HTML JavaScript

HTML&JavaScriptを使って「戻る」「進む」「更新」ボタンを作成する方法

2020年9月11日

HTML&JavaScriptを使って「戻る」「進む」「更新」ボタンを作成する方法

今回はHTMLとJavaScriptを使って「戻るボタン」「進むボタン」「更新ボタン」を作成する方法をご紹介します。

どのボタンもページ遷移の操作には欠かせない重要な要素です。

一見すると難しそうな操作ですが、ほんの数行を書くだけで済む簡単な作業ですので、みなさんもぜひ試してみてくださいね。

今回のテーマ

  • HTMLとJavaScriptを使って戻るボタンを作る方法
  • HTMLとJavaScriptを使って進むボタンを作る方法
  • HTMLとJavaScriptを使って更新ボタンを作る方法

当サイトではウェブサイトやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

HTMLとJavaScriptを使って戻るボタンを作る方法

まずはHTMLとJavaScriptを使って戻るボタンを作る方法ですが以下の通りです。

まずHTMLで、modoru()という関数が呼び出されるボタンを作成します。

modoru()関数では1つ前のページに戻るという操作「history.back()」をJavaScriptで指定しています。

HTMLとJavaScriptを使って進むボタンを作る方法

まずはHTMLとJavaScriptを使って進むボタンを作る方法ですが以下の通りです。

まずHTMLで、susumu()という関数が呼び出されるボタンを作成します。

susumu()関数では1つ前のページに進むという操作「history.forward()」をJavaScriptで指定しています。

HTMLとJavaScriptを使って更新ボタンを作る方法

まずはHTMLとJavaScriptを使って更新ボタンを作る方法ですが以下の通りです。

まずHTMLで、kousin()という関数が呼び出されるボタンを作成します。

koushin()関数では1つ前のページに戻るという操作「location.reload()」をJavaScriptで指定しています。

ちなみにHTMLだけを使って実装したい時は以下のコードを書きましょう。

ここではaタグで空のリンク先を設定しています。

HTMLの場合、リンク先が空のときはリロードする仕組みになっています。

まとめ:HTML&JavaScriptを使って「戻る」「進む」「更新」ボタンを作成する方法

まとめ

  • HTML&JavaScriptを使って戻る処理ではhistory.back()
  • HTML&JavaScriptを使って進む処理ではhistory.forward()
  • HTML&JavaScriptを使って更新処理ではlocation.reload()

関数をJavaScriptで書こう

今回はHTML&JavaScriptを使って「戻る」「進む」「更新」ボタンを作成する方法について解説しました。

ご覧の通り、簡単なコードを数行書くだけで簡単に実装できるのでおすすめです。

みなさんも是非実践してみてください!

JavaScriptやHTML/CSSの学習でつまづいた時、独学に限界を感じた時はこちらの記事もオススメです。

【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介
【厳選】JavaScriptが学べるプログラミングスクール8選をご紹介

続きを見る

【2022年最新版】HTML/CSSが学べるプログラミングスクール10選をご紹介

続きを見る

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-HTML, JavaScript

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.