PHP

PHPでMySQLを操作する時の文法をまとめて解説

2020年10月21日

PHPHPでMySQLを操作する時の文法をまとめてご紹介

今回はPHPでよく使う表現をご紹介します。

データベース操作やウェブアプリケーション作成に役立ててください!

PHPでMySQLにPDO接続する方法

PHPでMySQLのデータを取得して操作する方法

formdataにはテーブル名を代入します。
idはprimary keyにしてあります。
star,messageはテーブルのフィールド名です。

PHP&MySQLでデータの個数を数える方法

MySQL接続をした後この処理をします。

変数の名前は必要に応じて変えても大丈夫です。
$form_row_countという変数にデータ数が格納されています。

PHPでMySQLデータを繰り返し処理(while文)

【おまけ】PHPでひとつ前のページにリダイレクトする方法

PHPでの「戻る」動作はたった一行で実装できます。

意外と便利な構文なので覚えておきましょう!

▼PHPの文法はこちらの記事もオススメです。

PHPで会員登録&ログイン機能を作成してみた
PHPで会員登録&ログイン機能を作成してみた

続きを見る

【PHP】MySQLにデータを保存するフォームを作成してみた
【PHP】MySQLにデータを保存するフォームを作成してみた

続きを見る

PHPはウェブプログラミングには欠かせない言語です。

まずは簡単なデータベースの操作から学習して、プログラミングのスキルアップに向けて頑張りましょう!

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-PHP

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.