プログラミング

プログラミングでエラーが発生したときの解決方法をご紹介

2020年9月15日

プログラミングでエラーが発生したときの解決方法
プログラミングでエラーが発生したけど解決方法が分からない!

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

プログラミング学習をしていると必ず発生するのが「エラー」です。

特に初心者の方にとっては、まずエラー文の内容を理解しなくてはなりません。

エラー文の書かれていることを解読できたとしても、プログラミングの文法をしっかり理解していないとエラー解決は難しいです。

そこで今回はプログラミングでエラーが発生したときの解決方法をご紹介していきます。

プログラミング初心者の方は必見です。

今回のテーマ

  • プログラミングでエラーが発生したときの解決方法

当サイトではウェブサイトやブログに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

プログラミングでエラーが発生したときの解決方法

プログラミングでエラーが発生したときの解決方法

まずはプログラミングでエラーが発生したときの解決方法を4つご紹介していきます。

エラー解決方法

  1. エラー文をそのまま翻訳する
  2. エラー文をそのまま検索する
  3. 基礎を学び直す
  4. 詳しい人に聞く

それでは詳しく見ていきましょう!

エラー文をそのまま翻訳する

一番最初にするべきなのはエラー文をそのまま翻訳するという方法です。

おすすめはもちろんGoogle翻訳です。

では例として以下のようなJavaScriptのエラーコードが表示されたとしましょう。

 エラーコード
document.getElemenById is not a function

このエラーコードをGoogle翻訳で翻訳すると以下のようになります。

Google翻訳結果

この場合関数の書き方を間違えていることが分かります。

このようにエラー文の意味を簡単に和訳できるのでおすすめです。

エラー文をそのまま検索する

上と少し似ていますが続いておすすめなのが「エラー文をそのまま検索する」です。

基本的にプログラミングのエラーコードは英語で書かれており、日本人の私たちにとって内容を理解するのはやや難しいはずです。

そんな時はエラー文をまるごと検索してみましょう。

よくありがちなエラーなら、解決方法を教えてくれるサイトがたくさんヒットするはずです。

そうしたサイトを上から順番に見ていけば、あなたのエラーを解決する方法が書かれたサイトがどれかしらあるはずです。

英語で書かれたサイトしかないことも

一方でエラー文を検索しても、英語で書かれたサイトしか出てこないなんてこともあります。

ですが心配いりません。

日本語に翻訳

Google Chromeでの表示

ページを開いたら右クリックを押して「日本語に翻訳」を選択しましょう。

するとページ全体の英語がすべて日本語に自動で翻訳されます。

多少日本語の文法がおかしいところもあるかもしれませんが、大まかな内容は理解できるはずです。

基礎を学び直す

続いておすすめなのは基礎を学び直すという方法です。

エラーが発生したということは、どこかしらのプログラム表現が間違えているということです。

つまりもう一度プログラミングの基礎を復習して、間違って理解しているところを明らかにすればエラーも解決できるはずです。

また情報の古いサイトや参考書で勉強した場合、エラーが発生する可能性があります。

心当たりのある方は最新の情報が書かれたものを参考にしましょう。

プログラミングを理解できなくて困っている方はこちらの記事がおすすめです。

プログラミングを理解できないときの対処法を解説【5つのパターンから解説します】

続きを見る

詳しい人に聞く

詳しい人に聞くのもプログラムエラーを解決する大事な方法の1つです。

ひとことで詳しい人と言っても以下の種類が挙げられます。

  • 質問サイトで聞く(Qiitateratailなど)
  • プログラミングに詳しい友達に聞く
  • SNSでプログラミングに詳しい人を探して聞く
  • プログラミングスクールで先生に聞く

■質問サイトで聞く
一番オススメなのは「質問サイトで聞く」です。

質問サイトは時間や場所に縛られること無く、無料で不特定多数の人に向けて質問できるので使い勝手が良いです。

ちなみに大手プログラミング質問サイト「teratail」の月間ユニークユーザー数は124万人、回答率は90%と非常に人気があることが分かります。

質問サイトであなたのエラーコードを質問すれば、少なくとも数日で回答を得られるでしょう。

■プログラミングに詳しい友人&SNS上のプログラミングに詳しい人

あなたの周りにプログラミングに詳しい友人や知り合いがいるなら、質問してみるのも良いでしょう。

またSNSでプログラミングに詳しい人を探して質問するのもいい方法だと言えます。

ただ、いずれにしても相手の時間を奪ってしまっているという意識を忘れてはなりません。

お願いする時は礼儀正しく、エラーが解決されたら感謝の言葉を忘れないようにしましょう。

■プログラミングスクールで先生に聞く
プログラミングスクールでプロのエンジニアに質問するという方法もあります。

プログラミングスクールに通うと、メンターとしてプロのエンジニアが生徒の学習をサポートしてくれます。

そうしたサービスを利用すれば、プログラムエラーを解決できるのも簡単でしょう。

おすすめのプログラミングスクールについてはこちらの記事をご覧ください。

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

続きを見る

プログラミングで発生したエラーを解決する流れ

プログラミングで発生したエラーを解決する流れ

ではここまでの解説を踏まえて、プログラミングで発生したエラーを解決する流れを図に表してみます。


  • エラーコードをそのまま翻訳する

    Google翻訳などを使ってエラーコードの意味を明らかにしましょう。


  • エラーコードをそのまま検索する

    エラーコードをそのまま検索して、同じエラーの解説サイトを見つけて解決方法を探しましょう。


  • 基礎を学び直す

    参考書をもう一度読み直して、間違った認識を洗い出しましょう。


  • プログラミングに詳しい人に聞く

    友達やSNSの知り合い、スクールや質問サイトを利用して、プログラミングに詳しい人に聞いてみましょう。


まとめ:プログラミングでエラーが発生したときの解決方法

まとめ:プログラミングでエラーが発生したときの解決方法

最後に今回紹介したプログラミングでエラーが発生したときの解決方法をおさらいしておきましょう。

まとめ:プログラミングでエラーが発生したときの解決方法

  1. エラー文をそのまま翻訳する
  2. エラー文をそのまま検索する
  3. 基礎を学び直す
  4. 詳しい人に聞く

今回はプログラミングでエラーが発生したときの解決方法について解説しました。

プログラミング学習をする上でエラーの発生&解決は避けて通れない道です。

今回ご紹介したエラーの解決方法を実践して、あなたのプログラミング生活に役立てて頂けると幸いです。

わからない部分がある方はお問合せフォームで質問して貰えばすぐに返信します。

今サイトではこれからもウェブサイト運営に関する有益な情報をたくさん発信していきたいと思っていますので応援よろしくお願いします!

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-プログラミング

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.