TechAcademy

テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

2021年3月9日

テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?特徴や料金、評判について詳しく知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

特にプログラミングの中でも難易度の易しい「フロントエンド開発」は初心者を中心に急激な人気を集めています

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のテックアカデミーのフロントエンドコースの特徴や学習内容、元受講生の口コミレビューや稼ぎ方についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • テックアカデミーの特徴
  • テックアカデミーのフロントエンドコースの概要
  • 実際にフロントエンドコースに通っていた元受講生の口コミレビュー
  • テックアカデミーのフロントエンドコースで稼げる?
  • まとめ:テックアカデミーのフロントエンドコースってどうなの?

当サイトではWebやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

テックアカデミー以外にフロントエンド(JavaScript)を学べるおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介
【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介

続きを見る

目次

テックアカデミーの特徴

TechAcademy(テックアカデミー)

まずはTechAcademy(テックアカデミー)がどんなプログラミングスクールなのか簡単にご説明していきます。

具体的には以下の7つのポイントでご紹介していきます。

  1. マンツーマンメンタリングの実施
  2. コースの種類がとにかく豊富
  3. 講師は全員現役エンジニア
  4. 長時間のチャットサービス
  5. 課題レビューは回数無制限
  6. 転職サービスが充実
  7. 卒業後もカリキュラムを閲覧可能

それでは順番に見ていきましょう。

特徴①マンツーマンメンタリングの実施

時間や場所に縛られないとはいえ、オンライン受講だと集中力が続かずに挫折しそう

そんな悩みを抱えてる方のために、テックアカデミーでは週2回ものマンツーマンメンタリングが実施されています。

1回30分程度のメンタリングを週2回行うことで「プログラミング学習の悩み解決」「目標を再認識してモチベーションの維持」といった効果が得られ、オンライン環境でも挫折すること無く学習を継続できるのです。

特徴②コースの種類がとにかく豊富

テックアカデミーの強みとしてコースの種類が非常に多い点が挙げられます。

具体的には以下の通り。

コース名解説ページ
Webアプリケーションコース>> Webアプリケーションコースの解説記事
PHP/Laravelコース>> PHP/Laravelコースの解説記事
Javaコース>> Javaコースの解説記事
フロントエンドコース>> フロントエンドコースの解説記事
WordPressコース>> WordPressコースの解説記事
iPhoneアプリコース>> iPhoneアプリコースの解説記事
Androidアプリコース>> Androidアプリコースの解説記事
Unityコース>> Unityコースの解説記事
はじめてのプログラミングコース >> はじめてのプログラミングコースの解説記事
Pythonコース >> Pythonコースの解説記事
AIコース >> AIコースの解説記事
データサイエンスコース >> データサイエンスコースの解説記事
GoogleAppsScriptコース>> GoogleAppsScriptコースの解説記事
Webデザインコース>> Webデザインコースの解説記事
UI/UXデザインコース>> UI/UXデザインコースの解説記事
Webディレクションコース>> Webディレクションコースの解説記事
Webマーケティングコース>> Webマーケティングコースの解説記事
HTML/CSSトレーニング>> HTML/CSSトレーニングの解説記事
Bootstrapトレーニング>> Bootstrapトレーニングの解説記事
GitHubトレーニング>> GitHubトレーニングの解説記事
Photoshopトレーニング>> Photoshopトレーニングの解説記事
動画編集コース>> 動画編集コースの解説記事
Webデザインフリーランスセット>> Webデザインフリーランスセットの解説記事
Web制作副業コース>> Web制作副業コースの解説記事
エンジニア転職保証コース>> エンジニア転職保証コースの解説記事

プログラミング系のコースはもちろん、デザイン系やマネジメント系まで様々な分野のコースがあるので自分に合った選択ができるのです。

テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】

続きを見る

特徴③講師は全員現役エンジニア

テックアカデミーの講師は全員現役エンジニアとなっています。

プログラミングスクールによっては「講師は学生アルバイト・契約社員」といったパターンも少なくないのですが、テックアカデミーは違います。

現役で活躍している約1,000人のエンジニア講師から、実践的なカリキュラムを教わることができるので、成長速度も圧倒的です。

テックアカデミーは最短でエンジニアスキルを磨きたい方にはおすすめのスクールと言えるでしょう。

特徴④長時間のチャットサービス

テックアカデミーではカリキュラムに関するチャットサポートを毎日15時から23時まで受け付けています

プログラミングなどで分からないことがあったらすぐに質問できる環境が整っているので、効率よく学習を進められます。

15時から23時までならいつでも質問可能ですので、自分の好きなタイミングで疑問を解決できちゃうんです

特徴⑤課題レビューは回数無制限

テックアカデミーでは、出された課題を何回でもレビューしてもらうことができます。

もし自分が間違ったコードで理解していたとしても課題レビューを使えば、正しいプログラムコードを教えてくれるのでプログラミング初心者・未経験者の方でも安心です。

特徴⑥転職サービスが充実

テックアカデミーにはキャリアアップを目指す社会人には嬉しい「受講者限定の無料転職サポート」があります。

転職サービスが充実

テックアカデミーの転職サポート

  • テックアカデミー受講者なら無料
  • 成長中の企業や職場環境が整った企業をご紹介
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く

これほど転職サポートが充実していれば、将来のキャリアが不安な社会人の方も安心です。

実際テックアカデミーでは働きながら受講して転職成功した生徒をたくさん輩出しています。

詳しい就職先や年収についてはこちらの記事をご覧ください。

テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

特徴⑦卒業後もカリキュラムを閲覧可能

テックアカデミーで受講中に使用したカリキュラムは卒業後も閲覧できます

エンジニアやデザイナーとしてデビューした後も、分からない事があればいつでもカリキュラムを参照できるのはとてもありがたいですよね。

テックアカデミーの特徴は以上になります!

テックアカデミーの評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

 

テックアカデミーのフロントエンドコースの概要

ここからはテックアカデミーのフロントエンドコースについて詳しく見ていきます。

具体的には以下のポイントからご紹介していきます。

  • テックアカデミーのフロントエンドコースで身に付くスキル
  • テックアカデミーのフロントエンドコースで開発するプログラム
  • テックアカデミーのフロントエンドコースのメンター例
  • テックアカデミーのフロントエンドコースの料金と期間
  • テックアカデミーのフロントエンドコースに向いている人・向いていない人
  • テックアカデミーのフロントエンドコースの参加条件
  • テックアカデミーのフロントエンドコースの関連コース

それでは順番に見ていきましょう。

テックアカデミーのフロントエンドコースで身につくスキル

テックアカデミーのフロントエンドコースでは主に以下のスキルを習得できます。

テックアカデミーのフロントエンドコースで身につくスキル

テックアカデミーのフロントエンドコースで身に付くスキル

  1. HTML5/CSS3
    Webサイトの構成をプログラムする「HTML」とWebサイトの装飾をプログラムする「CSS」のコーディングスキルを学びます。
  2. JavaScript/jQuery
    ウェブサイトの質を高くするために用いられるバックエンド寄りのスクリプト言語「JavaScript」とJavaScriptを手軽に書けるライブラリ「jQuery」の使い方を学びます。
  3. Vue.js
    Webアプリケーションのデザインやレイアウトを簡単に実装するためのJavaScriptのフレームワーク「Vue.js」の操作を習得します。
  4. Bootstrap
    レイアウトや部品のUIといったデザイン面を中心に、Webサイト制作をサポートしてくれるフレームワーク「Bootstrap」の使い方を学びます。
  5. Web API
    オンライン写真管理Webサービス「Flickr API」のAjaxなどを使いながら、Webサービスが提供しているAPIを使う手順を学びます。
  6. Firebase
    アプリケーションサービスを構築する上で必要なサーバーやデータ周りの操作を簡易化してくれるツール「Firebase」の操作方法を学びます。
  7. サーバー
    Webサービスを公開する際に必要なサーバーでは、さくらのレンタルサーバーを使用します。レンタルサーバーの使い方やサイト公開までの手順を学びます。
  8. その他実務で役立つスキル
    SlackやGitHubといったチーム開発を円滑に進めるエンジニア必須ツールの使い方を学びます。

ご覧のようにテックアカデミーのフロントエンドコースではHTMLやCSSだけでなくJavaScriptやjQueryといった高度なプログラミングも習得できることが分かります。

またプログラミング以外では「Firebaseでのサーバーやデータ周りの管理」や「さくらレンタルサーバーの操作」といったWeb開発には欠かせないコーディング以外のスキルにも対応しています

「JavaScriptって何?」「APIって何?」「サーバーって何?」といった方もいらっしゃるかもしれませんが心配ご無用!

テックアカデミーでは「現役エンジニアの質の高い授業」「パーソナルメンターの丁寧なメンタリング」といったサポートが充実しています。

あなたのレベルや進捗状況に応じて最も効率的なトレーニングメニューが設定されるので挫折すること無くスムーズに目標まで進むことができるのです。

入会前はさっぱりだった言葉もすぐにマスターできるようになっていることでしょう。

テックアカデミーのフロントエンドコースではさくらのレンタルサーバーを借りてWebサービスを公開します。
通常レンタルサーバーを使用するとレンタル料がかかるのですが、テックアカデミーでは受講者限定でさくらのレンタルサーバー(スタンダードプラン)3ヶ月無料特典が付いてきます!

テックアカデミーのフロントエンドコースで開発するプログラム

テックアカデミーのフロントエンドコースでは期間内に以下の4つのプログラムを開発します。

テックアカデミーのフロントエンドコースで開発するプログラム

テックアカデミーのフロントエンドコースで開発するプログラム

  • アニメーション演出を用いたサイト
    jQueryを利用したダイナミックな動きのあるサイト
  • APIを活用したサイト
    Flickr APIから取得した画像を集めたサイト
  • リアルタイムチャット
    Firebaseを利用したリアルタイムチャットサービス
  • オリジナルWebサービス
    自分のアイデアをカタチにしたWebサービス

このようにどれも実務で役立つ実践的なプログラムばかりです。

プログラミング初心者の人でもたった数ヶ月でこのような高度なプログラムを作れてしまうんですから驚きです

特にコース後半では自分のアイデアから完全オリジナルのWebサービスを作成&公開します。

こうしたオリジナルの制作物は就活や転職活動でポートフォリオとしてアピールできるので、あなたのキャリアを有利にすすめることができるでしょう。

ちなみに卒業生の作品はこんな感じ。

卒業生の作品

こちらはWebデザイナーの受講生が作成した「オーガニックコスメの情報サイト」になります。

このようにフロントエンドコースを受講すれば頭の中にあるアイデアをWebサイトとしてアウトプットに繋げることができるのです。

オーガニックコスメの情報サイトを作成した卒業生のインタビュー記事

テックアカデミーのフロントエンドコースのメンター例

ここではテックアカデミーのフロントエンドコースのメンターを2人ご紹介します。

Honda Yoshinori
文系学部卒業後、印刷会社勤務を経て、Web制作会社に転職。現在はフリーランスWebディレクター。Webに携わって10年余。フロントエンドの制作業務以外にも、オウンドメディアの運営、ライターとしての活動も行っています。

Satoshi Hachiya
Javaプログラマー・NW保守を経て、現在はウェブサイトの運用保守チームで開発サポートと分析業務に携わっています。

テックアカデミーのフロントエンドコースの料金・期間

テックアカデミーのフロントエンドコースの料金・期間を表にまとめると以下のようになります。

4週間プラン8週間プラン12週間プラン16週間プラン
社会人料金
(税込)
174,900円229,900円284,900円339,900円
学生料金
(税込)
163,900円196,900円229,900円262,900円
メンタリング回数7回15回23回31回
チャットサポート15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
15〜23時
(8時間)
1週間あたりの
学習時間目安
40~50時間20~25時間14~18時間10~13時間
1時間あたりの料金社会人:780円
学生:731円
社会人:513円
学生:439円
社会人:423円
学生:342円
社会人:379円
学生:293円

*クレジットカード払い(分割可能)、コンビニ決済、銀行振込から選択できます
*カード分割払いご利用回数(3 / 5 / 6 / 10 / 12 / 15 / 18 / 20 / 24)
*4週間プランと8週間プランは先割の対象外です

ちなみにTechAcademyの無料体験を受講すれば10,000円割引されるので非常にオススメです。

無料体験では以下のサービスを受けることができます。

  • 10,000円割引プレゼント
  • マンツーマンメンタリング
  • 毎日8時間のチャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー
これほど有益なサービスを無料で利用できるスクールは中々ありません。

まずはTechAcademy(テックアカデミー)公式サイトから気軽に相談してみましょう。

TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのフロントエンドコースに向いている人・向いていない人

ではテックアカデミーのフロントエンドコースに向いている人・向いていない人はそれぞれどういった人が当てはまるのでしょうか?

テックアカデミーのフロントエンドコースに向いている人

  • プログラミング初心者や未経験者の人
  • オンラインマンツーマンで習いたい人
  • フロントエンドエンジニアとして独立したい人
  • フロントエンドエンジニアとして就職、転職したい人
  • 表現力を鍛えたい人
  • 将来のためにプログラミングを学びたい学生
  • レベルの高い現役エンジニアから習いたい人
  • 時間や場所にとらわれずに勉強したい人
  • 難易度の易しいプログラミングを学びたい人

テックアカデミーのフロントエンドコースではWeb制作の基本的な部分から学習するのでプログラミング初心者の方でも安心です。

また最近ではコスパ良く収入が手に入るということでフリーランスや副業でフロントエンド開発を仕事としている人が増えてきています。

仕事が軌道に乗れば大金を安定的に稼ぐことだって夢じゃありません!

そんな夢を叶えるためにも、基礎からフロントエンド開発を学習できるテックアカデミーはおすすめのプログラミングスクールなのです!

テックアカデミーのフロントエンドコースに向いていない人

  • 十分な学習時間を確保できない人
  • オフライン学習で仲間を作りたい人
  • バックエンドのプログラミング(PHPやRuby)を学びたい人

フロントエンド開発はプログラミングの中では難易度の易しいジャンルですので、挫折率は低いのが特徴です。

とはいえ十分な学習時間を確保しないとスキルを磨くことはできません。

もし受講を考えているならなるべく時間に余裕のある期間に入会すると良いでしょう。

またフロントエンドコースではPHPやRubyといったシステム系のバックエンドのプログラミングには対応していません

もしフロントエンドとバックエンドの両方からWeb開発を学びたい人は「PHP/Laravelコース」や「Webアプリケーションコース」がおすすめです。

テックアカデミーのPHP/Laravelコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのフロントエンドコースの参加条件

テックアカデミーの公式サイトでは、参加条件を以下のように定めています。

テックアカデミーのフロントエンドコースの参加条件

  • 必要なメンタリング回数をこなすことができる
  • 期間内に必要な学習時間を確保できる
  • MacかWindowsのPCを持っている
  • Google Chrome を利用できる
  • PCの基本的な操作が問題なくできる

ほとんどの方は条件を満たしていると思います。

受講を考えている方はある程度操作に慣れたPCを用意して、時間に余裕のある期間に入会すると良いでしょう。

年齢制限は特にありませんので緊張せずに安心して受講しましょう!

テックアカデミーのフロントエンドコースの関連コース

ちなみにテックアカデミーではフロントエンドコースと関連コースをセットで受講すると、セット割によってお得な料金で利用できます

具体的にはこんな感じ。

テックアカデミーのフロントエンドコースの関連コース

テックアカデミーのフロントエンドコースに対応しているセットコース

  • Webアプリケーション+フロントエンドセット←最大6万円お得
    フロントエンドではJavaScriptライブラリの「jQuery」、バックエンドではRubyのフレームワーク「Ruby on rails」を使ってより高度なWebサービスを開発します
  • Webアプリ+フロントエンド+Webデザインセット←最大13.8万円お得
    HTMLやCSSといったフロントエンドのWeb開発だけでなくRuby(Ruby on rails)やSQLといったバックエンドのWeb開発を学びます
  • PHP/Laravel+フロントエンド+Webデザインセット←最大13.8万円お得
    HTMLやCSSといったフロントエンドのWeb開発だけでなくPHP/LaravelやSQLといったバックエンドのWeb開発を学びます

フロントエンド開発はWeb開発全体のほんの一部です。

本格的なフロントエンドエンジニアとして活躍したい方はセット割を利用して他の分野も一緒に学習するのも良いでしょう。

個人的には実践的なWebデザインとPHPのシステム開発を学べる「PHP/Laravel+フロントエンド+Webデザインセット」がオススメです!

 

実際にテックアカデミーのフロントエンドコースに通っていた元受講生の口コミレビュー

さてここからは実際にテックアカデミーのフロントエンドコースに通っていた元受講生の口コミレビューをいくつかご紹介していきます。

*口コミレビュー調査概要
調査対象:プログラミングスクール受講経験がある男女
対象人数:95名
調査方法:インターネットアンケート調査
調査主体:wagtechblog運営事務局
調査期間:2021年3月6日〜3月20日,2021年4月26日〜5月10日

よりリアルな感想や評判を知りたい方は是非参考にしてみてください!

評判① 講師のおかげでモチベーションを維持できた

講師のおかげでモチベーションを維持できた(HAさん:和歌山県 40代男性)

WEBページ制作のスキルが身につけられるといいなと思い受講しました。

料金は高いとは感じませんでしたし、内容を考えるとコストパフォーマンスは良いのではないかと思います。

講師や現役の方の話がとてもわかりやすく、スキルを使って仕事をすることのイメージが作れたので、モチベーション高く維持できました

わからないことなどへのサポート体制も充実してるように感じ、しっかり学べたのでテックアカデミーはおすすめしたいです。

評判② ポイント管理が面倒くさい

ポイント管理が面倒くさい(AKさん:大阪府 20代男性)

良かった点
・未経験でプログラミングの勉強がスムーズに進んだ
教師陣の説明も非常にわかりやすく問題点の指摘も適格
・毎日の学習をサポートしてくれる内容である

悪かった点
安いコースを受講してしまったこともあるが、ポイント制による自分自身のポイント管理をしなければならないことがとてもストレスになった

料金
適切

講師の質
現役の正社員の方も多く現場のリアルのことを聞ける

カリキュラムの難易度
難易度は個人によるところも大きいですが、興味をもって取り組める方であれば問題ないです

評判③ カリキュラムは難しいがメンターがサポートしてくれる

カリキュラムは難しいがメンターがサポートしてくれる(IKさん:愛知県 40代女性)

全体としてよかった。
価格も他のスクールに比べれば安く、メンターの質もよかった。

テキストは終了後もずっと見れるのでとても便利です。

いつでも質問できるとなっていますが実際質問できる時間は1523時の間となっているため、仕事している人向けのサービスとなってる感じがしました。

せめて9時~とかのサポートも欲しかったです。

カリキュラムの課題は難しかったですが、わからなくてもメンターに質問すると導いてくれるので、一人で行き詰まることがありません

評判④ 講師の温かい人柄に魅力を感じた

講師の温かい人柄に魅力を感じた(MUさん:東京都 30代男性)

講師に対しとにかく質問し放題であるということが最大の魅力だと思います。

他スクールだとどうしても制約が設けられているところがありますので、これは学習者にとって一番ありがたいシステムだと言えます。

質問し放題でありますため、何を勉強すればよいのか・どう行えば効率良く伸びるのかなど、いろいろな相談に乗ってくれました講師の温かい人柄にも魅力を感じます

またオンラインですので、すぐに学習することが出来ます。

時間をあまりかける必要がないのも良いところです。

テックアカデミーのフロントエンドコースの口コミレビューは以上になります!

今回紹介した口コミレビューから分かるフロントエンドコースのメリットとデメリットをまとめてみると以下のようになります。

メリット
デメリット
  • コストパフォーマンスが良い
  • 講師の説明が分かりやすい・人柄が良い
  • モチベーションを最後まで維持できた
  • 未経験でもスムーズに学習できた
  • 卒業後もテキストを閲覧できる
  • 講師に質問・相談し放題
  • ポイント管理が面倒でストレスだった
  • 質問対応時間が短い
  • カリキュラムの難易度が高い

ご覧のようにテックアカデミーのフロントエンドコースに対して好印象を抱いている方もいる一方で、ある程度の不満を感じる方も見られました。

フロントエンド開発が自分に合うか合わないか確かめるためにも「TechAcademyの無料体験」に参加して、実際のレッスンを体験してみるのはいかがでしょうか?

 

テックアカデミーのフロントエンドコースで稼げる?

テックアカデミーのフロントエンドコースについて詳しく見てきましたが、フロントエンドエンジニアとして稼ぐことはできるのでしょうか?

テックアカデミーならフリーランスのフロントエンドエンジニアとして稼げる

結論から申し上げるとテックアカデミーのフロントエンドコースを受講すればフロントエンドエンジニアとして稼ぐことは十分可能です。

というのもテックアカデミーのフロントエンドコースではHTMLやJavaScriptを中心にWeb開発の基礎からオリジナルWebサービスのコーディングまで幅広くカバーされています。

そのためフリーランスや副業といった形なら割とすぐに稼げるようになるでしょう。

例えばフリーランス・副業のプラットフォームとして有名なランサーズではフロントエンド開発に関する仕事が数え切れないほど溢れています。

フロントエンドの仕事 フロントエンドの仕事

ご覧のように基本的なWebシステム開発をするだけで数万円〜数十万円の報酬を貰える仕事がたくさん募集されています。

ちなみに2021年3月現在フロントエンド開発の仕事は3,000件以上もありました

特にフロントエンドエンジニアの場合だと

  • モーション作成が得意なフロントエンド のクリエイターさん募集
  • 【完全在宅OK】フロントエンドエンジニア募集
  • SaaSプロダクトのデザイニング及びフロントエンド開発
  • 【Vue.js】広告分析ツールでのフロントエンド開発業務
  • モダンな自社サイトのフロントエンドエンジニア募集
  • 【Vue.js】自社動画制作サービスのフロントエンド開発業務
  • 【JavaScript/Vue.js】自社サービスリニューアルのためのフロントエンド開発業務
  • 【Vue.js】ネットショップ作成サービスにおける、フロントエンド開発業務

といったJavaScriptやVue.jsをメインとする仕事が多いようです。

こういったJavaScriptやVue.js関連の仕事はHTMLやCSSだけのWeb開発よりも難易度が高い分報酬額が高いので、効率よく稼ぐことができます。

1週間に1件3万円程度の仕事をこなせば月収6桁だって難しくありません。

テックアカデミーならフロントエンドエンジニアとして転職して稼げる

ではテックアカデミーのフロントエンドコースではフロントエンドエンジニアとしてエンジニア転職することはできるのでしょうか?

もちろん可能です。

それはフロントエンドエンジニアを募集している求人サイトを見れば分かります。

ここでは大手求人サービス「リクナビネクスト」に掲載されている、フロントエンドエンジニアの求人情報を見てみましょう。

A社
求める人材:JavaScript/Typescript/Vue.jsなどのフロントエンド開発経験(2年以上)
B社
求める人材:React や Vue などのモダンなUIライブラリを利用した開発経験
C社
求める人材:2年以上のフロントエンドエンジニアとしてのWeb アプリケーションの開発経験
D社
求める人材: JavaScriptの基礎知識及びフレームワークを用いた実装経験またはHTML/CSS設計、及び実装経験

ご覧のようにフロントエンドエンジニアとして転職するにはフロントエンドエンジニアとしての数年間の実務経験が必要とされていることが分かります。

とはいえテックアカデミーはプログラミングスクールですので何年受講しても実務経験には含まれません。

でも大丈夫!心配いりません。

テックアカデミーには「受講者限定の無料転職サポート」があるからです。

テックアカデミーの転職サポート

  • テックアカデミー受講者なら無料
  • 成長中の企業や職場環境が整った企業をご紹介
  • 企業やコンサルタントからスカウトが届く

これほど転職サポートが充実していれば、将来のキャリアが不安な方も安心です。

またテックアカデミーでは数多くのエンジニア転職成功者を輩出しています。

詳しい就職先や年収についてはこちらの記事をご覧ください。

テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

少しでも気になった方は「TechAcademyの無料体験」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

とはいえプログラミングスクールは高額だしなんだか怖いなぁ...
明日他の塾と比較して考え直そう!

と悩むのは分かりますが、その悩んでいる時間は非常にもったいないです。

ホームページを見たくらいではそのスクールの良さや雰囲気は伝わってきません。

悩むより前に、まずは片っ端から無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切なのです。

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

まとめ:テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】

まとめ:テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】

  • テックアカデミーのフロントエンドコースでは基本的なWeb制作からJavaScriptやjQueryを中心にオリジナルWebサービスまで幅広く対応
  • テックアカデミーのフロントエンドコースは2ヶ月で約20万円とコスパ良く学習できる
  • 他のコースとセットで受講すればもっとお得にWeb開発スキルを習得できる
  • テックアカデミーのフロントエンドコースを受講すればフリーランスや転職といった形で稼げる
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験レッスンを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のテックアカデミーのフロントエンドコースの特徴や学習内容、稼ぐポイントについてご紹介しました。

テックアカデミーのフロントエンドコースは低価格でJavaScriptやjQueryを中心とした実践的なフロントエンド開発を学ぶことができる貴重なコースです。

またWeb開発に関連する「Webデザインコース」や「Webアプリケーションコース」とのセットコースを受講すれば、Web開発スキルをより一層磨き上げられるでしょう。

セットコースでは最大138,000円もお得に利用できるのがポイント!

テックアカデミーのフロントエンドコースはこれからフロントエンド開発を学びたい方や、将来フロントエンドエンジニアとして活躍したい方にはイチオシのコースです。

それでも不安な方は「TechAcademyの無料体験」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

テックアカデミーの評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-TechAcademy

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.