Java Python

PythonとJavaはどっちがおすすめ?【違いを徹底比較】

最終更新日 :

PythonとJavaだったらどっちを使えば良いのかな?両方の特徴や違いを詳しく知りたい!

今回はこんな疑問にお答えしていきます。

エンジニアを目指す人が最初に抱える悩みの1つに「プログラミング言語選び」があります。

プログラミング言語の選択によって、制作物や難易度はもちろん、キャリアパスや年収は大きく変わってきます。そのため言語は慎重に選ぶ必要があります。

そこで今回はプログラミング言語の中でも特に人気のあるPythonとJavaの特徴や違い、向いている人の特徴などについてご紹介します。

【先に結論】PythonとJavaの比較表

PythonJava
ロゴ画像PythonのロゴJavaのロゴ
概要「汎用」のプログラミング言語「オブジェクト指向」を全面的に取り入れたプログラミング言語
作れるものAI(機械学習・深層学習)
Webアプリケーション開発
Androidアプリ開発
デスクトップアプリ開発
組み込みアプリケーション開発
ゲーム開発
ブロックチェーン開発
Web上の情報の収集
データ処理・分析・解析
基幹システム開発
Webアプリケーション開発
Androidアプリ開発
デスクトップアプリ開発
組み込みアプリケーション開発
ゲーム開発
IoT開発
ソフトウェア開発
使用例Pepper・YouTube・Dropbox・Instagram・BlenderなどJira・Minecraft・Twitter・Evernote・楽天・OpenOffice・三菱東京UFJ銀行など
設計思想柔軟にオブジェクト指向を取り扱う完全なオブジェクト指向
汎用性高い高い
年収非常に高い高い
求人数多い非常に多い
難易度易しい複雑
将来性高い普通
おすすめの参考書Python[完全]入門
Python1年生
スッキリわかるPython入門
スッキリわかるJava入門 第3版
プロになるJava
Java本格入門
学習方法Pythonが学べるスクールJavaを学べるスクールまとめ
公式サイトPythonの公式サイトJavaの公式サイト

PythonやJavaをプロのエンジニアから教わりたい方にはプログラミングスクールがオススメです。詳しくは以下の記事をご覧ください。

Pythonが学べるプログラミングスクール9選!転職サポート内容も解説

続きを見る

Javaが学べるプログラミングスクールおすすめ7選!無料のスクールも解説

続きを見る

Pythonとは

まずはPythonの特徴からご紹介します。

Pythonとは

Python(「パイソン」と発音します)は、「汎用」のプログラミング言語です。

「汎用」とは、「何か一つの目的のために設計された言語ではなく、その言語でなんでも開発できることを目的として設計された言語」という意味です。

Pythonは他の言語に比べて習得が容易で、開発速度も速いとされています。

筆者は現在、Pythonオンリーで生計を立てていますが、大昔C言語という言語でプログラミングしていた頃と比べると、開発効率が10倍くらいは違うと感じています。

そのため、数年前から注目が集まっており、Pythonを採用するプロジェクトがどんどん増えてきています。

今街の本屋のプログラミングのコーナーに陳列されている本で最も冊数が多いのがPythonです。

Pythonで作れるもの

Pythonは人によるクセが出にくいとされています。

なのでチーム開発で使われます。

チームで作るもの、

  • 大規模なWebシステム
  • 大規模なWebを使った業務システム

などはPythonで開発できます。

また汎用性の高いPythonは、他にも様々なものを開発できます

Pythonで作れるもの

  • AI(機械学習・深層学習[ディープラーニング])
  • Webアプリケーション開発
  • Androidアプリ開発
  • デスクトップアプリ開発
  • 組み込みアプリケーション開発
  • ゲーム開発
  • ブロックチェーン開発
  • Web上の情報の収集(スクレイピング)
  • データ処理・分析・解析
これだけ汎用性が高ければ、就職・転職の際の企業選びにも困りませんし、副業や独立、起業する際にも仕事の幅が広がると考えて良いでしょう。

Pythonが使われている具体的なサービス

続いてはPythonが使われているサービスをいくつかご紹介します。

YouTube

https://www.youtube.com/

YouTubeはPythonで作られています!

YouTubeの動画の本数は本当に膨大なことから、いったいどんなデータベースを使っているんだろうと気になりますね。

動画を検索するときもサクサク動くので、そこら辺りの処理も高度そうです。

そういう、超大容量のデータも扱えて、ハイレベルな処理もこなせるのがPython(を使ったDjangoというもの)の最大の特徴です。

Instagram

https://www.instagram.com/

インスタもPythonが使われています。

インスタのスマホアプリのサーバー側の処理はPythonで書かれています

個人的にはインスタの一番の特徴はその搭載されているAIの優秀さだと思うのですが(おすすめの投稿のセレクションが秀逸)、AIに強いPythonを使っていると聞けば、納得できるのではないでしょうか?

おすすめDjangoが学べるプログラミングスクール6選をご紹介

Pythonが学べるプログラミングスクール9選!転職サポート内容も解説

続きを見る

AI(人工知能)が学べるプログラミングスクールおすすめ8選

続きを見る

Javaとは

続いてはJavaの特徴をご紹介します。

Javaとは

Java(「ジャバ」と発音します)とは、90年代に登場した「オブジェクト指向」を全面的に取り入れたプログラミング言語です。

「オブジェクト指向」とは、簡単に言うと「モノが自律的に動くように、プログラムも自律的な動きの部品を組み合わせて作ろう」という考え方のことです。

Javaの普及の歴史

それまでのプログラミング言語は、処理の進行の一切を詳細に記述する必要がありました。

開発作業は非常に煩雑で神経を使うものだったのです。

そこで、「詳細に記述しなくてもいいように、プラモデルを作るように部品を組み合わせて作ろう」と登場したのが「オブジェクト指向」です。

旧来からあるCを拡張したC++などが構想されました。

ですが、それらの言語は、どうしても昔ながらの書き方を引きずり、完全に新しいパラダイムの言語とは言えませんでした。

そこで、Cの書き方を真似ながらも、全く新しい言語として登場したのがJavaです。

またJavaは、同じプログラムで違うOSでも動くという、当時としては全く画期的な機能を備えていました。

それまでは、OSが違えば、プログラムを大幅に修正しなければなりませんでした。

このような背景があり、Javaは広く普及するに至ったのです。

Javaで作れるもの

Javaを使って作れるものはたくさんあります。

  • 基幹システム開発
  • Webアプリケーション開発
  • Androidアプリ開発
  • デスクトップアプリ開発
  • 組み込みアプリケーション開発
  • ゲーム開発
  • IoT開発
  • ソフトウェア開発
ご覧のようにJavaは「汎用」言語なので、基本的になんでも開発できます。

このせいか、2000年ごろまでに開発された基幹システムにはJavaが採用されていることも多く、それらは現在でも引き続きJavaで書かれていて、保守・更新を繰り返しています。

また「Androidアプリの開発言語」としても採用されています。(現在はKotlinというJavaの派生言語に切り替わりつつあります)

Javaの大きな特徴は、部品化を徹底して進めたことによる機能拡張の容易性です。

なので、Javaは規模の大小を問わず使用でき、幅広い分野で使用されています。

Javaが使われている具体的なサービス

続いてはJavaが使われているサービスをいくつかご紹介します。

Jira

https://www.ricksoft.jp/atlassian/jira/

Jiraは、企業向けのタスク管理ツールです。

アジャイルと呼ばれるプロジェクト進行と親和性が高いツールです。

筆者が所属するAIの企業でも、タスク管理ツールの候補として検討されました。

内部には大規模で複雑なデータが格納されており、そのデータを柔軟に捌けるのはJavaならではです。

Minecraft

https://www.minecraft.net/ja-jp

「Minecraft」というゲームの名前を聞いたことはありませんか?

広大な世界を旅して、自分だけの土地で自由度の高いプレイができる、仮想世界の旅とも言えるゲームです。

このMinecraftの一部はJavaで作られています。

今を代表するゲームの一部がJavaなんて、ワクワクしますね。

Javaが学べるプログラミングスクールおすすめ7選!無料のスクールも解説

続きを見る

PythonとJavaを徹底比較

続いてはPythonとJavaを様々な角度から徹底比較していきます。

PythonJava
設計思想柔軟にオブジェクト指向を取り扱う完全なオブジェクト指向
汎用性高い高い
年収非常に高い高い
求人数多い非常に多い
難易度易しい複雑
将来性高い普通

それでは順番に詳しく解説していきます。

1. 設計思想で比較

まず「オブジェクト指向」について言及すると、Javaはガチガチのオブジェクト指向です。

逆に言うと、オブジェクト指向以外の書き方はできません。

それに対して、Pythonはオブジェクト指向以外の書き方もできる設計になっています。

Pythonも新しい言語ですからベースにあるのはオブジェクト指向ですが「より柔軟にオブジェクト指向を扱おう」という発想が採用されているのです。

オブジェクト指向は、ガチガチにやろうとするとやや書き方が煩雑になる欠点があります。

ですので、多少のことには目をつむり、開発速度の速さという実用性をPythonは取りました。

2. 汎用性で比較

PythonもJavaも汎用の言語ですから、基本的になんでも開発できます。

両言語で開発できるものを比較してみましょう。
PythonJava
開発できるものAI(機械学習・深層学習[ディープラーニング])
Webアプリケーション開発
Androidアプリ開発
デスクトップアプリ開発
組み込みアプリケーション開発
ゲーム開発
ブロックチェーン開発
Web上の情報の収集(スクレイピング)
データ処理・分析・解析
基幹システム開発
Webアプリケーション開発
Androidアプリ開発
デスクトップアプリ開発
組み込みアプリケーション開発
ゲーム開発
IoT開発
ソフトウェア開発

ご覧のようにPythonもJavaも幅広い分野を開発できることが分かります。

それぞれの特色としては、PythonではAI開発やデータ処理ができる点、Javaでは基幹システムやIoT開発ができる点が挙げられるでしょう。

PythonかJavaのどちらを学ぼうか迷っている方は、自分が興味のある領域を開発できる言語を選択することをオススメします。

3. 年収で比較

求人ボックス給料ナビで両言語の年収を比較してみましょう。

PythonAIエンジニア正社員:平均年収599万円
派遣社員:平均時給2,602円
データサイエンティスト正社員:平均年収695万円
派遣社員:平均時給2,606
JavaJavaエンジニア正社員:平均年収523万円
派遣社員:平均時給2,395円
インフラエンジニア正社員:平均年収542万円
派遣社員:平均時給2,399円
Webエンジニア正社員:平均年収581万円
派遣社員:平均時給2,390円

表を見ても分かる通り年収はPythonの方が上回ります

何と言ってもPythonはAIの開発言語なのです。

AIエンジニアはもちろん、データサイエンティストは年収がものすごく高くなる傾向があります。

ただJavaも、基幹システムで採用されているということで、スケールの大きな企業に勤務すればそれなりに年収はもらえます

これは言語の特性というよりも、企業の特性と言った方がいいでしょう。

4. 求人件数で比較

大手求人サイトの情報を元に求人数を比較してみましょう。(2022年4月時点)

PythonJava
indeedの求人数53,826件[indeedより]116,477件[indeedより]
求人ボックスの求人数38,446件[求人ボックスより]82,790件[求人ボックスより]
dodaの求人数4,262件[dodaより]9,805件[dodaより]
マイナビ転職の求人数3,090件[マイナビ転職より]2,937件[マイナビ転職より]
リクナビNEXTの求人数1,484件[リクナビNEXTより]3,445件[リクナビNEXTより]
Greenの求人数4,312件[Greenより]8,770件[Greenより]

ご覧のようにJavaの圧勝です。

プログラミングスクールの侍エンジニア塾が発表した「プログラミング言語求人数TOP5」でもJavaは1位にランクインしています。(Pythonは4位)

というのもJavaは汎用性が高く、Web開発、Android開発、ゲーム開発、システム開発など様々な場面で使用されるプログラミング言語です。

求人数が桁違いで多いのも当然と言えます。

エンジニア就職/転職をスムーズに進めたい方にはJavaがオススメと言えるでしょう。

5. 難易度で比較

個人的な意見ですが、おそらく学習の難易度はPythonの方が低いだろうと思います。

Javaは、目的を達成するための手段が、ときどき理解するのに手間取るほど煩雑になります。

対してPythonはたいていの場合ワンステップで目的を達成できます。

これは、他人の書いたプログラムを読む際もPythonの方が読み易い、ということを意味します。

学習過程においては、先達の書いたプログラムを大量に読まなければなりません。

複雑なJavaより、読み易いPythonの方がいいですよね。

6. 将来性で比較

こちらも、現在の状況に鑑みるとPythonの方に軍配が上がります

Webがなくなることはないし、AIが廃れることはないからです。

Javaの優位性を存分に発揮できる分野は、正直言ってもうないような気がしています。

繰り返し書いている大企業の基幹システムでさえも、Pythonでリプレースする、という例が後を絶ちません

ちなみに両者の「日本での検索回数の推移」を比較してみると以下のようになります。(Googleトレンドより)

PythonとJavaの検索数の比較

PythonとJavaの検索数の比較

ご覧のように2019年頃を境に、PythonがJavaの検索数をわずかに上回っていることが分かります。

Googleの検索数を指標にして考えても、Pythonの方が将来性が高いと言えるでしょう。

Python・Javaがおすすめの人

それでは最後に、PythonとJavaがおすすめの人・向いている人の特徴を解説していきます。

Pythonがおすすめの人

まず「AIをやりたい人」はPython一択です。

他にも以下の条件に当てはまる人はPythonを学んだほうが良いでしょう。

Pythonがおすすめの人

  • 新しい分野にチャレンジしたい人
  • フリーランスとして仕事をしたい人
  • ベンチャー企業で活躍したい人

それらの分野では、Pythonが採用されることが非常に多いからです。

Javaがおすすめの人

Javaがおすすめの人は「大企業で安定して働きたい人」です。

Javaで開発されたシステムはその多くが古いシステムで安定して稼働しているということもあり、Java開発者はそれほど忙しくないようです。

また、むやみに新しい技術にキャッチアップする必然性もあまりありません

仕事に安定性を求める方は、Javaを選択すると良いでしょう。

PythonとJavaを勉強する時のおすすめの参考書

ここまでの説明で多くの方は「PythonとJavaのどちらを勉強しようか」ある程度定まったことでしょう。

次への一歩に進むため、ここからはPythonとJava、それぞれを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

Pythonを勉強する時のおすすめの参考書

まずはPythonを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

プログラミング業界では情報の鮮度がかなり重要です。

2022年6月時点でのPythonの最新バージョンは3.10.5ですので、Python3対応の参考書を選ぶようにしましょう。

Javaを勉強する時のおすすめの参考書

続いてはJavaを勉強する時のおすすめの参考書をご紹介します。

レビュー評価が高い本、第2版や第3版といった複数回印刷されている本、電子化されている本を中心に選ぶのがおすすめです。

おすすめJavaのおすすめ参考書10選をレベル別でご紹介【選び方も解説】

Javaのおすすめ本・参考書10選をレベル別でご紹介【選び方も解説】

続きを見る

まとめ:PythonとJavaはどっちがおすすめ?【違いを徹底比較】

今回はプログラミング言語の中でも人気のあるPythonとJavaの特徴や違い、向いている人の特徴について解説しました。

改めて両プログラミング言語の比較表を見てみましょう。
PythonJava
ロゴ画像PythonのロゴJavaのロゴ
概要「汎用」のプログラミング言語「オブジェクト指向」を全面的に取り入れたプログラミング言語
作れるものAI(機械学習・深層学習)
Webアプリケーション開発
Androidアプリ開発
デスクトップアプリ開発
組み込みアプリケーション開発
ゲーム開発
ブロックチェーン開発
Web上の情報の収集
データ処理・分析・解析
基幹システム開発
Webアプリケーション開発
Androidアプリ開発
デスクトップアプリ開発
組み込みアプリケーション開発
ゲーム開発
IoT開発
ソフトウェア開発
使用例Pepper・YouTube・Dropbox・Instagram・BlenderなどJira・Minecraft・Twitter・Evernote・楽天・OpenOffice・三菱東京UFJ銀行など
設計思想柔軟にオブジェクト指向を取り扱う完全なオブジェクト指向
汎用性高い高い
年収非常に高い高い
求人数多い非常に多い
難易度易しい複雑
将来性高い普通
おすすめの参考書Python[完全]入門
Python1年生
スッキリわかるPython入門
スッキリわかるJava入門 第3版
プロになるJava
Java本格入門
学習方法Pythonが学べるスクールJavaを学べるスクールまとめ
公式サイトPythonの公式サイトJavaの公式サイト

ご覧のようにどちらの言語も長所と短所があります。

そのため自分の価値観や将来像と照らし合わせながら、自分にぴったりなプログラミング言語を選択することが大切です。

またPythonやJavaを新しく勉強したい方には、プログラミングスクールでプロから教わるのがオススメです。

プログラミング言語選びで答えがまとまらない場合は、プログラミングスクールの無料相談などを利用して有識者に相談するのもオススメです。

詳しい情報は以下のおすすめ記事をご覧ください!

Pythonが学べるプログラミングスクール9選!転職サポート内容も解説

続きを見る

Javaが学べるプログラミングスクールおすすめ7選!無料のスクールも解説

続きを見る

  • この記事を書いた人(著者情報)
金さん

金さん

フリーランスITエンジニア/ライター/コンサルタント/講師

【プロフィール】
インターネットが世に出たころからITエンジニアとして仕事。iPhone黎明期のiOSアプリ開発事業部立ち上げなどを経て、現在はAI関連のプロダクトのコアメンバーとして活躍中。後進の育成にも力を入れており、現役でいられるうちに知見を次代に残すべく活動中。地方都市のマンションでローコストな暮らしをしている。趣味は音楽(聴くこと、作ること、ライブに行くこと)、料理(インドカレーはナンから手作り)、水泳(近所のプールに足繁く通う)。仕事が終わって夕方のテレビニュースをつけてハイボールを嗜む時間が何よりの幸福
【得意分野】
機械学習、REST API、データ分析、スクレイピング、Excel活用、OJT
【保有資格】
応用情報処理技術者

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/SEOマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部生兼フリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Java, Python

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.