プログラマカレッジ

プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症対策を徹底解説

2021年9月25日

プログラマカレッジって新型コロナウィルス感染症に対してどう対応しているの?感染対策内容について詳しく知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっていて、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回は受講料が無料のプログラミングスクールとして大人気のプログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症への対策内容についてご紹介していきます。

プログラマカレッジはオフラインでの受講が可能ですので感染症対策について気になっている方も多いかと思います。

ほんの少しでもプログラマカレッジに興味のある方は必見です!

教室受講する際には新型コロナウィルスの感染リスクを伴います。受講する際にはマスク着用やアルコール消毒、ソーシャルディスタンスなど十分な感染予防を実施することを忘れないように注意しましょう。感染症対策の詳細は新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の対応について|内閣官房新型コロナウイルス感染症対策推進室新型コロナウイルス感染症について|厚生労働省をご覧ください。

今回のテーマはこちら!

  • プログラマカレッジの特徴
  • プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症への対応策
  • 新型コロナウィルス感染症対策が行われていて教室通学できるプログラミングスクール
  • まとめ:プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症対策をご紹介

当サイトではプログラミングスクール関する記事を毎日投稿しています。
他の記事も合わせて読んでいただけると嬉しいです。

プログラマカレッジ(ProgrammerCollege)以外のおすすめプログラミングスクールを知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

続きを見る

【厳選】転職支援に強いプログラミングスクール7選をご紹介

続きを見る

プログラマカレッジの特徴

ProgrammerCollege

まずはプログラマカレッジの特徴ポイントについて以下の5つの視点から見ていきましょう。

  1. オンライン・教室通学の両方に対応
  2. 受講料が無料
  3. 保有求人数が多い
  4. 転職サポートが充実している
  5. カリキュラムの質が高い

特徴① オンライン・教室通学の両方に対応

プログラマカレッジはオンラインと教室通学の両方に対応しています。

そのため全国どこからでも受講が可能です。

ちなみに教室は東京の半蔵門にあります。東京から離れた地域にお住まいの方はオンライン受講になると考えておきましょう。

オンライン受講の際にはDiscordやSkypeといったオンラインコミュニケーションツールを使用しますので、事前に操作に慣れておくことをオススメします。

またプログラマカレッジではオンラインでも教室通学でも、マンツーマンで講師に質問できる環境が常に整っているので安心です。

プログラマカレッジの教室の場所ってどこ?【写真付きで詳しく解説】

続きを見る

プログラマカレッジはオンラインでも受講できる?【地方在住の方必見】

続きを見る

特徴② 受講料が無料

プログラマカレッジは受講料金が完全無料のプログラミングスクールです。

料金が無料である理由について、プログラマカレッジの公式サイトでは以下のように記載されています。

どうして無料なのですか?
当社は企業様から協賛金を募ることで無料スクールが成り立っています
プログラマーになりたくても、専門学校などの授業料が捻出できない方も多くいるかと思います。
そういった方々でも、プログラマーの教育を無料で受けられるようにこの仕組みを作りました。

プログラマカレッジ公式サイトより

ご覧のようにプログラマカレッジは企業からの協賛によって成り立っているビジネスモデルとなっているため、生徒に受講料金を請求することはありません。

また生徒が途中で退会しても違約金を支払う必要もありませんし、就職先を強制されることもありません。(もちろん事前審査・入塾選考もありません)

お金をかけること無く、お得にエンジニア就職・転職を成功させたい方にピッタリのスクールと言えるでしょう。

特徴③ 保有求人数が多い

プログラマカレッジは転職系のプログラミングスクールの中でも断トツで求人数が多いです。

その数なんと企業数3,500社&求人数5,000件以上!

スタートアップ企業や上場目前のベンチャー企業はもちろん、メガベンチャー企業や大手SIerまで幅広く網羅されているため、生徒一人一人の要望に合った企業を紹介してもらえるのです。

具体的な就職実績は以下の画像の通り。

プログラマカレッジの就職先企業一覧

プログラマカレッジからの就職先

ProgrammerCollegeより引用

皆さんが一度は見聞きしたことのある企業もあるはずです。

プログラマカレッジの具体的な就職先や年収について、もっと詳しく知りたい方はこちらの記事がオススメです。

プログラマカレッジの就職先はどこ?【気になる年収も大公開】

続きを見る

特徴④ 転職サポートが充実している

プログラマカレッジは転職に特化したスクールということもあり、転職サポートが充実しています。

具体的には以下の通り。

プログラマカレッジの就職・転職サポート

  • マンツーマン面接対策サポート
  • ビジネスマナー指導サポート
  • 入社前研修の実施
  • 専属アドバイザーサポート

ご覧のようにレベルの高い転職サポートを利用できることが分かります。

求人数も多く、転職サポートも充実しているプログラマカレッジでは平均内定獲得数3.7社&就職率96.2%と驚異の実績を誇っています。

プログラマカレッジで「就職しない」という選択肢はアリ?

続きを見る

特徴⑤ カリキュラムの質が高い

プログラマカレッジのカリキュラムは基礎から実践まで深堀りされているため、一人前のエンジニアとして勤務するために必要なスキルをしっかり習得することができます。

実際に習得する技術は以下の通り。

プログラマカレッジの習得技術

ProgrammerCollegeより引用

これらの技術を習得し、最終的には1人でECサイトやWebアプリの開発が行えるレベルを目指します。

そしてプログラマカレッジではこれらの技術にプラスアルファして、エンジニアとして即戦力になるための知識・経験も積むことができます。

  • チーム開発経験
  • 画面遷移図の理解
  • ドキュメント(仕様書)の理解
  • 機能設計書の理解

一般的なエンジニア業務ではコーディング以外にも、画面遷移図の理解や仕様書・設計書の作成といった業務を行うことが多いです。

そうした業務の理解をしっかりと網羅しているのはプログラマカレッジの大きな強みと言えるでしょう。

 

プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症への対応策

それではここからはプログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症への対応策について解説していきます。

2021年9月現在プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症対策については「【受講生の皆さま】新型コロナウィルス感染拡大に伴う研修所の運営について | プログラマカレッジ」に記載されています。

表にまとめるとこんな感じ。

対象期間2020年4月〜
*2021年9月現在も継続中
対象研修所プログラマカレッジ:半蔵門研修所
エンジニアカレッジ:池尻大橋研修所
概要研修所の利用を一時停止し、オンライン運営に切り替え
通学中の生徒への対策音声チャットツールを利用したサポート体制に切り替え(選考や選考対策、キャアリア相談も)(選考は企業によってオンラインか対面か変動する可能性あり)
全カリキュラムをオンラインコミュニケーションで対応
無料PC貸し出しサポートを郵送で対応
入校を検討中の方への対策オンラインで説明会を開催
*スマホでもPCでも参加可能

ご覧のようにプログラマカレッジでは2020年4月から研修所の利用を一時的に停止し、オンラインのみの運営となっています。

完全オンラインとなると

  • 交流の機会が生まれにくい
  • 運動不足に陥りやすい
  • 集中が続かない

といったデメリットもありますが、一方で

  • 場所に縛られない
  • 時間を有効活用できる
  • 交通費が浮く
  • 感染リスクを軽減できる

といったメリットもあります。

メリットとデメリットを比較しながら入塾を検討するのが良いでしょう。

今回紹介した情報は2021年9月の情報です。プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症対策は行政からの要請や生徒の利用状況によって変動する可能性が考えられます。詳しい概要についてはプログラマカレッジの無料体験面談をご利用ください。

 

新型コロナウィルス感染症対策が行われていて教室通学できるプログラミングスクール

これまでの説明で、プログラマカレッジでは教室利用ができないことが分かったかと思います。

とはいえ「感染症対策が行われていて教室通学に対応しているプログラミングスクールを知りたい」と考えている方も少なくないはず。

そこでここからは新型コロナウィルス感染症対策が行われていて教室通学できるプログラミングスクールを2つご紹介します。

新型コロナウィルス感染症対策が行われていて教室通学できるプログラミングスクール

それでは順番に見ていきましょう。

DMM WEBCAMP:転職向けスクール

DMM WEBCAMP

2つ目のプログラミングスクールは、未経験者率97%にして転職成功率98%を誇る転職特化スクールのDMM WEBCAMPです。

スクール名DMM WEBCAMP COMMIT
受講形態オンライン or 教室通学
受講料金短期集中コース
690,800円
→先得キャッシュバック制度で実質640,800円
専門技術コース
910,800円
→給付金+先得キャッシュバック制度で実質340,800円
新型コロナウィルス感染症対策内容受講検討者のカウンセリングはオンライン
学習サポートはオンライン
それ以外は以下の感染予防対策の上、教室利用が可能。
・マスク着用必須
・検温結果や健康状態を問診票に記入
・アルコール消毒の徹底
・ソーシャルディスタンスの確保
・定期的な校内換気の徹底
サポート20日間の全額返金保証あり
転職成功しなかったら全額返金保証あり
教育訓練給付金の対象コース
転職成功率98%
卒業生専用コミュニティあり
受講条件知能や職歴を見られる適性検査(選考)がある
公式サイトDMM WEBCAMP COMMITの公式サイト

DMM WEBCAMPは転職向けのプログラミングスクールで、転職先実績や転職成功率において華やかな実績を誇っています。

転職後も役立つ実践的なプログラミングを習得できるのはもちろん、転職活動対策も手厚くサポートしてくれます。

詳しくはDMM WEBCAMPの公式サイトをご覧ください。

>> DMM WEBCAMP COMMITの公式サイト

DMM WEBCAMPの新型コロナウィルス感染症対策を徹底解説

続きを見る

DMM WEBCAMPの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

続きを見る

DMM WEBCAMPの教室の場所ってどこ?【写真付きで詳しく解説】

続きを見る

tech boost:教養向けスクール

④ tech boost(テックブースト)

2つ目はウェンツ瑛士さんが公式アンバサダーを務めるtech boost(テックブースト)です。

スクール名tech boost(テックブースト)
受講形態オンライン・オフライン
受講料金月額32,780円
新型コロナウィルス感染症対策内容オンラインサポートチャンネルの開設
教室の利用は19時まで
入室時は体温測定を行い37.5℃以上の生徒は利用不可
入室時はアルコール消毒が必須
生徒同士で隣り合わせにならないように一部の席を利用不可
イートインスペースの利用不可
定期的な換気
備品は随時消毒
サポート講師は全員現役エンジニア
プロカウンセラーが最適なプランを提案
無料でキャリアサポートを利用できる
オプションでメンタリング追加可能
公式サイトtech boost | 公式サイト

tech boostはオンラインとオフライン(渋谷教室)の両方に対応しているプログラミングスクールです。

現役エンジニア講師の方が徹底的にサポートしてくれたり、オリジナルポートフォリオの作成まで対応しています。

また受講は月額制ですので自分の学びたい期間を細かく設定できます。

tech boostの関連企業がエンジニア転職向けのサービスを展開しているため、受講生は転職サポートを無料で利用することもできます。

詳しくは公式サイトから申し込める無料説明会をご利用ください。

>> tech boostの公式サイトはこちら

tech boostの新型コロナウィルス感染症対策を徹底解説

続きを見る

tech boost(テックブースト)の評判まとめ【特徴や口コミレビューを徹底解説】

続きを見る

tech boost(テックブースト)の教室の場所ってどこ?【写真付きで詳しく解説】

続きを見る

まとめ:プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症対策をご紹介

まとめ:プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症対策をご紹介

  • プログラマカレッジはオンライン&オフラインで学習できる就職・転職向けのプログラミングスクール
  • プログラマカレッジは料金が無料
  • プログラマカレッジは2020年4月から新型コロナウィルス感染症対策として「研修所の一時利用停止&オンラインへの切り替え」が行われている
  • 新型コロナウィルス感染症対策が行われていて教室通学できるプログラミングスクールをお探しの方は「DMM WEBCAMP」と「tech boost」がおすすめ
  • スクールで迷う時間はもったいない!今すぐ無料体験面談を利用しよう!

今回はプログラミングスクールの中でも最大手のプログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症への対策内容についてご紹介しました。

改めてプログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症対策を確認しておきましょう。

対象期間2020年4月〜
*2021年9月現在も継続中
対象研修所プログラマカレッジ:半蔵門研修所
エンジニアカレッジ:池尻大橋研修所
概要研修所の利用を一時停止し、オンライン運営に切り替え
通学中の生徒への対策音声チャットツールを利用したサポート体制に切り替え(選考や選考対策、キャアリア相談も)(選考は企業によってオンラインか対面か変動する可能性あり)全カリキュラムをオンラインコミュニケーションで対応
無料PC貸し出しサポートを郵送で対応
入校を検討中の方への対策オンラインで説明会を開催
*スマホでもPCでも参加可能

ご覧のようにプログラマカレッジは新型コロナウィルス感染症対策として完全オンラインでの運営に切り替わっています

完全オンラインは色々とデメリットもありますが、「感染症を抑えられる」という点では大きなメリットと考えて良いでしょう。

他にも不安なことや分からないことがありましたらプログラマカレッジの無料体験面談を利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料体験面談を受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切です!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

プログラマカレッジは違約金が無いって本当?【分かりやすく解説】

続きを見る

プログラマカレッジで「就職しない」という選択肢はアリ?

続きを見る

プログラマカレッジはオンラインでも受講できる?【地方在住の方必見】

続きを見る

プログラマカレッジは選考や審査がある?【受講条件を細かく解説】

続きを見る

プログラマカレッジの教室の場所ってどこ?【写真付きで詳しく解説】

続きを見る

プログラマカレッジの就職先はどこ?【気になる年収も大公開】

続きを見る

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

続きを見る

【厳選】転職支援に強いプログラミングスクール7選をご紹介

続きを見る

【厳選】転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧まとめ

続きを見る

今回紹介した情報は2021年9月の情報です。プログラマカレッジの新型コロナウィルス感染症対策は行政からの要請や生徒の利用状況によって変動する可能性が考えられます。詳しい概要についてはプログラマカレッジの無料体験面談をご利用ください。

  • この記事を書いた人(執筆者情報)

wagtechblog

プログラミングとWordPressに溺れた私立大学生。フリーランスのiOSエンジニアとしてアプリ開発しています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。主にフロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティング、データビジュアライゼーションといった業務もしてます。好きな言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。

-プログラマカレッジ

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.