プログラミングスクール

プログラミングスクール選びで失敗する理由【失敗談もご紹介】

最終更新日 :

プログラミングスクール選びで失敗したくない!失敗談や注意点を知りたい!
プログラミングスクール選びで失敗してしまった... もう失敗しないためにはどうしたら良いんだろう?

今回はこんな悩みにお答えしていきます。

プログラミングスクールは、プログラミングを効率的に学習できる手段として人気を集めています。

ですが選び方を間違えると、せっかくの受講料・受講期間が水の泡になってしまうことも少なくありません。

そこで今回はプログラミングスクール選びで失敗する原因や失敗談、失敗しないための対処法について解説していきます。

プログラミングスクール選びで困っている方、スクール選びの失敗経験がある方は必見です!

【迷ったらココ!】失敗したくない人におすすめのプログラミングスクール

テックアカデミー
テックアカデミー
侍エンジニア塾
DMM WEBCAMP
DMM WEBCAMP
講師は全員現役エンジニア
週2回のマンツーマンメンタリング
無料の転職サポートあり
課題レビュー&チャット質問し放題
累計指導35,000人&転職成功率98%
オーダーメイドカリキュラム対応
無料の転職サポートあり
専属マンツーマンレッスン方式
転職成功率98%
専任アドバイザーのキャリアサポート

転職できなければ全額返金
給付金で受講料金が最大70%OFF

この記事でわかること

  • プログラミングスクール選びで失敗するとどうなる?
  • プログラミングスクールの失敗談まとめ
  • プログラミングスクール選びで失敗する原因
  • プログラミングスクール選びで失敗しないための選び方
  • プログラミングスクール選びで失敗しない方法
  • 失敗したくない人におすすめのプログラミングスクール

目次

プログラミングスクール選びで失敗するとどうなる?

エンジニアとして成功するためには、とにかく必死に勉強しなければなりません。

その際プログラミングスクールを利用すれば、効率良くプログラミングスキルを身につけられます

しかしプログラミングスクールに入ったからと言って、100パーセントエンジニアとして成功できるわけではありません。

プログラミングスクールの選び方に失敗すると、次のような事態になって後悔することになります。

  • 授業料が無駄になる
  • 希望の企業に転職できない

信頼性のあるプログラミングスクールがほとんどですが、世の中には数多くのプログラミングスクールがあるため上記のような事態に陥る人が一定数いるのも事実です。

順番に詳しく見ていきましょう。

1. 授業料が無駄になる

プログラミングスクールを利用する場合、決して安くない授業料がかかります。

カリキュラムの内容やサポート内容などによって授業料は異なるものの、一般的におおよそ20~40万円の授業料が必要です。

それでもカリキュラムを終えた後に満足できるのならば、高い授業料だとは思わないでしょう。

しかしカリキュラムが完了しても目標としていたスキルが身についていない場合は「授業料が無駄になった!」と感じる可能性が高いです。

例えば授業中は授業の内容を理解していたつもりでも、実践では何もできないこともあります。

また授業内容が難し過ぎて途中で挫折してしまうこともあるでしょう。

自分に合ったスクールやカリキュラム、講師などを選ばないと、高い授業料をドブに捨てることになってしまうのです。

2. 希望しない企業に転職する可能性も

プログラミングスクールの選び方に失敗すると、希望の企業に就職/転職できない可能性も高くなります。

例えばAIの開発に携わりたいと考えていたのに、スマホアプリの開発をしている企業に就職/転職するなどです。

中には妥協して希望とは異なる職種に就くケースもあります。

最近は在宅ワークの人気が高まっていますが、実際は在宅でできる仕事が極端に少なくて結局希望の働き方ができなかったというケースも少なくありません。

希望の転職先に転職できないと「このまま仕事をしていても楽しくない」と感じて、結局仕事を辞めてしまう可能性が高まります。

おすすめプログラミングスクール卒業後の就職先は?【年収や企業例を紹介】
おすすめプログラミングスクールの就職先はSES(客先常駐)が多い?

プログラミングスクールの失敗談まとめ

プログラミングスクールを利用して失敗してしまう方は珍しくありません。

せっかく高い費用を払って授業を受けるのであれば、失敗したくありませんよね。

プログラミングスクールで損をしないようにするためには、体験談を確認して失敗の原因を知っておくことが重要です。

まずは、プログラミングスクールの失敗談をSNSからリサーチした内容をまとめてご紹介します。

プログラミングスクールの失敗談①もっと良いスクールがたくさんあった

プログラミングスクールの失敗談②未経験が起業すると危険

プログラミングスクールの失敗談③スキルが身につかずSESに至る

プログラミングスクールの失敗談④年収が300万円下がった

プログラミングスクールの失敗談⑤高額な割に学べる内容が残念

プログラミングスクール選びで失敗する原因

ではプログラミングスクールの選び方に失敗しないためにはどうすれば良いのでしょうか?

まず失敗しやすい原因を把握しておくことが重要です。

以下でプログラミングスクールの選び方で失敗しやすい原因を確認しましょう。

プログラミングスクール選びで失敗する原因

  • プログラミング学習が向いていない
  • カリキュラムの内容が悪い
  • 学習サポートの内容が悪い
  • 無料体験に参加しない

プログラミングスクールを見つける際は、上記のうちの上位3点を確認したり比較したりしないと失敗する可能性があります。

また無料体験に参加しないと相性を見極められないため、失敗するリスクが高くなります

それでは順番に解説していきます。

原因1.  そもそもプログラミングが向いていない

優れたプログラミングスクールを見つけても、そもそも自分がプログラミング学習に向いていないと途中で挫折する可能性が高いです。

なぜなら好奇心を持ちながら学習することができないからです。

次のような人はプログラミングが向いていないと考えたほうが良いです。

  • コツコツ学習するのが苦手
  • クリエイティブな作業が苦手
  • パソコンに向かって長時間作業するのが苦手

プログラミングの学習中は分からないこと・上手くいかないことの連続です。

そのため常に調べたり質問したりしながら、毎日勉強しなければなりません

また当然ではありますが、プログラミング学習をする際は長時間パソコンと向き合います。

エンジニアとして仕事をするようになると、パソコンで作業する時間がより長くなります。

そのため毎日地道に学習したりパソコンで長時間作業したりするのが苦手な人は、本当にプログラミングを学ぶべきか考え直したほうが良いです。

原因2. カリキュラムの質が悪い

プログラミングスクールのカリキュラムの質もしっかり見極めなければなりません。

例えば次のようなカリキュラムの内容になっている場合は注意が必要です。

  • カリキュラムの内容が古い
  • 学習範囲が限定的
  • 大人数で学習する
  • 講師に質問できない

プログラミングなどのIT技術は日々目まぐるしいスピードで変化しているため、カリキュラムで取り扱う学習内容が古いと、実際の現場で使えるスキルが身につかなくなります

また大人数で学習するスタイルだと、授業内容をきめ細かく教えてもらうことができません。

さらに講師が一方的に話すだけの授業だと質問できないため、その場で疑問点を解決するのが難しくなります

そのため特にプログラミング初心者は失敗する可能性が高まるのです。

カリキュラムの質は公式サイトや口コミなどで確認できます。

原因3. 学習サポートの質が低い

以下のように学習サポートの質が低くて「失敗した!」と感じることもあります。

  • 質問に対するレスポンスが遅い
  • 充分な転職サポートを受けられない

質問に対するレスポンスが遅いと学習スピードも遅くなるため、高いモチベーションをキープするのが難しくなります。

転職を希望する人は、企業紹介や面接対策や履歴書添削を始めとする転職サポートの質が低いと不満を感じるでしょう。

例えば「企業を数件紹介されるだけ」「劣悪な労働環境の企業ばかり紹介してくる」といった転職サポートなどが挙げられます。

エンジニアとして就職・転職を目指す方は、様々な点からアドバイスをしてくれたり、ポートフォリオの作成方法をレクチャーしてくれたり、優良企業を紹介してくれたり、といった手厚いサポートが整っているプログラミングスクールが望ましいです。

転職支援に強いプログラミングスクールおすすめ9選【30代でも大丈夫?】

転職支援/就職支援に強いプログラミングスクールを知りたい!スクールの選び方や学習方法のコツはあるかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリ ...

続きを見る

転職保証に対応しているプログラミングスクール5選!30代でも利用できる?
転職保証に対応しているプログラミングスクール5選!30代でも利用できる?

エンジニアとして転職したいけど転職活動が不安... 転職保証に対応しているプログラミングスクールは無いかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており ...

続きを見る

原因④ 無料体験を利用していない

公式サイトや口コミなどを参考にして自分に合いそうなプログラミングスクールを選んでも、必ず満足できるとは限りません

実際に学び始めると想像とは違うことも多々あるからです。

学習時間や学べるプログラム言語などはネット上でも確認できますが、教室の雰囲気や講師との相性などは実際に体験しないとわかりません

そのため実際に体験して様々な点を自分の目や肌で確かめる必要があるのです。

各プログラミングスクールで用意している無料体験に参加しないまま入塾してしまうと、高確率で失敗します

特に手続きも学習をスタートするのも手軽なオンライン学習では手軽さ故に安易に申し込んでしまい、数回だけ授業を受けて挫折するケースも少なくありません。

高額な受講料を損しないためにも、まずは各プログラミングスクールの無料体験を利用しておきましょう。

無料体験があるプログラミングスクールおすすめ10選を解説
無料体験があるプログラミングスクールおすすめ10選を解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

プログラミングスクール選びで失敗しないための選び方

先に紹介したプログラミングスクールの選び方で失敗する原因をよく理解した上でプログラミングスクールを選べば、失敗するリスクを劇的に減らせます

プログラミングスクールを探す際は、次の順番で行動しましょう。

プログラミングスクール選びで失敗しないための選び方

  1. 学習する目的や目標を決める
  2. エンジニア講師の質は高いか調べる
  3. 就職支援やフリーランス向けサポートがあるか調べる

それでは順番に解説していきます。

選び方1. プログラミングを勉強する目的・目標をしっかり決めておく

はじめにプログラミングを勉強する目標や目的をはっきりさせましょう

例えば次のようにプログラミング学習の目標や目的を細かく決めるのが望ましいです。

  • 副業エンジニアとして効率よく稼ぎたい
  • エンジニア転職して現状を変えたい
  • 新卒エンジニアとして就職したい
  • フリーランスのエンジニアとして自由に働きたい
  • 画期的なITサービスで起業したい
  • 趣味の領域でWebサイトやアプリを作れるようになりたい

またこれらとは別に具体的な学びたい分野・領域も考えておきましょう。

このように目的や目標、作りたいものを明確にすれば、対応しているプログラミングスクールや学ぶべきプログラミング言語・コースを絞ることができます

自分が目指したい将来像から逆算して、学びたい分野を選定していきましょう。

選び方2. エンジニア講師の質は高いか調べる

プログラミングスクールだからといって、エンジニア講師の質が良いとは限りません。

たとえば、有名なプログラミングスクールでも、講師が受講者の悩みをうまく聞き出せないケースがあります。

つまずいている部分を把握してもらえなければ、的外れな指導をされてしまうでしょう。

中には教材を朗読するだけのインストラクターのような講師も存在しており、時間を無駄にしているように感じることもあるようです。

高額な費用を払って形式的な授業をされたのでは不満を持ってしまうでしょう。

そのほか、プログラミングルールのルールを守らず、規定の時間内に質問対応しないエンジニア講師もいます。

本業の片手間にプログラミングを教えている場合だと、仕事の繁忙期を機に蒸発してしまうことすらあるようです。

プログラミングスクール選びで失敗しないためにも、エンジニア講師の質について慎重にリサーチしておくことが重要でしょう。

選び方3. 就職支援やフリーランス向けサポートがあるか調べる

プログラミングスクールを卒業したあと、就職活動やフリーランスとしての独立に失敗してしまうケースも珍しくありません。

>> プログラミングスクールに通っても就職できない?【就職支援の闇とは】

プログラミングスキルを習得したとしても、自分の目標を達成できなければ本末転倒です。

就職支援やフリーランス向けのサポートがあるかどうかも必ず確認しましょう。

参考に就職支援やフリーランス向けサポートの内容を具体的にご紹介します。

プログラミングスクールの就職支援の内容

就職支援では、実績豊富な専任キャリアカウンセラーが就職を成功させるためのサポートを行ってくれるのが一般的です。

たとえば、内定を獲得するために必要なオリジナルポートフォリオの企画・作成を支援してくれます。

実用的なポートフォリオを作成しておけば、プログラミング未経験でも企業から興味を持ってもらえるでしょう。

また、エントリーシートの添削や面談対策なども行ってくれます。

書類選考で落ちてしまったり、面談でうまく自分をアピールできなかったりする方にとっては、心強いサポートではないでしょうか。

そのほか、優良開発企業の求人紹介まで行ってくれるケースも珍しくありません。

どのような求人を選べばよいかわからない方でも、自分に適した企業を見つけやすくなります。

就職支援の内容に着目して選べば、プログラミングスクール卒業後に就職で失敗するリスクを大幅に減らせるでしょう。

おすすめ転職支援・就職支援に強いプログラミングスクールおすすめ9選

プログラミングスクールのフリーランス向けサポートの内容

フリーランス向けサポートでは、プログラミングスクールで学んだスキルを活かして、一人で案件を獲得できるように支援してくれます。

一般的に未経験でフリーランスエンジニアを目指すのは難しいと思う方も多いでしょう。

大きな理由がプログラミングに関する開発実績が積めていないことです。

その点、最近のプログラミングスクールでは、開発実績を獲得するためのコミュニティを用意していることがあります。

たとえば、追加受講料なしで企業から受注した案件の納品までを経験し、開発実績を積めるコミュニティです。(参考:COACHTECH)

プログラミング未経験でも、実務を経験することで案件を獲得しやすくなり、卒業後にフリーランスとして独立しやすくなります

プログラミングスクール卒業後、独立に失敗しないようにするためには、フリーランス向けのサポートがあるか必ず確認しましょう。

おすすめフリーランス/独立を目指せるプログラミングスクール9選【初心者・未経験者必見!】

プログラミングスクール選びで失敗しない方法

プログラミングスクール選びで失敗しないためには、エンジニア講師の質やキャリアサポートなどを確認することが大切だとお伝えしました。

失敗しないプログラミングスクールの選び方がおおよそ把握できたのではないでしょうか。

ほかにもプログラミングスクールを選んで失敗しないために知っておきたいことがいくつかあります。

引き続きプログラミングスクール選びで失敗しない方法を解説します。

プログラミングスクール選びで失敗しない方法

  • プログラミング学習の目的を決めておく
  • 利用規約や契約書をしっかり確認する
  • 無料カウンセリングを利用する

それでは順番に解説していきます。

失敗しない方法1. プログラミング学習の目的を決めておく

プログラミングスクールにはそれぞれ強みがあり、売りにしているメリットが異なります。

プログラミング学習の目的を決めておかないと、利用してからほかのサービスにすればよかったと、失敗を嘆くことになりかねません

目的を決める方法はシンプルであり、自分が作りたいものや理想の働き方を思い浮かべることから始めます。

ホームページを制作したいのであれば、HTML/CSSという言語を学べるプログラミングスクールを選ぶ必要があります。

フリーランスとして独立したいのであれば、案件の獲得方法まで教えてもらえるプログラミングスクールが適しているでしょう。

プログラミングスクール選びに失敗しないよう、まずはプログラミング学習の目的を明確にすることから始めてみてください

失敗しない方法2. 利用規約や契約書をしっかり確認する

プログラミングスクール選びに失敗しないためには、利用規約や契約書をしっかり確認することが大前提です。

利用規約や契約書には、ホームページで確認できない重要なルールが記載されています。

たとえば、就職・転職の促進に関する条項では、ユーザーに企業への採用選考に応募する機会を与えても、就職・転職は保証できないという文面が記載されていることがあります。(参考:CodeCamp)

また、専任講師の専任はプログラミングスクールの一存で行い、事後的に変更できないという文面が記載されていることもあります。(参考:CodeCamp)

このように、利用者にとって不都合な文面がサラッと記載されていることがあり、見落としてしまうとトラブルになってもおかしくはありません。

プログラミングスクールを選ぶときは、ホームページだけの情報を確認して受講を決めないようにしてください。

失敗しない方法3. 無料カウンセリングを利用する

プログラミングスクール選びで失敗しないためには、不明点を事前に解消しておくことが重要です。

ただ、インターネットでリサーチしても疑問が解決できず、判断に迷うこともあるでしょう。

その場合、プログラミングスクールの無料カウンセリングを利用してみてください

無料カウンセリングは、受講前の疑問について自由に質問できるサービスであり、ほとんどのプログラミングスクールが提供しています。

無料カウンセリングの主な流れは下記の通りです。

プログラミングスクールの無料カウンセリングの流れ

  1. 事前に回答したアンケート内容の確認
  2. キャリアや現状に関するヒアリング
  3. 不明点や疑問点についてのキャリア相談
  4. カリキュラムや給付金などの解説
  5. 質問用のLINEアカウントの共有
  6. LINEで申し込みに関する質疑応答

プログラミングスクール選びで失敗しないためには、学習目的を決めておくことが大切だとお伝えしました。

その点、学習目的が決まっていない方でも、今後どのようなことをしていきたいのか、目指したい収入や働き方などをヒアリングしてもらえるので、自分が受講すべきコースを明確にできるでしょう。

おすすめ無料体験・無料カウンセリングがあるプログラミングスクールおすすめ10選を解説

失敗したくない人におすすめのプログラミングスクール

近年、たくさんのプログラミングスクールが登場しており、さまざまなコースやプランが乱立しています。

基本的に都合の悪い情報はホームページで公開されにくいため、選び間違えによる失敗のリスクは決して低いとはいえないでしょう。

自分で選ぶと失敗しそうに感じる方のために、おすすめのプログラミングスクールをピックアップしてみました。

気になったプログラミングスクールがあれば、ぜひ利用を検討してみてください。

失敗したくない人におすすめのプログラミングスクール

テックアカデミー
テックアカデミー
侍エンジニア塾
DMM WEBCAMP
DMM WEBCAMP
講師は全員現役エンジニア
週2回のマンツーマンメンタリング
無料の転職サポートあり
課題レビュー&チャット質問し放題
累計指導35,000人&転職成功率98%
オーダーメイドカリキュラム対応
無料の転職サポートあり
専属マンツーマンレッスン方式
転職成功率98%
専任アドバイザーのキャリアサポート

転職できなければ全額返金
給付金で受講料金が最大70%OFF

それでは順番に解説していきます。

失敗したくない人におすすめのプログラミングスクール①TechAcademy(テックアカデミー)

テックアカデミーでは、IT未経験でも利用できるエンジニア転職保証コースを提供しています。

東京のIT企業に正社員として転職することを目的に掲げているので、迷わずプログラミング学習を進められるでしょう。

専属のキャリアカウンセラーが書類作成や面接対策、求人探しなどをサポートしてくれるため、転職活動の負担も減らしやすいです。

もし、内定が獲得できなかったときは受講料を全額返金してもらえるので、受講後に失敗したと感じるリスクも低いでしょう。

>> テックアカデミーの公式サイトを確認する

テックアカデミーの評判・口コミ【メリットやデメリットも解説】

テックアカデミーってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職とい ...

続きを見る

テックアカデミーの就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

テックアカデミーの就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランス ...

続きを見る

 

失敗したくない人におすすめのプログラミングスクール②侍エンジニア塾(SAMURAI ENGINEER)

侍エンジニア塾

画像引用元:侍エンジニア塾

侍エンジニア塾は、2013年に創業した日本初のマンツーマン専門のプログラミングスクールです。

自分の理想に応じた専用カリキュラムでなりたい姿や作りたい物を実現できます。

目標の達成に向けて、一人の現役エンジニアが卒業まで支援してくれるため、挫折するリスクも低いです。

フリーランスコースでは、学習1か月目から案件の応募にチャレンジして、案件獲得から納品までの経験を積めます。

具体的に学べる例は下記の通りです。

侍エンジニア塾の案件獲得サポート

  • 案件を応募するときの媒体
  • 案件を受注するときのスケジュールの決め方
  • クライアントから追加要望を受けたときの対応
  • 案件を継続してもらうための考え方
  • 卒業後に実績をアピールするときのポイント

未経験だと案件を受注するのが不安に感じる方もいるかもしれませんが、専属講師がサポートしてくれるので、失敗を気にせず挑戦できるでしょう。

>> 侍エンジニア塾の公式サイトを確認する

侍エンジニア塾の評判・口コミ【実際に通って感じたメリット・デメリットも解説】

侍エンジニア塾ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といっ ...

続きを見る

侍エンジニア塾の料金を割引で安くする方法9選【お得に利用したい方必見】

侍エンジニア塾の料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった ...

続きを見る

 

失敗したくない人におすすめのプログラミングスクール③DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)

DMM WEBCAMP

画像引用元:DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMPは、自分の好きなときに好きな場所で学べるオンラインプログラミングスクールです。

DMM WEBCAMPでは下記のように多彩なコースが用意されているので、無料カウンセリングを活用しながら選ぶのがポイントです。

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の多彩なコース一覧

実際に作成したアプリをインターネットで公開するので、企業の案件に応募するときも実績を示しやすくなるでしょう。

そのほか、早く学習が終わったときの未利用期間返金保証に対応しているのも特徴です。

たとえば16週間で学習完了するプランを8週間で学習完了した場合、8週間分にあたる金額を返金してもらえます。

無駄な費用が発生しないので、プラン選びに失敗して後悔することもないでしょう

>> DMM WEBCAMP エンジニア転職の公式サイトを確認する

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の評判・口コミ【料金や注意点も解説】

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)ってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており ...

続きを見る

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の就職先はどこ?【気になる年収を大公開】

DMM WEBCAMP(ウェブキャンプ)の就職先・転職先ってどんな企業があるんだろう?具体的な企業名や年収を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まっ ...

続きを見る

まとめ:プログラミングスクール選びで失敗する理由【失敗談もご紹介】

まとめ:プログラミングスクール選びで失敗する理由【失敗談もご紹介】

  • プログラミングスクール選びに失敗すると、受講料金が無駄になるだけでなく、希望しない企業に就職/転職してしまう可能性
  • プログラミングスクール選びに失敗してしまう原因は「そもそもプログラミングに向いていない」「スクールの教材やサポートの質が悪い」「無料体験を受けずに入塾した」などがある
  • プログラミングスクール選びで失敗しないためには、自分の目標を明確化して、それに沿ったスクール・コースを選択し、無料体験に参加する必要がある
  • 自分の目標や夢が分からない時は、プログラミングスクールの無料カウンセリングを利用してみるのもアリ!

今回はプログラミングスクール選びで失敗する原因、失敗しないための対処法について詳しく解説しました。

改めてプログラミングスクール選びで失敗しやすい原因を確認しましょう。

プログラミングスクール選びで失敗する原因

  • プログラミング学習が向いていない
  • カリキュラムの内容が悪い
  • 学習サポートの内容が悪い
  • 無料体験に参加しない

1つ目の「プログラミング学習に向いていない」は適正の問題なのでできませんが、他の3つについては、しっかり下調べや行動をしていれば十分対策可能です。

以下の方法を参考に、自分の目標を実現そうなスクールを選定していきましょう。

プログラミングスクール選びで失敗しない方法

  • プログラミング学習の目的を決めておく
  • 利用規約や契約書をしっかり確認する
  • 無料カウンセリングを利用する

この中でも特に無料体験・無料カウンセリングは、スクールの空気感や自分との相性を知れる貴重な機会です。

プログラミングスクール選びで失敗しないためにも、無料体験は必ず受講することをオススメします。

無料体験があるプログラミングスクールおすすめ10選を解説
無料体験があるプログラミングスクールおすすめ10選を解説

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料体験に対応しているスクールを知りたい! せっかくプログラミングスクールに入るなら、無料体験に参加して自分に合うスクールを選択 ...

続きを見る

転職支援に強いプログラミングスクールおすすめ9選【30代でも大丈夫?】

転職支援/就職支援に強いプログラミングスクールを知りたい!スクールの選び方や学習方法のコツはあるかな? 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリ ...

続きを見る

  • この記事を書いた人(著者情報)
s.t

s.t

フリーライター/編集者

【プロフィール】
プログラマーや設備管理員などの仕事を経験し、さまざまな資格を取得しました。現在はこれまでの経験や資格を活かしてフリーライターとして活動中です。各企業から執筆や編集などの業務を請け負っています。最新のビジネスやテクノロジー、ツールなどの動向を日ごろからリサーチし、難解な内容を初心者でも分かりやすいように伝えています。
【得意分野】
IT、ビジネス、電気
【保有資格】
基本情報技術者 / Oracle Certified Java Programmer, Bronze SE 7 / 8 / FP2級技能士 / 第三種電気主任技術者

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/Webマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部卒。人材系のWeb系メガベンチャー企業に新卒入社。兼業でフリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で最高技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。エンジニアやプログラミングスクールでの体験・経験に基づき記事を監修。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-プログラミングスクール

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.