RaiseTech

RaiseTech(レイズテック)は返金対応している?【利用規約を調べてみた】

2021年7月29日

RaiseTechって返金対応していないって聞いたけど本当かな?詳細を知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のRaiseTechの返金対応状況や具体的な条件についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • RaiseTechの特徴
  • RaiseTechの返金対応
  • RaiseTech以外に返金対応しているプログラミングスクール一覧
  • まとめ:RaiseTech(レイズテック)は返金対応している?【利用規約を調べてみた】

当サイトではウェブサイトやプログラミングに関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

【安心】全額返金保証があるプログラミングスクール6選

続きを見る

RaiseTechの特徴

RaiseTechの特徴

それではまずは簡単にRaiseTechの特徴から解説していきます。

RaiseTechの基本情報

スクール名RaiseTech(レイズテック)
受講形態オンライン
コースの種類フロントエンドコース
マーケティングコース
デザインコース
WordPress副業コース
AWS自動化コース
AWSフルコース
Javaフルコース
Javaフレームワークコース
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
WordPress/Ruby/AWS/Javaなど
サポート2週間のトライアル期間あり
補講の実施や動画教材を提供
希望者全員と個人面談を実施
受講生同士のコミュニティあり
動画教材を半永久的に見放題
転職支援・案件獲得の無期限サポート
質問対応時間10:00~24:00 (月曜日 – 日曜日)
受講期間2~4ヶ月
年齢制限無し
運営会社株式会社RaiseTech
公式サイトRaiseTech(レイズテック)公式サイト

RaiseTechではWebプログラミングやシステムプログラミング以外にも、デザインやマーケティングといった重要なスキルにも対応しているため、自分が身に付けたいスキルを着実に伸ばすことができます。

しかも毎日10時から24時までの14時間は内容・回数関係なく自由に質問ができ、現役エンジニアの講師が丁寧にサポートしてくれます

他にも受講生同士のコミュニティや無期限の転職・案件サポートといったサポートが充実しているため、初心者や未経験者もスムーズに学習を進められるのもポイントです。

特に転職支援サポートや案件獲得サポートは、あなたのキャリアをより有利なものに変えてくれることでしょう!

RaiseTechの特徴や評判については以下の記事をご覧ください。

RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

続きを見る

RaiseTechの返金対応

続いてはRaiseTechの返金対応状況について解説していきます。

RaiseTechは返金対応をしている

先に結論から申し上げるとRaiseTechは返金対応しています

それはRaiseTechの利用規約にも記載されています。

第5条(利用期間)
3. 受講者が利用期間において中途解約を行った場合であっても、前条の料金の返金は行いません。また、受講者が利用料金の支払いを遅滞した場合、受講者は年14.6%の割合による遅延損害金を当社に支払うものとします。
4. 受講者が利用期間開始から14日目までに当社の指定する方法にて解約する旨の通知を当社に対して行った場合は、受講者は本サービスを解約できるものとします。なおこの場合、当社は受講者に対し、すでに当社に対して入金された料金の返金を行います。また、返金の際の振込手数料は受講者が負担するものとします。
ただし、受講者が下記のような「学習意欲がない」「情報取集が目的」のような条件に該当する場合は14日目以内であったとしても、返金は行いません。
4-1. 講師または対象クラス内で技術的情報を多数得た場合
4-2. 講師からの発言に反応しない、個別面談にも応じないなどの学習意欲が見られない場合
4-3. その他、当社が不正と判断した場合

利用規約 | RaiseTech(レイズテック)引用

漢字が多くて長くて読みづらい方もいらっしゃるかと思いますので、簡単に要約すると以下のようにまとめられます。

  • 利用開始日から14日までに解約通知をおこなえば全額返金してもらえる
  • それ以降の解約手続きは返金対象外
  • 例え14日以内であっても、学習意欲が無いと見なされた場合は返金対象外(講師の発言を無視、個別面談の拒否などの行為)
  • 返金の際に生じる手数料等は生徒が負担する

基本的に利用開始日から14日以内の解約・退会であれば、全額返金を利用することが可能です。

ただし「明らかに全額返金目的で情報収集をしている」「日頃の様子から学習意欲が感じ取れない」と判断された場合は、14日以内であっても全額返金はされません

どんな理由があっても真剣にプログラミング学習に取り組むことが大切なのです

また返金の際に発生する手数料は受講者負担となります。

たかが数百円ではありますが、結果として損することになりますのであらかじめ把握しておきましょう。

RaiseTechの料金や割引方法について詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

RaiseTech(レイズテック)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

一部コースは全額返金保証対象外

また注意していただきたいのは、RaiseTechでは全額返金保証が適用されるコースと適用されないコースがあるということ。

適用されるコース
適用されないコース

ご覧のようにJavaフレームワークコースとAWS自動化コースは全額返金保証の対象外ですのでご注意ください。

【補足】順延の際のキャンセルは全額返金が適用される

また多くの人は利用する機会がないかとは思いますが、RaiseTechでは申し込んだコースが順延になった際にキャンセルを行うと全額返金されます

これはRaiseTech公式サイトの各コースの詳細ページに記載されています。

10名以上集まらない場合、次月に順延を行う場合があります。
順延の場合、受講者は自動的に次月に振替られますが、キャンセルも受付ます。その際には全額返金を行います。

RaiseTech公式サイトより引用

RaiseTechの各コースは約1ヶ月単位で受講生を募集しているのですが、生徒が10人以上集まらない場合は次月に順延を行います

その際に「次月の受講をキャンセルすることで全額返金される権利」が手に入るのです。

RaiseTechは人気スクールであるため、こうした事象に遭遇する確率は極めて低いですが、念の為頭の片隅に入れておきましょう。

RaiseTech(レイズテック)って分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

続きを見る

RaiseTech以外に返金対応しているプログラミングスクール一覧

RaiseTechは受講開始から14日以内であれば返金可能とのことでしたが、他のプログラミングスクールではどのくらいの保証期間が設けられているのでしょうか?

そんな方に向けてここではオススメのRaiseTech以外の返金対応しているプログラミングスクール4選を解説していきます。

テックアカデミー:初回ログイン前までに解約手続きで全額返金

テックアカデミー:初回ログイン前までに解約手続きで全額返金

テックアカデミーはRaiseTechと同様にオンラインのプログラミングスクールです。

プログラミングスクールの中では価格帯が安いにも関わらず、チャットサポートや転職サポート、回数無制限の課題レビューやマンツーマンメンタリングなどあらゆるサービスが充実しているのがポイントです。

オンラインプログラミングスクール受講者数No.1という実績もあり人気度も圧倒的です。

そして気になるテックアカデミーの返金条件は以下の通りです。

  1. 会員登録を済ませて利用開始する1営業日前までに解約手続きを行う
  2. 会員登録後ログインをしていない
  3. 解約手続きを行う際は平日の10時から19時の間

テックアカデミーの返金や解約に関する注意点を徹底解説

続きを見る

詳しくはTechAcademy公式サイトをご覧ください。

tech boost:入会から8日以内に退会手続きで全額返金

tech boost:入会から8日以内に退会手続きで全額返金

tech boostはオンラインにもオフラインにも対応しているプログラミングスクールになります。

tech boostもテックアカデミーと同様に価格帯が安く、しかも運営会社のキャリアサポートや現役エンジニアの徹底サポート、オリジナルアプリ開発や自由な学習スタイル対応といったようにスクールの質も非常に高いです。

そしてtech boostの返金条件は「入会から8日経過するまでに退会手続きを行う」だけです。

返金の際の手数料はtech boostが負担してくれるので安心です!

tech boostって返金できるの?【条件や注意点を徹底解説】

続きを見る

詳しくはtech boost公式サイトをご覧ください。

DMM WEBCAMP:契約から20日以内に契約解除で全額返金

DMM WEBCAMP:契約から20日以内に契約解除で全額返金

DMM WEBCAMPはエンジニア転職に特化したプログラミングスクールです。

受講料こそやや高めですが、「転職成功率98%」「最短3ヶ月で未経験からエンジニア転職」「経済産業省の第四次産業革命スキル習得講座認定」「厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付金制度の対象講座に認定」といった風に非常にハイスペックなプログラミングスクールとしても有名です。

そしてDMM WEBCAMPの返金条件は「入会から20日経過するまでに退会手続きを行う」だけです。

DMM WEBCAMPって返金できるの?【条件や注意点を徹底解説】
DMM WEBCAMPって返金できるの?【条件や注意点を徹底解説】

続きを見る

詳しくはDMM WEBCAMP公式サイトをご覧ください。

TECH CAMP:受講開始日から14日以内に退会手続きで全額返金

TECH CAMP:受講開始日から14日以内に退会手続きで全額返金

TECH CAMP(テックキャンプ)は人気YouTuber「マコなり社長」が運営するプログラミングスクールです。

テックキャンプには「プログラミング教養コース」と「エンジニア/デザイナー転職コース」の2種類があるのですが、全額返金保証があるのはエンジニア/デザイナー転職コースの方です。

全額返金保証以外にも転職成功できなかったら全額返金される転職返金保証も用意されています。

とにかく転職実績が豊富なため、キャリア形成に不安を抱えている方には非常におすすめのスクールです。

そしてTECH CAMPの返金条件は「受講開始日から14日以内にテックキャンプの退会申請フォームから申し込みを行う」ことです。

テックキャンプの返金保証って難しい?【2種類の返金保証を詳しく解説】
テックキャンプの返金保証って難しい?【2種類の返金保証を詳しく解説】

続きを見る

詳しくはテックキャンプ公式サイトをご覧ください。

RaiseTech以外の返金対応しているプログラミングスクール一覧は以上になります!

ご覧のように各スクールの返金保証期間は8日、14日、20日とまだらで、RaiseTechの14日は割と平均的であることが分かりました。

ただ、そもそも全額返金保証を導入していないプログラミングスクールも少なくありません。

つまりRaiseTechのように全額返金保証を導入しているプログラミングスクールは大変良心的なスクールだと考えて大丈夫でしょう。

全額返金保証の有無は、カリキュラムやサポートに自信があることの判断基準としても有効なのです

まとめ:RaiseTech(レイズテック)は返金対応している?【利用規約を調べてみた】

まとめ:まとめ:RaiseTech(レイズテック)は返金対応している?【利用規約を調べてみた】

  • RaiseTechは利用開始日から14日までに解約通知をおこなえば全額返金してもらえる
  • JavaフレームワークコースとAWS自動化コースは全額返金保証の対象外
  • それ以降の解約手続きは返金対象外
  • 例え14日以内であっても、学習意欲が無いと見なされた場合は返金対象外(講師の発言を無視、個別面談の拒否などの行為)
  • 返金の際に生じる手数料等は生徒が負担する
  • RaiseTechの返金保証期間の14日間は他のプログラミングスクールと比べると平均的
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料説明会を利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のRaiseTechの返金対応状況や具体的な条件についてご紹介しました。

記事内でもご説明したように、RaiseTechは受講開始から14日以内の解約・退会手続きなら全額返金が可能です。

一方で「明らかに全額返金目的で情報収集をしている」「日頃の様子から学習意欲が感じ取れない」と判断された場合は、14日以内であっても全額返金はされません。

受講態度や学習意欲には十分に気をつけましょう。

またRaiseTech(レイズテック)はコスパが良く、サポートも充実しているためこれからプログラミングを学びたい方や、将来エンジニアとして活躍したい方にはイチオシのプログラミングスクールです。

とはいえいきなり入塾するのは不安ですし怖いですよね。

そんな時はRaiseTechの無料説明会を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料説明会を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

RaiseTech(レイズテック)の評判まとめ【メリットやデメリットもご紹介】

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)って分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)の料金って高い?【割引で安くする方法もご紹介】

続きを見る

RaiseTech(レイズテック)のWordPress副業コースってどうなの?【稼ぎ方や評判を徹底解説】

続きを見る

【安心】全額返金保証があるプログラミングスクール6選

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-RaiseTech

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.