TechAcademy

テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】

2021年7月18日

テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】
TechAcademy(テックアカデミー)を受講したいけど、どのコースを受講したら良いのか分からない!エンジニアの視点から見たおすすめコースを教えてほしい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも最大手のTechAcademy(テックアカデミー)の3つのおすすめコース、3つのおすすめしないコースをご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

本記事は「プログラミングを勉強したいけど、初心者だからどんな分野を学習したら良いのか分からない」といった人向けの記事です。既に明確に学びたい分野が決まっている人は、そのコースを受講すれば大丈夫です。

今回のテーマはこちら!

  • TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選
  • TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめできないコース3選
  • まとめ:テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】

当サイトではWebやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

テックアカデミー以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】
プログラミングスクールおすすめ6選【料金や口コミを徹底比較】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選

それでは早速テックアカデミーの3つのおすすめコースからご紹介していきます。

先に結論から申し上げますとおすすめコースは以下の3つになります。

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選

それでは順番に解説していきます。

テックアカデミーのおすすめコース①Webアプリケーションコース

Webアプリケーションコース

コース名Webアプリケーションコース
料金社会人
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
学生
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
メンタリング回数8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
累計学習時間(目安)200時間
チャットサポート15〜23時(8時間)
学習内容HTML/CSSのコーディング
Ruby/Ruby on rails/SQLのプログラミング
Heroku/Bootstrap/Git/GitHubの操作 など
成果物メッセージのやり取りができる掲示板アプリ
Twitterと同じ機能を持たせたクローンサイト
自分のアイデアを形にしたオリジナルWebサービス
備考週に2回のマンツーマンメンタリングあり
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング)
公式サイトテックアカデミー | Webアプリケーションコース

Webアプリケーションコースでは人気プログラミング言語の「Ruby」とRubyのフレームワークである「Ruby on rails」を使ったWebアプリケーション開発を学びます。

Rubyはその使い勝手の良さで需要が高いため、Rubyエンジニアの年収は他の言語と比べても圧倒的に高額です。

WebアプリケーションコースではRuby以外にも、データベース言語の「SQL」やバージョン管理システムの「GitHub」といったエンジニアに欠かせないスキルをまとめて習得できます。

また最後に制作するオリジナルWebサービスはポートフォリオとして転職活動・フリーランス活動の際に非常に役立ちます

あなたのエンジニアとしてのキャリアを有利に進めてくれることでしょう。

テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのおすすめコース②PHP/Laravelコース

PHP/Laravelコース

コース名PHP/Laravelコース
料金社会人
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
学生
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
メンタリング回数8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
累計学習時間(目安)200時間
チャットサポート15〜23時(8時間)
学習内容HTML/CSSのコーディング
PHP/Laravel/SQLのプログラミング
Heroku/Bootstrap/Git/GitHubの操作 など
成果物メッセージのやり取りができる掲示板アプリ
Twitterと同じ機能を持たせたクローンサイト
自分のアイデアを形にしたオリジナルWebサービス
備考週に2回のマンツーマンメンタリングあり
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング)
公式サイトテックアカデミー | PHP/Laravelコース

PHP/Laravelコースでは人気プログラミング言語の「PHP」とPHPのフレームワークである「Laravel」を使ったWebアプリケーション開発を学びます。

PHPはRubyと同じくらい需要が高く、PHPエンジニアの年収はめちゃくちゃ高いです!

もうお気づきの方もいるかと思いますが、PHP/Laravelコースの内容はWebアプリケーションコースとほとんど同じで「使用言語がRubyかPHPか」の違いしかありません

どちらを学ぼうか迷っている方のために両者の違いをご説明しておくと、以下のようになります。

RubyもPHPも両方開発経験がある当サイト管理人の意見としては
「とにかく年収を上げたい・システム開発を極めたい・作業効率化を極めたい」→Ruby
「Webデザインも携わりたい・WordPressを触りたい・ウェブ開発を極めたい」→PHP
といったニュアンスです。
自分の将来像やライフスタイルに応じてコースを選択しましょう。
不安な方は「TechAcademyの無料体験」を利用してメンタリングを受けるのもアリです。

テックアカデミーのPHP/Laravelコースって稼げる?【特徴や料金をご紹介】
テックアカデミーのPHP/Laravelコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのおすすめコース③フロントエンドコース

フロントエンドコース

コース名フロントエンドコース
料金社会人
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
学生
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
メンタリング回数8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
累計学習時間(目安)200時間
チャットサポート15〜23時(8時間)
学習内容HTML/CSSのコーディング
JavaScript/jQueryのプログラミング
Vue.js/Bootstrap/Web API/Firebaseの操作
サーバーの使用手順 など
成果物アニメーション演出を用いたサイト
APIを活用したサイト
リアルタイムチャットサービス
自分のアイデアをカタチにしたオリジナルWebサービス
備考週に2回のマンツーマンメンタリングあり
無料の転職サポートあり(求人企業とのマッチング)
公式サイトテックアカデミー | フロントエンドコース

フロントエンドコースではHTML/CSSとJavaScript/jQueryを用いてWebアプリケーションを開発するコースになります。

JavaScriptとjQueryはどちらも需要が高いプログラミング言語で、よりオシャレで高性能なWebアプリケーションを開発できます。

テックアカデミーのフロントエンドコースではさくらのレンタルサーバーを借りてWebサービスを公開します。
通常レンタルサーバーを使用するとレンタル料がかかるのですが、テックアカデミーでは受講者限定でさくらのレンタルサーバー(スタンダードプラン)3ヶ月無料特典が付いてきます!

4種類の成果物を開発するので、より実践的なスキルを習得できるのもポイント。

特に、最後に制作するオリジナルWebサービスはポートフォリオとして転職活動・フリーランス活動の際に非常に役立ちます

テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選は以上になります!

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選

自分の将来像と照らし合わせながら、自分が学びたい・習得したいコースを受講しましょう

とはいえいきなり受講を申し込むのは怖いし不安ですよね。

まずはテックアカデミーがどんなスクールなのか確かめるためにTechAcademyの無料体験を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

 

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめできないコース3選

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめできないコース3選

続いてはテックアカデミーの3つのおすすめできないコースについてもご紹介していきます。

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめできないコース3選

それでは順番に解説していきます。

テックアカデミーのおすすめできないコース①WordPressコース

WordPressコース

コース名WordPressコース
料金社会人
8週間:229,900円
12週間:284,900円
16週間:339,900円
学生
8週間:196,900円
12週間:229,900円
16週間:262,900円
メンタリング回数8週間:15回
12週間:23回
16週間:31回
累計学習時間(目安)200時間
チャットサポート15〜23時(8時間)
学習内容WordPressの操作スキル
HTML/CSSのコーディング
PHPのプログラミング
レンタルサーバーの使用スキル など
成果物架空の企業の自社サイトをゼロから構築
自分のアイデアをカタチにしたテーマを開発

WordPressコースは、世界的に有名なCMS「Contents Management System:コンテンツ・マネジメント・システム」のWordPressの操作を習得するコースになります。

WordPressを使えるようになると、プログラミングを使わなくても簡単にWebサイトを運営できるようになります

つまりプログラミングスキルをほとんど必要としないWordPressは難易度が低く、わざわざ数十万円支払ってまで学習するほどの内容ではありません

解説サイトや解説動画、参考書を読めば割と簡単に習得できます。

個人的には以下の動画が分かりやすくてオススメです。

いずれにしてもテックアカデミーなどのプログラミングスクールでWordPressコースを受講するのは、独学で挫折した後にしましょう。

テックアカデミーのWordPressコースって意味ある?【正直にご説明します】
テックアカデミーのWordPressコースって意味ある?【正直にご説明します】

続きを見る

テックアカデミーのおすすめできないコース②HTML/CSSトレーニング

HTML/CSSトレーニング

コース名HTML/CSSトレーニング
料金社会人:53,900円
学生:42,900円
分割払い
(24回払いの場合)
社会人:月額2,041円〜
学生:月額1,625円〜
サポート期間2週間
チャットサポート15〜23時(8時間)
1週間あたりの
学習時間目安
40時間
学習内容HTMLの基礎理解
ヘッダー、サイドバー、フッター、フォームの作成
CSSの基礎理解
グラデーション、アニメーションの作成 など
成果物架空お料理教室サイトの制作

HTML/CSSトレーニングは名前の通り、HTMLとCSSの基礎を学習するコースになります。

確かにHTMLやCSSはWeb制作に欠かせない言語ですので重要性は極めて高いです。

しかしテックアカデミーのHTML/CSSトレーニングで触れる内容はProgateドットインストールなどの無料プログラミング学習サイトで十分カバーできるくらい基礎的な内容です。

仮にHTMLやCSSの基礎を習得したとしても、フリーランス・転職といった形で活躍するのは非常に厳しいです。

また上段で触れたWebアプリケーションコースやフロントエンドコースでもほとんど同じ内容を学習できるため、そちらを受講した方が将来性が高く効率的と言えます。

テックアカデミーのHTML/CSSトレーニングってどうなの?【料金や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのHTML/CSSトレーニングってどうなの?【料金やカリキュラムをご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのおすすめできないコース③GitHubトレーニング

GitHubトレーニング

コース名GitHubトレーニング
料金社会人:53,900円
学生:42,900円
分割払い
(24回払いの場合)
社会人:月額2,041円〜
学生:月額1,625円〜
サポート期間2週間
チャットサポート15〜23時(8時間)
1週間あたりの
学習時間目安
40時間
学習内容ターミナル操作
バージョン管理とは
Git・GitHubとは
Gitの基本概念
GitHubの操作全般 など
成果物特になし

GitHubトレーニングではGitHubというバージョン管理ツールの操作を2週間という短期間で学習するコースになります。

取り扱う内容が少ないため、受講期間が短く料金も安めですが、GitHubはそもそもお金を払って学習するほどのツールではありません

情報サイトや解説本を読めば独学でもマスターできるくらいの難易度です。

またGitHubは開発業務において重要ではありますが、プログラミングとは直接関係ないため、後回しにしても大丈夫な分野です。

プログラミング未経験からGitHubの学習を考えている方は、まずはプログラミング学習をすることをオススメします

テックアカデミーのGitHubトレーニングってどうなの?【料金やカリキュラムをご紹介】
テックアカデミーのGitHubトレーニングってどうなの?【料金やカリキュラムをご紹介】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめできないコース3選は以上になります!

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめできないコース3選

これら3コースの受講を考えている方は、まず無料学習サイトや参考書で一通り勉強してみることをオススメします

それで挫折したらテックアカデミーを受講しましょう。

 

まとめ:テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】

まとめ:テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】

まとめ:テックアカデミーのおすすめコースをご紹介【結論:3つの中から選びましょう】

  • テックアカデミーのおすすめコースは「Webアプリケーションコース」「PHP/Laravelコース」「フロントエンドコース」の3つ
  • テックアカデミーのおすすめできないコースは「WordPressコース」「HTML/CSSトレーニング」「GitHubトレーニング」の3つ
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験レッスンを利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のTechAcademy(テックアカデミー)の3つのおすすめコース、3つのおすすめしないコースをご紹介しました。

改めておすすめコース3選とおすすめできないコース3選を復習しておきましょう。

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめコース3選

TechAcademy(テックアカデミー)のおすすめできないコース3選

自分の将来像と照らし合わせながら、自分が学びたい・習得したいコースを受講しましょう

とはいえいきなり受講を申し込むのは怖いし不安ですよね。

まずはテックアカデミーがどんなスクールなのか確かめるためにTechAcademyの無料体験を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミ評価を徹底解説】
TechAcademy(テックアカデミー)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを解説】

続きを見る

テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】
テックアカデミーの無料体験ってどうなの?【特典や申し込み方法をご紹介】

続きを見る

テックアカデミーの就職先まとめ【企業例や年収まで細かくご紹介】
テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高いの?【割引で安くする方法もご紹介】
TechAcademy(テックアカデミー)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?
TechAcademy(テックアカデミー)は分割払いに対応しているの?

続きを見る

テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのWebアプリケーションコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのPHP/Laravelコースって稼げる?【特徴や料金をご紹介】
テックアカデミーのPHP/Laravelコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【特徴や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのフロントエンドコースって稼げる?【元受講生の口コミレビューもご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのWordPressコースって意味ある?【正直にご説明します】
テックアカデミーのWordPressコースって意味ある?【正直にご説明します】

続きを見る

テックアカデミーのHTML/CSSトレーニングってどうなの?【料金や学習内容をご紹介】
テックアカデミーのHTML/CSSトレーニングってどうなの?【料金やカリキュラムをご紹介】

続きを見る

テックアカデミーのGitHubトレーニングってどうなの?【料金やカリキュラムをご紹介】
テックアカデミーのGitHubトレーニングってどうなの?【料金やカリキュラムをご紹介】

続きを見る

本記事は「プログラミングを勉強したいけど、初心者だからどんな分野を学習したら良いのか分からない」といった人向けの記事です。既に明確に学びたい分野が決まっている人は、そのコースを受講すれば大丈夫です。

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-TechAcademy

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.