Swift

Swiftライブラリ『Eureka』の使い方

Swiftライブラリ『Eureka』の使い方をご紹介

今回はSwiftで入力フォームを簡単に実装できるライブラリ「Eureka」の導入から基本的な使い方を解説していきます!

今回のテーマ

  • SwiftライブラリEurekaの導入方法
  • SwiftライブラリEurekaの使い方

当サイトではウェブサイトやブログに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

Eurekaとは

XMARTLABSという企業が提供していた「XLForm」というフォーム作成ライブラリをSwift用に作り直したもの。Qiitaより

実装環境

  • Xcode Version 11.4
  • Swift5
  • iPhoneXS , iOS 13.2.3
  • Eureka 5.2.1

ライブラリURL

Eurekaの導入

Eurekaの導入

今回はCocoaPodsを使ってインストールします。

ターミナルでプロジェクトに移動したら次のように進めましょう。

まずはPodfileを新しく作ります。

 command
pod init

次にPodfileを書き換えるためにPodfileを開きます。

 command
vi Podfile

Podfileを次のように書き換えましょう。

 command
target 'プロジェクト名' do
pod 'Eureka', '~> 5.2.1'
pod 'ImageRow', '~> 4.0'
use_frameworks!
end

ポイント

Eurekaではフォームでの画像読み込みにも対応しています。画像読み込みも実装したい方はImageRowというライブラリも導入しておきましょう。

書き換えたら「escボタン」を押して「:wq」と入力して変更を保存しましょう。

最期にpodをインストールして終了です。
(すでにPodfileを作ってあった方はpod updateを実行します)

 command
pod install
or
pod update

Eurekaの使い方

Eurekaの使い方

それではいくつかのパターンに分けてEurekaの使い方をご紹介していきます。

1. 画像フォームの実装

EurekaのGitHubページより引用

EurekaのGitHubページより引用



Sectionでセクションヘッダーのタイトルを設定できます。
ヘッダーとフッターそれぞれ設定したい時、フッターだけを設定したいときは以下のように書きます。

 swift
// ヘッダーとフッターのタイトル
+++ Section(header: "ヘッダータイトル", footer: "フッタータイトル")
// フッターのタイトル
+++ Section(footer: "フッタータイトル")

カメラロールの画像を取得して保管しておくには以下のコードを使います。

 swift
$0.onChange { [unowned self] row in
self.selectedImage = row.value!
}

ここではカメラロールから選択した画像データをUIImageとして最初に宣言した変数に格納しています。

2. 選択フォームの実装

 swift
.onChange({ [unowned self] row in
self.type = row.value ?? "type"
})

onChangeとはフォームのセルに何らかの変化があった時に行う処理を決める関数です。

ここでは「row.value」を使って選択されたデータを取得して、最初に宣言した変数に格納しています。

3. テキストフォームの実装

 swift
.onChange{ row in
self.input_text = row.value ?? "input_text"
}

こちらでも「row.value」で入力されたデータを取得して、input_text変数に格納しています。

4. 数字の入力フォームの実装

 swift
.onChange({ [unowned self] row in
self.num_data = row.value ?? 0
})

こちらも先程と同様に、入力された数値を取得して変数に置き換えています。

またEurekaでは数字入力のフォームを作ると自動で数字用のキーボードが表示されます。

5. 処理ボタンの実装

row.onCellSelectionの中にはボタンが押された時の処理を書きましょう。

データベースへの登録の処理を書くのが一般的です。

まとめ:Swiftライブラリ『Eureka』を使いこなそう

まとめ:Swiftライブラリ『Eureka』を使いこなそう

今回はSwiftという情報の少ないプログラミング言語のライブラリ「Eureka」の使い方をご紹介しました。

私自身、Eurekaの使い方を学ぶのは決して簡単ではなく、海外のサイトや動画を見ながらなんとかコードの書き方を取得しました。

英語なんて分かるはずもないので翻訳サイトをフル活用しました

ここでは参考としてEurekaの使用方法について詳しく解説している動画を2つご紹介しておきます。

もしも分からない部分があればお問い合わせフォームで質問して頂ければすぐに返信致します。

今サイトではこれからもウェブサイト運営に関する有益な情報をたくさん発信していきたいと思っていますので応援よろしくお願いします!

▼プログラミングで行き詰まっている方はこちらの記事がオススメです▼

プログラミングを理解できないときの対処法【5つのパターンから解説します】
プログラミングを理解できないときの対処法【5つのパターンから解説します】

続きを見る

プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】
プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】

続きを見る

プログラミングでエラーが発生したときの解決方法
プログラミングでエラーが発生したときの解決方法

続きを見る

▼最新映画や漫画が無料で見れちゃう▼
▼最新ドラマや漫画が無料で見れちゃう▼

-Swift

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.