WordPress Theme

DiverとSANGOを徹底比較!【おすすめのWordPressテーマはどっち?】

AFFINGER5でヘッダーカードを表示させる設定方法
どの有料WordPressテーマを購入すれば良いのか迷っている!DiverとSANGOならどっちが良いのかな?

今回はこのような悩みにお答えしていきます。

これからWordPressブログを始めたい!という方に欠かせないのが有料WordPressテーマです。

とはいえテーマによって特徴は様々で、どのテーマを選べば良いのかは大きな悩みどころの一つです。

そこで今回は有料WordPressテーマの大御所とも言える「Diver」と「SANGO」を徹底比較していきます。

WordPressテーマが決まらずに困っている方は必見です。

自分に合ったテーマを見つけて楽しいサイト運営を進めていきましょう!

今回のテーマ

  • DiverとSANGOの比較
  • DiverとSANGOの特徴
  • DiverとSANGOの共通点と違い
  • どんな人がDiver・SANGOに向いている?

それぞれ詳しく見ていきましょう!

当サイトではウェブサイトやブログに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

DiverとSANGOの比較

DiverとSANGOの比較

まずはDiverとSANGOを比較してみましょう。

DiverとSANGOの比較

DiverSANGO
デモサイト画像Diverデモサイトデモサイト
読み方ダイバーサンゴ
用途ウェブサイト全般ブログ全般
価格17,980円(税込)11,000円(税込)
デザイン4種類のヘッダーデザイン
14種類の見出しデザイン
9種類のウィジェットデザイン
1つのデザインをカスタマイズ
SEO
スライドショー
ショートコード
会話吹き出し
SNSボタン
カスタム性
便利機能YouTube動画をアイキャッチに実装可能
入力補助機能
前後の投稿記事を表示
カエレバ・ヨメレバ
ランキング作成
広告配置
AMP対応
複数サイト
初心者難易度
サポート公式マニュアル
メールサポート
公式マニュアル
サイトスピード
公式ページDiverSANGO

こちらがDiverとSANGOの比較表です!

SANGOの方が4割ほど価格が安いことDiverの方が多機能で充実していることなどが分かります。

とはいえ比較表だけでは理解しにくいですよね?

そこで本記事では両方のテーマを様々な角度から比較して、当ブログならではの見解と考察をご紹介していきます。

DiverとSANGOはどっちが人気?

DiverとSANGOはどっちの方が人気なのでしょうか?

両方ともダウンロード数や売上数は公表されていません。

そこで今回はテーマ名での検索ヒットサイト数を参考に調査してみました。

結果はこちら▼

DiverSANGO
検索ヒット数diver検索ヒット数

340,300,000

sango検索ヒット数

681,000

このように検索ヒット数はDiverの方が多いことが分かります。

その差なんと約500倍!!

もちろんこれらの数字が、各テーマの人気度と直結しているとは言い切れませんが、人気度を示すひとつの参考指標にはなるでしょう。

個人的には、SNSで交流のあるブロガーさんの使用テーマでもDiverが圧倒的だなと感じます。

DiverとSANGOのそれぞれの評判を知りたい方は以下の記事がおすすめです。

【DIVERの評判&レビューまとめ】WordPressテーマの口コミ評価を徹底解説!
【DIVERの評判&レビューまとめ】WordPressテーマの口コミ評価を徹底解説!

続きを見る

【SANGOの評判&レビューまとめ】WordPressテーマの口コミ評価を徹底解説!
【SANGOの評判&レビューまとめ】WordPressテーマの口コミ評価を徹底解説!

続きを見る

さて続いては、両方のテーマを様々な角度から深堀りしていきましょう。

Diverの特徴

Diverの特徴

続いてはDiverの概要についてご紹介していきます。

Diverはプロデザイナー2人とプロエンジニア2人という少数精鋭によって開発されたWordPressテーマです。

人数が少ないため購入ユーザーとの距離が近く、サポート面がかなり充実しているのが特徴です。

また開発陣はもともとウェブ業界に携わっていたということもあり、ウェブデザインやSEO対策が充実しているのも強みのひとつです。

▼実際にDiverを使用した方の声

DiverはSEOやデザイン、便利機能やサポートなど全体的なクオリティで高評価を受けていることが分かります。

Diverのメリット・デメリット

Diverのメリット・デメリット

それでは続いてDiverのメリットとデメリットを見ていきましょう。

まずはデメリットから。

Diverのデメリット

ポイント

  1. 平均価格よりも高め
  2. サイトスピードは速くない
  3. 設定項目が多すぎて分かりにくい

Diverは一般的な有料WordPressテーマと比べて価格が高めに設定されています。

実際に他のテーマと比較してみましょう。

テーマ名料金
SWALLOW(スワロー)9,900円(税込)
STORK19(ストーク)11,000円(税込)
SANGO(サンゴ)11,000円(税込)
JIN(ジン)14,800円(税込)
AFFINGER5(アフィンガー)14,800円(税込)
THE THOR(ザ・トール)14,800円(税込)
Diver(ダイバー)17,980円(税込)

このように大手の有料WordPressテーマは15,000円前後なのですが、Diverは平均価格を約3,000円上回っていることが分かります。

もちろん値段が高い分クオリティは相当なものとなっています。

とはいえ、価格は2万円近くもします。
お金に余裕がない方は無理をせずに、低価格なテーマを購入したほうが良いでしょう。

低価格なテーマの紹介記事はこちら▼

STORK19の購入からインストールまでの手順を分かりやすくご紹介【画像付き】
STORK19の購入方法からインストールまでの手順を分かりやすくご紹介【画像付き】

続きを見る

【SANGOの評判&レビューまとめ】WordPressテーマの口コミ評価を徹底解説!
【SANGOの評判&レビューまとめ】WordPressテーマの口コミ評価を徹底解説!

続きを見る

Diverのメリット

ポイント

  1. SEO対策に特化している
  2. Diverオリジナルのデザイン機能
  3. 初心者に優しい入力補助機能
  4. 収益化に向いている
  5. サポート面が充実している
  6. デザインが被りにくい
  7. カスタマイズ性が高い

Diver最大の特徴はカスタム性の高さです。

こちらの画像をご覧ください。

diverカスタム性

実はこの12種類のサイトは、すべてDiverで作られたものなんです!

このようにDiverでは、ポップで可愛いサイトからエレガントで高級感のあるサイトまで多様なサイトを作れちゃうんです。

でもこういうデザインって専門的な知識が必要なんでしょ?

いいえ、そんなことはありません。

Diverは「初心者でもカンタンに利用可能なハイスペックWordPressテーマ」というコンセプトの元作られています。

そのため上画像のようなオシャレなサイトのカスタマイズも、クリック操作でカンタンに実装できます。

WordPress初心者の方からプロの開発者まで、すべての人にやさしいテーマなのです。

またDiverはアフィリエイトやアドセンスといった広告収益にも特化しています

具体的には以下のような機能があるからです。

  • 自然なインフィード広告
  • アクションしたくなるCTA
  • 抜け目のない内部リンク
  • 押したくなるボタン
  • 長居したくなるオシャレな装飾

まずはユーザーを長居させて、そこからユーザー心理をくすぐるデザインによってコンバージョンさせることで確実に収益を伸ばしていくのです。

実際にDiver公式サイトのレビューでもこう書かれています。

【○威】からこちらの【Diver】に切り替えました。若干ではありますが、PV数が好調に右肩上がりで伸びています。広告収益は約1.5倍になりました。デザインが気に入って乗り換えたのですが、結果が付いてくるようになったので【Diver】にはすごい力があるのかなと思います。

デザインやSEOだけでなく収益にも特化している、まさにDiverは最強のハイクオリティWordPressテーマなのです。

Diverの購入を考えている方はコチラ!

Diver(ダイバー)の詳細を見る

SANGOの特徴

SANGO(サンゴ)とは

続いてはSANGO(サンゴ)の概要について簡単にご紹介していきます。

SANGOは「サルワカ」さんというウェブサイト運営者の方が開発したWordPressテーマです。

サルワカでは暮らしの雑学やインターネットの知識を発信しています。是非参考にしてみてください。

>> サルワカトップページはこちら

>> サルワカさんのTwitterはこちら

SANGOの最大の特徴はオシャレなデザインです。

シンプルで可愛いデザインであるため見栄えも良く、ユーザービリティの優れたサイトを作ることができます。

そのため公式サイトやコーポレートサイトというよりかは、個人ブログ向けのテーマと言った方がいいかもしれません。

可愛めのテイストなので、美容系・料理系ブログに向いていますね!

▼実際にSANGOを使用した方の声

ご覧のようにSANGOは、シンプルでかわいいデザイン、有名ブロガーの人気度などにおいて支持されているようです。

SANGOのメリット・デメリット

SANGOのメリット・デメリット

続いてはSANGOのメリット・デメリットについて見ていきましょう。

SANGOのデメリット

ポイント

  1. デザインの好みが分かれやすい
  2. カスタマイズに時間がかかる
  3. プログラムの知識が必要

SANGOはカスタマイズが難しいというデメリットがあります。

というのもSANGOでは、他のテーマでは当たり前のように搭載されている「ランキング」「スライドショー」「ヘッダーカード」などの実装機能がありません。

そのため、こういった便利アイテムを設置したい時は、わざわざ専用のプラグインをインストールしたり、自分でプログラムを書かなければならないのです。

こんな効率が悪くてはブログどころではありません。

もちろん自分でプログラムコードを書いてカスタマイズするのが楽しいという方は問題ありません。

ですが効率重視の方や初心者の方にはオススメできないかもしれません

SANGOのメリット

ポイント

  1. 値段が安い
  2. 有名ブロガーに人気
  3. 広告設置がカンタン
  4. デザインがおしゃれ
  5. マテリアルデザインを採用
  6. サイトスピードが高速

実はSANGOは有名ブロガーの普及率が高いのも特徴です。

具体的にはこんな人達に使われています。

名前ブログTwitter
マクリンさんマクリン@Maku_ring
クニトミさん副業コンパス@kunitomi1222
マサオカさんマサオカブログ@iMassa07
SHUNさんBuzzence@ShunTsurumi
Bear faceさんfor men@Bearface18

ちなみにサイトのデザインはこんな感じ。(Bear faceさんとSHUNさんのブログ)

Bear faceさんのブログ

Bear faceさんのブログ

SHUNさんのブログ

SHUNさんのブログ

こちらの方々のブログはどれもデザインが美しく、「つい長居してしまう」「ついボタンを押してしまう」そんなサイトになっています。

SANGOの原型がわからないほどカスタマイズされていることが分かります

SANGOを購入しようか迷っている方は、こうした有名ブロガーたちのブログを見てみるのも良いかもしれません。

SANGOの購入を考えている方はコチラ!

SANGO(サンゴ)の詳細を見る

DiverとSANGOの共通点

DiverとSANGOの共通点

続いてはDiverとSANGOの共通点を見ていきましょう。

DiverとSANGOの共通点

  • SEO対策がなされている
  • 広告配置がカンタン
  • 複数サイトで使用できる
  • ショートコードが豊富
  • 会話吹き出しやSNSボタンを設置できる

見ての通りDiverもSANGOもウェブサイトを運営する上で必要な機能はある程度揃っています。

そのためどっちを選んだとしてもものすごく後悔することは無いでしょう。

でもせっかく購入するなら、より自分に合ったテーマを選択したいですよね?

ただこの段階では共通点が少ないため2つのテーマの優劣をつけるのは難しいです。

次はDiverとSANGOの細かい違いを見ていきましょう。

DiverとSANGOの違い

DiverとSANGOの違い

DiverとSANGOの違いは次のようになります。

DiverとSANGOの違い

デザインパターンが豊富(Diver)

カスタム性が高い(Diver)

AMP対応(Diver)

サポートが手厚い(Diver)

収益に特化(Diver)

初心者でも使いやすい(Diver)

値段が安い(SANGO)

サイトスピードが高速(SANGO)

ポップなデザイン(SANGO)

有名ブロガーに人気(SANGO)

AMPとはGoogleとTwitterが共同で開発したプロジェクトで、ウェブサイトを高速で表示するための手法のことを言います。

ご覧の通りDiverとSANGOとでかなり違いがあることが分かります。

違いが多ければ比較しやすくなりますね!

とはいえ違いが多すぎると逆に分かりにくいので、両テーマの違いをまとめてみました。

  • Diver:カスタム性が高く使いやすい・全体的にハイクオリティでどんなサイトにも向いている
  • SANGO:かわいめのデザインが特徴・ブログとしての機能は十分だがカスタマイズの難易度が高い

それぞれ作られた目的・コンセプトが大きく異なるので、違いが出るのは当然です。

それぞれ自分の環境に合ったテーマを選択していきましょう!

どんな人がDiver・SANGOに向いている?

どんな人がDiver・SANGOに向いている?

最後にそれぞれのテーマがどんな人に向いているのかご紹介します!

■Diverに向いている人

Diverに向いている人

  • WordPress未経験者
  • 機械全般が苦手
  • お金なら余裕がある!
  • なるべく早く収益化したい
  • ブログ以外のサイトも作りたい
  • 複数サイトを運営する予定

■SANGOに向いている人

SANGOに向いている人

  • WordPressの使用経験がある
  • やさしいテイストのデザインにしたい
  • 複数サイトを運営する予定がある
  • コスパの良いテーマを使いたい
  • サイトスピードを速くしたい
  • ユーザービリティの高いサイトにしたい

DiverとSANGOの徹底比較のまとめ

DiverとSANGOの徹底比較のまとめ

今回はDiverとSANGOを色々な角度から徹底比較しました。

どちらもウェブサイトを運営する上では非常に優れたWordPressテーマです。

自分の条件と照らし合わせながら、あなたに合った最高のテーマを選択しましょう!

また、自分が本当に欲しいと思ったテーマを使用すると、自然とブログのモチベーションも上がってきます。

好きなテーマを選んでモチベーションを上げて、楽しくブログを書いていきましょう!

わからない部分があればTwitterのDMで質問して貰えばすぐに返信します。

今サイトではこれからもウェブサイト運営に関する有益な情報をたくさん発信していきたいと思っていますので応援よろしくお願いします!

*当ブログではAFFINGER5というテーマを使用しています。

AFFINGER5について詳しく知りたい方はこちらの記事もオススメです。

【AFFINGER5の評判&レビューまとめ】WordPressテーマの口コミ評価を徹底解説!
【AFFINGER5の評判&レビューまとめ】WordPressテーマの口コミ評価を徹底解説!

続きを見る

▼最新映画や漫画が無料で見れちゃう▼
▼最新ドラマや漫画が無料で見れちゃう▼

-WordPress Theme

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.