(機械学習・深層学習)
Webアプリケーション開発
Androidアプリ開発
デスクトップアプリ開発
組み込みアプリケーション開発
ゲーム開発
ブロックチェーン開発
Web上の情報の収集
データ処理・分析・解析
Webアプリケーション開発
スクレイピング
モバイルアプリ
ゲーム開発
使用例Pepper・YouTube・Dropbox・Instagram・Blenderなどクラウドワークス・freee・価格.com・クックパッドHulu・Twitterなど
設計思想読みやすさ・習得しやすさと、実用性のバランスに優れているシンプルで分かりやすいだけでなく多機能で拡張性に優れている
汎用性高い普通
年収非常に高い高い
求人数非常に多い多い
難易度難しい易しい
将来性高い普通
おすすめの人AIなどの最新技術を活用したい
将来性が高く求人が多い言語を勉強したい人
初心者にやさしい言語を選びたい人
日本語のリファレンスが欲しい人
情報に困ることなく学習を進めたい人
いち早く職を見つけたい人
おすすめの参考書Python[完全]入門
Python1年生
スッキリわかるPython入門
プロを目指す人のためのRuby入門[改訂2版]
ゼロからわかる Ruby 超入門
Rubyふりがなプログラミング
学習方法Pythonが学べるスクールRubyが学べるスクール

PythonやRubyをプロのエンジニアから教わりたい方にはプログラミングスクールがオススメです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

【厳選】Pythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Pythonを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Pythonを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Rubyを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Rubyを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師 ...

続きを見る

Pythonとは

Pythonは1990年にオープンソースで発表されたプログラミング言語であり、Webページ制作以外に、アプリケーションやAIなど幅広く活用することができ汎用性が高いのが魅力です。

さらにこれだけ汎用性が高いのにもかかわらず、少ないコードでプログラムをかくことができます。

Pythonとは

PythonはWebから機械学習を使ったシステムなど汎用性が高く、歴史の長い言語でありながら将来性が非常に高いのが大きな魅力です。

またコードの読みやすさ重視であることから、ユーザビリティの高いWebサイトやアプリケーションの制作をしやすくなります。

Pythonで作れるもの

汎用性の高いPythonは、他にも様々なものを開発できます

Pythonで作れるもの

  • AI(機械学習・深層学習[ディープラーニング])
  • Webアプリケーション開発
  • Androidアプリ開発
  • デスクトップアプリ開発
  • 組み込みアプリケーション開発
  • ゲーム開発
  • ブロックチェーン開発
  • Web上の情報の収集(スクレイピング)
  • データ処理・分析・解析

PythonではWebシステム全般に機械学習を使ったAIの開発や、ブロックチェーンシステム自動データ収集システムなど幅広く開発することができます。

他にもスクレイピングを使うことによる自動データ収集ができるシステムを開発することができます。

ビッグデータの活用が重要視される現代において、需要の高いシステムに導入することができます。

Pythonが使われている具体的なサービス

PythonはYouTubeやInstagramを中心に多くのサービスで利用されています

さらにソフトバンクが制作したロボットPepperもPythonが使われています。

Pepperのように機械学習を実行できるのがPythonの大きな特徴です。

おすすめPythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

【厳選】Pythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Pythonを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Pythonを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

Rubyとは

Rubyは日本人のまつもとゆきひろさんが作った言語で、日本語での説明が多く勉強しやすいのが大きな特徴です。

そのためWebアプリケーション開発を勉強するときにRubyを用いるケースは決して少なくありません。

Rubyとは

近年Webマーケティングの導入が進んでいますが、会員登録機能やいいね機能などがあるWebアプリケーションはRubyが使われているケースが多いです。

より多くの顧客を獲得したり、売上をあげたり今後もマーケティングにおいて重要な要素になるため、Rubyの重要性も高まっていくことでしょう。

Rubyと同様によく耳にするワードに「Ruby on Rails」があります。

Ruby on RailsはRubyのフレームワークですが、デンマークのデイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソンさんが作りました。

このことによりRubyは世界中で注目されるようになりました。

Railsの特徴はなんといってもその使いやすさにあります。

またRailsは学習用のサンプルプログラムが充実しており、Webアプリケーションの開発を効率的に学べます

RubyはどのOSでも利用でき、無料で利用できることやコピーや再配布を自由にできるなどこれまでになかったようなプログラミング言語です。

制作者の「ストレスないプログラミングを目指したい」といった意図が伝わってくる内容となっており、初心者に特におすすめです。

Rubyで作れるもの

Rubyは動的な情報をデータベースに保存することができます。

そのため顧客の行動状況がわかりやすく、Webサイトからの離脱を防ぐなどさまざまな機能のあるWebサービスを作ることができます。

Webマーケティングは企業において重要な要素となっているため、今後もRubyの需要が高まっていくのは間違いありません。

Rubyが使われている具体的なサービス

Rubyはクラウドソーシングサービスであるクラウドワークスや会計ソフトであるfreee、ショッピングには欠かせない価格.comや料理サービスのクックパッドなどさまざまなサービスで利用されています。

他にも動画サービスであるHuluTwitterにもRubyが使われています。

おすすめRubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Rubyを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Rubyを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師 ...

続きを見る

PythonとRubyを徹底比較

PythonとRubyを下記のさまざまな項目において比較をしていきます。

PythonRuby
設計思想読みやすさ・習得しやすさと、実用性のバランスに優れているシンプルで分かりやすいだけでなく多機能で拡張性に優れている
汎用性高い普通
年収非常に高い高い
求人数非常に多い多い
難易度難しい易しい
将来性高い普通

それでは順番に解説していきます。

1. 設計思想で比較

PythonとRubyの設計思想について、それぞれの公式ページのメッセージを参照してみましょう。

【Python】

Python(パイソン) は1990年代初頭ごろから公開されているプログラミング言語で、わかりやすく、実用的な言語として、広く使われ続けています。Pythonはプログラムの「読みやすさ・わかりやすさ」をとても重視していて、Pythonを知らない人でも、理解しやすいようにデザインされています。

もちろん、読みやすさ一辺倒ではなく、実用的で、高い拡張性も備えています。読みやすさ・習得しやすさと、実用性のバランスが、Pythonの大きな魅力といえるでしょう。

出典:プログラミング言語 Pythonの紹介 - python.jp

このようにPythonは読みやすさ・分かりやすさ・使いやすさをバランス良く両立させたプログラミング言語であることがわかります。

続いてはRubyについても見ていきましょう。

【Ruby】

Ruby is an interpreted object-oriented programming language often used for web development. It also offers many scripting features to process plain text and serialized files, or manage system tasks. It is simple, straightforward, and extensible.

・Simple Syntax
・Normal Object-oriented Features (e.g. class, method calls)
・Advanced Object-oriented Features (e.g. mix-in, singleton-method)
・Operator Overloading
・Exception Handling
・Iterators and Closures
・Garbage Collection
・Dynamic Loading of Object Files (on some architectures)
・Highly Portable (works on many Unix-like/POSIX compatible platforms as well as Windows, macOS, etc.) cf.

(日本語訳)
Rubyは、Web 開発によく使われるインタプリタ型のオブジェクト指向プログラミング言語です。また、プレーンテキストやシリアル化されたファイルを処理したり、システムタスクを管理するための多くのスクリプト機能を提供します。シンプルでわかりやすく、拡張性に優れています

Rubyの特徴
シンプルな構文
通常のオブジェクト指向機能(例:クラス、メソッド呼び出しなど)
高度なオブジェクト指向機能(例:ミックスイン、シングルトンメソッド)
・演算子の多重定義
・例外処理
・イテレータ(集合的データ構造)とクロージャ(関数オブジェクト)
・ガベージコレクション(メモリを自動で解放する機能)
・オブジェクトファイルの動的ロード(一部のアーキテクチャで可能)
高い移植性(Windows, macOS, Unix系/POSIX系など多くのプラットフォームで動作)

出典:ruby/ruby: The Ruby Programming Language [mirror]

ご覧のようにRubyはシンプルで分かりやすいだけでなく多機能で拡張性に優れたプログラミング言語であることが分かります。

2. 汎用性で比較

高水準汎用プログラミング言語であるPythonは名前の通り汎用性が高く、Web開発やAI開発、ゲーム開発やスクレイピングなどあらゆる用途があります。

一方でRubyはWebアプリケーション開発がメインで、他のプロダクトではあまり使われません。

したがって汎用性においてはPythonが優勢と考えて良いでしょう。

3. 年収で比較

求人ボックス給料ナビで両言語の年収を比較してみましょう。

RubyとPythonの年収比較

PythonとRuby両方とも年収は高めの設定です。

両方とも経験や業務内容によっては年収が1,000万円を超えることもあります。

いずれも世界中で利用されている言語であり、数あるプログラミング言語の中でも稼げる可能性が高いと言えるでしょう。

4. 求人件数で比較

大手求人サイトの情報を元に求人数を比較してみましょう。(2022年6月時点)

PythonRuby
indeedの求人数83,357件[indeedより]69,629件[indeedより]
求人ボックスの求人数45,796件[求人ボックスより]22,956件[求人ボックスより]
dodaの求人数4,724件[dodaより]2,019件[dodaより]
マイナビ転職の求人数3,071件[マイナビ転職より]1,681件[マイナビ転職より]
リクナビNEXTの求人数1,584件[リクナビNEXTより]663件[リクナビNEXTより]
Greenの求人数4,514件[Greenより]3,254件[Greenより]

ご覧のようにPythonの圧勝です。

とはいえ、Rubyも他のプログラミング言語と比べると求人数はかなり多めです。

そのためどちらの言語を勉強しても、求人は十分にあると考えて良いでしょう。

エンジニア就職/転職をスムーズに進めたい方にはPythonがオススメです。

5. 難易度で比較

Pythonは難しいと説明されている場合と、易しいと説明されている場合があります。

これはPythonの基礎はそれほど難しくないのに対し、専門性が高まると一気に難易度が上がるためです。

初心者にとって難易度が低い理由としては、文法がシンプルであることが挙げられます。

しかしPythonは汎用性が高く、AIやブロックチェーン技術など多様な用途があります。

Pythonを用いたWeb開発やスクレイピングといった基礎的な内容はそこまで難しくはありませんが、AI開発やブロックチェーン開発、データ処理/分析等は難易度が高く、一筋縄ではいかないと考えておくと良いでしょう。

一方でRubyはストレスフリーなコーディングを大きなテーマとしています。

さらに数少ない国産言語であるため、日本語の解説情報が多く、初心者にとっても勉強しやすい・挫折しにくい言語です。

バージョンアップの回数も少ないため、最新情報の学習に追われる必要もありません。

またWeb制作を学ぶためにはまずHTMLやCSSを勉強するのですが、Rubyはその延長にあると考えてよいでしょう。

しかしHTMLやCSSのようなコーディングだけでなくデータベースやサーバーの仕組みを理解する必要があります。

言語自体はシンプルとはいえ、決して簡単ではないことを把握しておきましょう。

6. 将来性で比較

Pythonは1990年に開発された歴史の長い言語ですが、AIやブロックチェーンの活用など今後さらに成長が期待できる将来性の高い言語といえます。

Rubyはバージョンアップが少ないのが特徴であり、簡単なプログラミングを目的としているため他の企業がつくった言語とは大きく違います。

しかしRuby on Rails等のフレームワークを用いたアジャイル開発と相性がよく日本でも世界でもユーザーが増えていることから将来性は高いと言えるでしょう。

ちなみに両者の「日本での検索回数の推移」を比較してみると以下のようになります。(Googleトレンドより)

PythonとRubyの検索数の比較

PythonとRubyの検索数の比較

ご覧のように2015年頃を境に、PythonがRubyの検索数を大幅に上回っていることが分かります。

Googleの検索数を指標にして考えても、Pythonの方が将来性が高いと言えるでしょう。

2022年6月にパーソルキャリアが行った調査[ITエンジニアが学びたい言語ランキング]ではPythonが1位、Rubyが8位となっています。このことからもPythonは需要・将来性の高い言語だと言えるでしょう。

Python・Rubyがおすすめの人の特徴

次にPythonやRubyがおすすめの人を比較していきます。

どちらを勉強するか迷っている人は参考にしてください。

Pythonがおすすめの人の特徴

Pythonがおすすめの人の特徴は次の3点です。

Pythonがおすすめの人の特徴

  • AIなどの最新技術を活用したい人
  • 将来性が高く求人が多い言語を勉強したい人
  • 初心者にやさしい言語を選びたい人

PythonはWebアプリ開発だけでなくAI開発や組込みシステム開発など汎用性が高く求人数は言語の中でもずば抜けています

AIを活用するには高いスキルが必要ですが、初期段階では決して難しくなく初心者でも始めやすいのが大きな魅力です。

Rubyがおすすめの人の特徴

Rubyがおすすめの人の特徴は次の3点です。

Rubyがおすすめの人の特徴

  • 日本語のリファレンスが欲しい人
  • 情報に困ることなく学習を進めたい人
  • いち早く職を見つけたい人

Rubyは日本人のまつもとゆきひろさんが開発した言語であることから、日本語のリファレンスが揃っています

勉強をするときに日本語のリファレンスが欲しい人にはRubyがおすすめです。

Rubyは分からないことがあっても、ネット上でいくらでも情報を見つけられるので独学で勉強している人も少なくありません

また需要が高いことから案件が多く年収が高いのも大きな特徴です。

PythonとRubyを勉強する時のおすすめの参考書

ここまでの説明で多くの方は「PythonとRubyのどちらを勉強しようか」ある程度定まったことでしょう。

次への一歩に進むため、ここからはPythonとRuby、それぞれを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

Pythonを勉強する時のおすすめの参考書

まずはPythonを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

プログラミング業界では情報の鮮度がかなり重要です。

2022年6月時点でのPythonの最新バージョンは3.10.5ですので、Python3対応の参考書を選ぶようにしましょう。

Rubyを勉強する時のおすすめの参考書

続いてはRubyを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

2022年6月時点でのRubyの最新バージョンは3.1.2ですので、Ruby3対応の参考書を選ぶようにしましょう。

レビュー評価が高い本、第2版や第3版といった複数回印刷されている本、電子化されている本を中心に選ぶのがおすすめです。

まとめ:PythonとRubyはどっちがおすすめ?【徹底比較してみた】

今回はプログラミング言語の中でも人気のあるPythonとRubyの特徴や違い、向いている人の特徴について解説しました。

改めて両プログラミング言語の比較表を見てみましょう。
PythonRuby
ロゴ画像Pythonのロゴ
概要高水準汎用プログラミング言語オブジェクト指向スクリプト言語言語
作れるものAI(機械学習・深層学習)
Webアプリケーション開発
Androidアプリ開発
デスクトップアプリ開発
組み込みアプリケーション開発
ゲーム開発
ブロックチェーン開発
Web上の情報の収集
データ処理・分析・解析
Webアプリケーション開発
スクレイピング
モバイルアプリ
ゲーム開発
使用例Pepper・YouTube・Dropbox・Instagram・Blenderなどクラウドワークス・freee・価格.com・クックパッドHulu・Twitterなど
設計思想読みやすさ・習得しやすさと、実用性のバランスに優れているシンプルで分かりやすいだけでなく多機能で拡張性に優れている
汎用性高い普通
年収非常に高い高い
求人数非常に多い多い
難易度難しい易しい
将来性高い普通
おすすめの人AIなどの最新技術を活用したい
将来性が高く求人が多い言語を勉強したい人
初心者にやさしい言語を選びたい人
日本語のリファレンスが欲しい人
情報に困ることなく学習を進めたい人
いち早く職を見つけたい人
おすすめの参考書Python[完全]入門
Python1年生
スッキリわかるPython入門
プロを目指す人のためのRuby入門[改訂2版]
ゼロからわかる Ruby 超入門
Rubyふりがなプログラミング
学習方法Pythonが学べるスクールRubyが学べるスクール

ご覧のようにどちらの言語も長所と短所があります。

そのため自分の価値観や将来像と照らし合わせながら、自分にぴったりなプログラミング言語を選択することが大切です。

またPythonやRubyを新しく勉強したい方には、プログラミングスクールでプロから教わるのがオススメです。

プログラミング言語選びで答えがまとまらない場合は、プログラミングスクールの無料相談などを利用して有識者に相談するのもオススメです。

詳しい情報は以下のおすすめ記事をご覧ください!

【厳選】Pythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Pythonを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Pythonを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介
【厳選】Rubyが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Rubyを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Rubyを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ講師 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)
KUMA1

KUMA1

WEBエンジニア/アプリエンジニア/WEBデザイナー/WEBライター/英語翻訳者

【プロフィール】
10年以上の留学経験あり。長年営業職をしていましたが、趣味で始めたブログをカスタマイズしはじめたころから、WEB制作に興味をもってプログラミング教室に通い始めました。現在では趣味で終わらずWEB制作者やWEBデザイナーとして独立しています。さまざまなWEB制作をしていくうちに、ECサイト制作の依頼が増えWEBマーケティングやアクセス解析をより勉強し、現在ではWEBマーケティングに特化したWEBサイトをメインに制作しています。英語翻訳者をしながら、英語でのECサイトにも力を入れています。ライターをはじめたのはコンテンツ能力を高めるためで、現在でも勉強を続けています。
【得意分野】
WEBマーケティング、ECサイト制作、LPサイト制作、WEBデザイン
【保有資格】
Webデザイナー検定 / Photoshopクリエイター能力認定試験 / ウェブ解析士認定試験 / アドビ認定アソシエイト

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/SEOマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Python, Ruby

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.