侍エンジニア塾

侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発って学べる?

侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発って学べる?
侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発って学べる?特徴や料金、評判について詳しく知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスのプログラマーやエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

特にiPhoneアプリ開発を開発するiOSエンジニアは、エンジニアの数に対して需要が多いので給料も高く急激な人気を集めています。

そこで今回はiPhoneアプリ開発の魅力や国内大手プログラミングスクール侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学ぶポイントやコースの評判についてご紹介していきます。

実は当ブログ管理人も2020年の秋頃に侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学んでいたので、かなりリアルな情報をお届けできるかと思います

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • iPhoneアプリ開発とは
  • 侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発を学ぶポイント
  • 侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発を学べるコースの評判
  • Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール比較
  • まとめ:侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発って学べる?

当サイトではウェブやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

侍エンジニア塾以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】
プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】

続きを見る

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール3選
Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール3選

続きを見る

iPhoneアプリ開発とは

iPhoneアプリ開発とは

侍エンジニア塾のSwift・iPhoneアプリ開発についてご紹介する前に、まずはiPhoneアプリ開発について詳しく知っておきましょう。

iPhoneアプリ開発とは

もちろんiPhoneアプリ開発とは文字の通り「iPhoneで使用できる、AppleStoreで公開されているようなアプリを開発する」ことを言います。

そしてiPhoneアプリ開発を開発するエンジニア、プログラマーのことを「iOSエンジニア」と言います

一言で「iPhoneアプリ開発」といっても様々な方法がありますが、最も一般的なのは「MacやiPadでSwiftとXcodeを使って開発する方法」です。

一応それぞれの言葉の意味は以下の通りです。

  • Mac
    Apple社が開発しているパソコン。MacBook ProやMacBook Air、iMacやiMac Proなどいろいろな種類がある。
  • iPad
    Apple社が開発したタブレット型の端末。専用ペンやキーボードと合わせて使えるものもありパソコンと同じような操作が可能。
  • Swift
    Apple社が開発した、iOSやmacOSで使用できるプログラミング言語。2014年に登場した新しい言語で「書きやすさ」「読みやすさ」がポイント。
  • Xcode
    Swiftを使ったiPhoneアプリ開発専用ツールでMacでしか使用できない。Apple IDを持つMacユーザーなら誰でもApp Storeから無料でダウンロード可能。

説明にもあるようにiPhoneアプリ開発ツールであるXcodeはMacでしか使用できません

現在Windowsを使っている方はパソコンをMacに変えたほうが効率よくiPhoneアプリ開発を開発できるでしょう。

iPhoneアプリ開発を学ぶメリット・デメリット

ではiPhoneアプリ開発を学ぶとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

それぞれまとめてみました。

iPhoneアプリ開発を学ぶメリット

  • iOSエンジニアの人口は少ないので競争率が低い
  • iOSエンジニアの人口は少ないのでニーズが高く年収も多め
  • Swiftは難易度が低い
  • iPhoneだけでなくiPadやApple watchのiOSアプリも開発できる

Swiftは歴史の浅い言語ですので、マスターできるエンジニアの数は他の言語より圧倒的に少ないです。

つまり一度スキルを身に付けてしまえば、就職・転職、フリーランスといった様々な形で能力を発揮することができるのです。

iPhoneアプリ開発を学ぶデメリット

  • ネットにある解説情報が少ない
  • 完全初心者には難易度が高いことも
  • 一人前のiOSエンジニアになるには時間がかかる
  • アプリをApp Storeに公開するにはメンバーシップ料金がかかる

Swiftが新しい言語だということはつまり、ネット上にある解説サイトの数は非常に少ないことを意味します。

そのため他の言語なら一瞬で書けるプログラムをSwiftで書こうとすると、情報が少なくて解法が分からずに何時間も掛かってしまう、なんてことも少なくありません。

そういった意味ではSwiftを用いたiPhoneアプリ開発は独学には不向きかもしれません。

iOSエンジニアの年収

せっかくiPhoneアプリ開発を始めるなら、iOSエンジニアはどのくらい年収を貰えるのか知っておきたいですよね。

ここでは大手求人サービス「リクナビネクスト」に掲載されているiOSエンジニアの想定年収をご紹介します。

  • A社:503万円〜804万円
  • B社:600万円〜900万円
  • C社:360万円〜900万円
  • D社:600万円〜1,000万円
  • E社:500万円〜1,080万円
  • F社:650万円〜900万円

年収は最低でも500万円~600万円、最高で900万円くらいが平均であることが分かります。

2020年の日本人の平均年収が436万円であることを考えればそこそこ高額と言えますね

いずれの求人もiOSアプリの開発と運用がメインとなっており、中にはアプリの企画や設計を任されるケースもあるようです。

2021年2月現在リクナビネクストでは、48件のiOSエンジニアの求人が確認できましたが、そのうち47件が正社員での求人でした。

 

侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学ぶポイント

侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学ぶポイント

それでは早速侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学ぶポイントについて詳しく見ていきます。

具体的には以下のポイントからご紹介していきます。

  • 侍エンジニア塾にはSwiftやiPhoneアプリ開発を学べる2種類のコースがある
  • 侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学んで身に付くスキル
  • 侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学べるコースの料金と期間
  • 侍エンジニア塾でのSwiftやiPhoneアプリ開発学習に向いている人・向いていない人

それでは順番に見ていきましょう。

侍エンジニア塾にはSwiftやiPhoneアプリ開発を学べる2種類のコースがある

実は侍エンジニア塾には「Swiftコース」や「iPhoneアプリコース」といった細かいコースは用意されていません。

正確には「デビューコースでSwift・iPhoneアプリ開発を学ぶ」「エキスパートコースでSwift・iPhoneアプリ開発を学ぶ」といった解釈になります。

侍エンジニア塾は数十種類以上のプログラミング言語を取り扱っているため、言語ごとにコースの名前を設定していたらキリがないのです。

そして侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学べるのは以下の2コースになります。

  • デビューコース
  • エキスパートコース
当ブログ管理人が受講したのはエキスパートコースです!

そして両コースの特徴を比較表にまとめてみるとこんな感じ。

比較項目デビューコースエキスパートコース
受講料金(税込)88,000円から440,000円から
受講期間1・3・6ヶ月3・4・12ヶ月
難易度低め高め
特徴侍エンジニア塾のオリジナル教材を使いながら学習。プログラミング初心者におすすめ。プログラミングの基礎学習からオリジナルアプリ開発まで徹底指導。プログラミング経験者におすすめ。
オーダメイドカリキュラムなしあり
マンツーマンレッスンあり(週1回)あり(週1回)
チャット相談・質問なし24時間いつでも
専属講師ありあり
侍エンジニア塾専用QAサイト使用可能使用可能
学習コーチング使用可能使用可能
公式サイトデビューコースエキスパートコース

*料金の詳細は後に詳しく記載しております

やはり2コースの大きな違いは「受講料金」と「オーダメイドカリキュラムの対応」と「チャット質問の対応」の3ポイントでしょう。

自分の学習レベルや経済状況に応じて適切なコースを選択することが大切です。

完全なプログラミング初心者でとりあえずSwiftを学んでみたい、という方は基礎を固めるためにデビューコースを受講したほうが良いでしょう。
自分の作成したいiPhoneアプリが明確に決まっている方はオーダメイドカリキュラムに対応しているエキスパートコースを受講した方が良いでしょう。

もしもコース選びで困った時は無料体験レッスンを受講するのがオススメです。無料体験レッスンでは入学の有無に関わらず「総額5,000円のAmazonギフト券」「現役エンジニア相談」「非売品の独学メソッド」が手に入ります。

>> 侍エンジニア塾の無料体験レッスンを予約する

侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学んで身に付くスキル

侍エンジニア塾iPhoneアプリコースでは主に以下の6つのツールの使用スキルを習得できます。

侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学んで身に付くスキル

  1. Swift
    Apple社が独自に開発した、iOSアプリ制作専用のプログラミング言語です。最近できた歴史の浅い言語ですので難易度は低いと言われています。
  2. Xcode
    Mac、iPhone、iPad向けのアプリを開発する際のデベロッパーツールセットです。エディタ画面やプレビュー画面がセットになっている超便利ツールでiPhoneアプリ開発には欠かせないツールです。(Windowsでは使用不可)
  3. Git/GitHub
    プログラムのソースコードをクラウド上で共有・管理するツールです。企業内でのチーム開発の際に非常に役立つツールです。講師と生徒でファイルを共有する際などに使われます。
  4. Firebase
    iOSアプリやウェブアプリケーションのサーバー周りの操作を簡単にしてくれるツールです。主にデータベースやユーザー認証、ストレージ管理などを効率化できます。
  5. Slack
    講師と連絡をする際に使用するビジネス用チャットツールです。簡単なプログラムを共有したり分からないことを質問する際に使用することがあります。
  6. ZOOM・Skype・GoogleMeet
    レッスンの際に使用するオンラインミーティングツールです。基本的にはZOOMを使用しますが、ZOOMの調子が悪い時や電波が悪い時は状況に応じてSkypeやGoogleMeetに切り替えることがあります。

これらの6つのツールを使いこなすことでSwiftを使ったiPhoneアプリ開発に必要なスキルを深く確実に習得します。

そして最終的にはツール操作だけでなく、以下のようなスキルを身に付けることができます。

侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学んで身に付くスキル

  • 実務的なプログラミングスキル
  • エンジニア・プログラマーとしての思考
  • サービス開発の設計方法
  • プログラムエラー時の対処法
  • iOSエンジニアの現状・状況
  • オリジナルアプリの設計・開発・運用

ご覧のように単なるツールの使い方だけでなく、iOSエンジニアとして必要なあらゆるスキルを学べるので、社会に出てからも安心です。

侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発を学べるコースの料金と期間

侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学ぶ料金と期間を表にまとめると以下のようになります。

デビューコースでSwiftやiPhoneアプリ開発を学ぶ料金と期間

プラン名4週間プラン12週間プラン24週間プラン
期間4週間12週間+1週間24週間+2週間
入学金52,800円52,800円52,800円
一括料金(一般)88,000円231,000円330,000円
一括料金(学生)83,600円219,450円313,500円
分割料金(一般)3,667円/月9,625円/月13,750円/月
分割料金(学生)3,483円/月9,144円/月13,063円/月

*分割払いの料金は24回払いの場合となります
*学生の方は25歳以下が対象で学生証の提示が必要になります
*表示価格は税込です

エキスパートコースでSwiftやiPhoneアプリ開発を学ぶ料金と期間

プラン名12週間プラン24週間プラン48週間プラン
期間12週間+1週間24週間+2週間48週間+2週間
入学金107,800円107,800円107,800円
一括料金(一般)440,000円770,000円1,100,000円
一括料金(学生)418,000円693,000円990,000円
分割料金(一般)18,333円/月32,083円/月45,833円/月
分割料金(学生)17,417円/月28,875円/月41,250円/月

*分割払いの料金は24回払いの場合となります
*学生の方は25歳以下が対象で学生証の提示が必要になります
*表示価格は税込です

最短で4週間、最長で48週間と幅広い範囲を選択できるので、自分のペースに合わせて受講できます

侍エンジニア塾の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
侍エンジニア塾の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

侍エンジニア塾でのSwiftやiPhoneアプリ開発学習に向いている人・向いていない人

では侍エンジニア塾でのSwiftやiPhoneアプリ開発学習に向いている人・向いていない人はそれぞれどういった人が当てはまるのでしょうか?

侍エンジニア塾に向いている人

  • iPhoneアプリ開発を本気で制作したい人
  • 質の高いカリキュラムで学習したい人
  • オーダメイドカリキュラムでオリジナルアプリ開発をしたい人
  • 専属講師に24時間いつでも質問・相談したい人
  • 短期間で急成長したい人
  • iOSエンジニアとして将来活躍したい人
  • 社会に出る前にプログラミングスキルを磨きたい学生
  • iPhoneアプリのサービスを作って起業したい人
  • 質の高い現役エンジニアから教わりたい人
  • ツールの操作だけでなく実務で役立つスキルを身に付けたい人

iPhoneアプリ開発を開発できるエンジニアは人数が少ないため、iOSエンジニアの需要は非常に高いです。

そのためiPhoneアプリ開発を自分で作れるようになれば、今後はiOSエンジニアとして一層活躍できることでしょう。

侍エンジニア塾に向いていない人

  • 何でも良いからプログラミングを学びたい人
  • まずは難易度の低いプログラミングから学びたい人
  • 十分な学習時間を確保できない人
  • 普段WindowsやAndroidを使っている人
  • チーム開発を経験したい人

iOSエンジニアになるのはそう簡単ではありません

プログラミングの導入部分としてよく学習されるウェブ開発に比べたらかなり難易度は上がります。

そのため「完全なプログラミング初心者の方」や「とりあえずプログラミングを学んでみたい方」には荷が重くて挫折してしまうリスクが大きいです。

またXcodeを使ったiPhoneアプリの開発はMacやiPadでしかできませんし、実機での確認もiPhoneが必要になります。

普段WindowsやAndroidを使っている方は「Swift・iPhoneアプリ開発」よりも「Java・Androidアプリ開発」を学習したほうが良いでしょう。

 

侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発を学べるコースの評判

侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発を学べるコースの評判

侍エンジニア塾iPhoneアプリコースについて詳しく見てきましたが、実際のところ受講者からはどんな評判なんでしょうか?

ここからは侍エンジニア塾で実際にSwiftを学んだ私が感じた良い評判と悪い評判をご紹介していきます。

侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発を学べるコースの良い評判

オリジナルアプリ開発のためのオーダメイドカリキュラムを組んでくれるのでスムーズに開発を進められた

チャット質問ではプログラムに関することはもちろん、iOSエンジニアのこと、サービス開発のこと、気をつけておきたい法律情報など様々な話を相談できた

実際にiOSエンジニアとして活躍している方から習うので独学で開発するよりはるかに効率が良い

侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発を学べるコースの悪い評判

侍エンジニア塾オリジナルのQAサービスを使う機会はほとんど無かった

サポートが充実している分、他のプログラミングスクールよりも値段が高め

デビューコースの場合、価格は安いものの満足にプログラミングを学べるとは限らない

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じた口コミ評価もご紹介】
侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じた口コミ評価もご紹介】

続きを見る

 

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール比較

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール比較

それでは最後に、Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクールを様々な視点から比較してみましょう。

スクール名TechAcademyCodeCamp侍エンジニア塾
コース名iPhoneアプリコースアプリマスターコースデビューコース
エキスパートコース
習得スキルSwift・Xcode・Git/GitHub・Firebase・SpriteKitJava・Android・Swift・XcodeiPhoneアプリ開発関連ならなんでも
オリジナルアプリ
料金229,900円〜
(2ヶ月)
165,000円〜
(2ヶ月)
88,000円〜
(1ヶ月)
入学金無料33,000円52,800円
受講形式オンラインオンラインオンライン
講師現役エンジニア現役エンジニア現役エンジニア
チャット対応時間15~23時7時〜23時40分24時間
公式サイトTechAcademyCodeCamp侍エンジニア塾

どれも大きな違いはありませんが、侍エンジニア塾の強みとしてはレベルに応じてコースが分けられている点、オーダメイドカリキュラムでオリジナルアプリを制作できる点などが挙げられます。

もしも迷った時は「侍エンジニア塾の無料体験レッスン」を利用して、プロ講師に聞いてみるのも良いでしょう。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみましょう。

Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール3選
Swift・iPhoneアプリ開発を学べるプログラミングスクール3選

続きを見る

まとめ:侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発って学べる?

まとめ:侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発って学べる?

まとめ:侍エンジニア塾でSwift・iPhoneアプリ開発って学べる?

  • iPhoneアプリ開発を仕事とするiOSエンジニアは競争率が低くて需要が高くて年収が高い
  • 侍エンジニア塾ではSwift・iPhoneアプリ開発を学べる2つのコースが用意されている
  • 侍エンジニア塾では基礎的なiOSアプリ開発はもちろんオリジナルアプリ開発まで深く学べる
  • 侍エンジニア塾ではツール操作以外のエンジニアに必要な実務的なスキルも習得できるので安心
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験レッスンを利用しよう!

今回はiPhoneアプリ開発の魅力や国内大手プログラミングスクール侍エンジニア塾でSwiftやiPhoneアプリ開発を学ぶポイントや評判についてご紹介しました。

Swiftを用いたiPhoneアプリ開発は年々需要が高まっており、それに伴ってiOSエンジニアの平均年収も底上げされてきています。

侍エンジニア塾はこれからエンジニア転職を目指す初心者の方や将来のキャリアが不安な方にはイチオシのプログラミングスクールです。

それでも不安な方は「侍エンジニア塾の無料体験レッスン」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみましょう。

 

侍エンジニア塾は分割払いに対応しているの?
侍エンジニア塾は分割払いに対応しているの?

続きを見る

侍エンジニア塾の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
侍エンジニア塾の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

侍エンジニア塾の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
侍エンジニア塾の就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】

続きを見る

侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じた口コミ評価もご紹介】
侍エンジニア塾の評判まとめ【実際に通って感じた口コミ評価もご紹介】

続きを見る

▼最新映画や漫画が無料で見れちゃう▼
▼最新ドラマや漫画が無料で見れちゃう▼

-侍エンジニア塾

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.