HTML JavaScript

HTMLとJavaScriptで地図を表示させる方法【OpenStreetMap】

2020年9月11日

HTMLとJavaScriptで地図を表示させる方法【OpenStreetMap】

HTMLとJavaScriptで、ウェブサイトにマップを表示させたいと考えたことはありませんか?

実はウェブサイト内にマップを表示させるのは非常に簡単です。

そこで今回は実際にOpenStreetMapのプログラムを使ってウェブサイト上にマップを表示させる方法と応用したプログラムをいくつかご紹介します!

使用するプログラム言語はHTMLとJavaScriptのみです!

今回のテーマ

  • HTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示するプログラム
  • HTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示し、地図上をクリックすると、その場所の緯度経度が表示されるプログラム
  • HTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示し、地図上をクリックすると、その場所を中心とした地図が表示されるプログラム

当サイトではプログラミングやWebサイト運営に関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

HTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示するプログラム

まずはHTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示するプログラムです。

HTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示し、地図上をクリックすると、その場所の緯度経度が表示されるプログラム

続いてはHTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示し、地図上をクリックすると、その場所の緯度経度が表示されるプログラムです。

HTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示し、地図上をクリックすると、その場所を中心とした地図が表示されるプログラム

最後はHTMLとJavaScriptでOpenStreetMapを表示し、地図上をクリックすると、その場所を中心とした地図が表示されるプログラムです。

まとめ

今回はHTML&JavaScriptを使ってOpenStreetMapの地図を表示させる方法について解説しました。

ご覧の通り、HTMLとJavaScriptだけで簡単に実装できるのでおすすめです。

みなさんも是非実践してみてください!

わからない部分がある方はお問合せフォームで質問して貰えばすぐに返信します。

今サイトではこれからもウェブサイト運営に関する有益な情報をたくさん発信していきたいと思っていますので応援よろしくお願いします!

▼プログラミングで行き詰まっている方はこちらの記事がオススメです▼

プログラミングを理解できないときの対処法を解説【5つのパターンから解説】

続きを見る

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

続きを見る

プログラミングでエラーが発生したときの解決方法
プログラミングでエラーが発生したときの解決方法をご紹介

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-HTML, JavaScript

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.