ブログ

おすすめのサイト売買(M&A)サービス7選をご紹介【効率的なサイト運営】

おすすめのサイト売買(M&A)サービス7選をご紹介【効率的なサイト運営】
ゼロからウェブサイトを始めるのは手間がかかるし面倒くさい!誰かのサイトを有料で譲ってもらうことはできないのかな?
最近忙しくてサイトを運営する時間がない!せっかくなら有効活用してくれる人に売ってみようかな?

ウェブサイト運営者の多くの方は、一度はこういった悩みを抱えたことがあるでしょう。

そんな方におすすめなのが「サイト売買(M&A)サービス」です。

そこで今回はウェブサイトを買いたい!売りたい!といった人におすすめのサイト売買(M&A)サービスのメリット・デメリットやを7つの実サービスについてご紹介します。

今回のテーマはこちら!

  • そもそもサイト売買(M&A)サービスとは
  • サイト売買(M&A)サービスのメリット・デメリット
  • おすすめのサイト売買(M&A)サービス7選
  • まとめ:おすすめのサイト売買(M&A)サービス7選をご紹介【効率的なサイト運営】

ブログが思うように伸びなくて挫折しかけている方へ
初心者・未経験者でも大丈夫。
読むだけでその日から実践できるSEO対策を学びませんか?
>> 個人ブログを月間96,000PVに育て上げた裏ワザを徹底解説
>> ブログ開始4ヶ月でドメインパワーを0→28に上げた方法を全部教えます

そもそもサイト売買(M&A)サービスとは

そもそもサイト売買(M&A)サービスとは

ではそもそもサイト売買(M&A)サービスとはどういったサービスになるのでしょうか?

冒頭でもご説明したようにサイト売買(M&A)サービスとはサイトを売りたい人と買いたい人とを仲介するサービスになります。

そのため

ゼロからサイトを始めるのが面倒だから既存のサイトを買いたい人
サイトを更新する余裕がなくなったので売ってしまいたい人
新規サイトを開設したいから不要になった元々のサイトを売りたい人
サイトM&Aで稼いでいる人

といったユーザーに需要が高いです。

またサイト売買(M&A)サービスを利用する際には手数料がかかるサービスとかからないサービスがありますのでよく吟味して利用したほうが良いでしょう。

サイト売買(M&A)サービスのメリット・デメリット

サイト売買(M&A)サービスのメリット・デメリット

上記の説明だけだとサイト売買(M&A)サービスはみんなが嬉しいサービスにも思えますが、必ずしもそういうわけではありません

ここからはサイト売買(M&A)サービスのメリットとデメリットをそれぞれ解説していきます。

サイト売買(M&A)サービスのメリット

まずサイト売買(M&A)サービスの売り手から見たメリットは以下の通り。

サイト売買(M&A)サービスの売り手から見たメリット

  • 高単価で売買できるので稼ぎやすい
  • 自分の作ったコンテンツが生き続ける
  • 売れ残りになるケースが少ない

サイト売買(M&A)サービスでは案件の単価が結構高めです。

最低でも10万円程度、高いものだと数千万円を超えることもあります。

サイト売買(M&A)を副業として狙っている方にとっては効率の良い稼ぎ口と言えるかもしれません。

続いてサイト売買(M&A)サービスの買い手から見たメリットは以下の通り。

サイト売買(M&A)サービスの買い手から見たメリット

  • 案件の売上・費用・PV数・サイトジャンルといった情報が分かる
  • 初期設定に必要なドメイン取得やサーバー設定をする必要がない
  • 検索エンジンに認識されるまでのあらゆる手間を短縮・省略できる
  • 購入後に検索エンジンのアルゴリズムアップデートによってPVや売上が急増する可能性がある

一般的にウェブサイトがGoogleなどの検索エンジンに認識されるまでには半年前後かかると言われています。

またその半年間は継続的に記事やページを更新し続けなければなりません。

そういった労力を削減できるのはサイト売買(M&A)サービスの大きなメリットと言えるでしょう。

サイト売買(M&A)サービスのデメリット

続いてはサイト売買(M&A)サービスのデメリットを見ていきます。

まずサイト売買(M&A)サービスの売り手から見たデメリットは以下の通り。

サイト売買(M&A)サービスの売り手から見たデメリット

  • 手数料が掛かることがある

結論から申し上げるとサイト売買(M&A)サービスでは売り手のデメリットはほとんどありません

上では「手数料がかかる」と明記しましたが、手数料がまったくかからないサイト売買(M&A)サービスもありますので特に大きな心配をする必要はないでしょう。

続いてサイト売買(M&A)サービスの買い手から見たデメリットは以下の通り。

サイト売買(M&A)サービスの買い手から見たデメリット

  • 売り手が詐欺行為をするリスクがある(サイトを譲渡してくれない・売上やPVの数値が嘘など)
  • 販売価格が高い
  • サイトデザインがヒドい可能性がある
  • 購入後に検索エンジンのアルゴリズムアップデートによってPVや売上が急減する可能性がある

一方でサイト売買(M&A)サービスの買い手から見たデメリットはやや多めです。

特に売り手がサイトを渡さない、虚偽の数値を掲載する、といった詐欺行為は大きな問題となっています。

一方でこういったトラブルを防止するために、「双方が合意するまでサービス側がお金を預かっておく」「万が一の時のために弁護士に相談できるようにする」といった対策を取っているサイト売買(M&A)サービスもあります。

サイト売買(M&A)サービスでの購入を考えている方は上記で挙げたリスクを十分に把握した上で、慎重に交渉・取引・やり取りをすることが大切です。

おすすめのサイト売買(M&A)サービス7選

おすすめのサイト売買(M&A)サービス5選

それではここからはおすすめのサイト売買(M&A)サービスを7つご紹介していきます。

おすすめのサイト売買(M&A)サービス7選

  1. ラッコM&A
  2. SITE STOCK
  3. SITE CACHER
  4. UREBA
  5. サイト売買Z
  6. サイトレード
  7. A8 M&A

それでは順番に見ていきましょう。

おすすめのサイト売買(M&A)サービス①ラッコM&A

ラッコM&A

ラッコM&Aはサイト売買成約数No.1&売却手数料無料の日本最大級のサイト売買プラットフォームになります。

ラッコキーワードやラッコ中古ドメインで有名なラッコ株式会社のサービスです!
公式サイトhttps://rakkoma.com/
運営会社ラッコ株式会社(Rakko, Inc.)
住所〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂1丁目19番12号 道玄坂今井ビル4F
電話番号03-4570-0405
Twitter@hataraku_rakko
交渉・取引タイプ仲介交渉・取引
料金買い手の成約時手数料:成約額の5%,最低55,000円
サイト移行代行:33,000円
特徴関連サービスによる圧倒的集客力
売却手数料無料
契約書や電子契約、着金確認やアクセスデータ連携の自動化
弁護士にチャット相談可能
Twitter・メールで案件情報を配信
対応サイトカテゴリ学校・教育,ビジネス,人材・転職,ニュース,金融,仮想通貨,ファッション,美容,医療・健康,介護・福祉,車・バイク,旅行・レジャー,スポーツ,グルメ・食品,エンタメ・芸能・音楽,ゲーム・漫画・アニメ,恋愛・出会い,ペット・動物,アート・文芸,暮らし・生活,不動産,学び・資格,販売支援・広告,インターネットなど

おすすめのサイト売買(M&A)サービス②SITE STOCK

SITE STOCK

SITE STOCKは2007年から10年以上サイト売買(M&A)サービスを運営してきた、歴史あるサービスです。

公式サイトhttps://sitestock.jp/
運営会社株式会社サイトストック
住所東京都渋谷区神南1丁目15-3 神南プラザビル5F
電話番号03-6427-8466
受付時間平日10時〜19時
交渉・取引タイプ仲介交渉・取引
直接交渉・取引
非公開
料金・仲介交渉・取引
成約時手数料:成約額の11%
仲介基本料:11万円
・直接交渉・取引
成約時手数料:成約額の3%,最低55,000円
特徴2007年からの実績
数千社のネットワーク
非公開案件多数用意
複数の交渉・取引交渉・取引タイプ
専門家がサイト査定
アフターフォローが充実
対応サイトカテゴリビジネス,ショッピング,学校・教育,エンターテイメント,ニュース・情報,ファッション・美容,メルマガ,車・バイク,ウーマン,スポーツ・レジャー,携帯サイト,アート・文芸,暮らし・趣味,コンピューター・インターネット,システム,カヤック

おすすめのサイト売買(M&A)サービス③SITE CACHER

SITE CACHER

SITE CACHERはサイト売買実績No.1の日本最大級のサイト売買プラットフォームになります。

公式サイトhttps://sitecatcher.net/
運営会社サイトキャッチャー株式会社
住所〒153-0051 東京都目黒区上目黒2丁目43番7
電話番号03-4570-0405
受付時間平日・土9時〜19時
交渉・取引タイプ仲介交渉・取引
直接交渉・取引
料金・仲介交渉・取引
成約時手数料:成約額の5~10%
仲介基本料:11万円
・直接交渉・取引
成約時手数料:成約額の3%,最低55,000円
特徴売買実績日本一
売却サイト登録数日本一
専任行政書士が契約書作成
対応サイトカテゴリモバイル、ショップ、アフィリエイト、占い、ショッピング、ポータルなど

おすすめのサイト売買(M&A)サービス④UREBA

UREBA

UREBAは売却手数料が完全無料&無料査定にも対応しているサイト売買(M&A)サービスになります。

公式サイトhttps://ureba.jp/
運営会社株式会社フォーイット(For it Inc.)
住所〒150-0044 東京都渋谷区円山町3番6号 E・スペースタワー 9F
電話番号03-5728-5865
交渉・取引タイプ直接交渉・取引
仲介交渉・取引
料金買い手の成約時手数料:直接交渉・取引5%,仲介交渉・取引10%
売り手は無料(非独占案件を除く)
特徴ウェブサイト以外にも対応
独占案件なら売り手の手数料無料
2020年第1四半期の成約数No.1
対応サイトカテゴリ金融・クレカ,インターネット・通信,PC・家電・ソフト,エンターテインメント,住宅・不動産,医療系,就職・転職,旅行・グルメ,学び・教育・学校,健康食品,理容・美容・エステ,教育,動物・ペット,BtoB・Webサービスなど

おすすめのサイト売買(M&A)サービス⑤サイト売買Z

サイト売買Z

サイト売買Zは成約率60%超&累計成約額20億円超のサイト売買(M&A)サービスになります。

公式サイトhttps://www.site-z.com/
運営会社株式会社サイトM&Aパートナーズ
住所〒819-0166 福岡市西区横浜1-26-26
電話番号050-3631-3480
受付時間平日9時〜18時
交渉・取引タイプ仲介交渉・取引
非公開
料金買い手の成約時手数料:成約額の3~10%,最低55,000円
売り手の成約時手数料:成約額の3~20%,最低11,000~55,000円
特徴成約率60%超え
ビットコイン支払い可能
対応サイトカテゴリファッション,仮想通貨,IT,自動車,ギャンブル食品,酒,就活,転職,不動産,健康,エンタメ,副業,ゲームなど

おすすめのサイト売買(M&A)サービス⑥サイトレード

サイトレード

サイトレードは日本初のサイト売買専門会社として有名で多数のメディア実績も誇るサイト売買(M&A)サービスになります。

公式サイトhttps://site-trade.jp/
運営会社株式会社ゼスタス
住所〒819-0166 福岡市西区横浜1-26-26
電話番号050-3631-3480
受付時間平日9時〜18時
交渉・取引タイプ直接交渉・取引
料金譲渡金額5,000万円以下:10%
譲渡金額5000万円〜1億円:6~9%
特徴すべて直接交渉・取引案件
仲介実績が豊富な専門アドバイザーチームがいる
適正価格の迅速な算出方法を採用
守秘義務・秘密保持を徹底
メールで案件情報を配信
対応サイトカテゴリBtoB・ビジネス,SNS・趣味・資格,アフィリエイト,エンタメ・芸能・音楽, シニア・介護・医療,ネットショップ,ファッション,ペット,マッチング,人材・転職,女性向け,子供・育児,情報ポータル,旅行・ホテル・海外,男性向け,美容・健康・コスメ,車・バイク・スポーツ,金融・不動産・株・仮想通貨など

おすすめのサイト売買(M&A)サービス⑦A8 M&A

A8 M&A

A8 M&AはASPとしても有名なA8.netが運営している会員限定のサイト売買(M&A)サービスになります。

公式サイトhttps://a8site-ma.net/
運営会社株式会社ファンコミュニケーションズ
住所〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-1-8青山ダイヤモンドビル
電話番号03-5766-3780
受付時間-
交渉・取引タイプ直接交渉・取引
仲介交渉・取引
料金買い手の手数料:直接取引5%,仲介取引10%
売り手の手数料:無料(非独占案件を除く)
特徴スピーディーな直接交渉・取引が可能
売却手数料が無料
成約率56%
代理受領や電子契約書の無料提供
対応サイトカテゴリ健康,保険,旅行,金融,美容,エンタメ・漫画・アニメ,就活・転職,恋愛,マッチングアプリ,婚活,受験,料理,ファッション,育毛剤など

まとめ:おすすめのサイト売買(M&A)サービス7選をご紹介【効率的なサイト運営】

まとめ:おすすめのサイト売買(M&A)サービス3選をご紹介【効率的なサイト運営】

まとめ:おすすめのサイト売買(M&A)サービス7選をご紹介【効率的なサイト運営】

  • サイトを売りたい!買いたい!と考えている人にはサイト売買(M&A)サービスがおすすめ
  • サイト売買(M&A)サービスはメリットもデメリットもあるのでサービスの概要をよく見て利用しよう
  • サイト売買(M&A)サービスを利用するなら「ラッコM&A」「SITE STOCK」「SITE CACHER」「UREBA」「サイト売買Z」「サイトレード」「A8 M&A」の7つがおすすめ

今回はウェブサイトを買いたい!売りたい!といった人におすすめのサイト売買(M&A)サービスのメリット・デメリットやを7つの実サービスについてご紹介しました。

サイト売買(M&A)サービスを使えば、サイトを売ってコスパ良く稼いだり、サイトを買ってコスパ良くサイト運営をしたり、と様々なメリットがあります。

今回紹介した7つのサービスを上手く有効活用して、あなたのサイト運営にさらに磨きがかかれば幸いです。

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-ブログ

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.