Python

DjangoとFlaskはどっちがおすすめ?【徹底比較してみた】

最終更新日 :

DjangoとFlaskだったらどっちを使えば良いのかな?両方の特徴や違いを詳しく知りたい!

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

エンジニアにとってWebサービスの開発に欠かせないのが「Webフレームワーク」です。

Webフレームワークさえあれば、Webサービス開発に必要な機能・枠組みが最初から揃っているので、開発効率が格段に高まります。

そこで今回はWebフレームワークの中でも特に人気のあるDjangoとFlaskの特徴や違い、向いている人の特徴などについてご紹介します。

【先に結論】DjangoとFlaskの比較表

DjangoFlask
ロゴ画像djangoのロゴFlaskのロゴ
使用言語PythonPython
作れるものAI機能があるWebシステムWebシステム全般
使用例YouTube、Instagram小規模サイト
設計思想人によるコードの書き方の差異が少なくなるように設計
(大規模開発向け)
自由度が高く
カスタマイズしやすい
(小規模開発向け)
汎用性高い
AIなどWeb以外の用途がある
普通
AIは使われない
年収多い普通
求人数多い少ない
難易度難しい簡単
将来性高い低い
おすすめの参考書実践Django Pythonによる本格Webアプリケーション開発
Python Django3超入門
Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本[第2版]
Python FlaskによるWebアプリ開発入門
Flaskで学ぶWebアプリケーションのしくみとつくり方
Flask Web Development
学習方法Djangoを学べるスクールまとめFlaskを学べるスクールまとめ

DjangoやFlaskをプロのエンジニアから教わりたい方にはプログラミングスクールがオススメです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

【2022年最新】Djangoが学べるプログラミングスクール6選をご紹介

Djangoを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Djangoを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

【2022年最新】Flaskが学べるプログラミングスクールをご紹介

Flaskを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Flaskを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ ...

続きを見る

Djangoとは

まずはDjangoの特徴からご紹介します。

Djangoとは

Django(「ジャンゴ」と発音します。中には「ディージャンゴ」と発音する人もいます)とは、
「PythonでWebシステムを開発するためのフレームワーク」です。

「フレームワーク」とは、システムを開発する際に使う「枠組み」のことです。

「Webシステムを開発するためのフレームワーク」は、Webシステムを開発する際に使う「枠組み」ですね。

Djangoは以下のようなWebシステムに必要な機能をすべて搭載しています。

  • データベースとのやりとり
  • 画面描画の仕組み
  • 入力値の受け取りや入力値が正しいのかのチェック(このチェックのことを「バリデーション」と言います)
  • アクセスされたURLに基づいてそのシステムのどこを呼び出すかを決める機能
なので、開発者はDjangoが備えている様々な機能をカスタマイズしながら欲しいWebシステムを開発していきます。

ゼロからWebシステムを作るより、はるかに効率よく開発できます。

【厳選】Pythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Pythonを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Pythonを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

Djangoで作れるもの

Webシステムとしての基本機能はDjangoに備わっているので、Webシステムであればなんでも開発できます

  • ECシステム
  • ニュースサイト
  • AIエンジンを積んだシステム(AIというところがPythonぽいです)

など、作れないWebシステムはありません。

少し高度なトピックですが、Djangoの派生として、DRF(Django REST Framework)というものもあります。

DRFは、APIというものの提供に特化したDjangoの一つです。

DRFがAPIを提供し、ブラウザの中で動くフロントエンド(Vue.jsなどが使われます)がDRFとAPIを介して通信して画面に関する処理をおこなう、という仕組みです。

データベースとの連携が容易などといった理由で、DRFは広く使われています。

Djangoが使われている具体的なサービス

続いてはDjangoが使われているサービスをいくつかご紹介します。

YouTube

https://www.youtube.com/

YouTubeはDjangoで作られています!

YouTubeの動画の本数は本当に膨大なので、いったいどんなデータベースを使っているんだろうと気になりますね。

動画を検索するときもサクサク動くので、そこら辺りの処理も高度そうです。

そういう、超大容量のデータも扱えて、ハイレベルな処理もこなせるのがDjangoの最大の特徴です。

Instagram

https://www.instagram.com/

インスタもDjangoです、と言ったら驚きますかね?

スマホアプリのイメージが強いインスタですが、インスタのスマホアプリのサーバー側の処理はDjangoで書かれています

個人的にはインスタの一番の特徴は搭載されているAIの優秀さだと思うのですが(おすすめの投稿のセレクションが秀逸)、AIに強いDjangoを使っていると聞けば、納得できるのではないでしょうか?

おすすめDjangoが学べるプログラミングスクール6選をご紹介

Flaskとは

続いてはFlaskの特徴をご紹介します。

Flaskとは

さて、Flask(「フラスク」と発音します)もまた、Djangoと同じく、「PythonでWebシステムを開発するためのフレームワーク」です。

ではDjangoと何が違うのか?

一言で言えば、最大の違いは「開発の難易度」です。

Flaskはそれほど緻密な構造を持っていません。

極端な話、プログラムを一本書けば、シングルページのWebシステムが開発できます。

Python自体、他の言語より開発効率が高いとされていますから、Flaskを使えば非常に効率よくWebシステムが開発できます

なので、比較的小規模な開発に使用されます。

その代わり、大規模で複雑な構造を持つWebシステムの開発には向いていません

そういったWebシステムには、より緻密な構造を持つDjangoが使われます。

Flaskで作れるもの

FlaskもWebシステムとしての基本機能は備えていますので、小規模なWebシステムであればなんでも開発できてしまいます

  • 個人商店のECサイト
  • 個人のブログ
  • 中小企業の勤怠管理システム

など、低予算でWebシステムを開発したい時にFlaskが使われます。

Flaskが使われている具体的なサービス

実は、Flaskは個人商店などでの利用が多いことなどにより、大企業では使われない傾向にあります。

筆者自身、このサイトはFlaskで作られている、という情報を見聞きしたことがありません。

なので、誰もが知っているサービスの例をここに挙げることはできません

しかし、もしかしたらあなたがよく行く店のECサイトはFlaskで開発されているかもしれません。

非エンジニアでもPythonとFlaskを勉強して自力でECサイトを立ち上げてみる、という例もあるようです。

敷居が低いPythonと、これまた敷居の低いFlaskだからこその動きですね!

おすすめFlaskが学べるプログラミングスクールをご紹介【2022年最新】

DjangoとFlaskを徹底比較

続いてはDjangoとFlaskを様々な角度から徹底比較していきます。

DjangoFlask
設計思想人によるコードの書き方の差異が少なくなるように設計
(大規模開発向け)
自由度が高く
カスタマイズしやすい
(小規模開発向け)
汎用性高い
AIなどWeb以外の用途がある
普通
AIは使われない
年収多い普通
求人数多い少ない
難易度難しい簡単
将来性高い低い

それでは順番に詳しく解説していきます。

1. 設計思想で比較

前述の通り、Djangoは緻密で、Flaskはラフなところがあります。

ここでの「緻密」の意味を詳しくご説明すると以下の様になります。

  • 各機能を記述するファイルの置き場所、各機能の呼び出し方などが厳密に決まっている
  • 画面とのやりとりの仕方も決まっていて、そこをカスタマイズするのにはひと手間かけないといけない
  • したがって学習の難易度は高い
  • しかし人によるコードの差が出にくいのでチーム開発に向いている

逆に「ラフ」というのはこの反対です。

したがって、この比較ポイントからも、Djangoは大規模開発に、Flaskは小規模開発に向いていると言えます。

2. 汎用性で比較

Webシステムとしての汎用性は、どちらも同格です。

ただ、前述したDRF(Django REST Framework)の存在から、Djangoは「バックエンド」の専門処理機構として、様々なフロントエンドの技術と同居できます

一方Flaskで、フロントエンドを例えばVue.jsにするのは、やればできますが少し手間が必要です。(そもそも小規模開発でそれをする意味はあまりないのですが)

したがって「Djangoの方がやや汎用性がある」という見方もできます。

またPythonと言えばAIです。

「AIとのつなぎこみ」という面でいうと、これは構造が緻密なDjangoに軍配が上がります

AIエンジンとは緻密に接続しないと、うまくAIが動いてくれません。

Flaskでもできなくはないと思いますが、筆者はAIエンジンを搭載したWebシステムでFlaskを採用している例を知りません。

3. 年収で比較

年収はDjangoエンジニアの方が高いと言えます。

なぜなら、Djangoは大規模案件で採用されることが多いのに対して、Flaskは小規模案件で採用されることが多いからです。

IT業界は、大規模案件の方が年収が高くなる傾向にあります。

それに加えて、AIという要素も見逃せません。

AIエンジニアは一般的に年収は高くなります。

したがって、AIを使うDjangoの案件だと報酬額も高くなりやすいです。

4. 求人件数で比較

大手求人サイトの情報を元に求人数を比較してみましょう。(2022年4月時点)
DjangoFlask
indeedの求人数3,679件[indeedより]1,137件[indeedより]
求人ボックスの求人数1,844件[求人ボックスより]731件[求人ボックスより]
dodaの求人数223件[dodaより]91件[dodaより]
マイナビ転職の求人数91件[マイナビ転職より]37件[マイナビ転職より]
リクナビNEXTの求人数67件[リクナビNEXTより]21件[リクナビNEXTより]
Greenの求人数450件[Greenより]144件[Greenより]

ご覧のように求人数ではDjangoの圧勝です。

Flaskエンジニアは地方の小さいITベンダーで求人している場合がほとんどですので、全国的に公開されるような求人では、どうしてもDjangoエンジニアの方が目立ちます

しかし、目立たないだけで、あなたの住んでいる地域ではFlaskエンジニアを募集しているかもしれません。

とはいえ全国的な会社で働きたい、または世界に羽ばたく会社で働きたいと志している場合には、Djangoエンジニアがいいでしょう。

また今後一層需要が高まるAI開発スキルを身に付けたい方も、Djangoの方がおすすめと言えるでしょう。

5. 難易度で比較

繰り返し書いているように、Djangoは学習の難易度が高めです。

「やや高い」というレベルではなく「非常に高い」です。

対してFlaskは比較的学習が容易です。

PHPの経験がある方は、フレームワークを使わずにPHPでWebシステムを開発することを想起してみるといいかもしれません。

Flaskでの開発は、あんな感じです。

学習が容易なのが理解できると思います。

なので、Pythonで手軽にWebシステムを開発したい方は、Flaskを選択するといいでしょう

6. 将来性で比較

DjangoとFlaskとではDjangoの方が将来性が高いと言えるでしょう。

両者の「日本での検索回数の推移」を比較してみると以下のようになります。(Googleトレンドより)

DjangoとFlaskの検索数の比較

DjangoとFlaskの検索数の比較

ご覧のように今後5~10年先はDjangoの方が高い需要を維持し続けると想定できます。

というのも「DRFの存在」「AIとの親和性の高さ」から、Djangoをバックエンドのシステムとして採用する企業は増えています

個人的な考えですが、Djangoエンジニアであれば、あと10年は仕事にあぶれることはないと思っています。

対してFlaskですが、こちらについては、筆者は少し懐疑的です。

数年前は、FlaskがPHPを蹴散らすと考えていました。

ところが現状、そうはなっていません。

PHPの求人はなくなるどころか増えています。

とするとFlaskを使う案件は増えないのでは…?というのが、私の考えです。

まあでも、この業界は先のことは分からない業界ですので、数年後にまた状況は変わっているかもしれません。

いずれにしても、小規模な個人開発でFlaskを採用することは、絶対になくならないと考えています。

Django・Flaskのおすすめの人の特徴

それでは最後に、DjangoとFlaskがおすすめの人・向いている人の特徴を解説していきます。

Djangoがおすすめの人の特徴

とにかく大規模案件に参画して、羽ばたきたい人はDjangoがおすすめです。

Djangoがおすすめの人の特徴

  • 複雑で高度な技術を採用している現場で働きたい人
  • AIの技術をマスターしたい人
  • 高い報酬をもらいたい人

このような志がある人はDjangoを選択するべきです。

そして勉強が好きなことも大切な条件です。

Djangoは学ぶべきことが山のようにあります。

それらを一通りマスターしていないとDjango案件で振られる仕事をこなすことはできません。

「長期間勉強し続けられること」はDjangoエンジニアの必須要件になっているのが現状と言えるでしょう。

Flaskがおすすめの人の特徴

続いてはFlaskがおすすめの人をご紹介します。

Flaskがおすすめの人

  • 個人開発でWebシステムを開発したい
  • 研究のためにちょっとしたWebシステムを作りたい
  • 自分でお客を取り、地域に貢献していきたい
  • Pythonを学習したが何を作ればいいか分からないので、とりあえずWebシステムの作り方をマスターしたい

といった方には、Flaskがおすすめです。

Flaskの最大の長所はその学習の容易さです。

そこまでシステム開発の学習に割く時間がない方にはぴったりです。

Flaskは開発が容易なので、開発以外のことに自分のリソースを割けられるのもメリットと言えるでしょう。

DjangoとFlaskを勉強する時のおすすめの参考書

ここまでの説明で多くの方は「DjangoとFlaskのどちらを勉強しようか」ある程度定まったことでしょう。

次への一歩に進むため、ここからはDjangoとFlask、それぞれを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

Djangoを勉強する時のおすすめの参考書

まずはDjangoを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

プログラミング業界では情報の鮮度がかなり重要です。

2022年6月時点でのDjangoの最新バージョンは4.0ですので、Django3やDjango4に対応している参考書を選ぶようにしましょう。

Flaskを勉強する時のおすすめの参考書

続いてはFlaskを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

2022年6月時点でのFlaskの最新バージョンは2.1.2ですので、Flask2対応の新しい参考書を選ぶようにしましょう。

レビュー評価が高い本、第2版や第3版といった複数回印刷されている本、電子化されている本を中心に選ぶのがおすすめです。

まとめ:DjangoとFlaskはどっちがおすすめ?【徹底比較してみた】

今回はWebフレームワークの中でも人気のあるDjangoとFlaskの特徴や違い、向いている人の特徴について解説しました。

改めて両フレームワークの比較表を見てみましょう。
DjangoFlask
ロゴ画像djangoのロゴFlaskのロゴ
使用言語PythonPython
作れるものAI機能があるWebシステムWebシステム全般
使用例YouTube、Instagram小規模サイト
設計思想人によるコードの書き方の差異が少なくなるように設計
(大規模開発向け)
自由度が高く
カスタマイズしやすい
(小規模開発向け)
汎用性高い
AIなどWeb以外の用途がある
普通
AIは使われない
年収多い普通
求人数多い少ない
難易度難しい簡単
将来性高い低い
おすすめの参考書実践Django Pythonによる本格Webアプリケーション開発
Python Django3超入門
Djangoのツボとコツがゼッタイにわかる本[第2版]
Python FlaskによるWebアプリ開発入門
Flaskで学ぶWebアプリケーションのしくみとつくり方
Flask Web Development
学習方法Djangoを学べるスクールまとめFlaskを学べるスクールまとめ

ご覧のようにどちらのフレームワークも長所と短所があります。

そのため自分の価値観や将来像と照らし合わせながら、自分にぴったりなフレームワークを選択することが大切です。

またDjangoやFlaskを新しく勉強したい方には、プログラミングスクールでプロから教わるのがオススメです。

言語選びやフレームワーク選びで答えがまとまらない場合は、プログラミングスクールの無料相談などを利用して有識者に相談するのもオススメです。

詳しい情報は以下のおすすめ記事をご覧ください!

おすすめDjangoが学べるプログラミングスクール6選をご紹介
おすすめFlaskが学べるプログラミングスクールをご紹介【2022年最新】

【2022年最新】Djangoが学べるプログラミングスクール6選をご紹介

Djangoを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Djangoを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

【2022年最新】Flaskが学べるプログラミングスクールをご紹介

Flaskを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Flaskを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールでプロ ...

続きを見る

【厳選】Pythonが学べるプログラミングスクール9選をご紹介

Pythonを学習して挫折したからプログラミングスクールに入塾したい!でもどのスクールが良いんだろう... Pythonを学びたいけどまず何から始めたら良いのか分からない...プログラミングスクールで ...

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)
金さん

金さん

フリーランスITエンジニア/ライター/コンサルタント/講師

【プロフィール】
インターネットが世に出たころからITエンジニアとして仕事。iPhone黎明期のiOSアプリ開発事業部立ち上げなどを経て、現在はAI関連のプロダクトのコアメンバーとして活躍中。後進の育成にも力を入れており、現役でいられるうちに知見を次代に残すべく活動中。地方都市のマンションでローコストな暮らしをしている。趣味は音楽(聴くこと、作ること、ライブに行くこと)、料理(インドカレーはナンから手作り)、水泳(近所のプールに足繁く通う)。仕事が終わって夕方のテレビニュースをつけてハイボールを嗜む時間が何よりの幸福
【得意分野】
機械学習、REST API、データ分析、スクレイピング、Excel活用、OJT
【保有資格】
応用情報処理技術者

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/SEOマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Python

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.