エンジニア就職・転職の役立ち情報

プログラマーになるには大学と専門学校どっちがおすすめ?【メリットやデメリットも解説】

最終更新日 :

プログラマーになるには大学専門学校どっちがおすすめ?

今回はこんな悩みにお答えしていきます。

昨今の就職・転職活動ではIT業界の人気が高まりつつあります。

そんな中でエンジニアプログラマーとしてキャリアアップしようと考えている方も少なくないでしょう。

そこで今回はプログラマーになるには大学と専門学校のどちらがおすすめか?それぞれのメリット・デメリットやおすすめの学校例についてご紹介します。

【新卒】おすすめのエンジニア就活サイト・エージェント3選

レバテックルーキー
レバテックルーキー
ワンキャリア
エンジニア就活
厳選ベンチャー企業を紹介(企業例)
選考スキップ・非公開求人・重要ポジションにも対応
就活アドバイザーによる1対1の徹底サポート
47,000社以上の企業の口コミ・体験談を掲載
合同説明会や企業説明会を開催
ここから登録すると500円分のAmazonギフト券貰える
未経験OKのITエンジニア求人が多い
無料プログラミング研修やセミナーを開催
コンサルタントによる就活サポート・企業紹介

この記事でわかること

  • プログラマーになるには大学と専門学校どっちがおすすめ?
  • 大学でプログラマーを目指すメリット・デメリット
  • 専門学校でプログラマーを目指すメリット・デメリット
  • 大学・専門学校を選ぶ際のポイント
  • 結論:プログラマーになりたいなら大学がおすすめ
  • まとめ:プログラマーになるには大学と専門学校どっちがおすすめ?【メリットやデメリットも解説】

ITエンジニアのおすすめ就活サイト・エージェント15選

IT企業でエンジニア就活をしたい!おすすめの就活サイトは何があるかな... おすすめの就活エージェントを利用して、有利にエンジニア就活を進めたい! 今回は23卒や24卒の方々のこんな悩みにお答えしてい ...

続きを見る

エンジニア就活はいつから開始すればいい?【内定者が詳しく解説】

エンジニア就活をしたいけど、いつ頃から始めれば良いんだろう?始めた後はどういう流れで進めれば良いのかな... 人気のあるWeb系企業の新卒エンジニア採用の開始時期をまとめて知りたい! 今回はこんな悩み ...

続きを見る

プログラマーになるには大学と専門学校どっちがおすすめ?

プログラマーになるには、大学と専門学校どっちがおすすめ?と悩む人も多いでしょう。

結論から先に言うと、プログラマーになるには大学にいくべきです。

もちろん、専門学校でもしっかり知識やスキルを習得できれば、プログラマーとして企業に就職することは可能です。

ただ知名度が高く人気のあるIT企業の場合、学歴フィルター(4大卒、偏差値◯◯以上など)を設けている場合も少なくありません。

この学歴フィルターは新卒の就活だけでなく転職活動の際にも起こり得る話です。

就職先の選択肢を少しでも広げておきたい方は専門学校よりも大学を目指すべきと言えるでしょう。(4大卒や偏差値が高い大学だと理想)

大学でプログラマーを目指すメリット・デメリット

ここからは、大学でプログラミングを学ぶ・プログラマーを目指すメリットとデメリットについて紹介していきます。

大学でプログラマーを目指すメリット
大学でプログラマーを目指すデメリット
  • 年収が高い
  • 人脈が広がりやすい
  • プログラミング以外も学べる
  • 4年間通う必要がある
  • プログラミングと関係ない講義を受けることになる

それでは順番に解説していきます。

大学でプログラマーを目指すメリット

大学でプログラマーを目指すメリットは、次のような点が挙げられます。

大学でプログラマーを目指すメリット

  • 年収が高い
  • 人脈が広がりやすい
  • プログラミング以外も学べる

それでは順番に解説していきます。

年収が高い

大学卒でプログラマーとして活動するほうが、専門学校よりも基本給は約2万円〜3万円ほど高くなります

これは、大学卒から就職した場合、将来的に企業のマネージャーやリーダー層になることを見越して採用しているからです。

また、大学の方が専門学校よりも出世が早い傾向にあり、基本給の上がり方も大きいです。

生涯賃金で比べると、最終的に数百万円以上変わってくることもあるため、大学でプログラミングを学ぶことをおすすめします。

人脈が広がりやすい

大学でプログラミングを学ぶと、人脈が広がりやすいというメリットがあります。

大学には、プログラミングを学ぶ人だけでなく、さまざまな人が集まります。

卒業後にやりたいことや希望している業種もそれぞれで、そういった人達と学業を共有することで、自分には持っていない考え方や視点を身に付けることもできます。

また、それぞれ違う業界で働く仲間(人脈)を広げることで、将来的に何かビジネスにつながる可能性も高くなります。

プログラマーは特にフリーランスや独立して自分で会社を立ち上げる人も多いため、その時に人脈はかなりの武器となることでしょう。

大学専用のOBOG訪問サービスを利用して、様々な企業の先輩プログラマーに話を聞けるのも大きなメリットといえます。

プログラミング以外も学べる

大学ではプログラミング以外も学べるというメリットもあります。

「将来絶対にプログラマーになる!」という人には必要ないかもしれませんが、プログラミング以外のことを学ぶことで、さまざまな可能性が広がります。

例えば、プログラミング以外のパソコンスキルやタイミング力などが上がれば、プログラマーだけでなく事務職や管理職などにも役に立つスキルを身に付けることが可能です。

IT知識も身に付けておけば、将来的にプラスになる要素ばかりですので、大学でプログラミングを学ぶことをおすすめします。

大学でプログラマーを目指すデメリット

大学でプログラマーを目指すデメリットは、次のような点が挙げられます。

大学でプログラマーを目指すデメリット

  • 4年間通う必要がある
  • プログラミングと関係ない講義を受けることになる

それでは順番に解説していきます。

4年間通う必要がある

大学でプログラミングを学ぶ場合、4年間大学に通わなければいけないというデメリットがあります。

多くの大学は4年制がほとんどで、4年経過しなければ卒業することはできません。

2年間の短期大学もありますが、プログラミングが学べる学部はほとんど4年制です。

そのため、入学から4年間はプログラマーとして企業で勤めることができないというデメリットがあります。

在学中にアルバイトやインターンシップで実務経験を積んでおけば、貴重な4年間を有効活用できることでしょう。

プログラミングと関係ない講義を受けることになる

大学でプログラミングを学ぶ場合、プログラミングと関係ない講義を受けることになるというデメリットがあります。

メリットでも解説しましたが、大学はプログラミングだけではく、幅広い分野の授業を受けることができます。

また、大学を卒業するためには、プログラミングとは無関係の分野の必修科目を学ばなければいけなくなり、余計な時間と感じる人も多いでしょう。

大学は、専門学校のように専門的な知識が身に付く場所ではなく、一般的な基礎学力が身に付く場所となっています。

そのため、人によっては、物足りなく感じることもあります。

大学生におすすめのプログラミングスクール8選【学割・就職支援あり】

プログラミングを学習して挫折したからスクールに入塾したい!大学生だとどのプログラミングスクールが良いんだろう... プログラミングスクールに通いたいけどお金に余裕が無い...大学生におすすめのコスパの ...

続きを見る

学割に対応しているプログラミングスクールおすすめ4選

プログラミングスクールに通いたいけどお金に余裕が無い...学割で安くなるスクールを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスの ...

続きを見る

専門学校でプログラマーを目指すメリット・デメリット

続いては専門学校でプログラミングを学ぶ・プログラマーを目指すメリットとデメリットを紹介します。

専門学校でプログラマーを目指すメリット
専門学校でプログラマーを目指すデメリット
  • 時間をかけてじっくり学べる
  • 就職保証が得られる
  • コードが書ける人には物足りない
  • 講師の質に差がある
  • 縦との繋がりが薄い

それでは順番に解説していきます。

専門学校でプログラマーを目指すメリット

専門学校でプログラマーを目指すメリットは、次のような点が挙げられます。

専門学校でプログラマーを目指すメリット

  • 時間をかけてじっくり学べる
  • 就職保証が得られる

それでは順番に解説していきます。

時間をかけてじっくり学べる

専門学校でプログラミングを学ぶと、時間をかけてじっくり学べるというメリットがあります。

専門学校では、プログラミングに必要なITの基本知識やプログラミングの知識、コードの書き方などをかけてじっくり学ぶことができます。

そのため、コードを書いたことがない人やプログラミングの知識が全くない人でも、専門学校を卒業する頃には一人でシステム開発やコードを書けるようになっています

また、専門学校では、自分と同様にプログラマーを目指している人が受講しているため、仲間と一緒に授業を受けることで、共に切磋琢磨してプログラマーとして活躍できるように学べる点も特徴です。

就職保証が得られる

専門学校の中には、就職保証制度を設けているところもあります。

就職保証制度は、例えば、就職が決まらなかった場合はその後2年間の学費を学校側が負担してくれる制度などがあり、学費を無駄にすることもありません。

専門学校は特に就職に特化しており、将来性の高い学習方法です。

専門学校でプログラマーを目指すデメリット

専門学校でプログラマーを目指すデメリットは、次のような点が挙げられます。

専門学校でプログラマーを目指すデメリット

  • コードが書ける人には物足りない
  • 講師の質に差がある
  • 縦との繋がりが薄い

それでは順番に解説していきます。

コードが書ける人には物足りない

専門学校は、コードが書ける人には物足りなく感じるというデメリットがあります。

専門学校は初めてプログラミングを学ぶ人に向いています。

そのため、もとからプログラミングの知識がある人や、既にコードが書ける人にとっては、授業内容が簡単過ぎることも多いです。

講師の質に差がある

専門学校の講師は、教員免許が必要ありません。

そのため、現役のプログラマーを招いて講義をすることも多いですが、講師によって質が異なります

たとえプロのプログラマーから教われるとしても、教えるのが下手な講師も存在するのが現状です。

講師を自分で選ぶことはできず、相性が悪かったり、自分が身に付けたい知識やスキルを習得できないようであれば、専門学校に通う意味がありませんので、注意が必要です。

縦との繋がりが薄い

専門学校にもよりますが、縦との繋がりが薄いというデメリットもあります。

プログラマー同士の横との繋がりはあっても、縦との繋がりが薄く、社会人としてのマナーや必要スキルが乏しくなることもあります。

プログラマーはただコードが書ければいいというわけではなく、コミュニケーション能力や論理的思考能力も必要となるため、実際に就職した後に仕事で苦戦してしまうことも考えられます。

ITエンジニアのおすすめ就活サイト・エージェント15選

IT企業でエンジニア就活をしたい!おすすめの就活サイトは何があるかな... おすすめの就活エージェントを利用して、有利にエンジニア就活を進めたい! 今回は23卒や24卒の方々のこんな悩みにお答えしてい ...

続きを見る

プログラマー志望で大学・専門学校を選ぶ際のポイント

ここからは、プログラマー志望で大学・専門学校を選ぶ際のポイントを紹介します。

大学・専門学校を選ぶ際のポイントは以下3点です。

プログラマー志望で大学・専門学校を選ぶ際のポイント

  • プログラミングを学ぶ目的を明確にする
  • 自分が大切にしたい条件を明確にする
  • 在校生・卒業生の声を聞いてみる

それでは、それぞれ解説していきます。

ポイント① プログラミングを学ぶ目的を明確にする

大学・専門学校などの進路を決める時は、プログラミングを学ぶ目的を明確にしてから選ぶようにしましょう。

「大学・専門学校で何を学びたいのか」「伸ばしたいのはプログラミングの知識だけなのか」「希望する業種や業界は何なのか」を明確にして選ぶと、目的がハッキリして、その後後悔してしまう可能性は低くなります。

あなたが大学・専門学校に通って、最終的にはどのようになりたいのかを事前に確認しておくことをおすすめします。

ポイント② 自分が大切にしたい条件を明確にする

大学・専門学校を選ぶ際は、自分が大切にしたい条件を明確にすることも大切です。

例えば、専門学校の1年の授業時間は800時間以上と定められています。

大学・専門学校によっても必修科目の他に選択科目で自分が学びたいことを学べるところもあるため、自分が大切にしたい条件を明確にすることも大学・専門学校を選ぶポイントの一つです。

また、プログラマーとして活動するために資格を取得したい場合は、サポートが受けられる大学・専門学校を選ぶと良いでしょう。

ポイント③ 在校生・卒業生の声を聞いてみる

大学・専門学校を選ぶ際は、在校生や卒業生の声を聞いてみることも大切なポイントです。

専門学校では、卒業生の声などを公式サイト内で掲載していることも多いですが、大学ではあまり見かけません。

自分の先輩などで在学中の人がいれば良いですが、いない場合は、SNSなどを使って在校生や卒業生の声を聞いてみましょう

また、大学・専門学校の卒業生の就職先(業界・具体的な企業)なども確認しておくことをおすすめします。

自分が希望する職種や企業が明確であれば、そのような内定実績が豊富な大学・専門学校を選ぶを選ぶことをおすすめします。

自分が希望する企業への就職実績がある場合は、あなたも卒業後にその企業で働けることに期待ができるでしょう。

結論:プログラマーになりたいなら大学がおすすめ

専門学校でもプログラマーになることはできますが、大学卒の方が人脈が広がる・生涯賃金が高いということから、大学でプログラミングを学ぶことをおすすめします

プログラマー希望者におすすめの学部・学科

プログラマー希望者が進むべき大学の学部・学科は次のようなものが挙げられます。

プログラマー希望者が進むべき学部・学科

  • 人工知能・認知化学選考
  • 情報システム工学科
  • 情報文化学科
  • 情報デザイン学科
  • コンピュータ応用工学科
  • ゲーム学科
  • デジタルゲーム学科
学部や学科は大学によっても名前が異なることも多いため、上記のような分野の学部・学科を参考にしてください。

プログラマー希望者におすすめの国立大学・学部

プログラマー希望者が進むべき国立大学は以下のようなものが挙げられます。

プログラマー希望者におすすめの国立大学・学部

どの大学も高レベルです。

合格率を高めるためにも、しっかり受験勉強をしておくことが大切です。

プログラマー希望者におすすめの私立大学・学部

プログラマー希望者が進むべき私立大学は以下のようなものが挙げられます。

プログラマー希望者におすすめの私立大学・学部

私立大学も国立大学と同様に高レベルな大学が多いです。

受験勉強はコツコツと継続的におこないましょう。

まとめ:プログラマーになるには大学と専門学校どっちがおすすめ?【メリットやデメリットも解説】

今回はプログラマーになるには大学と専門学校のどちらがおすすめか?それぞれのメリット・デメリットやおすすめの学校/学部例についてご紹介しました。

改めて大学・専門学校のそれぞれでプログラマーを目指すメリット・デメリットを確認しておきましょう。

大学でプログラマーを目指すメリット・デメリットはこちら。

大学でプログラマーを目指すメリット
大学でプログラマーを目指すデメリット
  • 年収が高い
  • 人脈が広がりやすい
  • プログラミング以外も学べる
  • 4年間通う必要がある
  • プログラミングと関係ない講義を受けることになる

専門学校でプログラマーを目指すメリット・デメリットは以下の通り。

専門学校でプログラマーを目指すメリット
専門学校でプログラマーを目指すデメリット
  • 時間をかけてじっくり学べる
  • 就職保証が得られる
  • コードが書ける人には物足りない
  • 講師の質に差がある
  • 縦との繋がりが薄い

どちらの場合でもプログラマーになることは可能ですが、大学卒の方が人脈が広がる・生涯賃金が高いため、大学でプログラミングを学ぶことをおすすめします

そして大学(専門学校)を選ぶ際には以下の3ポイントを意識しましょう。

プログラマー志望で大学・専門学校を選ぶ際のポイント

  • プログラミングを学ぶ目的を明確にする
  • 自分が大切にしたい条件を明確にする
  • 在校生・卒業生の声を聞いてみる
しっかりと調査して、自分に最適な学校に進学しましょう!

また学生の内からプログラミングを勉強したい方には、学生向けのプログラミングスクールがオススメです。

詳しくは以下の記事をご覧ください。

大学生におすすめのプログラミングスクール8選【学割・就職支援あり】

プログラミングを学習して挫折したからスクールに入塾したい!大学生だとどのプログラミングスクールが良いんだろう... プログラミングスクールに通いたいけどお金に余裕が無い...大学生におすすめのコスパの ...

続きを見る

学割に対応しているプログラミングスクールおすすめ4選

プログラミングスクールに通いたいけどお金に余裕が無い...学割で安くなるスクールを知りたい! 今回はこんな悩みを解決していきます。 ここ最近プログラミングの需要は急激に高まってきており、フリーランスの ...

続きを見る

ITエンジニアのおすすめ就活サイト・エージェント15選

IT企業でエンジニア就活をしたい!おすすめの就活サイトは何があるかな... おすすめの就活エージェントを利用して、有利にエンジニア就活を進めたい! 今回は23卒や24卒の方々のこんな悩みにお答えしてい ...

続きを見る

エンジニア就活はいつから開始すればいい?【内定者が詳しく解説】

エンジニア就活をしたいけど、いつ頃から始めれば良いんだろう?始めた後はどういう流れで進めれば良いのかな... 人気のあるWeb系企業の新卒エンジニア採用の開始時期をまとめて知りたい! 今回はこんな悩み ...

続きを見る

  • この記事を書いた人(著者情報)
H/Y

H/Y

Webライター

【プロフィール】
大学卒業後、2年間公務員として働きました。その後、医療機器メーカーの営業を3年間しています。公務員時代に培った税金の知識・医療機器の知識を生かし副業WEBライターとして活動しています。
【得意分野】
BtoB、BtoC
【保有資格】
ITパスポート

  • 本記事の監修者
wagtechblog

(監修者)wagtechblog

iOSエンジニア/Webエンジニア/SEOマーケター

【プロフィール】
本サイトの運営者・管理人。慶應義塾大学環境情報学部生兼フリーランスとしてiOSアプリ開発、Web開発、Webメディア運営、SEOマーケティング等を行う。IT人材系のベンチャー企業でiOSエンジニア、Web系メガベンチャー企業でWebアプリケーションエンジニア、士業のスタートアップ企業でフロントエンドエンジニア、Web系メガベンチャー企業でプロダクトマネージャー兼SEOディレクター、ゲーム系のスタートアップ企業で技術責任者(CTO)、学生向けプログラミングスクールで講師の勤務経験あり(インターンを含む)。好きなプログラミング言語はSwiftとPythonとPHPとRubyとJavaScript。侍エンジニア塾元受講生。
【得意分野】
プログラミング、Webマーケティング、SEOマーケティング
【保有資格】
ITパスポート / 基本情報技術者 / TOEIC730点 / 日商簿記3級

-エンジニア就職・転職の役立ち情報

Copyright © wagtechblog All Rights Reserved.