TechAcademy

テックアカデミーの返金や解約に関する注意点を徹底解説

2021年4月11日

テックアカデミーの返金や解約に関する注意点を知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のテックアカデミーの返金や解約に関する注意点についてご紹介していきます。

テックアカデミーの利用を考えている方にとって解約のタイミングや返金条件は非常に気になりますよね。

後々になって損しないためにも、テックアカデミーに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • テックアカデミーでの返金に関する注意点
  • テックアカデミーでの解約に関する注意点
  • その他のテックアカデミーの利用に関する注意点
  • まとめ:テックアカデミーの返金や解約に関する注意点を徹底解説

当サイトではウェブサイトやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

テックアカデミー以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【安心】全額返金保証があるプログラミングスクール6選

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

テックアカデミーでの返金に関する注意点

ここではまず返金の条件について細かく解説していきます。

テックアカデミーで返金が認められる条件

テックアカデミーで返金が認められる条件は以下の3つです。

テックアカデミーで返金が認められる条件

  1. 会員登録を済ませて利用開始する1営業日前までに解約手続きを行う
  2. 会員登録後ログインをしていない
  3. 解約手続きを行う際は平日の10時から19時の間

返金が認められる条件についてはテックアカデミー利用規約の第5条(利用期間)に記載されています。

第5条(利用期間)
4. 会員が利用期間開始日の1営業日前までに当社の指定する方法にて解約する旨の通知を当社に対して行った場合は、会員は本サービスを解約できるものとします。なおこの場合、当社は会員に対し、すでに当社に対して入金された料金の返金を行います。また、返金の際の振込手数料は会員が負担するものとします。

利用規約 | TechAcademy [テックアカデミー]より引用

この規約によれば会員登録を済ませて利用開始する1営業日前までに解約手続きを行えば返金が認められます

1日ではなく1営業日ですので月曜開始の場合は金曜日中に手続きをしましょう!

返金の際に発生する振込手数料は会員側が負担しなければなりません。

また解約手続きの受付時間やログインに関する規定はテックアカデミー公式サイトのキャンセルポリシーに記載されています。

キャンセルポリシー

写真にもあるように解約する際は「ログインしていない状態」「受付時間は平日の10時から19時まで」の2点を遵守しましょう。

テックアカデミーで返金が認められない条件

テックアカデミーで返金が認められない条件は以下の3つです。

テックアカデミーで返金が認められない条件

  1. 利用期間中に解約を行った場合
  2. 一度でも初回ログインを実施した場合
  3. 規約違反により一時的な処分を受けた場合
  4. 規約違反により退会処分を受けた場合

返金が認められない条件については先程と同じくテックアカデミー利用規約の第5条(利用期間)に記載されています。

第5条(利用期間)
3. 会員が利用期間において中途解約を行った場合であっても、前条の料金の返金は行いません。また、会員が利用料金の支払いを遅滞した場合、会員は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。

5. ただし、会員が初回ログインを実施した日以降は、前項にかかわらず解約はできないものとし、前条の利用料金の返金は一切行わないものとします。

利用規約 | TechAcademy [テックアカデミー]より引用

先程ご説明した「返金が認められる条件」から想像がつく方もいらっしゃると思いますが、「初回ログイン後」や「利用期間中」の解約は返金されません

一度でもログインすればカリキュラムの中身を全部閲覧できるわけですから当然ですよね

メンタリング料金の返金について

テックアカデミーではコースによって一定回数のメンタリングを行うことができます。

ですがメンタリングを無断欠席あるいはキャンセルを合計2回行った場合はメンタリングを受ける権利を失うことになります。

この際にメンタリング料金を返金することは出来ませんのでご注意ください。

これについてはテックアカデミー利用規約の第6条(メンタリング)
に記載されています。

第6条(メンタリング)
会員がメンタリング開始時間までにメンターに通知することなく無断欠席、もしくはキャンセルを合計2回した場合、本サービスの運営を妨害したものとし、会員はその後のメンタリングを受ける権利を失うものとします。なお、それによる会員に生じる損害等に関し当社は一切の責任を負わず、メンタリング料金の返金も行わないものとします。

利用規約 | TechAcademy [テックアカデミー]より引用

やむを得ずメンタリングの予定をキャンセルしたい時は予定時刻より前にメンターにお知らせしておきましょう

 

 

テックアカデミーでの解約に関する注意点

続いてはテックアカデミーでの解約に関する注意点について見ていきましょう。

テックアカデミーの解約の条件

テックアカデミーの解約の条件は以下の2つです。

テックアカデミーで解約が認められる条件

  1. 会員登録後ログインをしていないこと
  2. 平日の10時から19時の間に手続きすること

これについてはテックアカデミー利用規約の第5条(利用期間)に記載されています。

第5条(利用期間)
5. ただし、会員が初回ログインを実施した日以降は、前項にかかわらず解約はできないものとし、前条の利用料金の返金は一切行わないものとします。

利用規約 | TechAcademy [テックアカデミー]より引用

ポイントは「前項にかかわらず」という部分です。

第5条では中途解約や返金条件について記載されていますが、初回ログインを一度でも行えば他の条項に関係なく解約はできなくなります

 

 

その他のテックアカデミーの利用に関する注意点

最後に返金や解約以外に見落としそうな注意点をいくつかご紹介します。

テックアカデミーのコース変更はできる?

テックアカデミーでのコース変更について利用規約第4条(利用料金及び支払い方法)では以下のように記載されています。

第4条(利用料金及び支払方法)
本サービスは、会員本人のアカウントに対してのみ使用が許諾されます。本サービスのコース変更、追加購入などの処理及び手続に関しましては、別途当社が定め、本サービス又は当社ウェブサイト上に表示するものとします。

利用規約 | TechAcademy [テックアカデミー]より引用

ご覧の通り利用規約ではコース変更について細かく書かれておらず、「別途ウェブサイト上に表示する」とあります。

そこでテックアカデミーの公式サイトを見てみましょう。

キャンセルポリシー
受講開始にかかわらず、学習システム(カリキュラム)にログインされた後のご返金・コース変更はいたしかねますのでご了承下さい。

テックアカデミー公式サイトより

公式サイトによると初回ログイン後はコース変更はできないようです。

もしも他のコースを受講したい場合は元々のコースと合わせて倍の料金を支払う必要があります

メンターの変更はできる?

テックアカデミーでのメンターの変更は利用規約の第6条(メンタリング)に記載されています。

第6条(メンタリング)
会員は担当メンターの指名および変更は行えないものとします。ただし、当社が担当メンター変更の必要があると認めた場合はこの限りではありません。

利用規約 | TechAcademy [テックアカデミー]より引用

ご覧の通り基本的にメンターの変更は認められていませんが、テックアカデミーに「メンターを変更する必要がある」とみなされた場合には可能のようです。

細かい判断基準は読み取れませんが、メンターを変更して欲しい時はテックアカデミーに気軽に問い合わせてみるのが良いでしょう。

 

 

まとめ:テックアカデミーの返金や解約に関する注意点を徹底解説

最後に今回紹介したテックアカデミーの返金条件と解約条件についてまとめておきましょう。

テックアカデミーで返金が認められる条件

  1. 会員登録を済ませて利用開始する1営業日前までに解約手続きを行う
  2. 会員登録後ログインをしていない
  3. 解約手続きを行う際は平日の10時から19時の間

テックアカデミーで返金が認められない条件

  1. 利用期間中に解約を行った場合
  2. 一度でも初回ログインを実施した場合
  3. 規約違反により一時的な処分を受けた場合
  4. 規約違反により退会処分を受けた場合

テックアカデミーで解約が認められる条件

  1. 会員登録後ログインをしていないこと
  2. 平日の10時から19時の間に手続きすること

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のTechAcademy(テックアカデミー)の返金や解約に関する注意点についてご紹介しました。

テックアカデミーの入会を考えている方のお役に立てれば幸いです。

テックアカデミーはこれからプログラミングを学びたい方や、プログラミングスキルで稼ぎたい方にはイチオシのプログラミングスクールです。

不安な気持ちもあるかと思いますが、まずは「TechAcademyの無料体験」を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

テックアカデミーの評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

【安心】全額返金保証があるプログラミングスクール6選

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-TechAcademy

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.