プログラミングスクール

プログラミングスクール選びで失敗する理由【成功するための見分け方】

最終更新日 :

プログラミングスクール選びで失敗したくない!おすすめの見分け方を知りたい!
プログラミングスクール選びで失敗してしまった... もう失敗しないためにはどうしたら良いんだろう?

今回はこんな悩みにお答えしていきます。

プログラミングスクールは、プログラミングを効率的に学習できる手段として人気を集めています。

ですが選び方を間違えると、せっかくの受講料・受講期間が水の泡になってしまうことも少なくありません。

そこで今回はプログラミングスクール選びで失敗する原因、失敗しないための対処法について詳しく解説していきます。

プログラミングスクール選びで困っている方、スクール選びの失敗経験がある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • プログラミングスクール選びで失敗するとどうなる?
  • プログラミングスクール選びで失敗する原因
  • プログラミングスクール選びで失敗しないための方法
  • まとめ:プログラミングスクール選びで失敗する理由【成功するための見分け方】

プログラミングスクール選びで失敗するとどうなる?

エンジニアとして成功するためには、とにかく必死に勉強しなければなりません。

その際プログラミングスクールを利用すれば、効率良くプログラミングスキルを身につけられます

しかしプログラミングスクールに入ったからと言って、100パーセントエンジニアとして成功できるわけではありません。

プログラミングスクールの選び方に失敗すると、次のような事態になって後悔することになります。

  • 授業料が無駄になる
  • 希望の企業に転職できない

信頼性のあるプログラミングスクールがほとんどですが、世の中には数多くのプログラミングスクールがあるため上記のような事態に陥る人が一定数いるのも事実です。

順番に詳しく見ていきましょう。

1. 授業料が無駄になる

プログラミングスクールを利用する場合、決して安くない授業料がかかります。

カリキュラムの内容やサポート内容などによって授業料は異なるものの、一般的におおよそ20~40万円の授業料が必要です。

それでもカリキュラムを終えた後に満足できるのならば、高い授業料だとは思わないでしょう。

しかしカリキュラムが完了しても目標としていたスキルが身についていない場合は「授業料が無駄になった!」と感じる可能性が高いです。

例えば授業中は授業の内容を理解していたつもりでも、実践では何もできないこともあります。

また授業内容が難し過ぎて途中で挫折してしまうこともあるでしょう。

自分に合ったスクールやカリキュラム、講師などを選ばないと、高い授業料をドブに捨てることになってしまうのです。

2. 希望しない企業に転職する可能性も

プログラミングスクールの選び方に失敗すると、希望の企業に就職/転職できない可能性も高くなります。

例えばAIの開発に携わりたいと考えていたのに、スマホアプリの開発をしている企業に就職/転職するなどです。

中には妥協して希望とは異なる職種に就くケースもあります。

最近は在宅ワークの人気が高まっていますが、実際は在宅でできる仕事が極端に少なくて結局希望の働き方ができなかったというケースも少なくありません。

希望の転職先に転職できないと「このまま仕事をしていても楽しくない」と感じて、結局仕事を辞めてしまう可能性が高まります。

プログラミングスクール選びで失敗する原因

ではプログラミングスクールの選び方に失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

まず失敗しやすい原因を把握しておくことが重要です。

以下でプログラミングスクールの選び方で失敗しやすい原因を確認しましょう。

プログラミングスクール選びで失敗する原因

  • プログラミング学習が向いていない
  • カリキュラムの内容が悪い
  • 学習サポートの内容が悪い
  • 無料体験に参加しない

プログラミングスクールを見つける際は、上記のうちの上位3点を確認したり比較したりしないと失敗する可能性があります。

また無料体験に参加しないと相性を見極められないため、失敗するリスクが高くなります

それでは順番に解説していきます。

原因① そもそもプログラミングが向いていない

優れたプログラミングスクールを見つけても、そもそも自分がプログラミング学習に向いていないと途中で挫折する可能性が高いです。

なぜなら好奇心を持ちながら学習することができないからです。

次のような人はプログラミングが向いていないと考えたほうが良いです。

  • コツコツ学習するのが苦手
  • クリエイティブな作業が苦手
  • パソコンに向かって長時間作業するのが苦手

プログラミングの学習中は分からないこと・上手くいかないことの連続です。

そのため常に調べたり質問したりしながら、毎日勉強しなければなりません

また当然ではありますが、プログラミング学習をする際は長時間パソコンと向き合います。

エンジニアとして仕事をするようになると、パソコンで作業する時間がより長くなります。

そのため毎日地道に学習したりパソコンで長時間作業したりするのが苦手な人は、本当にプログラミングを学ぶべきか考え直したほうが良いです。

原因② カリキュラムの質が悪い

プログラミングスクールのカリキュラムの質もしっかり見極めなければなりません。

例えば次のようなカリキュラムの内容になっている場合は注意が必要です。

  • カリキュラムの内容が古い
  • 学習範囲が限定的
  • 大人数で学習する
  • 講師に質問できない

プログラミングなどのIT技術は日々目まぐるしいスピードで変化しているため、カリキュラムで取り扱う学習内容が古いと、実際の現場で使えるスキルが身につかなくなります

また大人数で学習するスタイルだと、授業内容をきめ細かく教えてもらうことができません。

さらに講師が一方的に話すだけの授業だと質問できないため、その場で疑問点を解決するのが難しくなります

そのため特にプログラミング初心者は失敗する可能性が高まるのです。

カリキュラムの質は公式サイトや口コミなどで確認できます。

原因③ 学習サポートの質が低い

以下のように学習サポートの質が低くて「失敗した!」と感じることもあります。

  • 質問に対するレスポンスが遅い
  • 充分な転職サポートを受けられない

質問に対するレスポンスが遅いと学習スピードも遅くなるため、高いモチベーションをキープするのが難しくなります。

転職を希望する人は、企業紹介や面接対策や履歴書添削を始めとする転職サポートの質が低いと不満を感じるでしょう。

例えば「企業を数件紹介されるだけ」「劣悪な労働環境の企業ばかり紹介してくる」といった転職サポートなどが挙げられます。

エンジニアとして就職・転職を目指す方は、様々な点からアドバイスをしてくれたり、ポートフォリオの作成方法をレクチャーしてくれたり、優良企業を紹介してくれたり、といった手厚いサポートが整っているプログラミングスクールが望ましいです。

転職支援に強いプログラミングスクール9選をご紹介

本記事の監修専門家 (監修者)一般社団法人地域連携プラットフォーム 柴田郁夫 【得意分野】 キャリアコンサルティング(セルフ・キャリアドック)、国家資格キャリアコンサルタントの養成、組織キャリア開発士 ...

続きを見る

【厳選】転職保証に対応しているプログラミングスクール一覧まとめ

エンジニアとして転職したいけど転職活動が不安... 転職保証に対応しているスクールは無いかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランス ...

続きを見る

原因④ 無料体験を利用していない

公式サイトや口コミなどを参考にして自分に合いそうなプログラミングスクールを選んでも、必ず満足できるとは限りません

実際に学び始めると想像とは違うことも多々あるからです。

学習時間や学べるプログラム言語などはネット上でも確認できますが、教室の雰囲気や講師との相性などは実際に体験しないとわかりません

そのため実際に体験して様々な点を自分の目や肌で確かめる必要があるのです。

各プログラミングスクールで用意している無料体験に参加しないまま入塾してしまうと、高確率で失敗します

特に手続きも学習をスタートするのも手軽なオンライン学習では手軽さ故に安易に申し込んでしまい、数回だけ授業を受けて挫折するケースも少なくありません。

高額な受講料を損しないためにも、まずは各プログラミングスクールの無料体験を利用しておきましょう。

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

プログラミングスクール選びで失敗しないための方法

先に紹介したプログラミングスクールの選び方で失敗する原因をよく理解した上でプログラミングスクールを選べば、失敗するリスクを劇的に減らせます

プログラミングスクールを探す際は、次の順番で行動しましょう。

プログラミングスクール選びで失敗しないための方法

  1. 学習する目的や目標を決める
  2. いくつかのプログラミングスクールを比較する
  3. 無料体験会に参加する

それでは順番に解説していきます。

方法① プログラミングを勉強する目的・目標をしっかり決めておく

はじめにプログラミングを勉強する目標や目的をはっきりさせましょう

例えば次のようにプログラミング学習の目標や目的を細かく決めるのが望ましいです。

  • 副業エンジニアとして効率よく稼ぎたい
  • エンジニア転職して現状を変えたい
  • 新卒エンジニアとして就職したい
  • フリーランスのエンジニアとして自由に働きたい
  • 画期的なITサービスで起業したい
  • 趣味の領域でWebサイトやアプリを作れるようになりたい

またこれらとは別に具体的な学びたい分野・領域も考えておきましょう。

  • Webサイト
  • スマホアプリ
  • ゲーム
  • AI・人工知能
  • サーバー
  • 便利システム

このように目的や目標、作りたいものを明確にすれば、対応しているプログラミングスクールや学ぶべきプログラミング言語・コースを絞ることができます

自分が目指したい将来像から逆算して、学びたい分野を選定していきましょう。

方法② 複数のスクールの中から比較する

近年プログラミングスクールは右肩上がりに増えていることから、数多くのスクールから優良なスクールを選ぶ確かな目が求められます。

それでも目標や目的を明確にすれば、ある程度自分に合うスクールを絞れます

ただし、はじめから1つのスクールに絞るのではなく、必ず複数のスクールの内容を比較しましょう。

具体的には以下の項目をチェックしておくのがおすすめです。

  • カリキュラムの質
  • サポートの質
  • 学習方法や学習時間
  • 費用
  • スクールとの相性

学習方法や学習時間、費用はネット上で確認できます

オンライン学習かオフライン学習かを確かめたり、教室を使える時間や質問できる時間などをチェックしたりする必要があります。

授業料の支払い方法などもよく確認して、無理なく支払えるか否かを判断しましょう。

一方でカリキュラムの質・サポートの質・スクールとの相性については、実際に無料体験に参加したり、ネットやSNSで評判・口コミを確認しておく必要があるでしょう。

プログラミングスクール選びでお困りの方は以下の表を参考にしてみてください。

ジャンル紹介記事
無料体験無料体験に対応しているプログラミングスクール
全額返金保証全額返金保証に対応しているプログラミングスクール
マンツーマンサポートマンツーマンサポートに対応しているプログラミングスクール
年齢制限年齢制限が無いプログラミングスクール
転職支援転職支援に対応しているプログラミングスクール
転職保証転職保証に対応しているプログラミングスクール
通学型教室学習に対応しているプログラミングスクール
分割払い分割払いに対応しているプログラミングスクール
学割学割に対応しているプログラミングスクール
大学生大学生におすすめのプログラミングスクール
主婦・ママ主婦・ママにおすすめのプログラミングスクール
Amazonギフト券Amazonギフト券を貰えるプログラミングスクール

方法③ 無料体験・無料カウンセリング・無料説明会を利用する

プログラミングスクールを決める際は、面倒でも必ず無料体験や無料カウンセリングを受けることが大切です

しかしすべてのスクールが無料説明会や無料体験、無料カウンセリングを実施しているわけではありません

無料説明会や無料カウンセリングは実施していても、実際に授業を受けられるケースは稀です。

プログラミングスクール選びで失敗しないためには、なるべく授業を体験して勉強についていけそうか見極めるのが望ましいです。

そのため無料で授業を受けられるスクールを選ぶ段階で、選択肢がかなり狭まるでしょう。

また無料体験の当日は授業を体験する他に、学習の進め方や転職サポートについても相談して信頼できるスクールか否かを見極めることも大切です。

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

まとめ:プログラミングスクール選びで失敗する理由【成功するための見分け方】

まとめ:プログラミングスクール選びで失敗する理由【成功するための見分け方】

  • プログラミングスクール選びに失敗すると、受講料金が無駄になるだけでなく、希望しない企業に就職/転職してしまう可能性も
  • プログラミングスクール選びに失敗してしまう原因は「そもそもプログラミングに向いていない」「スクールの教材やサポートの質が悪い」「無料体験を受けずに入塾した」などがある
  • プログラミングスクール選びで失敗しないためには、自分の目標を明確化して、それに沿ったスクール・コースを選択し、無料体験に参加する必要がある
  • 自分の目標や夢が分からない時は、プログラミングスクールの無料カウンセリングを利用してみるのもアリ!

今回はプログラミングスクール選びで失敗する原因、失敗しないための対処法について詳しく解説しました。

改めてプログラミングスクール選びで失敗しやすい原因を確認しましょう。

プログラミングスクール選びで失敗する原因

  • プログラミング学習が向いていない
  • カリキュラムの内容が悪い
  • 学習サポートの内容が悪い
  • 無料体験に参加しない

1つ目の「プログラミング学習に向いていない」は適正の問題なのでできませんが、他の3つについては、しっかり下調べや行動をしていれば十分対策可能です。

以下の方法を参考に、自分の目標を実現そうなスクールを選定していきましょう。

プログラミングスクール選びで失敗しないための方法

  1. 学習する目的や目標を決める
  2. いくつかのプログラミングスクールを比較する
  3. 無料体験会に参加する

この中でも特に無料体験は、スクールの空気感や自分との相性を知れる貴重な機会です。

プログラミングスクール選びで失敗しないためにも、無料体験は必ず受講することをオススメします。

【超お得】無料体験があるプログラミングスクール10選を徹底解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

転職支援に強いプログラミングスクール9選をご紹介

本記事の監修専門家 (監修者)一般社団法人地域連携プラットフォーム 柴田郁夫 【得意分野】 キャリアコンサルティング(セルフ・キャリアドック)、国家資格キャリアコンサルタントの養成、組織キャリア開発士 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.