プログラミング

大学生がプログラミングで稼ぐ手順をご紹介

大学生がプログラミングで稼ぐ手順をご紹介
大学生で時間も余っているのでプログラミングを学んで稼いでみたい
大学生でもプログラミングで稼げるのかな?

今回はこういった悩みを解決していきます!

最近「プログラミングは稼げる」といった内容を頻繁に耳にします。

そのため若い内からプログラミングの学習を始める大学生も多いようです。

そこで今回は大学生でもプログラミングを使って稼ぐことはできるのか?という疑問を徹底解説していきたいと思います。

プログラミング学習を始めようか迷っている大学生、一気に稼ぐ方法を探している大学生は必見です。

今回のテーマ

  • 大学生がプログラミングで稼ぐ方法
  • 大学生がプログラミングで稼ぐ手順

当サイトではウェブサイトやブログに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

大学生でもプログラミングで稼げるって本当?

大学生でもプログラミングで稼げるって本当?

そもそも大学生でもプログラミングで稼げるのでしょうか?

答えはずばり「YES」です。

大学生だからといって難しいことは何もありません。

むしろ自由時間が多くて、若くて頭の柔らかい大学生の方が、稼ぐのに向いているという考え方もできます。

大学生がプログラミングで稼ぐために必要な能力

ですが稼ぐのは決して簡単ではありません。

大学生がプログラミングで稼ぐためは以下の能力が必要です。

必要な能力

  • やる気
  • 継続力
  • 行動力

逆に言えばこの3つさえあれば、大学生だろうと高校生だろうとプログラミングで食っていけるでしょう。

成績や頭の良さは全く関係ありません。

モチベーションを維持したまま継続する行動力こそが鍵となるのです。

プログラミングで稼いでいる大学生の声

では実際にプログラミングである程度稼いだことのある大学生の声を見てみましょう。

大学生がプログラミングで稼ぐ方法

大学生がプログラミングで稼ぐ方法

それでは大学生がプログラミングで稼ぐ方法を3つご紹介していきます。

大学生がプログラミングで稼ぐ3つの方法

  1. アルバイトで働いて稼ぐ
  2. インターンで働いて稼ぐ
  3. フリーランスで稼ぐ

それでは詳しく見ていきましょう!

1. アルバイトで働いて稼ぐ

1つ目は「アルバイトとして働く」です。

多くのIT企業ではプログラミング経験者のアルバイトを募集しています。

もちろん参加するにはそれなりのスキルが必要ですが、その分時給も高めです。

私の感覚では平均で時給1500円、多ければ2000円~3000円の企業だって珍しくありません。

例え大学生だったとしても実力があれば、それに見合った給料をもらえるのが特徴です。

2. インターンで働いて稼ぐ

2つ目はアルバイトと少し似ていますが「インターンで働いて稼ぐ」です。

一般的にインターンは無給のことが多いですが、

  • 実力がついてきたら有給化
  • 経験者のみを採用して有給にする

といったように給料を出してくれる企業も少なくありません。

特にLINEやDeNAといった大企業では優秀なエンジニアを採用して、月何十万円もの給料を支払うことで有名です。

また未経験の方でも無給ではありますが、現場のプログラミングをタダで学ぶことができるのでオススメです。

▼開発系インターンを考えている大学生には以下の記事がおすすめです▼

プログラミングの長期インターンに1年通って学んだこと【体験談】
プログラミングの長期インターンに1年通って学んだこと【体験談】

続きを見る

大学生がプログラミングを習得するならインターンがおすすめ!
大学生がプログラミングを学ぶならインターンがおすすめ

続きを見る

3. フリーランスで稼ぐ

3つ目はフリーランスエンジニアとして稼ぐ方法です。

フリーランスと言っても仕事の受注の仕方は何種類かあります。

  • クライドソーシングサービスを利用する
  • SNSで仕事を受注する
  • 知り合いから仕事を受注する

クラウドソーシングとは仕事を発注したい個人や企業がインターネットを通じて不特定多数の人に仕事を依頼するサービスのことを言います。
(クラウドソーシングについて)

これらの方法は主にフリーランスで活動するため、相手に自分を売り込まなくてはなりません

プログラミングスキルだけでなくマーケティングスキルも必要になってくるため難易度も高めです。

その分報酬も高く1つの案件で数十万円貰えることもあります。

ランサーズの案件例

ランサーズの案件例

上のようなウェブサイト作成の案件は、プログラムの難易度が低い割に報酬も高めなので狙い所と言えますね。

クラウドソーシングで稼ぐなら以下のサービスがオススメです。

大学生がプログラミングで稼ぐ手順

大学生がプログラミングで稼ぐ手順

それではここからは大学生がプログラミングで稼げるようになる手順をご紹介していきます。

プログラミングを学習し始めたからと言ってすぐに稼げるようになるわけではありません。

正しいステップで確実に進んでいきましょう!

プログラミングで稼ぐまでの手順


  • 学ぶプログラミング言語を決める



  • プログラミングを学ぶ



  • 一人で作品を作ってみる



  • インターンやクラウドソーシングに応募してみる



  • 会社や発注相手に貢献する

それでは詳しく見ていきましょう!

学ぶプログラミング言語を決める

まずは何のプログラミング言語を学ぶか決める必要があります。

プログラミングは行いたい処理や動作によって使用する言語が変わってきます。

ですから自分がどんなエンジニアとして稼ぎたいかを明確にしてから、プログラミング言語を学んでいく必要があるのです。

プログラミング業界の事をよく知らないから、とりあえず簡単で需要の高い言語を学びたい!

こんな方にはWeb言語である「HTML」「CSS」「JavaScript」「PHP」などがオススメです。

Web言語はプログラミングの中でも難易度が低く、しかも需要が高いので初心者にオススメの言語としても有名です。

プログラミングを学ぶ

さて言語を決めたらいよいよ学習へと進んでいきます

何度も言いますが、稼げるようになるのは決して簡単ではありません

しっかりと覚悟とやる気をもって学習に挑みましょう。

プログラミングを学習する手段としては以下の3つが挙げられます。

プログラミングを学習する3つの手段

  • 長期インターンに参加する
  • プログラミングスクールに通う
  • 参考書やウェブサイトで独学

プログラミング学習の方法に正解はありません。

それぞれ自分に合った形で学習していくことをオススメします。

▼大学生がプログラミングを学ぶ方法とその詳細は以下の記事をご覧ください▼

大学生がプログラミングを学ぶおすすめの方法3選
大学生がプログラミングを学ぶおすすめの方法3選【現役大学生プログラマーが徹底解説】

続きを見る

一人で作品を作ってみる

ある程度学習が進んだら、一人で作品を作ってみましょう。

いわゆるポートフォリオってやつですね

いくら基礎や構文を学んでも、実際に作品を作れなければ意味がありません

実際に成果物を作ろうとすると、思いがけないエラーや普段気づかなかった知見など様々な発見があります。

サイトでもアプリでもシステムでも構いません。
自分の作品を作ってみましょう。

ポイント

ここで作った成果物はポートフォリオとして保管しておきましょう。

インターンやアルバイトの採用、クラウドソーシングで自分を売り込む際の判断材料となります。

インターンやクラウドソーシングに応募してみる

自分で成果物を作ってある程度プログラミングの理解が深まったら、いよいよインターンやクラウドソーシングに応募してみましょう。

インターンの面接・クラウドソーシングの応募では自分を上手く売り込んでいかなければなりません。

  • 自分には何が出来るのか
  • どんな形で相手に貢献していくのか

といったように自分の強みをアピールしていくのです。

特にインターンやアルバイトに申し込むときは「志望理由」や「取り組みたい内容」を熱意を持って話しましょう。

プログラミングスキルが少し足りなかったとしても、やる気や情熱があれば採用してくれる企業はたくさんあります。

やる気のある学生は社内の士気を高めてくれたり、コミュニケーションを円滑にしてくれる期待があります。
今はプログラミングスキルが無くても、やる気があれば後から付いてくるので心配要らないのです。

自己分析を深めて、ガンガン自分を売り込んでいきましょう!

会社や発注相手に貢献する

インターンやアルバイトに合格、あるいはクラウドソーシングで案件を獲得したら、次は相手の期待に答えていきます

相手はあなたという人間を見てお金や時間を割いてくれています。

ですからあなたはそのお金や時間に見合う、もしくはそれ以上の貢献をして相手を満足させる役割があります。

大学生だからといって特別扱いはされません。

ひとりの社会人として稼ぐということは、それなりの覚悟と努力が必要なのです。

ポイント

アルバイトやインターンではあなたの貢献次第で時給・給料がどんどん上がっていきます。

日々勉強しながらスキルアップして、たくさん稼いでいきましょう!

プログラミングで稼ぎたい大学生によくある質問

プログラミングで稼ぎたい大学生によくある質問

最後にプログラミングで稼ぎたい大学生によくある質問とその回答をいくつかご紹介します。

文系でも稼げるようになる?

もちろん大丈夫です。

プログラミングと聞くと難しい計算式や方程式といった、数学にまつわる知識が必要と思われがちです。

ですが実際に必要な数学の知識は、基本的に「足し算引き算割り算掛け算」くらいなんです。

ですから文系・理系関係なく学び、稼げることができるのです。

未経験でも稼げる?

未経験でもしっかりと学習すれば稼げるようになります。

もちろん"すぐに稼げる"とは言いません。

プログラミングで稼ぐということは、社会で困っている人を助けるサービスを実装するということになりますから決して簡単ではありません。

プログラミングを学習する方法はたくさんあります。

あなたに合った方法を選んでスキルアップしていきましょう。

どのくらい勉強すれば稼げるレベルになる?

勉強量によって異なりますが、本気で毎日勉強すれば3週間前後で稼げるようになります。

難易度の低いWeb言語なら合計300時間くらい勉強すれば、ある程度稼げるレベルに達するんじゃないかと思います。

大学生は暇な時間も多いので、毎日勉強するというのはそれほど難しくないでしょう。

就活で有利になる?

あなたの経験や学び次第では就活でも有利になります。

自分で主体的に考えながら社会に必要なものを創り上げ、感謝という形でお金を受け取る
大学生の期間中にこのような経験をしておくことは非常に勉強になります。

こういった貴重な経験から得た学びを上手に言語化することができれば、就活で有利に働くことでしょう。

まとめ:大学生でもプログラミングで稼げる

大学生でもプログラミングで稼げる

まとめ

  1. 大学生がプログラミングで稼ぐならインターンがおすすめ
  2. 大学生がプログラミングで稼ぐならWeb言語がおすすめ
  3. 未経験でもプログラミングで稼げる!

今回は大学生がプログラミングで稼ぐ手順について解説しました。

時間に余裕のある大学生にとって、プログラミング学習は絶好のチャンスです。

未経験の方には「Web言語」×「インターン」がおすすめです。

社会人になって時間に余裕が無くなる前に、早めにプログラミングで稼ぐ経験を積んでおくことをおすすめします。

わからない部分があればTwitterのDMで質問して貰えばすぐに返信します。

今サイトではこれからもウェブサイト運営に関する有益な情報をたくさん発信していきたいと思っていますので応援よろしくお願いします!

▼最新映画や漫画が無料で見れちゃう▼
▼最新ドラマや漫画が無料で見れちゃう▼

-プログラミング

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.