テックキャンプ

テックキャンプの時間割・スケジュールを解説【忙しい?大変って本当?】

最終更新日 :

テックキャンプを受講したら時間割やスケジュールはどうなるんだろう?受講生の口コミや効率的に進めるコツを知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のテックキャンプの時間割やスケジュールの詳細、効率的に学習を進める方法についてご紹介していきます。

この記事でわかること

  • テックキャンプには2種類のスタイルがある
  • テックキャンプのスタイル別の時間割
  • テックキャンプのスタイル別のスケジュール
  • テックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ・体験談
  • テックキャンプの時間割・スケジュールは大変?
  • テックキャンプで効率的に学習を進めるコツ・方法

当サイトではプログラミング学習やエンジニア転職に関する情報を発信しています。他の記事も合わせてご覧ください。

テックキャンプの評判・口コミや他スクールとの比較について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

テックキャンプの評判・口コミ【ひどい・やばいは本当?】

テックキャンプってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

目次

テックキャンプには2種類のスタイルがある

テックキャンプのスタイルの種類

画像引用元:テックキャンプ

テックキャンプには、「短期集中スタイル」と「夜間・休日スタイル」の2つが存在します。

最短でITエンジニアを目指したい方も、仕事や育児・介護を続けながらプログラミングを学びたい方も受講できる工夫がされているので、自分に合った学習ペースを模索していきましょう。

ここでは、テックキャンプの学習スタイルをそれぞれ解説します。

短期集中スタイル

テックキャンプの短期集中スタイル

画像引用元:テックキャンプ

短期集中スタイルは、テックキャンプにおける最短でのスキル習得を目指せる学び方です。

10週間でITエンジニアを目指す学習スタイルであり、学習は全てオンラインで実施します。

1日の大半をプログラミング学習に充てるので、就職に向けてトレーニング中の方や、現職を一旦辞めてスキル習得に集中したい方におすすめです。

夜間・休日スタイル

テックキャンプの夜間・休日スタイル

画像引用元:テックキャンプ

夜間・休日スタイルは、およそ半年でITエンジニアを目指せる学び方です。

短期集中スタイルと同じく学習は全てオンラインで実施しますが、平日の夜と休日をプログラミング学習に充てていきます

そのため、本業を続けながら学びたい方や、育児・介護などで忙しく学習にフルコミットできない方におすすめです。

また、既にITエンジニアとして働いている方がスキルアップのために受講したり、日中は授業がある学生が受講したりするのにも向いています。

>> テックキャンプ(TECH CAMP)の公式サイトを確認する

テックキャンプのスタイル別の時間割

次に、テックキャンプの主な時間割を解説します。

都合により多少前後することはできますが、原則として下記の時間割通りに進むことを前提としているので注意しましょう。

短期集中スタイルの時間割

短期集中スタイルの時間割

画像引用元:テックキャンプ

短期集中スタイルでは、平日の10:00から19:00までの9時間を学習必須時間として定めています。

また、平日19:00から22:00と休日14:00から22:00は任意学習の時間として定められていますが、可能な限り学習を継続するのが望ましいとされています。

週あたりの推奨学習時間は55時間なので、平日9時間×5日に加えて、1日2~3時間程度の自習をするイメージでいるとよいでしょう。

もちろん、平日は必須の時間分だけ学習し、土日にまとめて予習・復習するなど自分の都合に合わせてペースを変動させることも可能です。

また、生活リズムに合わせて深夜・早朝に自習する方法もあるので、気になる方は事前に相談しておきましょう。

>> テックキャンプ(TECH CAMP)の公式サイトを確認する

夜間・休日スタイルの時間割

夜間・休日スタイルの時間割

画像引用元:テックキャンプ

夜間・休日スタイルでは、任意の曜日で10時間と、追加して週あたり13時間程度の自習を進めます。

週あたりの合計学習時間が23時間を超えるよう調整できれば、十分にスキルを習得できるでしょう。

質問対応時間は短期集中スタイルと同じく14:00から22:00までなので、平日の仕事終わりに自習することも可能です。

例えば平日は19:00から22:00まで自習し、休日どちらか1日で10時間のまとまった学習時間を確保できれば良い計算になります。

おすすめテックキャンプは働きながらでも受講できる?【スクールと仕事を両立させる方法】

テックキャンプのスタイル別のスケジュール

テックキャンプでは、1日あたりの想定スケジュールも提案しているのでチェックしてみましょう。

問題なくスケジュールをこなせそうであれば、不安なく入会できます。

万が一スケジュールの徹底が難しそうな場合は事前に相談し、学習に遅れを取らず調整できる方法がないか探っていくことがおすすめです。

短期集中スタイルのスケジュール

短期集中スタイルのスケジュール

画像引用元:テックキャンプ

短期集中スタイルであれば平日の10:00から19:00まで学習を続けることとなりますが、午前中は復習ワークに取り組むことが多くなります

朝礼を経て、前日に学んだ知識の定着を図るため午前中のうちに復習ワークを完了させましょう

その後、昼食休憩を挟んで新規の学習に移ります。

なお、テックキャンプでは「50~60分の学習・10分のアウトプット・10分の休憩」を1サイクルとしており、午後は4サイクルをこなすイメージでカリキュラムが構成されているのが特徴です。

短期集中スタイルのスケジュール

画像引用元:テックキャンプ

その後は任意学習時間に移るので、疑問・質問があればその日のうちに解消できるようチャットサポートを活用していきましょう。

夜間・休日スタイルのスケジュール

テックキャンプの夜間・休日スタイル

画像引用元:テックキャンプ

夜間・休日スタイルも、10時間学習を進める週1日については短期集中スタイルと同様の形を取ります。

午前中に復習ワークを済ませ、昼休憩を挟み、午後は「50~60分の学習・10分のアウトプット・10分の休憩」を4サイクル繰り返すイメージです。

その他の平日については、前回学んだことについて復習する時間として役立てたり、質問対応してもらいながら理解を深めたりする時間として使いましょう。

>> テックキャンプ(TECH CAMP)の公式サイトを確認する

テックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ・体験談

続いてはテックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ・体験談をいくつかご紹介します。

テックキャンプの忙しさやスケジュールの感覚を掴みたい方は必見です。

テックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ①一週間の中で休日が一番忙しい

テックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ②チーム開発は1日が一瞬で終わる

*2023年1月現在、テックキャンプではチーム開発を行っていませんのでご注意ください。

テックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ③計画通りに進むと気分がいい

テックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ④スケジュール通りに進むように意識している

テックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ⑤カリキュラムが分かりやすいからある程度は楽

テックキャンプの時間割・スケジュールに関する口コミ⑥タイムスケジュールを意識した生活に切り替えたい

テックキャンプは1日のタイムスケジュールがしっかり決められているので、忙しさを感じる方も多いようです。

一方で、「やることがはっきりしているから迷わなくて済む」「カリキュラムが分かりやすいので忙しいけれど楽」という口コミもありました。

なかにはテックキャンプ推奨のスケジュールを前倒しできる方もいて、自分のペース次第で学び方を変えられることがわかります。

学校の時間割のようにきっちり学習時間が決められていた方が楽に感じる方にとっては、最適な環境と言えるでしょう。

>> テックキャンプ(TECH CAMP)の公式サイトを確認する

テックキャンプの時間割・スケジュールは大変?

結論から伝えると、短期集中スタイルの場合、学習スケジュールについていくだけでも大変と感じるかもしれません。

1日最低10時間の学習が週5日続くので、高校や大学の授業以上にハードになる可能性が高いです。

加えて予習・復習や授業内で理解し漏れてしまったことに対する質疑もしなくてはならず、せわしない毎日になることは覚悟しておきましょう。

とはいえ、カリキュラムの内容自体は初心者でも十分に理解できるようわかりやすい解説がされており、質問対応もスムーズなのでつまづきが頻発することはありません

十分に学習時間を捻出でき、何としてでも食らいつく集中力さえ保てれば、初心者でもついていくことができます。

一方、夜間・休日スタイルはもともと本業やプライベートが忙しい方向けのコースなので、ハードな学習はありません

週1回10時間の学習時間を確保できていて、かつ自習の時間を捻出できるようであれば、誰でもチャレンジできます。

>> テックキャンプ(TECH CAMP)の公式サイトを確認する

テックキャンプで効率的に学習を進めるコツ・方法

最後に、テックキャンプで効率的に学習を進めるコツを解説します。

忙しい学習スケジュールでも学び漏らさず、かつモチベーションを下げることなくスキルを習得するためには、下記のポイントをおさえておきましょう。

テックキャンプで効率的に学習を進めるコツ・方法

  • 分からない時はすぐ質問する
  • 3人のスタッフをフル活用する
  • 自分に合ったスタイルを選択する

それでは順番に解説していきます。

方法1. 分からない時はすぐ質問する

テックキャンプでは土日含む毎日14:00から22:00まで質問を受け付けており、受講生からの疑問をスピーディに解決できる体制が整っています。

もしプログラミング学習を進めていてわからないことが出てきたら、なるべく早めに質問しておきましょう。

わからないことを放置してしまうと、次に新しい単元へ進むときに同じような内容でつまづいてしまいやすく、どんどんわからないことが溜まってしまいます。

そのうちに「どこまで遡れば理解できるか見失ってしまった」「自分が何をわかっていないのかわからない」など、出口の見えない悩みが出てきてしまうので注意しておきましょう。

もちろん、学習が遅れてしまったときでもテックキャンプの講師は親身に対応して解決へと導いてくれますが、できればつまづきは速やかに解消しておくのが理想です。

チャットだけでなくビデオ通話での質問もできるので、テキストだけでは伝えづらい質問があるときも利用していきましょう。

なお、短期集中スタイルでも夜間・休日スタイルでも、質問できる回数に制限はありません

時間帯によっては回答に時間がかかることもあるからこそ、わからないことは早めに質問するのがおすすめです。

>> テックキャンプ(TECH CAMP)の公式サイトを確認する

方法2. 3人のスタッフをフル活用する

テックキャンプを運営する株式会社divには優秀なプロが多く在籍しており、プログラミング講師・ライフコーチ・キャリアアドバイザーの3人が受講生の学習をサポートしてくれます。

まずは、3人のスタッフによるサポートをフル活用することを意識してみましょう。

テックキャンプの3名のスタッフサポート体制

画像引用元:テックキャンプ

テックキャンプのプログラミング講師

テックキャンプのプログラミング講師は最先端技術や現場で役立つスキルの習得をサポートしてくれます。

技術指導はもちろん、チャットやビデオ通話による質問に返答するのもプログラミング講師なので、特に交流する機会が多い存在です。

テックキャンプのライフコーチ

ライフコーチは、学習スケジュールやモチベーションの支援・管理を担当します。

時間割や学習スケジュールの相談・学習が前倒しできた(もしくは後ろ倒しになった)場合の修正・具体的な時間割の調整などを依頼しましょう。

また、プログラミング学習への不安を聞いてくれたり、テックキャンプのシステムに関する問い合わせに対応してくれたり、直接的な学習以外のこともサポートしてくれます

テックキャンプのキャリアアドバイザー

キャリアアドバイザーは、ITエンジニア転職を目指す方と伴走するキャリア形成のプロフェッショナルです。

履歴書・職務経歴書の添削、自己分析のサポート、IT業界におけるキャリアパスの作り方に関するアドバイスなど、さまざまな転職支援を担当してくます。

受講中からマンツーマンでサポートしてくれるので、早いうちに情報収集したり過去のキャリアを棚卸ししたりできるので、自習時間を効率よく活用していきましょう。

>> テックキャンプ(TECH CAMP)の公式サイトを確認する

テックキャンプでは40歳以上の方にはキャリアアドバイザーがつかないので、注意が必要です。

また、テックキャンプの転職保証は40歳未満および東京での就職を希望する方にのみ適用される制度なので、自分が対象であるか事前に確認する必要があります。(参考:テックキャンプの返金保証の条件や詳細)

方法3. 自分に合ったスタイルを選択する

テックキャンプには短期集中スタイルと夜間・休日スタイルがあるので、自分に合った方を選択しましょう

テックキャンプのスタイルの種類

画像引用元:テックキャンプ

プライベートが忙しいのに無理に短期集中スタイルを選択してしまうと、学習スケジュールに追いつくことができず、十分な時間を捻出できないまま時間ばかりが過ぎてしまいます。

反対に、日中の時間に余裕があるのに夜間・休日スタイルを選択した場合、じっくり学習を進めることができますがブランク期間が長くなって転職市場で不利になる可能性が出てくるので要注意です。

まずは今のスケジュールを可視化し、どの程度学習にコミットできるか試算してみます。

そのうえでテックキャンプの無料カウンセリングを受講し、どちらのスタイルが向いているかアドバイスしてもらいながら無理のないスケジュールを立てていきましょう。

気になることがあればライフコーチに相談しながら都度スケジュールを相談するなど、柔軟な対応をしてもらうことも可能です。

>> テックキャンプ(TECH CAMP)の公式サイトを確認する

まとめ:テックキャンプの時間割・スケジュールを解説【忙しい?大変って本当?】

まとめ:テックキャンプの時間割・スケジュールを解説【忙しい?大変って本当?】

  • テックキャンプには「短期集中スタイル」と「夜間・休日スタイル」の2つが存在する
  • 短期集中スタイルは、テックキャンプにおける最短でのスキル習得を目指せる学び方
  • 夜間・休日スタイルは、およそ半年でITエンジニアを目指せる学び方
  • テックキャンプは1日のタイムスケジュールがしっかり決められているので、忙しさを感じる方も多い
  • 特に短期集中スタイルは1日最低10時間の学習が週5日続くので忙しいと感じる可能性が高い
  • テックキャンプで効率的に学習を進めるには「すぐ質問すること」「3人のスタッフをフル活用すること」が大切
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料カウンセリングを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のテックキャンプの時間割やスケジュールの詳細、効率的に学習を進める方法についてご紹介しました。

記事内でも触れましたように、テックキャンプには「短期集中スタイル」と「夜間・休日スタイル」の2種類のスタイルが存在します。
テックキャンプのスタイルの種類

画像引用元:テックキャンプ

休職中や無職といった時間に余裕がある方は短期集中スタイル働きながらスキマ時間で勉強を進めたい方は夜間・休日スタイルを選択するのが一般的です。

また短期集中スタイルは1日最低10時間の学習が週5日続くので忙しいと感じる可能性が高いため時間を確保できない方はご注意ください。

テックキャンプの時間割・スケジュールはもちろん、スクールの概要について少しでも気になる方テックキャンプの無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

テックキャンプの評判・口コミ【ひどい・やばいは本当?】

テックキャンプってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

テックキャンプの料金って高い?【お得な割引方法もご紹介】

テックキャンプの料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった ...

続きを見る

テックキャンプの就職先・年収は?【自社開発やSESの割合もご紹介】

テックキャンプの就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや ...

続きを見る

テックキャンプは分割払いに対応しているの?【具体的な金額も解説】

テックキャンプの料金って分割払いに対応しているのかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が ...

続きを見る

テックキャンプの教室の場所ってどこ?【写真付きで詳しく解説】

テックキャンプの教室ってどこにあるんだろう?教室の場所や中の様子を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形で ...

続きを見る

テックキャンプに年齢制限はある?【30代〜40代の方必見】

テックキャンプの年齢制限について知りたい!30代や40代でも通えるの? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人(著者情報)
渡辺 瞳

渡辺 瞳

キャリアコンサルタント/フリーライター

【プロフィール】
大手転職エージェントのキャリアコンサルタント兼フリーライター。主にIT・Web業界を担当し、多くのエンジニア転職をサポートしてきた。その後、ビジネスマンのスキルアップに特化したフリーライターとしての活動を開始。プログラミングスクールを活用したエンジニアのキャリア形成を応援している。
【得意分野】
キャリアサポート、就職・転職ノウハウ
【保有資格】
国家資格 キャリアコンサルタント

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/SEOマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部生兼フリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-テックキャンプ

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.