Code Village

Code Villageは分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

最終更新日 :

Code Villageの料金って分割払いに対応しているのかな?具体的な金額を知りたい!

今回はこんな悩みを解決していきます。

ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニアを目指す方が増えてきているそうです。

これに伴ってプログラミングスクールの注目度も上がっており、最近では至る場所でプログラミングスクールの広告を目にするようになりました。

そこで今回はプログラミングスクールの中でも大人気のCode Villageの料金は分割払いに対応しているのか?具体的な料金についてご紹介していきます。

ほんの少しでもプログラミングスクールに興味のある方は必見です!

今回のテーマはこちら!

  • Code Villageの特徴
  • Code Villageは分割払いに対応しています
  • Code Villageで分割払いした時の料金
  • まとめ:Code Villageは分割払いに対応しているの?

プログラミングスクール関連のおすすめ記事

【2022年最新】無料のプログラミングスクール6選をご紹介

プログラミングスクールって思ったより高いからなかなか決められない... 無料で受講できるスクールを知りたい! お金に余裕がないから無料のスクールでプログラミングを学習したい! 今回はこんな悩みを解決し ...

続きを見る

【厳選】転職支援に強いプログラミングスクール8選をご紹介

本記事の監修専門家 (監修者)一般社団法人地域連携プラットフォーム 柴田郁夫 【得意分野】 キャリアコンサルティング(セルフ・キャリアドック)、国家資格キャリアコンサルタントの養成、組織キャリア開発士 ...

続きを見る

Code Villageの特徴

Code Villageの特徴

それではまずはCode Villageの特徴から解説していきます。

Code Villageの基本情報

スクール名Code Village
受講形態オンライン
コースの種類Web開発に特化した1コースのみ
習得可能スキルHTML/CSS/JavaScript/
React/Nuxt/Node/
Express/PHP/Laravel/
Ruby/Ruby on Railsなど
サポートマンツーマンメンタリング
オーダーメイド教材(動画・テキスト教材見放題)
学習進捗管理
質問し放題(5分回答)
キャリア・転職サポート
コミュニティ・チーム開発
保証制度申し込みから8日間以内であればいつでもキャンセル可能
質問受付時間平日15:00~20:00
休日10:00~20:00
*回答時間は5分以内
受講期間6ヶ月(400時間)
年齢制限なし
販売事業者名・所在地・運営責任者株式会社Nextlogy
〒107-0052 東京都港区赤坂2-23-1アークヒルズフロントタワー17階
Twitter@CodeVillage4
公式サイトCode Villageの公式サイト

Code Villageは「キャリアを自走できるエンジニア」の輩出を目指すプログラミングスクールです。

スクール卒業や転職成功ではなく、継続的にキャリアを自走することをゴールとしています

Code Villageでは学習内容はPHP、Ruby、JavaScriptなどを用いたWeb開発に絞られています。

その中でも特にReactやNuxt、LaravelやRuby on Railsなどの需要の高いフレームワーク、ライブラリのスキルを学習できるスクールは珍しく、Code Villageの大きな強みと言えるでしょう。

またプログラミング未経験の人でもしっかり学習を進められるように質問サポートやメンタリングサポートや転職サポートが用意されています。

未経験からエンジニア転職を目指す方にピッタリのスクールと言えるでしょう。

Code Villageの評判まとめ【注意点や申し込み方法もご紹介】

Code Villageってどんなプログラミングスクールなんだろう?評判や口コミ、他のスクールとの比較内容を知りたい! Code Villageに入会してみたい!入会時の注意点や申し込み方法を知りたい ...

続きを見る

Code Villageは分割払いに対応している

お待たせしました!

ここからはCode Villageは分割払いに対応しているかご説明します。

結論から申し上げるとCode Villageは分割払いに対応しています

ただし一言で「分割払い」といっても注意点や条件がありますので確認しておきましょう。

分割払いできるのはクレジットカード払いのみ

まず皆さんに知っておいていただきたいのは、Code Villageの支払い方法は「銀行振込」と「クレジットカード決済」の2種類のみだということ。

そしてCode Villageではクレジットカード決済でしか分割払いを利用できません

つまり銀行振込の場合は分割払いを利用できないのです。

支払い方法と分割払いの対象を簡単にまとめると以下のようになります。

一括払い分割払い
銀行振込
クレジットカード決済
もしもお金に余裕がなくて分割払いを考えている方は、クレジットカード決済を利用しましょう。

Code Villageで分割払いする時の回数と手数料

Code Villageで分割払いする際の回数や手数料は利用するクレジットカード会社によって異なります

分割回数や手数料が気になる方は、自分が保有しているクレジットカード会社の公式ホームページを確認しましょう。

とはいえ基本的には2・3・6・10・12・24回程度ならほとんどのクレジットカード会社で対応しています。

そして請求の際には分割回数で割った価格に手数料が追加されるわけですが、手数料の割合は分割回数やカード会社によって異なります

例えば三井住友VISAカードの場合は以下のような数値感になります。

支払回数:支払期限実質年利(%)利用代金100円あたりの分割払手数料の額(円)
3回:3ヶ月12.002.01
5回:5ヶ月13.253.35
6回:6ヶ月13.754.02
10回:10ヶ月14.256.70
12回:12ヶ月14.508.04
15回:15ヶ月14.758.04
18回:18ヶ月14.7512.06
20回:20ヶ月14.7513.40
24回:24ヶ月14.7516.08

JCBカードの場合はこんな感じ。

支払回数支払期間割賦係数(%)
3回3ヶ月2.51
5回5ヶ月3.78
6回6ヶ月4.42
10回10ヶ月7.00
12回12ヶ月8.31
15回15ヶ月10.29
18回18ヶ月12.29
20回20ヶ月13.64
24回24ヶ月16.37

実質年利も分割払い手数料(割賦係数)も相場は14%前後と考えおけば良いでしょう。

JCBとVISA以外のクレジットカードを使っている方は各カード会社のホームページから手数料や対応支払回数を確認してみましょう。

Code Villageの受講料金を解説【他のスクールとの比較も】

Code Villageの料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! Code Villageの料金って他のプログラミングスクールと比較すると高い?安い? 今回はこんな悩みを解決 ...

続きを見る

Code Villageで分割払いした時の料金

それではここからはCode Villageで分割払いした時の料金を解説していきます。

分割払い手数料
(割賦係数)
10%12%14%
一括払いの料金495,940円
分割払い
(2回)
月々272,767円前後月々277,726円前後月々282,685円前後
分割払い
(3回)
月々181,845円前後月々185,150円前後月々188,457円前後
分割払い
(6回)
月々90,922円前後月々92,575円前後月々94,228円前後
分割払い
(10回)
月々54,553円前後月々55,545円前後月々56,537円前後
分割払い
(12回)
月々45,461円前後月々46,288円前後月々47,114円前後
分割払い
(24回)
月々22,730円前後月々23,143円前後月々23,557円前後

*表示価格はすべて税込です
*分割払いは月単位の料金です
*表示価格は目安です

基本的に分割回数が多ければ多いほど手数料の総額は増加しますので、分割回数は少なめに抑えておきたいところです。

みなさんが1ヶ月生活できる範囲で支払える金額を考えた上で分割回数を決めましょう。

またこちらで解説している金額は大まかな目安であって、必ずしもピッタリな料金とは限りませんのでご注意ください。

詳しい情報については、利用するクレジットカード会社のホームページをご利用ください。

まとめ:Code Villageって分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

まとめ:Code Villageって分割払いに対応している?【具体的な金額も解説】

  • Code Villageは「キャリアを自走できるエンジニア」の輩出を目指すプログラミングスクール
  • Code Villageの料金は6ヶ月間で495,000円(入会金は無料)
  • Code Villageは分割払いに対応している
  • 支払い方法は銀行振込とクレジットカード決済の2種類だが、分割払いに対応しているのはクレジットカード決済のみ
  • 分割回数や手数料は自分が使っているクレジットカードごとに異なる

今回はプログラミングスクールの中でも大人気のCode Villageの料金は分割払いに対応しているか?具体的な料金はいくらなのか?についてご紹介しました。

基本的にCode Villageは分割払いに対応していますが、それはクレジットカード決済のみの場合ですのでご注意ください。

またCode Villageは転職・就職の成功だけでなく、生徒ひとりひとりがエンジニアとして自立してキャリアを歩めるようにサポートするスクールです。

年齢制限や受講条件が無いので、未経験の方でも安心して受講することができます。

Code VillageではPHPやRubyやJavaScriptなどの色々な言語を用いながらWeb開発を学習します。また5分以内の質問サポート、マンツーマンメンタリングサポート、転職サポートといった手厚いサポートが充実しているので、Webエンジニアとしてのキャリアアップを目指している方には非常にオススメです。

とはいえいきなり入塾するのは不安ですし怖いですよね。

そんな時はCode Villageのオンライン無料カウンセリングを利用して、色々質問してみるのがオススメです。

悩むより前に、まずは無料カウンセリングを受講して、よりリアルな雰囲気を体感することが何よりも大切!

他のプログラミング初心者に追い越される前に「一歩前へ行動する」選択をしてみませんか?

 

Code Villageは返金対応している?【◯日以内なら可能です】

Code Villageって返金対応しているのかな?詳細を知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスや転職といった形でエンジニ ...

続きを見る

Code Villageの受講料金を解説【他のスクールとの比較も】

Code Villageの料金って高いのかな?割引を使って安くできる方法があれば知りたい! Code Villageの料金って他のプログラミングスクールと比較すると高い?安い? 今回はこんな悩みを解決 ...

続きを見る

  • この記事を書いた人(執筆者情報)
wagtechblog

wagtechblog

本サイトの運営者・管理人。フリーランスのエンジニアとしてiOSアプリやWebアプリの開発をしています。その傍らWeb集客のベンチャー企業で勤務。フロントエンドエンジニア・WebアプリケーションエンジニアとしてWebアプリケーション開発、SEOマーケティングなどの業務に携わっています。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRuby。侍エンジニア塾元受講生。趣味はApex Legendsとゲーミングデバイス集め。
保有資格:ITパスポート / 基本情報技術者試験 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-Code Village

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.