WordPress ブログ ブログスタート

WordPressブログのおすすめレンタルサーバー3社を徹底比較【初心者必見】

WordPressブログのおすすめレンタルサーバー3社を徹底比較【初心者必見】

「WordPressブログを始めたいけどサーバーの選び方が分からない」
「結局どのサーバーにすればいいか分からない」

そんな方に朗報です!

今回の記事では国内サーバーでも特に人気の「エックスサーバー」「さくらサーバー」「ロリポップサーバー」の3社を徹底比較します!

それぞれの長所・短所を交えながら紹介していきますので参考にしていただけると嬉しいです。

WordPressブログのサーバーで悩んでいる方は必見です!

当サイトではウェブサイトやブログに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでみてください!

WordPressブログに必要なもの

WordPressブログに必要なもの

まずはWordPressブログを始めるのに必要なものを確認しましょう。

サーバー

サーバーとはユーザーのブラウザのリクエストに応じてコードファイルや画像ファイルをレスポンスするものを指します。

WordPressブログを始めることを建築に置き換えた場合「サーバー」は家を建てる土地を指します。

サーバーは、専用サービスからレンタルサーバーとして借りることで利用できます。

ドメイン

ドメインとはそのサイトの場所を示すインターネット上の住所のようなものです。

ドメインはURLに含まれており、URLのhttps://xxx.xxx/のxの部分が該当します。

当ブログの場合「wagtechblog.com」がドメインとなります。

ドメインは、専用サービスからドメインを購入あるいはレンタルすることで利用できます。

WordPress

WordPressとはウェブサイトの作成、編集を簡単に行うことができるフレームワークです。

WordPressを建築で例えるなら、家の骨組みを指します。

WordPressを使えば、最低限のプログラミング知識だけでウェブサイトを作成できます。

WordPressの利用は基本的に無料です。

こちらもCHECK

【WordPressブログの始め方】初心者でも10分でブログを作れる方法
【WordPressブログの始め方】初心者でも10分でブログを作れる方法

続きを見る

人気サーバー3社を徹底比較

人気サーバー3社を徹底比較

人気サーバー3社

国内サーバーでもトップクラスで人気なのが「エックスサーバー」「さくらサーバー」「ロリポップサーバー」です。

今回は3社の特徴を比較しながら紹介していきます。

ちなみにそれぞれの概要と総合ランキングは以下のようになります。

【1位】エックスサーバー (Xserver)






サーバーのレンタル、ドメインの取得、WordPressとの連携を一括で設定できてしまうサーバーです。サーバーのスピード・安定性ともに国内トップクラス、WordPressブログを始めたい方にオススメのレンタルサーバーです。

【2位】さくらのレンタルサーバー






WordPressとの連携はもちろん、無料SSLにも対応しており、初心者でも簡単に初期設定ができるハイスペックサーバー。2週間の無料お試し期間があるため安心してご利用できます。

【3位】ロリポップ!






シェア率が非常に高く、教育機関の授業で用いられるほどの知名度!安定・高速サーバーに加え、スタッフによるサポートサービスまで利用できるお得なサービス。

ではいくつかの指標から3社を比較していきましょう。

価格

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
初年度13200円
初期費用0円+1100円×12ヶ月
6286円
初期費用1048円+年間一括5238円
8250円
初期費用1650円+550円×12ヶ月
2年目以降13,200円
1100円×12ヶ月
5238円
年間一括5238円
6600円
550円×12ヶ月

*価格はすべて税込です。

サーバーの年会費はエックスサーバー>ロリポップ>さくらサーバーの順で高いことが分かります。

エックスサーバーはさくらサーバーの倍以上の値段です。

低価格を希望の方はさくらのレンタルサーバロリポップ!をオススメします!

エックスサーバーは現在「アフターコロナキャンペーン」ということで初期費用が3000→0円となっています。
キャンペーンは2020年9月3日まで、エックスサーバーを検討している方は早めの入会をオススメします。

WordPressとの連携

エックスサーバー
さくらサーバー
ロリポップ
WordPress
インストール
全プラン対応ライトプラン以外全対応エコノミープラン以外全対応

次にWordPressの簡単インストール対応についてです。

個人的にはこの項目は結構重要だと思います。

WordPressとの連携を手動で行うのは、初心者にとっては面倒だし時間もかかります

ですがWordPressとの連携は、3社ともにほとんどのプランで対応しているので安心です。

さくらのレンタルサーバロリポップ!に関しても一番安いコース以外はすべて対応していますのでご心配には及びません。

ウェブサーバーソフトウェア

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
サーバー
ソフトウェア
nginxnginxApache

Apache(アパッチ)やnginx(エンジンエックス)とはウェブサーバーで用いられるソフトウェアのことでApacheよりもnginxの方が処理速度が速いと言われています。

処理速度が速いと、大量の同時アクセスがあったとしても安定したパフォーマンスを維持することが出来ます。

つまりロリポップよりもエックスサーバー、さくらサーバーの方が処理速度が高速であるといえます。

ストレージ

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
ストレージ200GB100GB120GB
ストレージタイプSSDHDDHDD

ストレージとはサーバーに保存できるファイルの容量のことです。

ストレージに関しては、通常100GBを超えるようなことはありませんので、あまり気にする必要ないかと思います。

ストレージタイプについてはHDD(ハードディスクドライブ)よりもSSD(ソリッドステートドライブ)の方が読み書きの速度が高速です。

SSDを使っているエックスサーバーの方がストレージの性能が高いといえます。

無料SSL

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
無料SSL対応

SSLとはユーザーのブラウザとサーバー間のデータ通信を暗号化することをいいます。

インターネット上では氏名・住所・メールアドレスといった個人情報が送受信されることがあります。

こういった重要なデータを盗まれないように暗号化することでセキュリティを保護できるのです。

このSSLは3社ともに無料で設定できるので安心です。

マルチドメイン

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
マルチドメイン無制限100個100個
サブドメイン無制限100個500個

マルチドメインとは独自ドメインの利用できる上限数のことです。

無制限や100個とありますが、通常のレンタルサーバーでは独自ドメイン数が100個を超えることはありませんので気にする必要ないかと思います。

大規模なサイトを運営する方はマルチドメインが無制限のエックスサーバーを利用することをオススメします。

バックアップ

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
バックアップ無料無料
設定が必要
月額300円

万が一データが無くなってしまった時にバックアップ機能があると安心です。

ここでは無料・自動でバックアップをしてくれるエックスサーバーの圧勝です。

ロリポップではひとつ上のプラン「ハイスピードプラン」なら無料でバックアップができるようになります。
*ハイスピードプランはエックスサーバーのX10プランと同じ料金になります。

FTPアカウント数

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
FTPアカウント数無制限11

FTPアカウントは団体やチームといったように複数人でファイル管理をする時に人数分だけ必要になります

個人でブログを運営する方はアカウントがひとつでも問題ありませんが、会社で使う場合は複数もてるエックスサーバーがオススメです。

MySQL上限

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
MySQL上限無制限20個30個

MySQLとはウェブサーバー内のデータベースのことです。

基本的にMySQLの個数は1サイト1個です。

3社の中で最も少ない20個でも、20サイト保有しない限りオーバーすることはありません。

会社で大規模なサイトを作る方には、MySQL上限が無制限のエックスサーバーをオススメします。

スタッフサポート

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
電話
メール
チャット

サーバーを利用する中で分からないことや困ったことがあったらスタッフにサポートしてもらうサービスです。

3社とも電話・メールのサポートに対応しているので安心です。

ロリポップでは電話・メールに加えてチャットでのサポートにも対応しています。

お試し期間

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
お試し期間10日間14日間10日間

いずれのサービスにおいても、無料お試し期間が利用できます。

お試し期間中に解約すれば、料金は発生しません。

ご覧の通り一番長いのはさくらサーバーの14日間です。

どのサーバーにするか迷っている方は、3社のお試し期間すべて利用してみるのも良いでしょう。

*エックスサーバーのアフターコロナキャンペーンは無料10日間お試しサービスには対応していないので注意しましょう。

サイトの使いやすさ

エックスサーバー
さくらサーバー
ロリポップ
見やすさ
使いやすさ

これはあくまで私の個人的な感覚ですが、各ホームページの見やすさと使いやすさを比較してみました。

比較ポイントしては

  • 色合いの馴染みやすさ
  • 情報の伝わりやすさ
  • レスポンシブかどうか
  • 機能の分かりやすさ

などを規準に比較しました。

レンタルサーバー3社の総合評価

最後に、これまで比較した全項目をひとつの表にまとめてみました。

エックスサーバー
(X10プラン)
さくらサーバー
(スタンダードプラン)
ロリポップ
(スタンダードプラン)
値段
WordPress
インストール
ウェブサーバー
ソフトウェア
ストレージ
ストレージタイプ
無料SSL対応
マルチドメイン
サブドメイン
バックアップ
FTPアカウント数
MySQL上限
電話サポート
メールサポート
チャットサポート
お試し期間
見やすさ
使いやすさ
公式サイトエックスサーバーさくらのレンタルサーバロリポップ!

このように総合的に見ると、サーバーとしてのコスパが良いのはエックスサーバーであると言えます。

ただ、絶対的に優れているのはコレ!とは断定できません。

あなたの条件に合わせてお好みのサーバーを選ぶことをオススメします。

エックスサーバーの特徴

最上級のサーバー

多少値段は張るものの、サーバーのクオリティは抜群です!

高速性・機能性・安定性を兼ね備えた最上級のサーバーを利用したい方にはおすすめのサーバーです。

エックスサーバーでは2020年9月3日まで「アフターコロナキャンペーン」を実施しています。

アフターコロナキャンペーン詳細

  • 初期設定費3000円が0円!
  • 永久無料の独自ドメインのプレゼント

またエックスサーバーではWordPressブログを簡単にスタートできる「WordPressクイックスタート」を実施しています。

▼エックスサーバーを使ったWordPressブログ開設はコチラから▼

こちらもCHECK

【WordPressブログの始め方】初心者でも10分でブログを作れる方法
【WordPressブログの始め方】初心者でも10分でブログを作れる方法

続きを見る

エックスサーバーはこんな人にオススメ

こんな人にオススメ!

  • 大規模なウェブサイトを作りたい
  • 複数人でウェブ開発をしたい
  • 高性能なサーバーを使いたい
  • 余裕のあるサーバーを使いたい

エックスサーバーはとにかく高性能なサービスです。

X10プランだけでは物足りない方はX20、X30プランもオススメです。

エックスサーバーのプラン比較

先程はX10プランをご紹介しましたが、ここではエックスサーバーの他のプラン同士と比較してみました。

X10プランX20プランX30プラン
初期費用3000円3000円3000円
月額1100円2200円4400円
ディスク容量200GB300GB400GB

基本的な機能はほとんど違いありません。

特に希望のない方にはX10プランをオススメします。

詳しくは公式サイト「エックスサーバー」をご覧ください!

さくらサーバーの特徴

コスパ重視のサーバー

さくらサーバーはサーバーのクオリティに対する料金のコスパが良いのが特徴です。

月額524円とは思えないほどのクオリティです。

さくらサーバーでは公式サイトのサポートが非常に充実しています。

よくある質問利用方法初心者講座など、ウェブサイト運営に欠かせない貴重な情報が分かりやすくまとめられています

ウェブサイトやサーバーの学習をしながらサイト運用するには欠かせないサービスです。

▼さくらサーバーを使ったWordPressブログ開設はコチラから▼

こちらもCHECK

さくらレンタルサーバーの申し込み・WordPressインストールの方法
さくらレンタルサーバーの申し込み・WordPressインストールの方法を徹底解説!

続きを見る

さくらレンタルサーバーはこんな人にオススメ

こんな人にオススメ!

  • コスパ重視!
  • 安めのレンタルサーバーを利用したい
  • ウェブ知識を理解しながらウェブサイトを開設したい
  • 一般的なサーバークオリティで大丈夫!

さくらレンタルサーバーはコスパの良さが最大の特徴です。

値段やコスパを気にされる方には最強のレンタルサーバーです!

エックスサーバーのプラン比較

先程はスタンダードプランをご紹介しましたが、ここではさくらレンタルサーバーの他のプラン同士と比較してみました。

ライトプランスタンダードプランプレミアムプラン
初期費用1048円1048円1048円
年会費1571円5238円15714円
ディスク容量10GB100GB200GB
転送量40GB/日80GB/日120GB/日
ドメイン上限20個100個150個
公式サイトさくらのレンタルサーバ ライトさくらのレンタルサーバ スタンダードさくらのレンタルサーバ プレミアム

ライトプランは年間たったの1500円代ということもあり、制限も多いですが、個人の趣味で利用するには十分なクオリティとも言えます。

特に希望のない方はスタンダードプランをオススメします。

詳しくは公式サイト「さくらのレンタルサーバ」をご覧ください!

こちらもCHECK

WordPressブログにはエックスサーバーがおすすめ!【圧倒的コスパと魅力をご紹介】

続きを見る

ロリポップサーバーの特徴

コスパ重視のサーバー

ロリポップはさくらレンタルサーバー同様、コスパの良さが特徴です。

「エックスサーバーのような最上級のクオリティを希望しない」
「普通のサーバーで良い」

という方にはオススメのサーバーです。

管理画面の使いやすさ、分かりやすさは圧倒的で、初心者の方でもカンタンに操作できます。

プランの種類も豊富なため、自分に合った最適なプランを選択できます。

さくらレンタルサーバーはこんな人にオススメ

こんな人にオススメ!

  • コスパ重視!
  • 安めのレンタルサーバーを利用したい
  • 普通のサーバーで十分

ロリポップサーバーはコスパの良さが最大の特徴です。

エックスサーバーやさくらレンタルサーバーよりもサーバーのクオリティは低いものの、処理速度や表示スピードはほとんど変わりません

人間にはわからない程度の誤差なら気にしない方にはオススメのサーバーです。

ロリポップサーバーのプラン比較

先程はスタンダードプランをご紹介しましたが、ここではロリポップレンタルサーバーの他のプラン同士と比較してみました。

エコノミープランライトプランスタンダードプランハイスピードプラン
初期費用1650円1650円1650円3300円
月額110円275円550円1000円
ディスク容量10GB50GB120GB200GB
転送量50GB/日100GB/日150GB/日200GB/日
ドメイン上限20個50個100個無制限
公式サイトエコノミープラン 詳細はこちらライトプラン 詳細はこちらスタンダードプラン 詳細はこちらハイスピードプラン 詳細はこちら

ロリポップはプランの種類が豊富です。

「ハイスピードプラン」ならエックスサーバーやさくらレンタルサーバーのようなクオリティと変わりません。

自分の好みに合ったプランを選択しましょう!

詳しくは公式サイトロリポップ!」をご覧ください!

まとめ:自分に合ったサーバーを使おう!

まとめ

まとめ

  • サーバーはサービスによって特徴が異なる
  • 自分に合ったサーバーをレンタルしよう

今回はWordPressブログの人気サーバー3社の比較について解説しました。

これからサイトを立ち上げたい!ブログを始めたい!といった方の助けになれたらなと思います。

わからない部分があればTwitterのDMで質問して貰えばすぐに返信します。

今サイトではこれからもウェブサイト運営に関する有益な情報をたくさん発信していきたいと思っていますので応援よろしくお願いします!

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.