Code Village

Code Villageの受講料金を解説【他のスクールとの比較も】

最終更新日 :

Code Villageの料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい!
Code Villageの料金って他のプログラミングスクールと比較すると高い?安い?

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも人気のあるCode Villageの料金についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • Code Villageの特徴
  • Code Villageの料金
  • Code Villageの料金を割引で安くする方法
  • Code Villageの料金を他のスクールと比較
  • まとめ:Code Villageの受講料金を解説【他のスクールとの比較も】

プログラミングスクール関連のおすすめ記事

【2022年最新】無料のプログラミングスクール6選をご紹介

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料で受講できるスクールを知りたい! お金に余裕がないから無料のスクールでプログラミングを学習したい! 今回はこんな悩みを解決し ...

続きを見る

【厳選】転職支援に強いプログラミングスクール8選をご紹介

本記事の監修専門家 (監修者)一般社団法人地域連携プラットフォーム 柴田郁夫 【得意分野】 キャリアコンサルティング(セルフ・キャリアドック)、国家資格キャリアコンサルタントの養成、組織キャリア開発士 ...

続きを見る

Code Villageの特徴

Code Villageの特徴

それではまずはCode Villageの特徴から解説していきます。

Code Villageの基本情報

スクール名Code Village
受講形態オンライン
コースの種類Web開発に特化した1コースのみ
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
React/Nuxt/Node/
Express/PHP/Laravel/
Ruby/Ruby on Railsなど
サポートマンツーマンメンタリング
オーダーメイド教材(動画・テキスト教材見放題)
学習進捗管理
質問し放題(5分回答)
キャリア・転職サポート
コミュニティ・チーム開発
保証制度申し込みから8日間以内であればいつでもキャンセル可能
質問受付時間平日15:00~20:00
休日10:00~20:00
*回答時間は5分以内
受講期間6ヶ月(400時間)
年齢制限なし
販売事業者名・所在地・運営責任者株式会社Nextlogy
〒107-0052 東京都港区赤坂2-23-1アークヒルズフロントタワー17階
Twitter@CodeVillage4
公式サイトCode Villageの公式サイト

Code Villageは「キャリアを自走できるエンジニア」の輩出を目指すプログラミングスクールです。

スクール卒業や転職成功ではなく、継続的にキャリアを自走することをゴールとしています

Code Villageでは学習内容はPHP、Ruby、JavaScriptなどを用いたWeb開発に絞られています。

その中でも特にReactやNuxt、LaravelやRuby on Railsなどの需要の高いフレームワーク、ライブラリのスキルを学習できるスクールは珍しく、Code Villageの大きな強みと言えるでしょう。

またプログラミング未経験の人でもしっかり学習を進められるように質問サポートやメンタリングサポートや転職サポートが用意されています。

未経験からエンジニア転職を目指す方にピッタリのスクールと言えるでしょう。

Code Villageの評判まとめ【注意点や申し込み方法もご紹介】

Code Villageってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミ、他のスクールとの比較内容を知りたい! Code Villageに入会してみたい!入会時の注意点や申し込み方法を知りたい ...

続きを見る

Code Villageの料金

さてここからはCode Villageの料金について解説していきます。

料金の概要は以下の通り。

入会金0円
受講料金495,000円(税込)
期間6ヶ月
支払い方法銀行振込
クレジットカード決済
分割払いクレジットカード決済なら可能
クーリングオフ対象外
保証制度申し込みから8日間以内であればいつでもキャンセル可能
別途費用追加費用は無し

Code Villageはクーリングオフ制度の対象外ではありますが、申し込みから8日間以内であればいつでもキャンセル可能の返金保証制度が設けられています。

仮にスクール選びに間違えてしまったとしても安心ですね

受講料金や支払い方法について気になる方はオンライン無料カウンセリングで問い合わせてみることをおすすめします。

Code Villageは返金対応している?【◯日以内なら可能です】

Code Villageって返金対応しているのかな?詳細を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニ ...

続きを見る

Code Villageは分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

Code Villageの料金って分割払いに対応しているのかな?具体的な金額を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職 ...

続きを見る

Code Villageの料金を割引で安くする方法

2022年2月現在、Code Villageの割引情報は確認できませんでした。

というのもCode Villageは2021年4月頃に新体制を迎えたばかりの新しいプログラミングスクールで、他のプログラミングスクールと比較するとまだ割引制度が整っていない部分もあるようです。

今後、新しい割引情報が出てくる可能性もありますので、公式サイトと公式ツイッターをしっかり確認しておきましょう。

Code Villageを要チェック!)

【無料】Amazonギフト券が貰えるプログラミングスクールまとめ

せっかくプログラミングスクールを体験するならお得に利用したい!無料でAmazonギフト券を受け取れるスクールは無いかな... 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に ...

続きを見る

Code Villageの料金を他のスクールと比較

今回はCode Villageの受講料金について解説してきましたが、実際のところCode Villageは他のプログラミングスクールと比べて高いのでしょうか?安いのでしょうか?

実際にCode Villageの料金を他の7つのプログラミングスクールと比較して、検証してみましょう。

プログラミング
スクール名
コース名期間受講料+入学金1ヶ月あたりの料金評判サイト
デイトラWeb制作コース
Railsコース
3ヶ月99,800円33,266円デイトラの評判まとめ
tech boostブーストコース3ヶ月224,840円74,946円tech boostの評判まとめ
テックキャンププログラミング教養コース3ヶ月237,600円79,200円テックキャンプの評判まとめ
Code Village1コースのみ6ヶ月495,940円82,657円-
ポテパンキャンプRailsキャリアコース5ヶ月440,000円88,000円ポテパンキャンプの評判まとめ
TechAcademy12週間プラン12週間284,900円94,967円TechAcademyの評判まとめ
侍エンジニア塾エキスパートコース3ヶ月598,000円199,333円侍エンジニア塾の評判まとめ

ご覧のようにCode Villageの価格帯は平均的であることが分かります。

ただ一般的なプログラミングスクールでは、転職サポートやカウンセリングサポートが付くと受講料金が高額になる傾向があります。

Code Villageにそうしたサポートが整っていることを加味すると、サポートの割に料金が安いと捉えることもできます。

Code Villageについて少しでも気になる方はオンライン無料カウンセリングで気軽に質問&相談してみましょう!

まとめ:Code Villageの受講料金を解説【他のスクールとの比較も】

まとめ:Code Villageの受講料金を解説【他のスクールとの比較も】

  • Code Villageは「キャリアを自走できるエンジニア」の輩出を目指すプログラミングスクール
  • Code Villageの料金は6ヶ月間で495,000円(入会金は無料)
  • 2022年2月現在Code Villageの料金を安くする割引方法は無い
  • Code Villageの料金は他のプログラミングスクールと比較すると平均的
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐオンライン無料カウンセリングを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のCode Villageの料金や割引で安くする方法、他のプログラミングスクールとの料金比較についてご紹介しました。

Code Villageは転職・就職の成功だけでなく、生徒ひとりひとりがエンジニアとして自立してキャリアを歩めるようにサポートするスクールです。

年齢制限や受講条件が無いので、未経験の方でも安心して受講することができます。

Code VillageではPHPやRubyやJavaScriptなどの色々な言語を用いながらWeb開発を学習します。また5分以内の質問サポート、マンツーマンメンタリングサポート、転職サポートといった手厚いサポートが充実しているので、Webエンジニアとしてのキャリアアップを目指している方には非常にオススメです。

とはいえいきなり入塾するのは不安ですし怖いですよね。

そんな時はCode Villageのオンライン無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

Code Villageは返金対応している?【◯日以内なら可能です】

Code Villageって返金対応しているのかな?詳細を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニ ...

続きを見る

Code Villageは分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

Code Villageの料金って分割払いに対応しているのかな?具体的な金額を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Code Village

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.